植毛はAGAの根本治療!治療効果の違いで際立つ自毛植毛の威力

[公開日]2016/07/30[更新日]2016/08/30

植毛の効果について もう植毛しか打つ手はないのか…

植毛を検討している人の中には、AGA治療薬で効果が見込めず、最後の砦・植毛へとたどり着いた人もいるかもしれません。

でも、植毛って悪くない選択肢だと思うんです。むしろAGAを根本から解決してくれる植毛にたどり着こうとしているそこのアナタの背中をそっと押してあげたいくらい、です。

ということで今回は、植毛の効果について、そっと背中を押せる理由も含めながら解説していきたいと思います。

下の目次に沿って見ていきましょう!


発毛が継続する!植毛と治療薬の違い


目次1 AGAの治療にはいろいろとありますが、その中でも代表的なのが内服薬と塗り薬。

プロペシアやミノキシジルという単語を知っている人も多いかもしれませんが、薬と植毛とではAGA治療にどのような違いがあるのでしょうか。

薬での治療
まずはAGAの代表的な治療である薬から見ていきましょう。
AGA治療薬には、飲み薬と塗り薬の二つのパターンがあります。

内服薬
AGAの原因である男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の発生を抑えることで、脱毛を抑止していくのが狙い。
内服薬
塗り薬
ミノキシジルなどの成分が毛の細胞に働きかけることで、細胞増殖因子の生産を促し、発毛させる。
塗り薬
植毛での治療
植毛は、健康な毛や人工毛を植えることでAGA以前の毛同様に発毛を継続させていく方法です。

植毛

薬と植毛 大きな違いとは?

このように薬と植毛ではAGAへのアプローチが大きく違うのですが、効果でも大きく異なる点があります。それは、植毛は発毛が持続する、ということです。

内服薬や塗り薬は一旦休薬してしまうとAGAが再び進行してしまいます。
つまり、可能な限り薬を使用し続ければいけないのですが、植毛の場合は治療が完了してしまうと再治療の必要がありません。

これは植毛治療だけが出せる大きなメリットです。

あきらめないで。植毛で可能性がある人


植毛には発毛効果が持続するという大きな特徴がありましたが、AGA治療を検討している人の中でも植毛治療をおすすめできる人がいます。

❶ 内服薬や塗り薬で効果が出なかった人
❷ 副作用の影響で治療薬を断念せざるを得なくなった人
❸ AGAが進んでいる人

内服薬や塗り薬で効果が出なかった人
プロペシアやザガーロ、それにリアップやロゲインを試してみたけどイマイチ効果が実感できなかった。
そういう人、意外といるのです。

先ほど図でも解説しましたが、薬と植毛ではアプローチの仕方が異なるため、プロペシアやリアップで効果が出なかった人にも植毛で発毛するチャンスがあります。

副作用の影響で治療薬を断念せざるを得なくなった人
内服薬の副作用として主に男性機能に関する症状が多数報告されています。
毛を取るのか男をとるのか、難しい判断ではあると思うのですが、EDなどの重い副作用が出てしまうようでは継続することは不可能です。

また、塗り薬中の成分ミノキシジルに関する副作用ですが、体の火照りや多毛症などの副作用が報告されています。それ以外にも、血圧に関する副作用の報告もあります。

というのも、そもそもミノキシジルは血圧を下げるために作られたものなので、血圧に問題がある人も使用できません。

その点植毛はこれらの副作用が出ることはないので安心です。

AGAが進んでいる人
AGAがかなり進行してしまっている場合は、内服薬・塗り薬ともに効果が期待できません。
頭頂部が無毛になってしまっているレベルでは厳しく、そもそも毛が生える細胞がない状態に薬の効果を与えたところで意味がないからです。

しかし、植毛の場合は発毛が可能なのです。

植毛は最後の砦

植毛に向いている人を挙げてきましたが、薬の効き目が無かったりAGAが進行してしまったりしている人にとって、逆に言えば植毛は最後の砦でもあります。

どうしても薄毛を治療したいと強く願う人にとって、植毛は強力な味方だと言えます。

人工か?自毛か?植毛の種類について


目次2 植毛について解説している最中ではありますが、実は、植毛には二つのタイプが存在しています。

自毛植毛…後頭部などの自分の毛を薄毛部分に植毛する
人工植毛…ポリエステルなどで作られた人工毛を植毛する
 
自毛植毛
人工植毛
即効性

発毛までに時間がかかる

すぐに増毛できる
増毛量

自毛を使用するため限り有

限りなく増毛可能
発毛持続性

健康な頭髪同様発毛が持続

数ヶ月から数年で脱毛
施術費

高額

自毛植毛に比べれば安い
ランニングコスト

治療後の費用無

メンテ費+再植毛費
メンテナンス

不要

数ヶ月に一度必要
副作用

拒絶反応少なめ

異物のため拒否反応高め
髪型

他の頭髪と同じ扱い

髪型調整必要
その他ポイント
すべての植毛が発毛するわけではない(ロスがある)
炎症や感性症から異物性肉芽腫になるなど問題あり
こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。人工植毛は自毛植毛に比べてマイナス面が多いの。特に体への影響が色濃く出る可能性が高いのが問題ね。

素早く確実に増毛できるのは人工植毛

人工毛はその名の通り人工物なので体への負担が起こります。

しかし、なんといっても即日で確実に増毛できるのは人工植毛の利点でしょう。

人工植毛図
人工毛には人に馴じみやすい素材(ポリエチレンなど)を使用しますが、植毛の際には毛の安定性を保たせるために皮下組織まで差し込む必要があります。
差し込まれた人工毛は1週間ほどで組織と馴染む仕組みになっています。

また、洗髪やドライヤーもすることが可能で、普段の髪と変わりなく過ごすことができます。

ただやはり体への負担が強く出てしまうのが欠点で、いくら人工植毛で無限に増毛できるとはいえ、健康面を考えると部分的な植毛に限定した活用が限界です。

男性型脱毛症診療ガイドライン
これは、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会が共同で策定した、AGA診療ガイドラインの一部です。

A/B/C1/C2/Dの順で治療推奨度が評価されているのですが、自毛植毛は上から二番目評価であるBです。
A評価ではない理由としては、第一に薬での治療が優先されているからで、治療効果が乏しいからではありません。

そして人工植毛手術は、一番下のD評価。
アメリカ政府機関の食品医薬品局に至っては、事実上の禁止措置にまで指定しています。

日本国内では禁止されていないものの、人工毛植毛の有益性よりも危険性の方が高いとして日常診療では使用しないよう勧告されているのが現状です。

メンテナンスいらずで発毛が持続する自毛植毛

一方自毛植毛は、費用が高額であったり即効性はなかったりするものの、治療が完了してしまえばメンテナンスの必要がありません。

つまり、他の健康な頭髪と全く同じように扱えるところが最大の魅力です。

植毛の方法ですが、下の図を基本としながら、クリニックによって手法や機械を変えつつ行っていくのが一般的です。

自毛植毛手順1 自毛植毛手順2
AGAは、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、毛の乳頭細胞と呼ばれる部分のレセプターでキャッチされることで引き起こされます。

このレセプターですが、すべての毛に備わっているかというとそうではありません。
頭部では前頭部や頭頂部に存在していますが、側頭部・後頭部にはほとんど無いことが確認されています。
そういやAGAの人って、生え際やテッペンが薄い人が多いよね。その辺りの毛はレセプターを持っているから抜けちゃってたのかぁ。

植毛に使う自毛は、AGAを引き起こすレセプターを持たない側頭部・後頭部の毛髪です。
それらを手術で取り出し、薄毛部分に植え付けていくのが自毛植毛です。

つまり、レセプターを持っていない毛を植毛しているためAGAの影響を受けず発毛が持続していくことになるのです。
ちなみに、植毛は医療行為に当たるからクリニックで受けることになるわよ。育毛サロンじゃ植毛できないから注意してね。

おすすめは断然、自毛植毛!


人工植毛と自毛植毛を見てきましたが、どちらがおすすめなのでしょうか。とはいっても、答えはなんとなく出てしまっています。

植毛は《自毛植毛》がおすすめ!

自毛植毛対人工植毛 人工植毛には発毛即効性や費用の安さというメリットを超える、大きなデメリットがありました。

頭皮の炎症や雑菌の侵入、そして最悪の場合肉芽腫という腫れができてしまうことで、再植毛自体ができなくなってしまう恐れがあります。

一方自毛植毛は、費用が高額になりがちですが体への負担はかなり軽減されます。
その上、植毛してしまえば他の頭髪と同じように発毛し続けるので、ランニングコストの心配が無いのも大きなポイントです。

しかし、自毛植毛にも注意点は存在します。それは、「発毛効果が100%ではない」という事実です。そしてここでキーワードになってくるのが"定着率"です。

自毛植毛の注目点は定着率

定着率とは、植毛した自毛が再び発毛を再開するかどうかの確率のことを意味しています。

その確率を上げていくことが自毛植毛では重要になるのですが、それを左右している二つのポイントがあります。

手術の方法
医師の技量

植毛作業は、毛根を傷付けたり途中で切断してしまわないようにしなければいけません。

しかし、毛根は皮膚の中まで貫いているので完全な状態でくり抜くには技術を要します。

その技術をどれだけカバーできるのかどうかを、施術を受ける側は慎重に判断し選択していく必要があるのです。

技術の進歩が目覚ましい!自毛植毛の種類について


目次3 自毛植毛にはいろいろな種類の手法が存在します。

ここでは、数ある手術の方法を見ていくことで特徴をつかむと同時に、自毛の定着率についても考えてみたいと思います。
施術名
方法
特徴
定着率
ニードル法
採取毛を針で切開しながら植毛する方法・処置時間多
・綺麗な仕上り
・費用が高い

作業時間が原因で定着率低下の可能性有
マイクロ
グラフト法
毛1〜3本単位でくり抜き植毛する方法・繊細な植毛可
・広範囲対応可

定着率低い
FUT
毛包単位で採取し植毛する方法・大手で採用
・自然な仕上り
・高密度植毛可
・傷が薄く残る

定着率高い
FUE
メスを使わずに毛包単位でくり抜き植毛する方法・大手で採用
・自然な仕上り
・痕が白く残る
・坊主は不可
・髪刈上げ必要

医師の技術に左右されるが定着率高い
機械植毛
FUE法+CCDカメラ採用の最新植毛・技術が均一

定着率高い
機械で植毛ができるんだねぇ。なんだかイマドキ。
ARTASって機械がそれにあたるんだけど、どちらかというと医師側の負担が軽くなる施術って感じね。ただ、そのおかげで医師の手術精度が上がるならいいんだけれど。

現時点での自毛植毛手術の主流は、FUT・FUE・機械植毛です。

定着率は技術の進歩と自毛植毛導入の歴史と比例して確実に向上しており、中には、定着率95%(100本の植毛で95本が根付く)以上を誇る成果も報告されています。

自毛植毛を受ける際には、FUT・FUE・機械植毛の少なくともいづれかを採用しているクリニックで行うのがベストです。

最新技術導入!自毛植毛おすすめクリニック


目次4 自毛植毛には定着率が大切で、それにはFUT・FUE・機械植毛のどれかを採用しているクリニックを選ぶべきだということが分かりました。

その基準をクリアしているクリニックが、AGAルネッサンスクリニックです。

  • 育毛クリニック男_AGAクリニック / AGAルネッサンスクリニック
    AGAはクリニックへ!
    AGAクリニック / AGAルネッサンスクリニック
    4.40
    育毛クリニック男: 4.40

    icon-check-square治療実績1万7,000件以上
    icon-check-square通院を考えた低価格設定
    icon-check-square体質に合わせた豊富な治療メニュー

    価格種類種類
    処方薬6,500円〜男性頭髪治療頭皮治療クリニック


このクリニックのポイント
機械植毛「ARTAS」を導入している
増やす+美しくて自然な植毛に取り組む
AGA専門外来として多くの治療法を有している

自毛植毛に関しては、機械植毛「ARTAS」を取り入れるなど最新技術を活用した植毛施術を受けることが可能です。

AGAルネッサンスクリニックは、屋号にもあるようにAGA専門外来としての豊富な実績があることから、アンチエイジングの神様ではおすすめできるクリニックとして紹介しています。

また、治療前の無料カウンセリングを受けることで自毛植毛の料金や施術内容の詳細を事前に聞くことができます。
上の公式サイトから予約できるので、一度雰囲気を確かめてみるつもりで行ってみるのもいいかもしれません。

AGA治療は保険適用外の自由診療です。大半のクリニックではクレジットカード利用が可能で、中には医療ローンを組める場合もあります。

植毛(ほぼ自毛植毛)でよくある質問


Q&A最後に、植毛に関するよくある疑問についてまとめました。特に自毛植毛を検討している人は参考にしてみてください。

自毛植毛では必ず発毛しますか?
自毛植毛には定着率という数値が存在します。手術の方法や医師の技量が未熟な場合、定着率が大幅に減ることで薄毛改善が見込めない場合もあります。
自毛植毛で大量に増毛することはできますか?
自毛植毛は、自身の後頭部や側頭部の毛をドナーとしています。そのため、その部分に生えている本数のうち、薄毛になってしまわない程度にしか植毛することはできないので、無限に増毛できるわけではありません。
自毛植毛はどんな人におすすめですか?
フィナステリドやミノキシジルで効果がなかった人・それらで副作用が大きく出てしまった人・AGAが進んでしまっている人・発毛を持続させたい人におすすめできる治療法です。
自毛植毛ができない場合はありますか?
後頭部や側頭部にほとんど自毛がない場合は植毛できません。
自毛植毛で副作用はありますか?
自毛を使用するため拒否反応は低いですが、稀に既存の毛が抜ける「ショックロス」という症状が現れます。これは一時的な脱毛のため、時間が経てば再び生えてきます。
手術は一回だけですか?
一度に植毛できる量は限られています。毛量がある程度残っている人であれば1回の手術で薄毛をカバーできますが、AGAの進行が激しい場合、2回に分けて手術を行う場合もあります。
手術にはどれぐらい時間がかかりますか?
4〜5時間程度必要ですが、中にはもう少し早く終了する場合もあります。
人工植毛で薄毛は治りますか?
人工毛は体にとって異物のため、数ヶ月から1年ほどで脱毛したり定期的にメンテナンスを行ったりする必要があります。植毛後ずっと生え続けるわけではないので、AGAの根本的な治療とは言えません。

まとめ


今回は植毛の効果の是非について見ていきました。
最後に、植毛で押さえておきたい5つのポイントを確認しておきましょう。
❶植毛には「自毛植毛」と「人工植毛」がある
❷人工植毛は健康を害する恐れがあるので推奨していない
❸自毛植毛はAGA薬で効果が出なかった人でも発毛可能性有
❹定着率が自毛植毛の質を決める
❺自毛植毛は発毛持続性があり、AGAの根本治療である


一昔前までは薄毛が治療できるだなんて想像もできなかった時代から、自分の毛を利用して増毛する技術を手に入れるまで進化してきたこの世の中。

現段階では、AGAの根本的な治療として最有力である自毛植毛をうまく活用し、再び自信みなぎるあの頃を取り戻してみませんか?

《おすすめ関連記事》
AGAは病院へ!クリニック徹底比較から導くおすすめランキング
ザガーロ・プロペシア徹底比較!効果・副作用の追求と多角的AGA治療のススメ
プロペシアやザガーロは一時しのぎ!AGA治療で根本から薄毛脱却へ
アボルブは輸入品着手の引き金!?AGA治療には信頼のザガーロへシフトせよ!
その口コミ大丈夫!?ザガーロの正しい理解で、本気のAGA治療へ!


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+