サーチュイン遺伝子を知る

[公開日]2012/12/03[更新日]2015/04/02

サーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子と「空腹」には密接な関係があります。

食に対する欲求は個人差があり、常にお腹が空いてどうしても食欲を抑えられないという人もいます。しかし、それは大脳の幻想です。脳はありもしないことを勝手に思い込むものなのです。たとえば「孤独」とは無人島に一人でいる状態です。家族がいて学校には同級生が、会社には同僚がいるのに、誰も自分のことを愛してくれない、なんて感じるのは「孤独」という幻想です。

また「疲労」とは肉体労働をしてクタクタになった状態です。土日遊んでいたのに月曜の朝に「かったるい」なんて言うのは「疲労感」という幻想なのです。同じように「空腹」と「空腹感」は異なります。脂肪を燃焼しても栄養が足らずにお腹がグーッとなった時が本当の「空腹」。なんとなく口が寂しいとか、人が食べているから食べたいというのは「空腹感」という幻想です。

この幻想である「空腹感」の正体を知り、食を節制することはアンチエイジングにつながります。そのカギを握っているのが、若返り遺伝子とも呼ばれている「サーチュイン遺伝子」です。空腹時には「サーチュイン遺伝子」が発現して全身の細胞内の傷ついた遺伝子を修復してくれるのです。

これはさまざまな動物の食事の量(エサの量)を4割減らした時に寿命が1.5倍延びたという実験結果によって報告されているものです。またアカゲザルの実験では、エサを十分に与えたときは病気で亡くなるサルが多く、見かけも年老いて、毛ヅヤも悪かったのに対して、エサを3割制限した群は健康で、若々しい姿を維持していました。

さらに満腹のときに脂肪が燃焼すると「アディポサイトカイン」という悪玉物質が血管の内側の細胞を傷付け疾患を起こすのですが、空腹時は脂肪から「アディポネクチン」という善玉物質が出てその傷口を修復してくれるのです。

空腹とアンチエイジングは密接に関わっているので、食の節制は大きな一歩になります。幻想の「空腹感」に負けず、食べ過ぎに注意して「サーチュイン遺伝子」を発動させましょう。

サーチュイン遺伝子を活性化させるさらに詳しい情報は
サーチュイン遺伝子を活性化するスイッチ!最新エイジングケア
をご確認ください。


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+