あのハイドロキノンが進化した!?弱点を克服した最新化粧品がすごかった…

ハイドロキノンは従来の美白成分の10〜100倍の効果があると言われているので、シミやくすみに悩む人から人気を集めています。

しかし、効果が高いからこそ「刺激が強い」など副作用の懸念がありました。

そこで、今注目されているのが「進化型ハイドロキノン」を配合した化粧品です。

この「進化型ハイドロキノン」は従来のハイドキノンの弱点を克服した最新の成分です。

今回は、そんな進化型ハイドロキノンを配合した化粧品の効果と、おすすめランキングをご紹介します。


※美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです。

できたシミにも!ハイドロキノン化粧品は美白効果がとにかく高い


ハイドロキノンの効果と聞かれると、なんとなく「美白が出来る」ということはご存知かと思います。

その答えは間違ってはいないのですが、さらに詳しくお伝えすると、ハイドロキノンの効果は大きく2つに分けられます。

<ハイドロキノンの効果>
1)メラニンの生成を抑えシミを予防する
これからできるシミを予防する

2)還元作用によってメラニン色素を薄くする
今あるシミに働きかける

そんなハイドロキノンは従来の美白成分の100倍のパワーがあると言われています。

加えて、従来の成分は「シミ予防」のものがほとんどでしたので、「今あるシミに働きかける」ハイドロキノンは、たちまち注目を浴び、皮膚科や美容クリニックなどで、シミや色素沈着によるニキビ跡の治療に使われるようになりました。

今では様々な美白化粧品にも配合されていますね。

ただ、ハイドロキノンには弱点もあります。それは、肌への刺激が強いことと、成分の劣化が早いことです。

ハイドロキノンは非常に強い効果があるため、ハイドロキノン配合化粧品でかぶれたり、白斑ができて肌色がまだらになったりと、副作用はゼロとは言えません。

さらに、ハイドロキノンは酸化しやすい成分です。

そのため、開封後は品質劣化がしやすいという指摘や、使った後に紫外線を浴びると効果を感じにくくなるとの弱点があります。

これらの弱点が危惧されていたため、日本では2001年まで化粧品に配合することが許されていなかったという経緯があります。
こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。こう聞くと少し怖く感じるハイドロキノンですが、実はコーヒーや紅茶、麦芽、イチゴなどベリー系の植物にも含まれる身近な存在なんですよ。効果が高いがために様々な懸念点があるということなんです。

とはいえ、肌に直接つけるものなので、安心して使えるようにと、これまでに様々な研究がされてきました。

そして、従来のハイドロキノンの弱点を克服ようと開発されたのが「進化型ハイドロキノン」です。

敏感肌にも使える!安全性が高いのは「進化型」ハイドロキノン化粧品


進化型ハイドロキノンの効果は基本的にハイドロキノンと同じで、「今あるシミ」「これからできるシミ」をケアする働きがあります。

つまり、進化型ハイドロキノンもこれまで同様、他の美白成分と比べ10〜100倍のパワーがあります。

進化型ハイドロキノンの1番良いところは、ハイドロキノンの弱点だった成分の安定性、刺激などにおいて改良されている部分です。

具体的に何がどう違うのか、下記にまとめてみました。

旧型ハイドロキノンと進化型ハイドロキノンの違い
 
効果
副作用
安定性
浸透
ハイドロキノン

従来の美白化粧品の10〜100倍

刺激が強く、かぶれ、炎症、白斑などの恐れがある

不安定(熱や空気に弱く酸化しやすい)

分子が大きいので浸透しづらい
進化型ハイドロキノン

ハイドロキノンと同様の高い効果

直接肌に触れない処方で肌にやさしい

安定(カプセル化や特別な物質で保護)

ナノ化やカプセル化で浸透度アップ

進化型なら肌にもやさしくて、しっかりケアができるってことね!
そういうことね!「進化型」っと聞くとイマイチ想像しづらいと思うけれど、今ではすっかりおなじみの美白成分「ビタミンC誘導体」は知ってるわよね?これは従来のビタミンCの弱点をカバーするために生まれた成分なの。
そう考えると進化型ハイドロキノンも身近に感じるでしょ?進化型ハイドロキノンは開発に開発を重ねてようやく誕生したのよ。

ハイドロキノンを選ぶなら化粧品?市販薬?

(進化型)ハイドロキノンは、市販薬よりも毎日使う基礎化粧品で取り入れることをおすすめします。
理由は、基礎化粧品なら毎日のお手入れでシミなどの悩みをケアしながら、肌そのものを美しく整えるためです。

例えば、シミの部分にだけ塗り込んだとします。しかし、シミは肌のターンオーバーが乱れていることに原因があります。

つまり、土台である肌そのものを改善しなければ根本的な解決(シミができにく肌を作ること)にはつながりません。
基礎化粧品なら、悩みケアしながらも総合的な美肌ケアまでできるというわけです。



シミを徹底ケア!進化型ハイドロキノン化粧品を選ぶ3つのポイント


進化型ハイドロキノンを化粧品で取り入れるためには、ただ配合されていれば良いというわけではありません。

今あるシミや色素沈着によるニキビ跡をケアしつつも、今後悩みをできにくい肌に整えるためには、肌の構造上、美白成分を取り入れるだけでは不十分だからです。

シミケア商品・美白ケア商品の選び方には3つのポイントがあります。

進化型ハイドロキノンの処方を確認する
今回は「進化型ハイドロキノン」という言葉を選んでいますが、その表現は「安定型」「新型」など各化粧品メーカーによって様々です。

そのため、どんな方法でハイドロキノンが配合されているのかがポイントになります。成分の安定性、刺激、浸透度などにおいて、従来のハイドロキノンより改善されているか確認しましょう。

逆に、「濃縮」「純」といったものは進化型ではなく、従来のハイドロキノンの可能性が高いので気をつけてください。

保湿効果も高い
美白化粧品は美白効果を高めるために保湿効果が落ちてしまう傾向にあります。
肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れてしまいます。

その結果、シミなど肌トラブルにつながってしまうので、しっかり保湿できるものを選ぶようにしましょう。

濃度が高すぎないものを選ぶ
ハイドロキノンも進化型ハイドロキノンにも濃度があります。
化粧品に配合できるのは4%以下、それ以上になると皮膚科など医療機関での処方となります。

濃度が高ければ高いほど効果は高いですが、いくら進化型といえど濃度が高くなる分肌の刺激も高くなります。

大体2%前後あれば日々のスキンケアでシミケア・美白ケアはできるので、むやみに高いものを選ぶ必要はありません。


全商品に配合されていなくてもOK!
ハイドロキノン・進化型ハイドロキノンは効果がとても高い美白成分です。

そのため、化粧水だけ、美容液だけ、クリームだけなど、一部の基礎化粧品に含まれているだけで十分に効果を発揮するので、全てのアイテムに配合されていなくても心配する必要はありません。


進化型ハイドロキノン化粧品ランキング!アンプルールとビーグレンはどっちか?


進化型ハイドロキノンを配合している化粧品で人気なのが「アンプルール」と「ビーグレン」です。

一般消費者からすれば、何がどう違うのかわかりにくく、どちらを使えば良いか迷う方が多いようです。今回は、進化型ハイドロキノンの濃度、保湿力の視点で比較してみました。

 
総合評価
濃度
保湿成分

部分集中ケアも顔全体的のケアもでき、保湿効果も高い

新安定型ハイドロキノン
化粧水:1%未満
美容液:2.5%

セラミド1,3,6Ⅰ、浸透型コラーゲン、プラセンタエキス(化粧水、クリーム)

美白効果は高いがアンプルールと比べると保湿効果がやや低い

QuSome®ハイドロキノン
夜用クリーム:1.9%

レチノール、GF、植物幹細胞エキス、セラミド、DMAE
▼比較表の詳細はページ下部

肌全体を整えなが美白&シミケアできるアンプルール!

  • スキンケア_ラグジュアリーホワイト / アンプルール
    ハイドロキノン配合のシミ対策美白化粧品
    ラグジュアリーホワイト / アンプルール
    4.60
    美白/シミ予防: 4.55
    できたシミ対策: 4.65

    icon-check-squareできたシミ対策にハイドロキノン配合
    icon-check-square肌全体のくすみにビタミンC誘導体配合
    icon-check-square美白化粧品の乾燥に保湿クリーム

    価格種類内容
    1,667円(税抜)モニター
    10日間
    ローション・美容液・クリーム

アンプルールには、独自の「新安定型ハイドロキノン」が配合されています。
トライアルセットの中で配合されているアイテムは、顔全体につける化粧水と悩み部分につけるスポット美容液の2つです。

そのため、スポット美容液でピンポイントでの悩みケアはもちろん、化粧水で肌全体のシミケアや美白ケアが可能です。

ただし、化粧水に配合されている濃度は1%未満なので、顔全体のケアへは、ゆっくりじっくり働きかけるものと考えてください。

懸念である肌への刺激も、新安定型ハイドロキノンをカプセル化することで肌に触れずに悩みに働きかける仕組みなので、肌にもやさしい処方となっています。

実際、肌への刺激性と安全性も第三者機関(地域新生コンソーシアム研究開発事業(財)理工学振興会)で試験を行っており、肌の赤みの増減がなかったという結果も出ているのですが、自社だけではなく外部機関での調査済みなのも信頼もできますね。
取り寄せて使ってみた筆者の感想

【使用感】
化粧水とスポット美容液の2つとも肌なじみは良かったです。
化粧水はややとろみのある使用感ですが、肌にスーッと浸透しました。
美容液は、軟膏のような使用感で塗った後はベタつきがあります。
ですが、部分用で顔全体に塗るわけではないので、不快感はありませんでした。

【保湿】
乾燥肌の筆者でもしっとり感がありましたので特段問題なさそうです。

【刺激・臭い】
筆者の場合は特に肌が赤くなるといったことはありませんでした。
ただ、刺激に関してはあくまでも筆者の場合ですので、全ての人に刺激がないとは言い切れません。こればかりは実際に使わないと分からない部分ですね。臭いもなく、使いやすい化粧品だなといった印象です。

アンプルールの詳細記事はコチラ

<アンプルールまとめ>
酸化しにくく熱に強い新安定型ハイドロキノン
だから→成分劣化の心配がなく本来の効果が発揮され、悩みをケアできる

新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化
だから→一気に肌に触れないので肌にやさしい&シミの元まで確実に届いて働きかける

保湿効果が高くしっとりうるおう
だから→肌のバリア機能を高めながら透明感を引き出す

ただし、化粧品なので全ての人に合うというわけではなく、進化型ハイドロキノンでも肌への刺激が完全に払拭されたわけではありません。
商品使う前には、腕の内側など皮膚が柔らかく薄い部分に塗って、刺激がないようであれば顔に使うようにすると良いですよ。


ハイドロキノン化粧品の注意点と効果的な使い方


使用方法を守る
シミを早くケアしたいからといって、1日に何度も塗り込んでも意味はありません。

メーカーはその商品の効果が1番引き出されるように使用方法を決めていますし、使用方法はどのメーカーも同じに見えて、使用する量や使う順番、塗り方など微妙に異なります。

化粧品を変えた時には使い方をしっかり確認することは、実はとっても重要なんです。


日焼け止めを1年中塗る
進化型ハイドロキノンといえど、完全に安定しているわけではありません。

やはり、少なからず熱や紫外線などの影響を受けてしまいます。成分を安定させて、しっかり効かせるためにも紫外線対策は行いましょう。

特に、紫外線対策を怠りがちな秋冬は要注意。

紫外線は1年中降り注いでいるので、紫外線の少ない時季はSPF・PAの値が低いものを塗るようにしましょう。


ハイドロキノン化粧品を毎日使って、いち早くシミ・くすみをケア!


人が年間にするスキンケアの回数は、朝1回×夜1回×365日=730回にものぼります

。「塵も積もれば山となる」というように、1回1回のお手入れの効果は少しずつ積み重なっていくので、化粧品にこだわることはとっても大事なことなんです。

その点、今回ご紹介した「進化型ハイドロキノン」は、シミやくすみ、色素沈着によるニキビ跡などにはおすすめできます

。毎日のスキンケアに取り入れて、憧れの美肌を手に入れてくださいね♪

おすすめハイドロキノン化粧品ランキングを見る(ページ上部へ)

※美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです。


《おすすめの関連記事》
クチコミ人気検証!できたシミを消すための美白化粧品 比較ランキング
要注意》乾燥肌×美白美容液が肌を破壊する!?美白と保湿のWケアを比較解説
知ってた?日焼け後に美白化粧水が効く人・効かない人がいた!6つのシミのタイプ別対策と美白化粧品ランキング 美白/シミ対策
薬の前に!ニキビ跡を消すための化粧水 比較ランキング

『ハイドロキノン濃度』×『保湿効果』
進化型ハイドロキノン配合化粧品の比較
 
2位
ビーグレン
ビーグレン
総合評価

新安定型ハイドロキノンで部分集中ケアも顔全体的なケアもでき、保湿効果も高い

美白効果は高いがアンプルールと比べると保湿効果がやや低い
価格(税別)

1,890円(税込)送料無料

スポット美容液、化粧水、美白美容液、美容乳液ゲル、メイク落とし(サンプル)、洗顔料(サンプル)

1,944円(税込)送料無料
※購入サイトは税抜き価格表示

洗顔料、美白化粧水、美容液、夜用クリーム、クリーム
ハイドロキノン

新安定型ハイドロキノン
マイクロカプセルで包まれたハイドロキノンが肌に触れずに浸透するので刺激がなく悩みの根本に働きかける(化粧水・美容液に配合)
※その他アイテムにはハイドロキノン誘導体を配合

QuSome®ハイドロキノン
皮脂に近い超微小カプセルにハイドロキノンを包むことで皮脂に弾かれずに浸透(夜用クリームに配合)
濃度

化粧水:1%未満
美容液:2.5%

1.9%
保湿成分

セラミド1,3,6Ⅰ、浸透型コラーゲン、プラセンタエキス(化粧水、クリーム)

レチノール、GF、植物幹細胞エキス、セラミド、DMAE
保証

返品・交換は商品到着後8日以内(未開封商品に限る)

365日間の返品・返金保証(各商品1回限り)


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様の更新情報はTwitterとRSSでお届けしています。日頃の心構えから、アンチエイジングの裏ワザまで常に最新の情報をお届けしますので、是非登録して見逃さないようにして頂けると幸いです。





Google+