健康にも美容にも!おいしくて続けやすい乳酸菌入り青汁ベスト3

乳酸菌入り青汁 「野菜不足が気になる」「ぽっこりと張ってキツイ」そんな時に役立つのが乳酸菌入りの青汁です。

実は乳酸菌は食物繊維と相性が抜群に良い菌だということをご存知でしょうか?

乳酸菌は大麦若葉などの食物繊維と一緒にとり入れることで、乳酸菌の働きをしっかり実感できるものなのです。 

ここでは、おすすめの乳酸菌入り青汁からおいしく飲む方法までご紹介します。

✔︎先におすすめの乳酸菌入り青汁が知りたい方は
おすすめの乳酸菌入り青汁おすすめランキングへ(ページ下部へ)



乳酸菌は大麦若葉の青汁と相性が抜群!飲むべき人とは?


乳酸菌は食物繊維との相性が良い菌です。

実は青汁の原料である「大麦若葉」や「クマザサ」は、食物繊維が豊富な青葉。

そのため、乳酸菌入り青汁は「青汁の栄養も乳酸菌の働きを1度でしっかりとれる」飲み物だといえます。

特に以下のような人におすすめできます。

乳酸菌入りの青汁をおすすめできる人
・野菜不足が気になる
・ぽっこりに悩んでいる
・食物繊維不足を痛感している
・脂肪分中心の食事が多い

嬉しい働きがたくさんの乳酸菌入り青汁ですが、実は乳酸菌は壊れやすいのでそのままだと実感しづらい菌です。

そのデメリットを解消し、乳酸菌もしっかり届けるためには、ポイントを押さえて青汁を選ぶ必要があります。

体内でしっかり働く!乳酸菌入り青汁を効果的に選ぶポイント


乳酸菌入り青汁の商品は様々ありますが、以下3つの条件を満たした商品が理想的な乳酸菌入り青汁です。

この3つを覚えておくだけで効果的に乳酸菌入り青汁を選ぶことができますよ。

乳酸菌入り青汁を選ぶ時のポイント
①生きたまま届く乳酸菌を選ぶ
②主原料の青葉は「粉末」と書かれた青汁を選ぶ
③飲みやすくて続けやすい価格もの

生きたまま届く乳酸菌を選ぶ
実はほとんどの乳酸菌は届く前に死滅してしまいます。

死滅しても善玉菌のエサとなるのでムダにはなりませんが、体内環境を整えるためには「生きたまま届く」ことがポイントです。

乳酸菌には様々な種類があるので、熱や胃酸に強い乳酸菌を選ぶようにしましょう。

◆熱や胃酸に強いおすすめの乳酸菌
  • 有胞子性乳酸菌(ラクリス乳酸菌、スポルス乳酸菌、ライラック乳酸菌など)
  • 植物性乳酸菌(ラクトバチルス・プランタム菌など)

また、乳酸菌をサポートするオリゴ糖やデキストリン(食物繊維)が入っている青汁は、よりおすすめです。

主原料の青葉は「粉末」と書かれたものを選ぶ
青汁の原材料は、「大麦若葉エキス末」というように「○○○エキス末」と書かれているものは避けましょう。

というのも、「エキス末」は青葉から絞ったエキスを乾燥させたものなので、青葉そのものが含む食物繊維が全くとれないどころか、乾燥時に加える熱でビタミンなどの栄養が損なわれている可能性があるのです。

一方、「大麦若葉粉末」というように「○○○粉末」と書かれているものは、青葉そのものを粉状にしたものです。青葉の栄養素を丸ごと摂ることができ、野菜不足や健康をしっかりサポートしてくれますよ。

飲みやすくて続けやすい価格もの
乳酸菌入り青汁は飲み続けて実感できるものです。そのため、どんなに良い栄養が凝縮されていたとしても継続できなければ意味がありません。

飲みやすい青汁の特徴は、苦味やクセが少ない大麦若葉や明日葉がベースとなっているものです。逆に、ケールがベースのものは苦味を強く感じてしまいます。

また、あまりにも安すぎる青汁は栄養素が少なかったり、添加物でごまかしているものがあるので注意しましょう。

栄養素や乳酸菌をしっかり配合された青汁は1ヵ月あたり3,000円以上するので、まずは3,000円を目安に選ぶことをおすすめします。

人気の乳酸菌入り青汁を比較!スッキリしない人へのおすすめは?


ここでは、野菜不足とぽっこりに悩む方に向けて人気の乳酸菌入り青汁おすすめランキングをご紹介します。

今回は理想の乳酸菌入り青汁の条件である

①生きたまま届く乳酸菌が入っている青汁か
②主原料の青葉は「粉末」と書かれた青汁か
③飲みやすくて続けやすい青汁か


のポイントをもとに、ランキング付けした結果をご紹介します。

乳酸菌入り青汁おすすめランキング
 
総合評価
成分
続けやすさ


低価格ながら大麦若葉と3種の乳酸菌配合でコスパも良い

大麦若葉末・有胞子乳酸菌2種・乳酸菌(死菌)・デキストリン

初回定期630円
2回目以降3,480円
果物の香りが強く飲みやすい

乳酸菌と相性の良い食物繊維入りな点が高評価。味も◎

大麦若葉末・有胞子乳酸菌・デキストリン

定期価格3,894円
ほんのり甘みを感じる

乳酸菌と相性の良いオリゴ糖配合だが甘すぎるという声も

クマイザサ粉末・植物性乳酸菌・オリゴ糖

初回定期2,000円
2回目以降3,600円
黒糖のやさしい甘み
青汁と乳酸菌
青汁と乳酸菌 /すこやか自慢

乳酸菌配合で栄養も高いが価格が高くてコスパが悪い

大麦若葉末・植物性乳酸菌

初回980円
2回目以降4,398円
すっきりした味わい
商品名
乳酸菌と酵素がとれる よくばり青汁/DHC

価格は安いが栄養がやや低くて味が薄い

大麦若葉エキス末・殺菌乳酸菌

通常価格2,550円
若干味が薄い
※価格は全て税抜き価格です

乳酸菌入り青汁おすすめランキングを図にすると以下になります。
乳酸菌入り青汁
DHCの青汁「乳酸菌と酵素がとれるよくばり青汁」は大麦若葉"エキス"なので、青汁としての栄養が損なわれている可能性があります。また、手頃な価格ですがが味が薄いので美味しさにも欠けています。

「青汁と乳酸菌」は栄養面では良い青汁ですが、価格が高いのでコストパフォーマンスがやや悪い青汁です。

上位3商品は、成分・味において高く評価できるうえ、価格とのバランスも良いのでおすすめできる乳酸菌入り青汁です。

乳酸菌入り青汁おすすめランキングと口コミ効果


ここからは、おすすめできる乳酸菌入り青汁のおすすめランキングと口コミ効果をご紹介します。

すっきりフルーツ青汁/FABIUS(ファビウス)
すっきりフルーツ青汁

「すっきりフルーツ青汁」は、生きたまま届く乳酸菌である「ラクリス菌」「スポルス乳酸菌」の2種類に加え、善玉菌のエサになる乳酸菌も配合されている青汁です。

飲むたびにしっかり働き、体内を整えてぽっこりをサポートしてくれます。

また、大麦若葉をメインに、明日葉、ケールまで使用されていて栄養価が高いので健康サポートにぴったりでしょう。

ケールは非常に高い栄養価がある一方で苦味を感じやすい青葉ですが、フルーツエキスが配合されているので、青汁なのに何倍でも飲みたくなる味ですよ。

公式サイトで商品詳細を見る

◆すっきりフルーツ青汁の口コミ効果
良い口コミ
・今では毎朝スッキリするようになった
・青汁独特の苦味や臭みがなくおいしい
・他の青汁に比て安い
・置き換えるとダイエット効果もあった

悪い口コミ
・調子はいいが毎日飲むと青汁の味に飽きる
・青汁を水で割ると味が薄い
・おいしいので続けたいが値段が高い

口コミ効果の結論
ぽっこりを根本からどうにかしたい人向けの青汁
すっきりフルーツ青汁の悪い口コミは価格や味に対するものが目立ちました。

価格は予算で感じ方が異なりますが、生きたまま届く乳酸菌が2種類も配合されている点や、青葉を豊富に含んでいる点を考えると妥当な金額でしょう。

味は好みに左右されがちですが、すっきりフルーツ青汁は初回630円で購入でき、もし味が口に合わなかった場合は返金保証制度があるので、そこまで不安視する必要はありません。

全体的には良い口コミが目立ち、ほとんどの方が「スッキリするようになった」「ぽっこりによかった」と実感していました。

乳酸菌もたっぷり含んでいるので、野菜不足&ぽっこり張った悩みの根本対策をしたい人は、すっきりフルーツ青汁を一度試してみる価値があるでしょう。

◆商品詳細
すっきりフルーツ青汁 / FABIUS
◇通常価格:3,980円(税抜)1箱30包入り
◇初回定期価格:630円(税抜)
⇒30日間の返金保証サービス有り
◇2回目以降定期価格:630円(税抜)
◇青汁の特徴:3種の乳酸菌、国産大麦若葉・クマザサ・明日葉使用、食物繊維入り

✔︎最安値情報
すっきりフルーツ青汁は、通販限定のため薬局やスーパーでは購入できません。Amazonや楽天でも取扱いがありますが、転売品で割高です。また、返金保証制度を受けられるのは公式サイトからの購入のみなので、公式サイトからの購入がおすすめです。
すっきりフルーツ青汁の公式サイトへ

やわたのおいしい青汁 / 八幡物産
やわたのおいしい青汁 八幡物産

「やわたのおいしい青汁」は、生きたまま届く乳酸菌「ラクリス菌」だけでなく、乳酸菌をサポートする食物繊維(デキストリン)も配合されているので、1杯で乳酸菌を実感できる青汁です。

また、無農薬栽培で栄養価が高い大麦若葉に加え、
・ビタミンCがたっぷり「ケール」
・日本人に不足しがちなビタミンAが豊富な「桑の葉」
・カテキンが凝縮された「緑茶」

も使われているので、野菜不足や栄養不足にも役立ちます。

ほんのり甘味を感じる飲みやすい青汁なので子供でも飲みやすく、1箱買えば家族で一緒に飲めますよ。

公式サイトで商品詳細を見る

◆やわたのおいしい青汁の口コミ効果
良い口コミ
・無農薬で安心
・ほんのり甘味がありおいしい
・この青汁を飲み始めて毎朝スッキリするようになった
・化粧ノリがよくなった

悪い口コミ
・値段がもう少し安いとうれしい
・1週間飲んだがまだよくわからない
・青汁に甘味があって食事に合わない

口コミ効果の結論
ぽっこり・野菜不足+美容ケアもしたい人向けの青汁
やわたのおいしい青汁は価格が高糸いとの口コミが目立ちました。

やわたのおいしい青汁は乳酸菌や大麦若葉に加え、食物繊維はレタス11個分も含まれているため、1箱3,894円とそれなりの価格です。

ただしその分、栄養も豊富なのでぽっこりや野菜不足はもちろん美容にもうれしい青汁です。

実際に化粧ノリがよくなったという声もあったので、青汁で体も美容もキレイしたい人にはおすすめできます。ただし、短期間で実感はできないので継続を前提に飲み続けましょう。

甘みのある味は食事と一緒に飲みたいかどうかで評価が分かれますが、やわたのおいしい青汁にはまずいといった口コミはなかったので飲みやすくて続けやすい青汁でしょう。

◆商品詳細
やわたのおいしい青汁 / 八幡物産
◇通常価格:4,100円(税抜)1箱30包入り
◇定期価格:3,894円(税抜)
⇒初回は3ヵ月の返金保証サービス有り
◇青汁の特徴:大麦若葉・ケール・桑の葉を使用、化学合成肥料・農薬不使用で安心、50種類の豊富な栄養素

✔︎最安値情報
やわたのおいしい青汁は、通販限定の青汁なのでドラッグストアで購入はできません。公式サイトからだと初めての人は3ヵ月の返金保証サービスも受けられます。
楽天やAmazonでは取り扱いはありませんでしたが、今後売られていても転売品で品質の保証がないのでご注意ください。
やわたのおいしい青汁公式サイトへ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ / 興和新薬
黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」は、スティックタイプで、黒糖のやさしい甘味が口いっぱいに広がるおやつ感覚の青汁です。

ただ食べやすいだけでなく、米由来の乳酸菌「ラクトバチルス・カゼイ菌」と、そのラクトバチルス・カゼイ菌をサポートする「オリゴ糖」が配合されています。

乳酸菌がぽっこりと張った悩みにしっかり働いてくれるので、毎日のスッキリを手助けしてくれるのです。

さらに、主原料のクマザサはレタス60倍の食物繊維や鉄、マグネシウムが豊富です。

食後のデザート感覚で食べられるのに、野菜不足も体内のキレイもきちんと叶えてくれるでしょう。

公式サイトで商品詳細を見る

◆黒糖抹茶青汁寒天ジュレの口コミ効果
良い口コミ
・苦味は全くなく甘味たっぷりでおいしい
・ゼリー状青汁なので会社にも持っていけて便利
・溜まっていたぽっこりがスッキリした実感がある

悪い口コミ
・青汁なのに甘ったるくて苦手な味だった
・食べてみたけど大きな実感はまだない

口コミ効果の結論
野菜不足より、まずは毎日のすっきりリズムを整えたい人向けの青汁
黒糖抹茶青汁寒天ジュレの良い口コミは味に関するものが多く、デザートのように食べられると好評でした。個包装されたゼリーなので水で溶かす必要もなくするっと食べられ、とにかく味を重視したい人におすすめです。

まだ実感がないという口コミもありましたが、青汁はすぐに実感できるものではないので、まずは最低でも2ヵ月食べ続けて様子をみてください。

また、他の青汁と比べると青葉の栄養素は少ない青汁ではありますが、食物繊維が豊富なので、ぽっこりに良かったとの口コミが目立ちます。

野菜不足を何とかしたいという人よりかは、まずは毎日のスッキリ習慣をつけたい人向きの青汁でしょう。

◆商品詳細
黒糖抹茶青汁寒天ジュレ / 興和新薬
◇通常価格:4,000円(税抜)1箱30包入り
◇初回特別価格:2,000円(税抜)
◇青汁の特徴:北海道産のクマザサ使用、ビフィズス菌をサポートするオリゴ糖配合、ゼリー状で甘味が強い

✔︎最安値情報
黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、通販限定の商品で公式ページからの定期便購入が最安値です。Amazonでは定期購入できないのでご注意ください。
また、楽天は転売品で1,000円以上も高い価格で売られていたので、購入は公式ページからがおすすめです。
黒糖抹茶青汁寒天ジュレの公式サイトへ

1位の乳酸菌入り青汁「すっきりフルーツ青汁」を飲んだ感想


ここでは乳酸菌入り青汁おすすめランキング1位の「すっきりフルーツ青汁」を実際に飲んで分かった結果をご紹介します。

すっきりフルーツ青汁パイナップルとマンゴーの香りと味が強めな青汁です。

変な甘ったるさはなくスッキリしているので、とても飲みやすい青汁でした。

青汁特有の苦味はほぼゼロなのでどんな人でも飲める青汁でしょう。

ただし、メーカーが規定してる水の量(1包3gに対して100ml)で混ぜると味が薄く感じるので、水の量は80mlくらいに減らして飲んだほうがおいしく飲めます。

溶けやすさ
すっきりフルーツ青汁水にサッと溶けるので、粉がダマになることや、沈殿することはありませんでした。

簡単に溶けたので時間がない朝でも手軽に飲むことができます。

おすすめアレンジ
今回は2つのアレンジ方法を試してみました。

牛乳

すっきりフルーツ青汁 牛乳 すっきりフルーツ青汁を牛乳で割ると若干味にコクが出て、まろやかな味になります。

水だと味が薄くなりがちでしたが、牛乳なら味の薄さを感じることもありませんでした。

また、牛乳はカルシウムが豊富なので、さらなる栄養補助にもつながり、健康面でも嬉しいメリットがあります。

ヨーグルト
すっきりフルーツ青汁 ヨーグルトからフルーツの香りがするので青汁感は全ありません。

また、ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が含まれています。

乳酸菌入り青汁と一緒に食べることでさらに多くの乳酸菌をとることができるので、スッキリサポートにもつながりますよ。

すっきりフルーツ青汁はそのままでも十分おいしし青汁ですが、いろいろアレンジをして味を変えると、飽きずに飲み続けられるので工夫して飲んでみてくださいね。

すっきりフルーツ青汁の公式サイトへ

乳酸菌入り青汁はいつ飲むのがベスト?


青汁は食品なので飲むべきタイミングは決まっていません。

どちらかというと「継続して飲む」ことが大切なので、青汁は自分が飲み続けやすいタイミングで取り入れることをおすすめします。

ちなみに、青汁を飲んでいる257人の方にアンケート調査をしたところ、朝食前に青汁を飲む人が全体の約5割も占めていました。

青汁 いつ飲むのがベスト
例えば朝食と一緒に青汁を準備するなど、決まったタイミングで飲み続けられる工夫をすると、途中で挫折することなく青汁を飲み続けることができますよ。

青汁は飲むタイミングよりも、「毎日しっかり飲み続ける」ことを重視しましょう。

乳酸菌入り青汁のは野菜不足&張ったぽっこりに良い


乳酸菌入り青汁は本当に飲み続けることで健康に役立つのでしょうか?乳酸菌入り青汁が持つ栄養や成分から、その働きを解説していきます。

野菜不足を補える
青汁の主原料となる青葉(大麦若葉・明日葉・ケール・クマザサ・桑の葉など)は、ビタミンやカルシウム、食物繊維、マグネシウムなど、日本人が普段足りていない栄養素がギュッと凝縮されています。

多くの栄養素を摂るためにたくさんの食品を食べるのは大変なことですが、青汁は1杯で手軽に栄養を補助できるので、野菜不足改善にもつながります。

ぽっこりをサポートして毎朝をスッキリに
そもそも乳酸菌とは、糖を発酵して大量の乳酸を作る細菌の総称です。

この乳酸菌を摂取すると、内側からすっきりサポートしてくれるので、ぽっこりがスムーズになるよう働きかけてくれます。

また、乳酸菌は食物繊維と相性が良いので、食物繊維が豊富な青汁に乳酸菌が加わることで、徹底的なすっきりサポートが期待できます。

乳酸菌入りの青汁とサプリメントはどっちがいいの?


青汁もサプリメントも手軽に栄養を補える便利な食品です。

ただし、パンパンになるのは水分不足も原因なので、一緒に水分もとれる青汁をおすすめします。

また、青汁の主原料である青葉(大麦若葉や明日葉など)には、ビタミンやマグネシウム、カルシム、鉄分などのミネラルや食物繊維が豊富です。

サプリメントはどれか1つの栄養素を補う商品が多い一方で、青汁は青葉の様々な栄養素を取り入れられるので、食事の偏りや、野菜不足の人も青汁がおすすめです。

乳酸菌入り青汁おすすめランキングへ(上部へ)

乳酸菌はとればとるほど体・健康にいい?


ここでは乳酸菌の摂り方について解説していきます。

乳酸菌は量より「まずは継続」を

乳酸菌は栄養素ではなく「菌」なので、1日に摂るべき量は決められていません。

乳酸菌はすぐに働くものではないので、乳酸菌の働きを実感するためには長期的な摂取が必要です。

また、野菜を1日だけ大量に食べたからといって栄養不足が解消されないのと同じように、菌のバランスも1日だけで整えることはできません。

大切なのは、量ではなく、毎日継続的に摂ることなのです。

「生きた乳酸菌」もとることが大切

乳酸菌には生きたまま届く種類と、辿りつく前に死んでしまう種類があります。

生きたまま届く乳酸菌には、「植物性乳酸菌」「有胞子性乳酸菌」などがあります。

特に「有胞子性乳酸菌」は、胞子で乳酸菌が守られているたくましい乳酸菌として近年話題になっている乳酸菌の1つです。

こうした「生きたまま届く乳酸菌」であるが配合された青汁を飲み続けることで、毎朝のリズムがスムーズに整い、ぽっこりがスッキリするのです。

乳酸菌入り青汁おすすめランキングへ(上部へ)

乳酸菌入り青汁と一緒に!効果的な食事をするちょっとしたコツ


青汁を飲みたい方のほとんどは野菜不足やを感じているかと思います。

しかし、食生活を変えたり、ましてや野菜を今以上に食べたりするのは難しいからこそ青汁に頼りたくなりますよね。

そこでここでは、今の食生活のまま効果的に栄養をとる方法をご紹介します。

栄養吸収の効率を上げる!調理方法のコツ

食材は間違った方法で調理すると野菜などの栄養が減ってしまうこともあるので注意しましょう。

ビタミンA

鶏レバー、モロヘイヤ、にんじん、ほうれん草、小松菜など

脂溶性なので、油と一緒に取ると吸収率がアップします。

小松菜やほうれん草を油でサッと炒めた野菜炒めは簡単に作れておすすめです。

ビタミンB2

レバー、うなぎ、さば、アーモンドなど

熱に強いので、どのような調理方法でも栄養は減りにくい栄養素です。

ビタミンC

ブロッコリー、赤パプリカ、黄パプリカ、ピーマンなど

ビタミンCは熱に弱く、水に溶け出しやすいので、生か蒸し料理が理想的です。野菜スープもおすすめですよ。

コンビニやお惣菜は色で選ぶ

忙しい時はコンビニ弁当や惣菜で食事を済ます人も多いかと思います。

その時に気をつけたいのは、白・黒・赤・黄・緑の5色をなるべく揃えることです。

食品の栄養を覚えるのは大変ですが、この方法なら色味だけで栄養の偏りを軽減できるのでおすすめです。

おにぎり(白)を買う場合のおすすめ
・おにぎりの具を昆布にする(黒)
・蒸鶏の野菜サラダ(赤・黄・緑)
★2品だけで5色をまかなえるので忙しい時におすすめ
 
メンチカツ(赤)を買う場合のおすすめ
・おにぎり(白)
・豆腐と野菜のサラダ(白・緑)
・わかめの味噌汁(黄・黒)
★バランスの良くておすすめ

インスタグラムなどSNSの青汁広告には要注意!


インタスタグラムやツイッターの青汁の広告や投稿で結果が出た人写真を見ると「自分も…!」と希望が出てきますよね。しかし、中には悪質なものがあり最近では問題になっています。

ココが悪質!
効果の自作自演が発覚
2017年の8月、青汁ランキングサイトの社員がわざと暴飲暴食をして「あたかも青汁で痩せた」ように自作自演をしていたことが発覚しました。

この社員は、青汁を飲み続けたことでダイエット効果があったように書いていましたが、それは青汁の効果ではなく、ただの食事過多や食事制限によるものだったのです。

ココが悪質!
ビフォーアフター写真は別人の可能性が高い
痩せる前と後の写真を載せ、ダイエット効果があるような青汁の広告を見かけますが、そのビフォーアフター写真は、実は「別人」の可能性もありえます。

というのも、青汁など健康食品の販売や効果の訴求を取り締まる薬事法で、ビフォーアフター写真は掲載できないルールになっているためです。

青汁の広告にあるビフォアフター写真は、あくまでも「ただ痩せている人」「ただ太っている人」として載せている可能性が高いのです。

もちろんSNS上の情報が全てウソではありませんが、そのまま鵜呑みにせず、取捨選択しましょう。

ちなみに、青汁でダイエットをするのであれば「置き換えダイエット」が基本です。「ラクして痩せる」という言葉に騙されないようにしてください。

乳酸菌入り青汁は口コミ効果だけで選ばないようにしよう


乳酸菌入り青汁は、

・食事が偏っている人
・野菜不足や栄養不足が気になる人
・毎朝のすっきりリズムが身についていない人

などにぴったりですが、青汁は口コミ効果だけで選んではいけません。商品の中身をしっかり見て選びましょう。

効果的な青汁の選び方なら、青汁1杯で栄養や食物繊維、乳酸菌を取れるので野菜不足や健康サポートに大いに役立ちます。

自分に合う青汁を飲み続けて、健康やスッキリ習慣に役立ててくださいね。

乳酸菌入り青汁おすすめランキングへ(上部へ)

《管理人:安藤美和子》
サプリメントアドバイザー。薬事法管理者。青汁を飲み続けてきた。


◇参考文献
中嶋洋子『栄養の教科書』


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様の更新情報はTwitterとRSSでお届けしています。日頃の心構えから、アンチエイジングの裏ワザまで常に最新の情報をお届けしますので、是非登録して見逃さないようにして頂けると幸いです。





Google+