トクホの青汁ってこんなにおいしい?血糖値に効果的な大正製薬の青汁を飲んでみた

[公開日]2017/09/05[更新日]2018/05/23

大正製薬 青汁 血糖値
大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁は、食後の急激な血糖値の上昇をゆるやかにする「難消化性デキストリン」を5.1gも高配合している特定保健用食品(トクホ)の青汁です。

そのため、血糖値の上昇を気にしている方だけでなく、炭水化物や脂っこい食事をしている方にも向いています。

体に良いものはたいてい「まずい」と感じるものですが、今回調査した大正製薬の青汁は普通の青汁よりもサッパリとして飲みやすい味でした。

この記事では、大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>の実際に飲んで配合成分や味、トクホとしての効果を検証した結果をお伝えします。


《管理人:安藤美和子》
サプリメントアドバイザー、化粧品検定一級、薬事法管理者の有資格者チームの管理人。化粧品開発・プロモーションの実務経験を活かし、雑誌・WEBメディアの執筆/ディレクションを行う。


大正製薬の青汁の最安値は?公式サイト・Amazon・楽天価格比較


ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンは、初回に限り通常価格の73%OFFの1,000円(税抜)で購入できます。

販売サイト
最安値相場
条件

初回限定お試し価格
1,000円(税抜)
/ 30包

公式サイトのみ購入可
いつでも解約・休止可能
初回70%OFF
楽天
ヘルスマネージ大麦若葉

単品販売のみ
4,885円(税抜)
/ 30包

転売のため、割高
お試し、定期購入不可
Amazon
ヘルスマネージ大麦若葉

単品販売のみ
3,685円(税抜)
/ 30包

転売、通常価格のみ
お試し、定期購入不可
※価格は税抜

ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンは、Amazonや楽天でも販売されていますが、お試し価格で購入できるのは公式サイトのみです。

アマゾンや楽天で購入すると、公式サイトから購入するよりも割高になるので注意しましょう。飲みやすい青汁かどうかは気になる方は以下の公式サイトより購入できます。

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁の公式サイトはこちら

お試しキャンペーンや特典内容は変更になる可能性があるので、公式ページより最新情報をご確認ください


ヘルスマネージ大麦若葉青汁の購入者は味と効果に満足している


良い口コミの傾向・・・効果と飲みやすさが高評価
・血糖値が気になっていたので助かる
・トクホなので安心感がある
・お茶みたいにおいしく飲める
・いつでも解約・休止ができる

悪い口コミの傾向・・・価格と溶けにくさがネック
・値段が高い
・水以外のものに混ぜると渋みを感じる
・ちょっとダマになりやすい
・味はよいが口の中の粉っぽさが気になる

口コミ傾向からみるヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンの評判

ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンは、飲みやすさや効果に関して評価が高く、味に関しては今まで飲んだ青汁の中でもおいしいと感じている人が多くいます。

おいしく飲めるかは飲んでみないとわかりませんが、30杯分がお試し価格1,000円(税抜)で購入できるため、まずは公式サイトの初回限定お試しを利用からはじめてみましょう。

特許取得の超微細粉粒製法でつくられていますが、冷たい水だと口コミにもあるように若干溶けにくいようです。その場合は特典のシェイカーやスプーンで混ぜるようにしましょう。

血糖値を気にしている方からも「役立っている」という声が多く、飲みやすくて健康維持に役立つ青汁だと評価できます。

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンを飲んでみた


大正製薬 青汁 血糖値
こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。毎日飲み続けるものだから、いくら血糖値に役立っても、まずいと飲めないですよね。そこで、青汁が苦手なスタッフに飲んでもらって、飲みやすさを検証しました。


《ガイド:高島麻呂》
アンチエイジングの神様で健康ジャンルの企画編集を担当。青汁はニオイと苦味がニガテ。

青汁のまずさなし、さっぱりした緑茶の味わい

口コミ傾向は本当なのか、実際に購入して飲んでみました。

溶けやすさ:★★★☆☆(混ぜるものが必要)
味:★★★★★(薄い緑茶)
ニオイ:★★★★★(青臭さなし)
大正製薬 青汁 血糖値 箱の中には小袋に入った青汁が30袋入っています。小袋なので携帯しやすく、職場や外出先でも飲めそうです。

1袋が6.8g(一般的な青汁の2倍量)と多いため、冷たい水を注ぐとダマができてしまいます。

しかし、スプーンなどでかきまぜたり、公式サイトで購入するともらえるシェイカーを使うときれいに溶けますね。一度混ぜると、しっかり溶けるので飲み終わったときも底に溜まらず飲み干せました。

飲んでみたところ、香ばしい香りと自然な甘みを感じました。青野菜特有のニオイやクセがなくて、お茶のように飲めます

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁には「難消化性デキストリン」には、飲みやすくするために人工甘味料ではなく抹茶と緑茶が配合されており、緑茶を少し薄くしたような味で好き嫌いが少ないでしょう。

大正製薬のキトサン青汁と味に差はあるのか?
大正製薬 キトサン 難消化性デキストリン 大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁には「難消化性デキストリン」と「キトサン」があります。キトサンは、コレステロールが気になる方におすすめの特定保健用食品(トクホ)の青汁です。
大正製薬のキトサン青汁公式サイトへ
飲み比べてみると、味わいに差はなくどちらもおいしく飲めました。違うのは成分だけですね。


大正製薬の青汁は食事と一緒がおすすめ!まずは3ヶ月続ける


大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁「難消化性デキストリン」を購入する上で、知っておきたいことを販売元の大正製薬に電話で聞いてみました。

青汁はいつ飲むのがベストですか?
糖の吸収をゆるやかにするため、一日のうち一番ボリュームのある食事の時、食事と一緒に飲むことをおすすめしております。食前や食後ではなく、食事中のお茶代わりに飲んでいる方が多いようです。

血糖値が気になっている場合は、たくさん飲んだ方がいいのでしょうか?
1日2袋は大丈夫ですが、食物繊維(難消化性デキストリン)を高配合しているため、人によってはゆるくなったりすることもあるようです。不安な方は1日1袋から始めてみてください。

飲んでみて合わなかったら、初回だけでやめてもいいですか?
もちろんです。定期購入の場合でも初回で解約できるので、ご安心ください。
 
定期購入にしたけど、商品が余ったり飲めない期間がある時はどうしたらいいですか?
お休みをすることができます。解約とは違うので、最長3ヶ月までお休み期間を設定することができ、再度ご連絡いただくことなく、その期間以降また定期的に届くようになります。

妊婦や子どもが飲んでも大丈夫ですか?
はい。妊娠中の方でも子どもでも安心してお飲みいただけます。

ただし、妊娠中は身体がデリケートになっているため、不安な方はかかりつけ医に相談するようにしてください。

製造しているのは自社工場ですか?
自社工場ではありませんが、国内で大正製薬の基準を満たした工場で、万全の対策を期して製造しております。

どれくらい飲み続けたほうがいいのでしょうか?
飲んでいただいての感じ方には個人差がありますが、3ヶ月以上の継続を推奨しております。

青汁って味が気になりますが、おすすめの飲み方を教えてください。
水かお湯に溶かして飲む方法が一番おすすめです。

大正製薬のデータは水に溶かしたものなので、それ以外のものに溶かした場合はデータと違う結果になる場合があります。ただし、牛乳に溶かした方が飲みやすいという場合、それがいけないということではありません。続けやすい飲み方でお召し上がりください。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>との違いを教えてください。
キトサンの商品は、コレステロールが気になる方向けの商品となります。血糖値が気になる方であれば、ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>がおすすめです。
わからないことも調べに行って折り返し電話してくれて、誠実な対応でした。とても話しやすく、気持ちよく電話を終えることができました。

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁の公式サイトはこちら
これまで「難消化性デキストリン」について詳しく説明してきましたが、それ以外の他社と違うポイントについても見てみましょう。


大正製薬の青汁がトクホの中でも効果が期待できる理由


食後の血糖値が気になる人に役立つ「難消化性デキストリン」とは?

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維のひとつで、小腸の粘膜から糖の吸収スピードをゆるやかにする働きがあります。

特に以下の項目にあてはまる方におすすめの成分です。

・血糖値が気になる
・脂っこい食事や甘いものをついつい食べてしまう
・噛まずに飲み込むことが多い
・どか食いをしてしまう

特に脂っこい食べ物を食べると血糖値が急上昇しやすく、身体にも負担がかかるため、難消化性デキストリンは血糖値の急上昇をゆるやかにし健康維持する働きが期待できます。
急激な糖の吸収を抑えてくれるようになるので、食事と一緒に難消化性デキストリンをとるといいのね。


大正製薬の青汁は「難消化性デキストリン」の配合量が多い

「糖の吸収を穏やかにする」というフレーズは最近、テレビCMなどでも良く耳にしますよね。

そこで、大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンと、青汁大手のアサヒ緑健にも血糖値が気になる方に向けの「ファイバー・イン」と、トクホのお茶として有名なコカ・コーラのからだすこやか茶Wを比較調査しました。

その結果、大正製薬の青汁は以下のように他のトクホ青汁や飲料製品よりも「難消化性デキストリン」の配合量が多く、価格が安いことがわかりました。
大正製薬 青汁 血糖値
 
総合評価
価格
配合量
ヘルスマネージ大麦若葉<br />
難消化性デキストリン 大正製薬
ヘルスマネージ大麦若葉
難消化性デキストリン

難消化性デキストリンの含有量が最も多く、コスパも良い

114円
/ 1袋

5.1g / 1袋
からだすこやか茶W
からだすこやか茶W
コカ・コーラ

普通のお茶として飲みながら血糖値対策ができる、価格がネック

145円
/ 1本

5.0g / 1本
アサヒ緑健 / ファイバーイン
ファイバーイン
アサヒ緑健

難消化性デキストリンの配合量が少なく、1杯あたりの価格も高い

137円
/ 1袋

1.7g / 1袋
※価格は税抜

大正製薬の青汁は1杯あたりの価格が安い
大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンは1杯114円ですが、からだすこやか茶Wは1本147円、アサヒ緑健のファイバーインは137円です。

難消化性デキストリンの含有量と1杯の価格を比べると、大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンはコスパの良い血糖値対策になることがわかります。

大正製薬の青汁は難消化性デキストリン配合量も多い
大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンは1杯あたりの価格が安いだけでなく、1杯で摂れる難消化性デキストリンの配合量も豊富です。

さらに、青汁なので大麦若葉に含有されるビタミン・ミネラルも合わせて補えます。

他の飲料はお茶やコーラなので「難消化性デキストリン」以外の栄養素は入っておらず、難消化性デキストリン以外にも栄養素を補給できるという点はトクホの青汁ならではのメリットです。

ちなみに、コンビニで買えるその他のトクホ飲料と比較してもヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンは難消化性デキストリンの配合量が最も多くなっています。
《主なトクホ飲料との比較》
ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリン/大正製薬・・・5.1g/1袋 114円
からだすこやか茶W/コカ・コーラ・・・5g/350ml 147円
メッツコーラ/キリン・・・5g/480ml 150円
ペプシスペシャル/サントリー・・・5g/490ml 150円
他のボトル入り飲料の500ml分に含まれる「難消化性デキストリン」を大正製薬の青汁はコップ1杯分(100ml)で摂れますね。余計な糖質も摂らずに済むので健康的です。


大正製薬の青汁は有機JAS栽培の大麦若葉を配合!青汁の栄養価も豊富


効果実証済みのトクホなので血糖値への効果が期待できる
特定保健用食品(トクホ)は、いくつもの効果検証をおこない明らかな効果がある商品にしか認められません。

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンを飲むと、炭水化物などに含まれるブドウ糖の吸収がおだやかになり、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

熊本県阿蘇産の有機JAS認定大麦若葉を使用している
ヘルスマネージ大麦若葉青汁に使用されている大麦若葉は全体の農産物の0.2%しか認定されない、有機JAS認定(オーガニック)の大麦若葉です。

手間隙かかる分、その大麦若葉に含有される栄養価は通常よりも高く、野菜本来の甘みも感じられます。

種まきや植え付けの2年以上前から禁止された農薬や化学肥料を使わないという、厳しい規格をクリアしているため安全かつ安心して飲むことができるところもポイントです。

大麦若葉の栄養価
大麦若葉100gには、ビタミンB2=アスパラの約9.5倍、鉄分=ほうれん草の約8.8倍、葉酸=小松菜の約6.5倍の栄養成分が含まれています。そのため、難消化性デキストリンだけでなく、ビタミンやミネラル補給にも役立ちます。

特許製法でおいしさを実現
ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンに使われている大麦若葉は、食物繊維を丸ごと摂れるようにした特許製法「超微細粉砕製法」で粉末にしています。

そのため、水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)だけでなく、大麦若葉に含まれる不溶性食物繊維も摂ることができます。

初回限定1,000円、定期なら2回目以降もずっと10%OFF
大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンは、定期購入をしなくても1,000円で30杯分のお試しが可能です。(1杯33.3円)

メーカー推奨のように3ヶ月続けた場合でも、初回お試し+定期購入2ヶ月分で合計金額7,840円、1包につき約87.1円と、かなりお得です。注文回数に縛りがなくいつでも解約できるため気軽に試しやすいですね。

大正製薬株式会社とは
1912年の大正元年に創業した大正製薬は、昭和2年には風邪薬の「パブロン」を発売、ワシのマークでも知られています。

その後も皮膚薬、目薬、鎮痛剤をはじめ、ドリンク剤「リポビタンD」の発売もはじめました。香港やフィリピン、インドネシアにも事業拡大し、研究や原材料の開発にも力を入れ、日本初となる発毛剤「リアップ」も発売しています。

21世紀になると総合健康産業を目指し、医療用医薬品だけでなく、特定保健用食品、健康食品の研究開発にも力を注いでいます。

青汁と一緒に血糖値に影響を及ぼす生活習慣も見直す


大正製薬 青汁 血糖値
血糖値とは血中のブドウ糖濃度のことです。ブドウ糖の元である炭水化物や糖分を食べれば、血糖値が上がります。

油物やスイーツ、炭水化物中心のメニューは血糖値が上がりやすいのでなるべく控えましょう。また、血糖値を上げるためのホルモンは5種類も存在しているのに対し、血糖値を下げるための物質はインスリン1つだけです。

血糖値はもともと上がりやすく下がりにくいものであることを踏まえて、以下の改善したい生活習慣を見ていきましょう。

脂肪分を減らし、和食中心の食事へ
牛丼、カツ丼などの炭水化物や脂質、糖分の多い食べ物は血糖値が上がりやすくなります。

肥満や過食を防ぎ、インスリンが適量に分泌されるようになる食事は和食です。外食でも魚やみそ汁を中心とした定食メニューに切り替えましょう。

順番は血糖値が急上昇しにくい野菜や汁物から食べるようにしましょう。

運動は有酸素運動がおすすめ
血糖値が気になるなら、筋トレのような無酸素運動ではなく、ウォーキングなどの「有酸素運動」がおすすめです。

有酸素運動を行うとブドウ糖が多く消費され、血糖値の上昇を抑えられます。運動のタイミングは、食前より食後30分〜60分が理想的です。

規則正しい生活をおくる
血糖値は脂っこい食事だけでなく、不規則な生活が続くことでも影響を及ぼします。

そのため、寝る時間や食事の時間を決まった時間にするなど、リズムのよい生活を送るようにしましょう。

大正製薬の青汁は外食が多い高血糖値の方におすすめ


ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリンは、数あるトクホの青汁や飲料の中でも「難消化性デキストリン」の配合量が多い青汁です。

健康診断で血糖値が高いと指摘されたものの、どうしても仕事中の昼食は外食になってしまう・・・といった、毎日の食生活が乱れている方やポッコリが気になる方におすすめです。

青汁としても、オーガニックの大麦若葉を原料としているため高栄養価・野菜本来の甘味がある飲みやすく青汁です。この記事を参考に、大正製薬の青汁の購入を検討してみてくださいね。

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁の公式サイトはこちら

◆参考資料
サプリメント事典第4版 / 日経ヘルス編
特定保健用食品 / 消費者庁
「キトサン」健康食品の安全性・有効性情報 / 国立健康・栄養研究所


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+