3つの施術比較で見えてくる!AGA植毛のおすすめクリニック(病院)

[公開日]2016/08/04[更新日]2016/08/30

植毛クリニックの選び方 同じ植毛でも、クリニックによって50万円もの違いがあること、知っていますか?

植毛治療は保険適用外の領域。クリニックによって価格を自由に設定できる、熾烈な世界です。

患者側からしてみれば不自由でしかないこの自由診療ですが、植毛の知識やクリニック業界をしっかりリサーチすることで、賢く選び抜いていくことは可能です。

ということで今回は、植毛のクリニック選びについて、植毛にまつわる知識をしっかり得ながら考えていきたいと思います。目次に沿って見ていきましょう!

基礎編!クリニックに行く前に知っておきたいこと


目次1 植毛は医療行為にあたるため、クリニックで施術を受けることになります。

ただ、植毛は一般的な診療・手術とは異なる部分があるため、事前に知識をつけておく必要があります。

また、植毛の具体的な内容についても詳しく知っておくことで賢く治療を選択していきましょう。
ポイントは3つです。
❶ 植毛は保険適応外の手術
❷ 植毛の種類
❸ 植毛をおすすめできる人

自由診療によるクリニック間の価格差
植毛は自由診療です。風邪などとは違って病気を治療する類のものではないため、保険が適用されません。

自由診療とは患者側が治療費を全て負担するという意味ですが、自由ってそもそも何が自由なのか、知っていますか?

実は、治療の価格についてクリニック側が"自由"に設定することが許されている、って意味の"自由"なのです。

自由に値段を決められるということは、つまり価格競争が起きるということで、クリニックによって価格が大きく開いてしまいます。

場合によってはクリニック側のその自由が、患者に不自由をもたらすことがあります。植毛の質と金額が釣り合っていない場合です。

それを見極めていくために事前の調査や植毛の知識が必要というわけなのです。

植毛の種類
植毛には、自毛植毛と人工植毛の二種類に分けられます。
自毛植毛

自毛とはその名の通り自分の毛髪のことを指します。そして毛髪にも二つのパターンが存在していて、

AGAの影響を受ける毛
AGAの影響を受けない毛

に種類分けできます。

AGAの影響を受ける毛とは、すでに薄毛になってしまっているエリアの毛です。

この毛にはAGAの原因である男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を感知する受容体というものを持っているため、ジヒドロテストステロンを感知することで抜け毛が進行してしまいます。

その一方、受容体を持ってない毛というのがAGAの影響を受けない毛のことで、側頭部や後頭部エリアの毛を指します。
その毛を毛根から採取し薄毛部分に植え付けることで植毛を行っていきます。

自毛植毛1 自毛植毛2
人工植毛

人工植毛とは、人の体になじみやすい人工毛を頭皮に植え付ける施術のことを言います。

人工植毛
人工毛の素材には体になじみやすいものが使用されている、とは言っても所詮は異物です。図にあるようにだんだんと体へのダメージが蓄積されていきます。

人工毛が原因で細菌による炎症が起こったり、中には肉芽種といわれるデキモノができてしまったりと、体の拒絶反応が起きるのが人工毛最大のデメリットです。

男性型脱毛症診療ガイドライン
この表は、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会の両団体が策定した、AGA治療に関するガイドラインの一部です。

表中の「B」や「D」は治療推奨度を表していて、評価の高い順からA.B.C1.C2.Dと分類されています。

自毛植毛はBの推奨できるレベルである一方、人工植毛はD評価の「使用しないよう勧告」されているのが現状です。
増毛できるメリットよりも体にかかるデメリットの方が大きく上回っている、というのがその理由です。

また、自毛植毛がA評価でないのは、AGA治療として最初に取りかかるべきはフィナステリドやミノキシジルといった薬が勧められているためであって、発毛に対する効果が低いからという訳ではありません。

発毛効果は正しく立証されています。
こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。効果や体の影響から見て、植毛するなら人工植毛じゃなくて自毛植毛を検討したいところね。

植毛をおすすめしたいAGAの人
AGAの治療に取り組んでいる人の中には

飲み薬や塗り薬をしているが回復の兆しが見えない
治療薬の副作用が気になるのでやめたい
AGAの進行が進みすぎて治療薬ではイマイチ効きが悪い

という人もいると思います。
実は、そんな人にこそ自毛植毛にチャレンジして欲しい、と筆者は考えています。それぞれの項目について詳しく見てみましょう。

飲み薬や塗り薬をしているが回復の兆しが見えない

飲み薬は、AGAの原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロン生成を抑え込むことで薄毛への対策をしています。
また、塗り薬については毛の毛母細胞に働きかけることで細胞を活性化させ、健康な毛を発毛させようとする方法です。

その一方植毛(自毛植毛)は、双方の治療アプローチとは全く異なります。

植毛用の自毛には後頭部や側頭部のものを使いますが、そもそもそのエリアに生える毛は脱毛因子ジヒドロテストステロンの影響を受けません。ジヒドロテストステロンを感知する受容体が存在しないのです。

それに加え、細胞本来の健康な状態であるため、塗り薬を使用しなくても十分自力で発毛し続けることが可能です。

つまり、治療薬で発毛を実感できなかった人にも、自毛植毛では発毛が期待出来る、ということなのです。

治療薬の副作用が気になるのでやめたい

治療薬には様々な副作用が報告されています。
中でも内服薬は、男性ホルモンの生成を抑制する効果からか、男性機能に関する副作用が取りざたされがちです。

植毛の場合を見てみると、男子ホルモンを作用して治療していくものではないので、性機能の副作用に悩まされることはありません

AGAの進行が進みすぎて治療薬ではイマイチ効きが悪い

AGAの進行度合いによっては、薬での治療が難しい場合があります。毛の細胞自体が消失してしまっている可能性があるからです。

植毛では毛根から採取した健康な毛を植えることになるので、毛を生み出す細胞がきちんと引き継がれることで発毛することが可能なのです。

主流は3つだけ!自毛植毛の施術について


目次2 ここからは、自毛植毛を受けるにあたって押さえておきたい施術ポイントを見ていきます。

施術方法

自毛植毛の施術は技術の進歩とともに進化し続けていますが、中でもメインとして行なわれている施術方法を見ていくことでメリットや注意点を確認していきましょう。
自毛植毛の施術種類
施術名
FUT法
FUE法
機械植毛
おすすめ度
特徴
メスで帯状にドナー採取する方法
メスを使わずパンチでくり抜く方法
CCDカメラ付きパンチでくり抜く方法
注意点
・傷跡が残る
・費用が高い
・広範囲植毛×
・痕が白く残る
・坊主は×
・髪の刈上げ有
・広範囲植毛×
・痕が白く残る
・坊主は×
・髪の刈上げ有
・導入数限定的
定着率

定着率は高い

医師の技術に左右されがち

医師の技術に左右されることが少ない
他にも施術法はあるけど、今はこの3つが主流で定着率も高い植毛技術よ。

FUT法(Follicular Unit Transplantation)
広範囲で定着率の高い植毛を希望している人におすすめ
FUT法 FUT法とは直訳すると毛包単位移植を意味し、毛を毛包というくくりで取り出すことからこう呼ばれています。
クリニックによってはストリップ法と言い換えられているところもあります。

FUTの植毛で最大の特徴は、メスで頭皮を帯状にカットしていく点です。
帯状に取り出された頭皮は再び丁寧に小分けされていくため、毛根を傷つける可能性を極力抑えながら移植することが可能で、定着率の高さの所以でもあります。

ただ、痛みが出やすかったり傷跡が残る可能性があったりする点がマイナスポイントです。

FUE法(Follicular Unit Extraction)
植毛エリアがピンポイントであり、痛み・傷跡を抑えながら植毛したい人におすすめ
FUE法 FUE法とはFUT法と同じく毛包単位で移植する技術ですが、毛の取り出し方に特徴があるためExtraction(抽出)に焦点が当てられた名称になっています。

直径1ミリほどのパンチと呼ばれる機械を用いて毛をくり抜いていきます。その際、皮下の毛根位置をうまく見極めるスキルが必要となるため、技術が未熟な医師の場合だと毛根を傷つける可能性があり定着率低下につながってしまいます。

また広範囲の植毛になるとドナー(自毛)の数が多く必要になるため、ドナー採取のために丸刈りをしなければならなかったり、同一エリアから採取しすぎることで周辺の頭髪が脱毛してしまうデメリットがあります。
ということで一度に大量の植毛を行うのに適した施術法ではありません

一方、傷口が限定されるため痛みや傷跡は出にくく、完治が早いのが特徴です。

機械植毛(FUE系)
植毛エリアがピンポイントであり、定着率を大切にしつつ痛みや傷跡も抑えていきたい人におすすめ
機械植毛方法(※実物の機材はとても大きく、高性能な佇まいです!)
FUE法を機械の技術を取り入れなが行う方法です。

CCDカメラのスキャニングによって皮下の毛根位置を特定しながらパンチングすることで、FUEのデメリットである毛根切断を回避し定着率の向上を実現しています。

それ以外の特徴はFUE法と同じなのですが、機械を導入することになるのでその分コストがかかりがちに。

施術の着眼点

植毛の成否は定着率にあり
毛包単位 定着率とは、取り出した自毛が移植先で根付き、発毛しだすかどうかの確率のことです。つまり、植毛の質を決定する一番大切な数値なのです。

この定着率を上げるための施術としてFUT・FUE・機械植毛に共通しているのが「毛包単位」と呼ばれる移植です。

毛は同じ場所に1本しか生えているワケではなく、2〜4本が束になっています。それらを1本づつ取り出して植毛するのではなく、束=毛包を1単位として植毛する方が定着率が向上することが分かり、この毛包単位での施術が基本となりました。

ちなみに、1毛包のことを1グラフトと呼びます。

切るのか切らないのか
FUT法の傷 FUE法の傷 FUT法ではメスで頭皮を帯状に切る必要があり、どうしても傷跡が残ってしまいます。ただ、毛包を取り出す際に傷つける可能性は減るので、定着率が向上したり広範囲の植毛が可能です。

その一方FUE法・機械植毛はパンチと呼ばれる機材で小さな穴を開けるだけなので、傷口を目立たせなくすることが可能です。

しかし、皮下の毛包位置を予測しなければならず、途中で切断してしまうことで定着率が下がる可能性があります。

縫合方法
FUT法ではメスでの傷が大きなネックとなっていましたが、そのデメリットをカバーする「トリコフィティック縫合」と呼ばれる技術が登場してきました。

傷跡に毛が生えないことで傷跡が目立ってしまっていた点に着目して、傷口の上皮どうしを削り合わせ重ねて縫合することで自然な傷跡にする、という技術です。

FUT法を検討している人は、このトリコフィティック縫合を取り入れているクリニックを検討してみてください。

3大主流で見る おすすめクリニック


目次3 自毛植毛の方法には、FTU法・FTE法・機械植毛の3つが大きな流れであり、自分の希望や状況によって選んでいく必要があることを解説してきました。

ここからは、それぞれの施術でおすすめできるクリニックについて取り上げてみたいと思います。
 
FUT法
FUE法
機械植毛
クリニック
AGAルネッサンスクリニック
総合評価

数少ないトリコフィティック縫合を行う実績あるクリニック

スピードと技術を兼ね備えた実力院

他院を圧倒する価格の安さ
FUT法

毛包単位植毛
1000グラフト
80万〜90万
(表下で解説)

FUSS
※院としては勧めていない
(表下で解説)

ドナーストリップ法
1000グラフト
81万4,814円
(表下で解説)
FUE法

切らない自毛植毛
1000グラフト
140万円
(表下で解説)

MIRAI法
1000グラフト
140万円
(表下で解説)

ARTAS
1000グラフト
81万4,814円
(表下で解説)

▼比較表の詳細はページ下部
どのクリニックも、治療を受ける前に無料カウンセリングをしているみたい。一度クリニックの雰囲気を確かめるためにも無料カウンセリングを受けてみるのもいいかもね。

《FUT法》おすすめクリニック

紀尾井町クリニック
紀尾井町クリニックは植毛治療に定評のある専門外来です。

中でも傷跡を目立たなくさせる「トリコフィティック縫合」を行っている数少ないクリニックのため、FUT法で広範囲の植毛を希望している人におすすめです。

公式サイトはこちら

《FUE法》でおすすめできるクリニック

親和クリニック
親和クリニックが得意とする施術は、メスの使わないFUE法。定着率の問題をカバーするだけのスピードと技術を備えた熟練した医師が在籍しているのが魅力です。

また、刈り上げ不要のオリジナルFUE法を持ち合わせており、通常のFUE法(MIRAI法)と刈り上げないFUE法(NC-MIRAI法)を組み合わせることでコストと見た目の両立を図っています。

FUE法で治療を検討している方には間違いなくおすすめのクリニックです。

公式サイトはこちら

費用を抑えたい方におすすめのクリニック

AGAルネッサンスクリニック
最新の機械植毛機「ARTAS」を導入しているAGAルネッサンスクリニック。ARTASがFUE法の弱点である定着率をカバーし、医師の技量に左右されずに安定した結果を出してくれるため評価できます。

そして何よりも、安定した技術を持ち合わせながら他院を圧倒する価格の安さが魅力的で、費用を抑えて自毛植毛に取り組みたい方におすすめできるクリニックです。

公式サイトはこちら

事前カウンセリングが大事!治療の流れ


目次4 FUT・FUE・機械…それぞれのメリットデメリットを知ることで、興味のある治療法がだんだんと見え始めてきたのではないでしょうか?

ということで次のステップ、治療の流れはどうなるのか?を知ることで、植毛手術に向けてのイメージを掴んでおきましょう。

治療の流れ
どのクリニックも無料でカウンセリングを行っているわよ。もちろん、そこで治療の契約をしなければならないなんてことはないから、納得できる手術に向けてどこかのタイミングで必ず受けておきたいわね。


自毛植毛のクリニック選び まとめ


自毛植毛にも幾つかの処置法があり、それぞれに得意とするクリニックがあることが理解できたと思います。最後にまとめておきましょう。
❶自毛植毛にはFUT法・FUE法・機械植毛がある
❷FUT法は広範囲の植毛を丁寧に行える反面メスを使用
❸FUE法は傷跡を抑えながら処置できる反面部分的な植毛に
❹機械植毛はFUE法の定着率をカバーする反面コスト高
❺事前に無料カウンセリングを受けること


植毛治療は金額が高く、かなりの心理的ハードルがあることでしょう。

ただ、AGAの根本治療として植毛治療が有効な点は間違いなく、コストさえクリアできれば強力な味方になってくれます。

まずはクリニックで医師に話を聞いてみることから、スタートしてみませんか?
『FUE法』×『FUT法』×『機械植毛』
クリニック詳細比較表
 
FUT法
FUE法
機械植毛
クリニック
AGAルネッサンスクリニック
総合評価

数少ないトリコフィティック縫合を行う実績あるクリニック

スピードと技術を兼ね備えた実力院

他院を圧倒する価格の安さ
実績
19年の実績と12,000件以上の症例数
1時間に2428グラフトを採取する世界最高速度
ARTAS症例数世界No. 1
無料カウンセリング

あり

あり

あり
FUT法

毛包単位植毛
1000グラフト
80万〜90万
(表下で解説)

FUSS
※院としては勧めていない
(表下で解説)

ドナー
ストリップ法
1000グラフト
81万4,814円
(表下で解説)
トリコフィティック縫合

あり

なし

なし
FUE法

切らない
自毛植毛
1000グラフト
140万円
(表下で解説)

MIRAI法
1000グラフト
140万円
(表下で解説)

ARTAS
1000グラフト
81万4,814円
(表下で解説)
営業時間

東京8:30-18:00
大阪8:30-17:30
休診:日祝

10:00-19:00
年中無休

10:00-19:00
不定休あり
店舗数

2院
東京・大阪

4院
東京・愛知・大阪・福岡(2016年開院予定)

4院
東京・大阪・宮城・福岡
支払い方法

クレジット可
医療ローンあり

クレジット可
医療ローンあり

クレジット可
医療ローンあり
予約方法
web・電話
web・電話
web・電話
公式サイト


《おすすめ関連記事》
植毛はAGAの根本治療!治療効果の違いで際立つ自毛植毛の威力
アボルブは輸入品着手の引き金!?AGA治療には信頼のザガーロへシフトせよ!
AGAは病院へ!クリニック徹底比較から導くおすすめランキング
その口コミ大丈夫!?ザガーロの正しい理解で、本気のAGA治療へ!
ザガーロ副作用を徹底調査!正しい使用でAGA進行を食い止める!
ザガーロ・プロペシア徹底比較!効果・副作用の追求と多角的AGA治療のススメ
プロペシアやザガーロは一時しのぎ!AGA治療で根本から薄毛脱却へ


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+