エステ員が解説|40代の美白ケアで「〇〇なし」は論外!おすすめのアイテムとは?

シミ
こんにちは。元エステティシャンの川上と申します。

エステティシャン時代、40代になってから「シミ」や「くすみ」が急激に悪化した…

と、相談に来られる方が多かったのを覚えています。

実は、20代の肌と40代の肌では特徴が全く異なるため、40代の肌にあった美白ケアを実践することが大切です。

とは言っても、手持ちのスキンケアアイテムを全て40代の美白ケア用に買い換える…なんてことができる方は極わずかではないでしょうか。

そこでオススメしたいのが、効果的な美白美容液を追加する方法です。

→各項目クリックでページ下部へ

先にオススメの美白ケア化粧品ランキングを見る(ページ下部へ)

《ガイド:川上麻里佳》
エステティシャン、スポーツインストラクターを経て、美容ダイエットの企画編集を担当。調査したコスメは100種類以上。

※美白とはメラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐことです。

40代の美白ケアのポイント


40代の肌は、20代の頃とは比べ物にならないほど、肌機能が低下しています。

特に「20代の頃からお手入れの方法が変わっていない。」という方は、肌に必要な栄養を全く補えていない可能性があり、要注意です。

40代の肌ならではの特徴を理解して、40代の肌にあった美白ケアをしていくことが重要になります。

40代の美白ケアが難しい理由

・次から次へとシミができる
・ターンオーバーが乱れがち
・肌が乾燥し、バリア機能が低下する

40代の肌は、肌を健やかに保つために必要な細胞が急激に減少します。また、ホルモンバランスが崩れやすい年代でもあり、その影響で肌トラブルも増えやすくなるのです。

特に40代は「しみ」を気にする方が多くいます。

■40代から増える「老人性色素斑(日焼け記憶じみ)」
老人性色素沈着
紫外線によるメラニン色素の蓄積でできた「しみ」に加え、「肝斑」もできやすく自己流のスキンケアでは中々解消されないのが特徴的です。

■肝斑とは?
肝斑 ※肝斑とは、ホルモンバランスが崩れることでできる「額から頬」にかけてできるぼやっとしたシミのこと。

40代の美白ケアに必要なこと

・効果的な美白ケア
・ターンオーバーを整えるケア
・肌の内側の水分を補う保湿ケア

しみは簡単にできるものではなく、毎日の紫外線の蓄積でできます。

肌表面に現れた時には、肌の奥深くから根強く蓄積されていると思いましょう。

そこで重要なのが、上記の3つです。

美白ケアと一言で言っても、様々な方法がありますが、おすすめは美容液の使用です。

本気で美白ケアを始めるなら美容液を使うのがおすすめ


美容液は、スキンケアアイテムの中で最も美容成分が凝縮されているアイテムで、効率良く美白ケアすることができます。

しかし、巷には美白成分が配合されていない美容液をあたかも美白ケアできるかのように販売しているメーカーもあるので、選ぶ際は注意が必要です。

偽物を見破り、効果的な美白美容液を見つける方法は以下で解説しているので参考にしてみてください。

先に美白美容液の選び方を見たい(ページ下部へ)

そもそも、美白化粧品に期待できる働きは「メラニンによるシミ・ソバカスを防ぐこと」です。美白美容液も同様に

・元以上に肌を白くすること
・速攻でシミを消すこと


はできませんが、以下の働きが期待できます。

 美白美容液に期待できる働き
・効率良く肌に美白成分を届ける
・シミの原因となるメラニンの生成を抑える
・肌を明るくする
・肌に透明感を与える

スキンケアアイテムの中で「シミ」「くすみ」に対して、最も有用に働いてくれる美容液を使用しない手はありません。

しかし、先ほどもご説明したように、美白ケアできない美白美容液が数多く販売されているので、購入する際は注意が必要です。

効果的な美白美容液の選び方


きちんと美白ケアできる美白美容液を選ぶには、以下3つのポイントを押さえておく必要があります。

効果的な美容液を選ぶポイント
1 医薬部外品の美白美容液を選ぶ
2 保湿力が高い美白美容液を選ぶ
3 トライアルで自分の肌との相性を確認

医薬部外品の美白美容液を選ぶ
一番大切なポイントが「美白効果が認められた成分が配合されているか」です。

医薬部外品とは、国に一定の効果が認められている成分を配合しているものを指します。

■美白成分
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・リノール酸
・コウジ酸
・エラグ酸
・トラネキサム酸
・ルシノール
・カモミラET
・4MSK(4-メトキサリチル酸カリウム塩)
・マグノリグナン
・プラセンタエキス

これらの美白成分が、シミ・くすみに効果的に働きかけてくれるのです。

必ずしも、「医薬部外品だからそうでない美容液より効果がある」ということではないのですが、美白成分には様々あります。自分で選ぶのが難しい…という方は、医薬部外品かどうかで選ぶのが賢い方法です。


保湿力が高い美白美容液を選ぶ
美白ケアに保湿が必要なの?と質問される方がいらっしゃいますが、40代の美白ケアに保湿は欠かせません。

実は40代の肌は水分量が著しく低下しています。

水分量が低下した肌は、「角質が肥厚してくすむ」「肌のキメが乱れる」「ターンオーバーが乱れる」など、様々なトラブルを招くので、保湿が欠かせないのす。

シミケアはターンオーバーを整え、今あるシミをどんどん剥がすことも重要になるのですが、ターンオーバーが乱れ、角質が肥厚した肌ではこのサイクルがうまくいきません。

ですので、美白美容液を選ぶ際は、保湿力があるか?も考慮して選びましょう。

■おすすめの保湿成分
・ヒト型セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸など

おすすめはセラミドです。セラミドは「湿度が0%になっても、一度挟みこんだ潤いを離さない」と言われるほど、高い保湿力です。

また、人の肌に元からある成分なので、肌馴染みが良く角質層を効率良く潤してくれます。

トライアルセットで自分の肌との相性を確認
個人で肌質が異なるように、シミの特徴も異なります。

ある人には「ビタミンC誘導体」が有用だったとしても、一方の人には「アルブチン」の方が有用な場合があるのです。

また、美白成分は刺激が強いのがデメリットで、選んだ美白成分によっては肌に刺激を与える場合もあります。

しかし、美白美容液は安いアイテムではないので、肌との相性がぴったりなものを選びたいところです。

そこで、事前に1週間ほど試し使いをしてみるのがおすすめの方法です。

多くの通販コスメでは1週間のお試し販売があるので、それを活用してから本商品の購入を検討しましょう。

また、デパートコスメもカウンターに行けばサンプルを貰えますよ。


高い=良い美容液ではない!
上記の3つを押さえていることで、効果的な美容液を見つけることができます。

しかし、いくら効果的な美容液でも継続して使用できなければ意味がありません。

「高いから良いもの・安いからダメなもの」ということではないので、「どのような成分が配合されているのか」を軸に美容液を選ぶようにしましょう。

商品ランキング表
 
価格
美白成分
保湿成分

1,480円(税別)/10日分

アルブチン

セラミド/ヒアルロン酸/白様雪®

1,667円(税別)/10日分

ハイドロキノン/ビタミンC誘導体

ワルテリアインディカ葉エキス/セラミド/ヒアルロン酸/コラーゲン

1,000円(税別)/5日分

アルブチン/ビタミンC誘導体

3種のコラーゲン/ツボクサエキス/酵母エキス/アスタキサンチン
4位
美白美容液
ホワイトショット

6,500円(税別)/10g

ビタミンC誘導体

SCリキッド/m-シューター/クリアノール
5位
美白美容液
ビーグレン

1,800円(税別)/7日分

ピュアビタミンC

レシチン
6位
美白美容液
haku

2,300円(税別)/10g

4MSK

高麗人参エキス/トウキエキス/緑茶エキス/ヒアルロン酸/濃グリセリン
7位
美白美容液
hanaオーガニック

1,370円(税別)/7日分

有効成分なし
美肌成分ローズ

バイオエコリア/ダマスクバラ花水/プロパンジオール/ペンチレングリコール

ランキングの詳細を見る(ページ下部へ)

上記7つの美白美容液をポジショニング化すると…
40代美白
「hanaオーガニック」
オーガニック化粧品で肌本来の力を引き出すことを目的として作られています。そのため、美白ケア力は低く、本気でシミやくすみをケアしたい40代には向いていない美容液です。

「ビーグレン」
美白成分としてピュアビタミンCを配合していますが、保湿成分の配合が乏しく、40代の美白ケアとしては少々頼りない作りになっています。

「haku」
冷やして使用するため夏の美白ケアとして使用するのは良いですが、年間を通して使うと考えると冬の使用はイマイチです。また、要冷蔵のため常温に置いたままにすると成分が壊れる可能性も高く、扱いが難しいのがデメリットです。

「ホワイトショット」
ポーラ独自の美容成分が豊富に配合されている美白美容液です。価格が高いため、簡単に購入できる美容液ではないのがマイナスポイントです。しかし、ポーラの高い技術で研究されており、40代からのスペシャルケアとしてはおすすめできます。

「アスタリフトホワイト」
「美白成分・保湿成分・トライアル価格」ともに満足度の高い美容液です。また、成分がナノ化されているので肌内部の必要なところまで浸透しやすい製法になっていて評価できます。

「アンプルール」
美白成分としてハイドロキノンが配合されています。ハイドロキノンは医療機関でも取り扱われている成分で、高い美白ケア力が期待できます。保湿成分も満足のいく配合で、40代の美白ケアにはぴったりです。

「サエル」
シミだけでなく、くすみケアとしても有用な成分配合で、この価格は良心的です。初めての本格ケアとして、手の出しやすい美白美容液を使いたい方へはおすすめできます。

40代の美白ケアにおすすめ!効果的な美白美容液ランキング


分析すると上記の結果になります。これらの美白美容液をランキング化しました。参考にご覧ください。

サエル / ディセンシア
サエル 美白美容液
シミと同時にくすみもケア
デイリリー花発酵液・アルブチン・ムラサキシキブエキス・エスクレシドを配合することで「黒くしない」「作らせない」の2つの角度からアプローチをしてくれるのがサエルの特徴です。

「黒くしない」「作らせない」が叶う理由は、上記4つの成分が、メラニン色素の発生を防ぎながら、更にメラニン色素が黒くならないように防御してくれるからです。

また、一点のシミをケアするだけでなく、セラミドやヒアルロン酸が配合されているので、くすみも取り去り、肌全体を明るく導いてくれます。

敏感肌でも安心して使える美白ケア美容液
サエルはポーラグループのディセンシアというメーカーの美容液です。

敏感肌の方にとって、美白ケア用品は刺激が強く、手が出しにくいと感じる方が多いですが、刺激を最小限に抑えながら美白ケアできるのは嬉しいポイントです。

敏感肌でも安心して使用できるのは、ポーラの技術力の高さにあります。

敏感肌の特徴を徹底分析した上で、美白成分だけでなく、セラミド(保湿成分)やグリチルリチン酸2k(抗炎症成分)を配合しているので、肌を保護しながら美白ケアすることが可能です。

また、コウキエキスやアルニカエキスを配合することで、肌の土台から強く導くこともできる、嬉しい成分配合と言えます。

10日分が1,480円で試せる
サエル美容液の本商品は7,020円とお高めなので、「本当に肌に合うのか」が気になります。

そこで、おすすめは1,480円のトライアルセットを試す方法です。

10日間使用すれば肌との相性を確かめることができるので、本商品の購入も安心です。

また、サエルは敏感肌専用ブランドで、敏感肌は化粧品が肌に合わない場合が多いことを理解しており、トライアルセットでも30日間の返金が可能となっています。

敏感肌の方はもちろん、普通肌の方も満足できる美容液なので、一度試して見る価値はありますよ。

 悪い口コミ
・さらっとしており扱いにくいのが気になる
・保湿力が低く、クリームまで使わないと乾燥します

 良い口コミ
・肌にすーっと馴染むので使いやすい
・トライアル購入で気に入り、リピートしています
・肌全体が明るくなり、肌が綺麗と言われることが増えました

サエルの口コミ分析結果
★美白ケア初心者の方へおすすめ!

テクスチャーはサラサラしていますが、浸透はよくベタつくこともないので、扱いやすい美容液と評価できます。

保湿力の低さに不満を抱く方もいましたが、美白美容液の中では保湿力が高い方に分類されます。乾燥が気になる方は美容液を少し多めに使用するのがおすすめです。

トライアル使用後からリピートしている方も多く、美白ケア力の高さへも期待ができます。

美白ケアが初めての方でも手が出しやすい価格帯なので、まずはトライアルセットから初めてみると良いでしょう。

サエル公式ページへ
※アマゾン・楽天は第三者の転売で割高です。最安値で購入したい方は公式ページからの購入がおすすめです。
※また、30日間の返金保障なども公式ページ限定のサービスですのでご注意ください。


ラグジュアリーホワイト / アンプルール
アンプルール 美白美容液
「新安定型ハイドロキノン」を高濃度に配合
ハイドロキノンは病院でも使用される成分で、美白ケアに効果的な成分ですが、成分自体が不安定なため化粧品に配合しにくいのがデメリットです。

しかし、アンプルールのラグジュアアリーホワイトは、このハイドロキノンを安定化させることに成功し、高濃度に配合しているため、美白ケア力の高さが期待できます。

■ハイドロキノンの働き
メラニン生成を根本から抑えながら、できたシミにも積極的に働きかけてくれる

一点に密着し、長時間ケアが可能
ラグジュアリーホワイトの美容液は、ジェル状で肌との密着が良いのが特徴的です。

寝ている間も、肌に密着した状態で長時間ハイドロキノンがシミへのアプローチを続けてくれます。

「見えないシミの絆創膏」とも呼ばれる密着の良さは、シミを根本ケアしたい方にとって欠かせない働きです。

6,500円相当が安価で試せる
ラグジュアリーホワイトの美容液は、美白成分・保湿成分・整肌成分など、40代からの美白ケアには欠かせない美容成分が豊富に配合されており、本商品は10,000円と少々高く設定されています。

しかし、トライアルセットはラグジュアリーホワイトのスキンケアセット6,500円相当(10日分)を1,890円でのお試しが可能です。

40代からの力を入れた美白ケアとして有用な美容液なので、まずはトライアルセットでその使用感を確かめてみることをおすすめいたします。

ラグジュアリーホワイトの口コミ評価
★力を入れた美白ケアに取り組みたい方へおすすめ!

価格に関して、もう少し安ければという声もありましたが、美白ケア効果に関しては高い満足度です。

40代の美白ケアを本格的に始めたい方にはぴったりですので、お金に余裕がある方は試してみる価値があるでしょう。

ラグジュアリーホワイト公式ページへ
※アマゾンや楽天市場は第三者の転売で割高です。購入サービスも公式ページ限定のものなのでご注意ください。

アスタリフトホワイト / FUJIFILM
アスタリフトホワイト 美白美容液
FUJIFILM独自のナノ化加工
40代の美白ケアにとって浸透力が重要です。なぜなら、必要な成分が必要な場所へ届くかが欠かせないポイントになるからです。

また、成分が安定したまま、働く状態で届けられているかも重要になります。
※成分が肌に浸透する前に不安定になると、欲しい効果が感じられないのです。

アスタリフトホワイトは、美容成分を安定させ”働く状態のまま”ナノ化することに成功しており、悩みにしっかりアプローチできるので、40代の美白にぴったりでしょう。

アスタキサンチン+アルブチンを配合
アルブチンは、ハイドロキノンにブドウ糖を結合した成分で、メラニンの発生を根本からアプローチをかけてくれます。

また、ハイドロキノンより肌に優しく働きかけてくれるのも特徴的です。

アルブチンにプラスして、アスタキサンチンを配合しています。アスタキサンチンの働きで、肌を紫外線から守りながら、美白ケアをしてくれるのは好印象です。

トライアルが1,000円
アスタリフトホワイトのトライアルセットは1,000円と手が出しやすい価格です。

ブライトローション、エッセンス インフィルト、クリーム、ジェリー アクアリスタの5つがセットになっている、お得にお試しできるのが嬉しいポイントです。

アスタリフトホワイトのスキンケア商品は、どれも美白ケア効果が期待できるので、ライン使いに興味がある方へもおすすめします。

アスタリフトホワイトの口コミ評価
★肌全体を明るくケアしたい方へおすすめ!

口コミでは、赤い液体のため服についた時が面倒というものが挙げられていました。しかしこれは、着色料ではなく、アスタキサンチンの赤い色でアスタリフトの美容成分として欠かせない成分です。

慎重に扱わなくてはならないのがネックな方にはおすすめできませんが、扱いの面倒さが気にならない方は、不必要な成分の色ではないので深く考えなくて良いでしょう。

良い口コミでは、「肌が全体的に明るくなった」という評価が多い傾向です。

良い成分が肌の必要な部分にしっかり届けられるので、効果に満足する方が多いのだと推測できます。

成分分析、口コミ評価から、シミの一点ケア!と言うより、肌全体の明るさを出したい方へはおすすめですよ。

アスタリフト公式ページへ

<pic up>40代からの本格ケアにはポーラのホワイトショットが有用


ホワイトショット効果
ポーラのホワイトショットは、部分用の10gでも6,500円と価格が高いため、今回のランキングではTOP3に入れませんでしたが、本気でシミ・くすみの美白ケアをしたい!という方にはおすすめできる美容液です。

ポーラ ホワイトショットの評価できるポイント

美容液というよりもクリーム状なので肌にしっかり密着
ダイレクトデリバリー処方が気になるシミを集中ケア
2013年ベストコスメ受賞


詳しく知りたい方はポーラホワイトショットの効果や副作用があるかを全部解説をご覧ください。

ポーラホワイトショット公式ページへ

美白美容液の効果をあげる使い方


ここまで、効果的な美容液についてご紹介してきましたが、ぴったりな美容液は見つかりましたか?

美容液を選んだあとは、正しく使用することが大切になります。

せっかく効果的な美容液を選んでも、使用方法を間違えると効果を半減させてしまうので、以下で確認しておきましょう。

美白美容液|基本の使い方

メーカー規定の量を使用する
使用量がメーカーが定めた量より少ないと、十分な効果が感じられないことがあります。ケチケチ使用しなければならない価格帯の美容液は避け、しっかり適量を使用しましょう。

化粧水の後に美容液を塗布する
洗顔後、化粧水で肌を整えた後に美容液を塗布するのが正しい順番です。

化粧水の後に使用した方が、肌への入りがよくなるので実践してみてください。

※先行美容液と呼ばれるものは、化粧水の前に塗布する美容液です。

美白美容液|活用方法

ハンドプレスで浸透させる
美容液を塗布した後は、手と肌を密着させしっかり浸透させましょう。ハンドプレスをするのとしないのとでは、入りが全く異なるので試してみてください。

気になる部分には重ねてつける
目元のシミなど、特に気になる箇所には重ね付けをおすすめします。

重ねて塗布することで塗り漏れを防ぐことができ、効率的にケアが可能になります。

美白美容液を使用する時の注意点

365日使用する
夏の間だけ美白美容液を使用しても、欲しい効果は得られません。

なぜなら紫外線は365日浴びているので、毎日紫外線ダメージをケアする必要があるのです。

美白ケアは「春夏秋冬」すべてのシーズンで行いましょう。

使用期限を守る
美白成分は酸素に触れると劣化しやすい特徴があります。

使用期限をすぎた美容液の中身は酸化し、効果が弱まるどころか肌へのダメージになることもあるのです。

美容液は開封後、半年以内に使い切るようにしましょう。


韓国・ドラッグストアのプチプラ美白美容液を調査


続いては、40代女性の関心が高い「韓国」や「ドラッグストア」で販売されている、プチプラ美白美容液について調査した結果をご紹介します。

韓国コスメの人気美白美容液

韓国では「白いことが美しい」との考えが根強く、日本人よりも美白ケアへ関心が高く美白コスメも多く販売されています。

しかし、プチプラ美容液の成分を調べたところ、添加物が沢山配合されていることが多かったので、あまりおすすめできません。

また、コスメの技術力を競う「IFSCC」という世界規模の大会でも、日本コスメよりも劣る開発力でした。

日本に住んでいながら、わざわざ韓国の美白美容液を購入しなくても良いでしょう。

ドラッグストアの人気美白美容液

ちふれ 美白美容液W
評価:
美白成分としてアルブチンとビタミンC誘導体を配合していますが、それ以外の成分で「良い」と判断できるものは配合されていません。40代の美白ケアとしてはおすすめできない美容液です。

ケシミン
評価:
ケシミンには防腐剤が豊富に配合されています。美白成分にはL-アスコルビン酸 2-グルコシドが使用されており、美白ケア効果も期待度は低めです。「シミが消える」かのように販売されていますが、効果的な働きは望めず、おすすめできません。

■調査結果
高い=良い美容液ということではありませんが、最近のプチプラブームに不安を抱く結果でした。

やはり、低価格すぎる美容液にはそれなりの美容成分しか配合されていません。

若い年代のケアとしては有用かもしれませんが、本気の美白ケアを望む40代が選ぶ美容液としてはおすすめできないものが多いと言えます。

大切なのは、価格ではなくどのような成分が使われているかです。

今の悩みを解消するのに必要な美容液を見極めて、適切なものを使用しましょう。

おすすめの美白美容液ランキングに戻る(ページ上部へ)

40代の美白ケアは”オーガニックコスメ”でも可能か?


続いては、最近話題の「オーガニックコスメ」と「40代の美白ケア」についての解説をしていきますね。

「オーガニックコスメは肌に優しく、年齢肌にも効果的」と、思っている方も多いのですが、果たしてどうなのでしょう?

40代のシミとの相性は?

オーガニックコスメに期待できる働きは、肌本来の力を取り戻すサポートです。

正直、40代の美白ケアとしては心細い働きと言えます。

理由は、オーガニックコスメは「肌本来の力を取り戻すケア」であり、「今ある悩みへアプローチするケア」ではないからです。

優しいアプローチでは、頑固な40代の肌悩みをケアするには時間がかかりすぎるのです。

効果的な美白美容液ランキングに戻る(ページ上部へ)

オーガニックコスメとは

オーガニックとは過去3年以上、化学合成農薬や化学肥料を使っていない栽培地で育てられた遺伝子組み換えではない植物(作物)を言い、オーガニックコスメとはオーガニックの植物原料を主体にして製造され化粧品の事です。

ただし、食品に関してはオーガニックの基準がしっかりしている日本ですが、化粧品(コスメ)に関しては配合率など明確な基準がないのが現状です。


また、安全に思えるオーガニックコスメですが、植物の持つ力が刺激となり肌荒れを起こすこ可能性があります。

オーガニックコスメを使用したい方は、必ずパッチテストをしてから使用しましょう。

40代のシミができる原因と対策の仕組み


ここまで美白美容液にフォーカスした話を進めてきましたが、ここからは「シミ」「くすみ」など、美白ケアが必要になる悩みができる原因と、美容液でケアできる仕組みについて解説をしていきます。

ここからは、肌構造に詳しい安藤さんに解説をしてもらいます。安藤さん、お願いします!

こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。40代の肌構造について解説をしていきますね。


シミやくすみができる原因は大きく3つあります。

1 メラニン色素の蓄積
2 肌の乾燥
3 ホルモンバランスの乱れ

メラニン色素の蓄積
人の肌は、紫外線など外部からの刺激を感じると肌を守るために「メラニン色素」を作り出します。

美白ケア 原因対策
この「メラニン色素」は黒色をしており、肌に蓄積されることでシミとして現れます。

通常であれば、垢として剥がれ落ちるのですが、ターンオーバーが乱れたり、肌が乾燥するなどして肌のバランスが崩れると肌内部に蓄積されていくのです。

40代になるとシミが目立つようになるのは、これまで蓄積してきたメラニン色素が肌表面に現れやすくなるからです。また、肌の乾燥が進んだり、ホルモンバランスが崩れることでターンオーバーが乱れがちになり、更にシミを増やしてしまうのです。

美白美容液が働くメカニズム
このメラニンの蓄積を抑制するのが美白美容液に配合されている「美白成分」です。美白成分には、メラニンによるシミやソバカスを防ぐ効果が期待できるため、シミケアには欠かせません。

今回上記で紹介した美白美容液には、メラニン色素を作れ!と指令を出すチロシナーゼという細胞にアプローチをかける美白成分が配合されています。

新たなシミを根本からケアすることで、効率よく美白ケアをすることが可能なのです。

肌の乾燥
40代の肌は20代の肌と比べると、潤いが急激に減少しています。

肌が乾燥することで、シミができやすい肌状態にするだけでなく、肌全体をくすませます。

■乾燥がシミをできやすくする理由
肌は乾燥すると、外的刺激から肌を守るためのバリア機能が低下します。

バリア機能
そうすると、紫外線の刺激に敏感に過剰に反応してしまい、どんどんメラニン色素が作られます。

更に、乾燥した肌はターンオーバーが乱れているので、肌内部のメラニン色素を排泄できずに蓄積してしまうのです。

■乾燥が肌をくすませる理由
肌は乾燥するとターンオーバーが乱れます。

ターンオーバーが乱れた肌は、いらなくなった細胞を垢として排泄できずに、角質として肌表面に蓄積するのです。

くすみ 原因 乾燥
そうすることで、肌表面のキメが乱れてゴワゴワとしたツヤのないくすみ肌を作っていまいます。

美白美容液が働くメカニズム
今回有用と判断した美白美容液は「保湿力」にも優れているものです。

美白ケアと同時に保湿ケアをすることで、肌を明るく導きながら、ターンオーバーもサポートします。そうすることで、効果的な美白ケアが可能になるのです。

ホルモンバランスの乱れ
実は、40代は閉経に向けてホルモンバランスが乱れやすい時期です。

中でも肌悩みをもたらすのが、エストロゲンです。エストロゲンは肌の水分保持を働きかけたり、コラーゲンをサポートしてくれる美肌に欠かせないホルモンです。

このエストロゲンが減少することで、急激に肌のバランスが崩れ、肌の悩みが増えるのが40代の肌の特徴です。

40代では、肝斑に悩む方が多いのもホルモンバランスが大きく影響しています。

しかし、バランスの崩れた肌は、ケアしても中々成果が現れず、悩みが深刻化するケースも多いのです。

美白美容液が働くメカニズム
ホルモンバランスを美白美容液でケアすることはできません。

睡眠・食事など規則正しく行い、体の中からケアすることが求められます。

しかし、ホルモンバランスが崩れることで起こる「乾燥」や「肝斑」を美白美容液でケアすることは可能です。

原因1,2で解説したように、悩みにしっかり働きかけてくれる有用な美容液を使用することで、深刻な悩みも徐々に気にならいようにサポートしてくれます。

緊急!今日どうにかしたい時はメイクで隠すのもアリ


40代の美白ケアは難しいと解説をしてきましたが、日々の積み重ねで理想肌へと導くことはできます。

しかし、「結婚式」「子供の卒業式」などなど、今日どうにかしたい…という場面ではメイクを活用するのがおすすめです。

40代のメイクのポイントは「厚塗りをせずに肌を綺麗に見せる」ことです。

■使用するアイテム
・化粧下地(オレンジ)
・ファンデーション(リキッドタイプ)
・コンシーラー(ピンク、ベージュ、オレンジ)

早速テクニックをご紹介していきますね。

下地を塗る前にしっかり保湿する

下地を塗る前に、丁寧なスキンケアをすることを忘れないようにしましょう。

朝パックをする時間がある方は、化粧水を含ませたコットンを頬・額に乗せて5分ほど浸透させておくのがおすすめです。

仕上げのクリームは厚く塗るとヨレの原因になるので、薄く伸ばすようにしましょう。

下地はオレンジ系を使うと白浮きせずに明るく見せられる
40代メイク

白すぎる下地を使うと、お化けのような肌を作ってしまうので要注意です。

ナチュラルに肌を明るく見せたい場合は「オレンジ系」の下地を使いましょう。

くすんだ肌とオレンジ系の下地は相性が良く、自然な明るさを作り出してくれます。

下地は厚く塗る必要はないので、肌表面が薄く色ずく程度に伸ばすように使用してくださいね。

ファンデーションはリキッドタイプでツヤを演出
ワキ 色素沈着

40代以降の肌にはリキッドタイプのファンデーションが相性◎です。

理由は、40代の肌は乾燥しており、パウダーファンデーションだと粉浮きしやすいからです。

リキッドファンデーションは明るすぎるものを選ばずに、自分の肌にあった色を選びましょう!

塗布するときはパフにつけて、顔の中心から外側に伸ばすようにつけるのがポイントです。

また、リキッドファンデーションはツヤが出るため、薄づきでも肌悩みは光で反射してくれます。

厚塗りするとヨレるので、うっすらを意識して塗布してくださいね。

コンシーラーの色は使い分ける
下地とファンデーションでは隠れてくれない「シミ」はベージュで消しましょう。

消したいシミからはみ出るくらいコンシーラーを乗せ、指でポンポンポンとぼかしていきます。

ちなみに、クマにはオレンジ、くすみにはピンクを使用おすすめです。

どの悩みを隠す場合も、ボカシすぎるとシミが消えないので、はみ出ているコンシーラー部分からぼかすのがポイントです。

気合の入りすぎた白浮きメイクは余計に老けて見える原因です!

ナチュラルに悩みをカバーするメイクを日頃から練習しておきましょう。

しかし、肌本来の美白ケアをしていくことが何より重要です。

メイクはあくまでも対処法として覚えておきましょう。

おすすめの美白美容液ランキングをもう一度見る(ページ上部へ)

体の中からシミを撃退!40代の日常生活で気をつけるべきポイント


最後は体の中から美白を作るべく、生活習慣のアドバイスをさせていただきます。

美白美容液の使用と合わせて、生活を見直すことで相乗効果が期待できます。最後のパートまで、是非参考にご覧ください。

睡眠

40代は仕事や家事が忙しく、まとまった睡眠時間を確保できていない方も多いのではないでしょうか。

しかし、美肌にはやはり睡眠が欠かせません。

まとまった睡眠時間が取れない方は、短い時間でも質の良い睡眠を心がけましょう。

■質の良い睡眠のポイント
・寝る前にPCやスマホ、テレビは見ない
・夜は湯船につかるのが理想的
・食事は寝る1時間前までに済ませる
・夜コーヒーを飲む方はハーブティか白湯に変える

運動

忙しい毎日に運動を取り入れるのは難しいと思いますが、なるべく体を動かすように意識するだけで肌が若々しくなります。

なぜなら、体を動かすことで血行がよくなり、肌に新鮮な酸素や栄養が行き渡るようになるのです。

■簡単な運動方法
①タオル体操
→タオルを両手で持つ
→タオルを持ったままバンザイをする
→頭の後ろを通って肘を下げれる範囲まで下げる
(お風呂上がりのタオルでそのままするのがおすすめです!)

②姿勢を正す(腹筋を意識すると更に◎)

食事

人の肌は食べたものから作られています。そのため、食事は想像以上にお肌への影響を与えています。

ですが、「毎日の食事を美肌メニューにする」というのはレベルが高く、何より面倒で続きません。

そこでおすすめなのが「①旬の食材を食べる②お水をたっぷり飲む」です。

■旬の食材を食べる
常に旬の食材を選ぶことで豊富な栄養素を摂取することができます。また、旬の食材は栄養価が高く、美肌にも効果的でおすすめです。

「ビタミンやタンパク質は肌に良いから食べなきゃ」と考えて食事を作ることも大切ですが、面倒な方は「旬の食材か」を選ぶ基準にしてみましょう。

■お水をたっぷり飲む
美肌を作る上で「水」は非常に大切です。

水をあまり飲まない方は体の中が汚い水分で溢れていると思いましょう。

食事を変えられない方も、まずは1日2ℓの水を飲むことから始めてみてください。

今日のスキンケアが5年後の肌を変える!40代こそ美白ケアを!


いかがだったでしょうか。

40代から肌の状態は一気に悪くなりがちです。

しかし、正しくケアすることで今の悩みが解消されるだけでなく、5年後・10年後の肌も変えていくことができます。

最近では美容レーザーでシミ治療される方も多いですが、まずは普段のスキンケアでしっかり美白ケアをすることが何より大切です。

日々の積み重ねで、40代?と驚かれるような美肌をキープしていきましょう!

美白美容液のランキングをもう一度見る(ページ上部へ)

※美白とはメラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐことです。

◇参考文献
吉木伸子『スキンケア美容医学辞典』
朝田 康夫『美容の医学 美容皮膚科学辞典』
鈴木 一成『化粧品成分用語事典2012』


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様の更新情報はTwitterとRSSでお届けしています。日頃の心構えから、アンチエイジングの裏ワザまで常に最新の情報をお届けしますので、是非登録して見逃さないようにして頂けると幸いです。





Google+