男性が育毛・発毛するための10の選択肢 まとめ

男性の育毛、発毛に対する不安や悩みは、年齢や時代を問わず多くの人が抱えてきた問題です。しかし、かつらや植毛に頼るしかないというのは一昔前の話。育毛、発毛に関する医学や技術は日々進化しています。

育毛と発毛の原因と対策

髪が薄くなる原因は様々ですが、多くの人が不安を抱える原因が、頭頂部や額の生え際が薄くなる「AGA=男性性脱毛症」です。老化現象による薄毛とは異なり、早ければ20代からと若年層でも起こります。遺伝的要因が強いAGAを防ぎたいというニーズは、薄毛の悩みの中で常にトップに挙げられます。それに応える治療法も開発されています。

薄毛の原因は遺伝、生活習慣、ストレス、血行、脂性等頭皮環境などが知られています。各々の対策が有効性を持ち得ますが、原因と対策の適切なマッチングが不可欠です。とにかく良いと言われることを広く取り組む場合も見受けますが、必ずしも有効ではないのが現実です。場合によっては、効果の無い対策に終始するうちに、発毛能力が二度と戻らなくなってしまう事もあります。

まずは現在の発毛状況、そして遺伝的な要素、生活習慣が発毛に与える影響を把握して、将来どのような状況になるかを予想してみましょう。対策にどの程度力を入れるのかは自分次第です。ここでは、判断や対処法の材料となる情報を提供いたします。

薄毛の原因は一つだけではない


薄毛の原因は男性型脱毛症、いわゆるAGAや、老人性脱毛症が良く知られています。しかしそれら以外にも原因は様々です。フケの大量発生が伴う粃糠(ひこう)性脱毛症や、異常な皮脂分泌が原因となる脂漏性脱毛症は、頭皮環境改善が対策の1つとなります。フケや皮脂によるこれらの脱毛症は、原因としては実は稀なケースです。

ホルモン作用が主な原因となる粃糠性や脂漏性の脱毛症は、病院での治療も可能です。しかし、生活環境改善や適切な頭皮ケアが有効な治療法となります。このような治療アプローチは一般的に知られる薄毛ケアとリンクする部分が多く、人によっては自己判断でシャンプーなどの頭皮ケアや、食事やたばこなど生活習慣の改善に力を入れているケースが見受けられます。

しかし、薄毛の原因としてメジャーなものは、AGAや老人性脱毛症です。特にAGAに関しては、粃糠性や脂漏性脱毛症と同様のアプローチを行っても、解決には至らない場合があります。AGA発症頻度は、20代から年代毎に、10%、20%、30%と上がり、50代では40%以上にも上ります。30代、40代のまだまだ薄毛は早いと感じる世代において、決して低い割合ではありません。

育毛・発毛の選択肢


では、男性の薄毛で最も多いAGAはじめ様々な脱毛症に対して、具体的に取り得る育毛・発毛のための選択肢を整理し、広くご提案します。

正確な原因究明に重きを置く
ご自身が今悩んでいる、もしくは心配している薄毛の原因は何であり得るか、まずは探るところから始めましょう。異常なフケがあれば粃糠性、皮脂分泌が尋常でなければ脂漏性、そのような症状がなくとも生え際や頭頂部の発毛が気になればAGAの可能性が考えられます。

それ以外に、局所的な脱毛があれば円形脱毛症、老年期にさしかかり、頭部全体にまばらな薄毛が起こる場合は老人性脱毛症という場合もあります。できれば専門の病院にかかることで正しい診察や治療が可能ですが、中には医療的措置だけではなく、生活習慣やストレスの改善が有効なものもあります。いずれにしても、正しく原因を把握できなければ無意味な努力や逆効果を招きます。

自宅で育毛・発毛ケアをするという選択肢
薄毛対策にそれほど切迫感を感じていない場合は、自宅でできる手軽なケアから始めたいものです。AGAの場合は専門の治療が有効ですが、頭皮環境を健康に保つ育毛・発毛ケアは自宅で行うことができます。たばこや夜更かしなどの生活習慣の改善、栄養豊富な食生活、血行促進などは、AGAの解決効果は無くとも、丈夫な頭髪を保つためには有効です。

自宅ケアの中で、シャンプーや頭皮の清潔にこだわるケースが良く見受けられます。中には間違った認識も多いので注意が必要です。強い洗浄剤や過度な洗浄は正常な皮脂環境を乱します。皮膚全体に言えることですが、皮脂の奪いすぎが皮脂過剰を招く為です。医師の見解でも洗浄回数は1日に1回で十分とされています。

  • 育毛シャンプー/男_スカルプDシャンプー / アンファー
    1000万人が感動した薬用シャンプー
    スカルプDシャンプー / アンファー
    4.25
    育毛シャンプー/男: 4.25

    icon-check-square頭皮ケアに必要な成分を凝縮!
    icon-check-square毛髪内部の密度UPで理想のヘアスタイルへ!
    icon-check-square髪の毛のボリュームダウンにお悩みのあなたへ

    価格種類内容
    3,612円(税抜)本商品
    350ml
    育毛シャンプー

  • 育毛シャンプー/男_プレミアムブラックシャンプー / &GINO
    アミノ酸系洗浄成分で優しく頭皮を洗う
    プレミアムブラックシャンプー / &GINO
    4.15
    育毛シャンプー/男: 4.15

    icon-check-square要注意成分不使用で低刺激
    icon-check-squareノンシリコンシャンプー
    icon-check-square1日換算で43.2円で経済的

    価格種類内容
    4,800円(税抜)※本商品orサンプルなど
    400ml
    シャンプー

  • 育毛シャンプー/男_U-MAシャンプー / ZERO PLUS
    馬油を主成分に配合したスカルプシャンプー
    U-MAシャンプー / ZERO PLUS
    3.95
    育毛シャンプー/男: 3.95

    icon-check-square頭皮・毛髪にお悩みの方をサポート
    icon-check-square馬油を主成分に配合した贅沢なスカルプシャンプー
    icon-check-squareU-MAシャンプーで健康的な頭皮づくりを!

    価格種類内容
    1,843円(税抜)本商品
    150ml
    育毛シャンプー


市販の育毛剤を試すという選択肢―市販育毛剤の認識―
気軽に購入できる市販育毛剤にも、先述のガイドラインに記載のある成分が配合されているものがあります。これらの有効成分はガイドライン上では上から3番目の推奨度「使用してもよい」にカテゴライズされています。この位置づけは効果を保証する十分なエビデンスが無いといった理由で推奨度が下がっているものがほとんどです。

医薬品とそれ以外の製品との違いはエビデンスの確かさにあります。それ以外の製品は医薬品のようにはっきりと効果を謳う事はできず、それが単に現時点での研究成果の不足で、大いに可能性を秘めているものか、個人差の激しさなのか、といった事は確かではありません。市販の多くの育毛剤は「薬用」すなわち「医薬部外品」に属します。

医師の処方が必要な「医薬品」は高い効果を見込め、一方副作用のリスクも伴いますが、「医薬部外品」は穏やかな作用で、治療を目的とした「医薬品」に対し、予防に重きをおいたもの、と捉える事ができます。

市販の育毛剤を試すという選択肢―成分から育毛剤を選ぶ―
先述の皮膚科学会ガイドラインで有効成分として記載された成分を含有する育毛剤を例に挙げると、「サクセス バイタルチャージ 薬用育毛剤」(t-フラバノン含有)や、「薬用発毛力 イノベート」(サイトプリン・ペンタデカン含有)、「発毛促進剤 薬用アデノゲン」(アデノシン含有)などがあります。

いずれもライオンや資生堂など、信頼性の高い製造元が販売しており、独自の研究成果を持っています。医薬品の育毛剤では、先述の育毛成分ミノキシジルを含有した「リアップ×5」も販売されていますが、薬価の面では病院処方のものに比べて格段に割安とは言えません。市販の育毛剤も、効果を感じるまでに一定期間を要します。時間とお金を投資するに当たり、その他の選択肢と比較して選ぶ事で、効果と納得を得やすいかと思います。

  • 男性用育毛剤_BUBKA / T.Sコーポレーション
    ミノキシジルが頭皮に合わない方に!業界初ノンアルコール製法の低刺激育毛剤
    BUBKA / T.Sコーポレーション
    4.25
    男性用育毛剤: 4.25

    icon-check-squareミノキシジルでは頭皮が荒れる方に!肌にやさしい無添加・無香料の育毛剤
    icon-check-square育毛成分M-034配合で育毛促進
    icon-check-square定期コース購入でサプリプレゼント、送料無料

    価格種類内容
    5,538円(税抜)本商品
    120ml
    男性用育毛剤

  • 男性用育毛剤_CHAP UP / ソーシャルテック
    満足度90%超!脱毛を予防・育毛を促進する育毛剤
    CHAP UP / ソーシャルテック
    4.15
    男性用育毛剤: 4.15

    icon-check-square無添加で優しい男女兼用育毛剤
    icon-check-squareセンブリエキス配合で血行を促進して髪を育てる
    icon-check-square全額返金保証付き、便利なスプレータイプ

    価格種類内容
    8,417円(税抜)本商品
    120ml
    育毛剤

  • 男性用育毛剤_ポリピュア / シーエスシー
    毛乳頭ケアで脱毛予防する薬用育毛剤
    ポリピュア / シーエスシー
    4.15
    男性用育毛剤: 4.15

    icon-check-squareセンブリエキス配合で育毛・発毛促進する薬用育毛剤
    icon-check-squareベタつかずさっぱりとした使用感
    icon-check-square全額返金保証キャンペーン、定期コースは送料無料

    価格種類内容
    6,297円(税抜)本商品
    120ml
    育毛剤

  • 男性用育毛剤_モンゴ流スカルプエッセンス Deeper3D / アルファウェイ
    2016年リニューアルの新モンゴ流スカルプエッセンス
    モンゴ流スカルプエッセンス Deeper3D / アルファウェイ
    4.00
    男性用育毛剤: 4.00

    icon-check-square2016年に商品リニューアル
    icon-check-square新成分「リデンシル5%」「黒ショウガエキス」配合
    icon-check-square12ヶ月使用者の9割以上が結果に満足

    価格種類内容
    13,750円(税抜)本商品
    60ml
    育毛剤

  • 男性用育毛剤_薬用プランテル / ユーピーエス
    M字の進行に悩める貴方の為の薬用育毛剤
    薬用プランテル / ユーピーエス
    3.95
    男性用育毛剤: 3.95

    icon-check-square有効な育毛成分でしっかり発毛促進
    icon-check-square薬用プランテルで、もうM字に悩まない!
    icon-check-square生え際で実感する、薬用育毛剤

    価格種類内容
    6,463円(税抜)本商品
    150ml
    男性用育毛剤


育毛・発毛サロンという選択肢
昔から薄毛に係るケアと言えば専門の育毛サロンが知られています。こういった育毛サロンは、美容整形外科に対するエステのように捉えるとわかりやすいかもしれません。独自の発毛技術を持ち、年間費にして病院治療より高価なものが多いと言えます。

施術パターンが多様な事が特徴で、育毛・発毛ケア以外に元来のかつら製造技術を活かしたサービスや、自毛に人工毛を結着させる増毛法など、医療以外の選択肢が得られます。肝心の育毛・発毛効果については、口コミや実績などによる判断が主となります。一定の規定の上で、効果の裏付けがある医療ケアとは異なると言えます。

独自の育毛・発毛ケアになるため、投資するか否かの判断は、より高い自己責任が伴います。高額投資で効果が得られなかったというケースもあるので、慎重な判断が必要です。

  • 育毛クリニック男_ヘアメディカルAGA治療 (男性) / ライカ
    あらゆる男性の発毛・育毛トラブル対策
    ヘアメディカルAGA治療 (男性) / ライカ
    4.45
    育毛クリニック男: 4.45

    icon-check-square国内最大手の薄毛(AGA)治療のクリニック
    icon-check-square男女それぞれに対策するクリニックを運営
    icon-check-square月額3万円程度でオーダーメイド発毛治療のクリニック

    価格種類内容
    月平均約3万円男性頭髪治療頭皮治療クリニック

  • 育毛クリニック男_AGAクリニック/ 親和クリニック新宿
    自毛植毛でAGAを根本から解決へ
    AGAクリニック/ 親和クリニック新宿
    4.45
    育毛クリニック男: 4.45

    icon-check-square1回で5000株も植毛できるハイスピードメガセッション
    icon-check-square刈り上げないFUE法の「NC-MIRAI法」
    icon-check-square超極細パンチブレードでよりナチュラルに植毛

    価格種類内容
    MIRAI法 1株 ¥1,200円(税抜)男性頭髪治療頭皮治療クリニック

  • 育毛クリニック男_AGAクリニック / AGAルネッサンスクリニック
    AGAはクリニックへ!
    AGAクリニック / AGAルネッサンスクリニック
    4.40
    育毛クリニック男: 4.40

    icon-check-square治療実績1万7,000件以上
    icon-check-square通院を考えた低価格設定
    icon-check-square体質に合わせた豊富な治療メニュー

    価格種類種類
    処方薬6,500円〜男性頭髪治療頭皮治療クリニック


AGAと診断された場合の選択肢
ある程度早期にAGAとわかった場合、つまり発毛可能な毛母細胞が残っている場合、毛母細胞を守ることで、自身が望むような頭髪を取り戻すことが可能です。AGA治療では、日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」に沿って、推奨される内服薬や外用薬を中心に治療が行われます。

内服療法の第一選択薬として「5α-リダクターゼ」を阻害する有効成分フィナステリドが推奨されています。男性ホルモンが脱毛ホルモンに変わるのを防ぐ内服薬です。この有効成分を含有する薬「プロペシア」は毛母細胞の機能停止を防ぎ、抜け毛を予防します。

この「プロペシア」と同時に、発毛を促進する「ミノキシジル」を外用することで、現状維持だけでなく高い育毛・発毛効果が望めるとされています。「ミノキシジル」は男女ともに効果の認められる外用成分で、ガイドラインにおいて治療に用いる事を強く推奨されているものです。

育毛・発毛が難しい場合に残された選択肢
上記のガイドラインにおいて、内服薬や外用薬で効果が認められない場合などにおいて、その他の選択肢として挙げられているのが自毛植毛です。植毛は医療機関以外でも行われる対策ですが、安全性の面から医療行為としての自毛植毛が推奨されています。しかし外科的処置であるこの治療にはリスクを伴う認識が必要です。

より安価な人工植毛については、多数の有害事例があるものの、規制はされていないというのが現状です。それに対し、自身の毛組織を移植する自毛植毛は定着率が高く、定着後は本来の毛髪同様のケアが行えるため、皮膚科学会が挙げる選択肢の一つとなっています。保険適用外の手術で100万円程度からが相場となっています。

費用面から考える選択肢
医療としての育毛・発毛治療が広まるにつけ、医学的信頼度の高い対策を行う選択肢が増えました。一方で、これらの治療は全て保険適用外です。先述のAGA治療は診療費や薬剤費を含め、月々約1万円程度が治療費の相場となっています。

治療期間は最低半年以上ですが、AGAは体質として変化することがありません。自身の発毛状態に満足したところが治療終了時となります。人によっては長期に、もしくは発毛状況に合わせて生涯に渡り繰り返し治療に取り組む可能性もあり、費用面を負担に感じる場合もあるでしょう。

薬剤面に関しては、先述した「プロペシア」や「ミノキシジル」は医師の処方外での入手も不可能ではありません。個人輸入というルートや、ジェネリック製品の使用によって安価に治療を行う方もいるようです。しかし、医薬品は強い効果の反面副作用を伴います。まずは医師の診断を受けてから考えるべき手段と言えます。

病院選びで変わる選択肢
AGA治療薬の処方は多くの皮膚科や内科で可能になりました。しかし、肝心のAGAチェックや、積極的な育毛・発毛を希望する場合は、AGAの専門治療ができる病院を選ぶのがお勧めです。

このような病院は本人の希望に合わせて多様な育毛・発毛ができる治療環境を備えています。専門治療を設けていない病院と比べて、現状維持以上の育毛・発毛治療ができると考えていいでしょう。また、保険適用外の治療費は病院毎に異なります。薬剤の仕入れ値などが治療費の差となるため、費用面からの病院選びという視点もあります。

老化に負けない育毛・発毛の選択肢
AGA体質でなくとも、特に60代以降の老年期に入ると薄毛が気になり出します。これは老人性脱毛症と呼ばれ、先程毛髪を作る細胞として紹介した毛母細胞へ栄養を送り届ける「毛乳頭」の衰えによるものです。老化現象の一つですから、進行を止めるのは難しいとされています。一方で年と老化度に個人差があるように、心がけ次第で老化を遅らせることもできます。

老人性脱毛症の進行には、生活習慣や頭皮の健康が大きく関わっています。不規則な生活や栄養の偏り、喫煙などは当然老人性脱毛症の進行に影響します。また、毛乳頭を健康に保つために、適切なマッサージも効果的です。老化に伴い白髪を抜く方がいますが、これは毛乳頭を破壊することがあるため、薄毛にも白髪にも良くありません。白髪対策にも効果的な、健康で血行の良い頭皮を目指すことが一番の対策と言えます。

薄毛の悩みを抱える年代に最も多いAGA


薄毛の悩みや不安を抱える人が最も多い20代~40代にとって、最も憂慮し、認知すべき脱毛症はAGAと言えます。AGAの治療や予防には、一般的に知られる薄毛対策では効果が無いものが多くあります。AGAは、進行するとその部位の発毛能力を失ってしまいます。その為、早期の認知と治療開始が望ましい脱毛症です。

ヒトの細胞は、細胞分裂の回数に限りがあります。毛髪を作る毛母細胞も同様で、1回の細胞分裂を行う周期が通常2年~6年、その周期を最大50回程度繰り返し、寿命を迎えて発毛能力を失います。AGAになった場合、細胞分裂を行う周期が短くなるという異常が起こります。十分に発毛しないまま細胞分裂が繰り返され、通常より早く毛母細胞の寿命を迎えてしまいます。

こうして発毛能力を失ってしまった毛母細胞には、現在可能な内服薬治療も効果を発しません。自身の発毛能力を残す治療に取り組みたい場合、早期に治療を始める事が肝要となるのはこのためです。

AGAの見極めの方とは


20~30代で発症するAGAを若年性脱毛症、40~50代で発症する場合を壮年性脱毛症と呼びます。特に深い悩みとなるのが若年性脱毛症です。年齢を重ねれば、頭髪の様相も年相応の雰囲気と馴染むものですが、若年層の場合は容姿の深刻な悩みとなり得ます。また、壮年期に至っても若々しい頭髪を維持したいという要望は後を絶ちません。

しかし、不安とは裏腹に、「まだ若いから」、「わざわざ病院に行って思い過ごしと言われるのが嫌だから」、と行動を起こしにくいのも現実です。AGA治療の選択肢や認知が広がった今でも、動き出しが早い人は少なく、不安を抱えたまま過ごす人が多いのではないでしょうか。

AGAの判断基準の一つとして、薄毛になる部位が限定されていることがあります。一般的にM字型、O字型として知られている、生え際、頭頂部、もしくはその両方がAGAで薄毛となる部位です。それらの部位が、客観的に薄くなってきた場合、AGAの可能性が考えられます。また、遺伝や抜け毛の量も判断の目安となります。

疑わしければ病院へ


抜け毛は薄毛に悩む人にとって不安材料の一つです。抜け毛量は季節や生活環境によっても変化するもので、多少の変化は通常の範囲です。しかし、AGAが進行している場合は目に見えて抜け毛量の変化を把握できるといわれています。また、AGAは遺伝的要素が強く、母方の遺伝が強く影響します。母方の祖父の頭髪も参考要素となります。

これらの自己判断要素は目安であり、進行程度に依らず、まずは明確な診断を受けられる病院に足を運ぶことをおすすめします。AGAチェックという体質診断で、現状に関わらず自身のこの先の頭髪状況と、とるべき対策が明確になります。後にご紹介しますが、AGA治療は保険適用外で安価なものばかりではありません。

しかしAGAという体質であっても、発毛能力を守ることは早期の治療で可能です。治療の及ばない状況になってから何かをすることを考えても、早期治療は経済的だと言えます。まずはその診断だけでも早めに行う事が問題解決につながります。診察に出向いた場合、すぐに治療が開始されるわけではありません。診断と共に、治療の選択肢が与えられます。体質の把握だけに病院を利用することももちろん可能です。

AGAの正しい知識を持つ


AGAは遺伝的要素が強いとお話ししましたが、その体質とは、頭皮の特定部位で育毛を阻害する成分が作られるというものです。この体質の人は、男性ホルモンが毛根近くの皮脂腺から分泌される「5α-リダクターゼ」という酵素の作用で、「ジヒドロテストステロン」という強力な脱毛ホルモンに変化してしまいます。この「ジヒドロテストステロン」が毛母細胞の発毛能力を早期に奪う原因です。

巷で抜け毛対策といわれているケアの多くは、残念ながらこの体質に打ち勝つことはできません。例えば、頭皮を清潔に保つことや、血行を良くすること、たばこなどの生活習慣改善は、決して悪いことではないのですが、根本原因に対して効果がありません。

健康な発毛を保つ努力は若々しく健康的な容姿へとつながりますが、薄毛の原因としてAGA体質を持つ方の場合は、まず上記の「5α-リアクターゼ」を抑制し、更に強力な育毛ケアを行う事で、育毛・発毛が実現します。男性ホルモンが薄毛の原因という巷の認識がありますが、更に進んで「5α-リアクターゼ」の抑制こそが自身の発毛能力を維持する鍵になるという認識が必要です。

男性が育毛・発毛するための10の選択肢 まとめ


さて、育毛・発毛の選択肢としておおまかな知識をご紹介しましたが、これまで口コミや実績、個人の主観に依るところが大きかった薄毛にまつわる対策も、医学の侵入で新たな回路が開けつつあります。

とはいえ医学も万能ではありません。治療できる病院が増えた今、民間だけでなく医療機関も、実績などを頼りに選択する幅が増える事でしょう。これからも進展が見込めるこの分野において、知識のアップデートを続けることは効果的、効率的な治療に不可欠です。

薄毛に関する悩みは客観的な状況と、個人的な主観がかけ合わさったものです。人によって切実な問題となり得るこの分野で、無駄な悔しさや貴重な時間、資金の損失を防ぐ為に、今後も広い視点で情報収集し、冷静で適切な判断を下されることを願います。


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様の更新情報はTwitterとRSSでお届けしています。日頃の心構えから、アンチエイジングの裏ワザまで常に最新の情報をお届けしますので、是非登録して見逃さないようにして頂けると幸いです。





Google+