ユーグレナ(ミドリムシ)サプリの効果・口コミ評価で知るべき4つのこと

[公開日]2014/03/23[更新日]2015/04/01

ユーグレナが各メディアで報道され、大きな注目と期待が寄せられるのは何故なのか。そしてその効果は本当なのか。口コミの中には喜びの声がある一方、「なんとなく」の程度に留まっているものも多くあります。ここでは、話題の新しい健康食品、ユーグレナに関する様々な疑問を詳しく解説します。その効果や、口コミの真偽を検討するための参考として下さい。

ユーグレナの口コミ効果とサプリメント


ユーグレナの口コミ評価はどのようなものか


サプリだけでなく様々な食品や化粧品としても販売され、注目を浴びるユーグレナ。その健康に関する口コミを調べてみると、以下のような視点での声が見受けられます。

・疲労感
・目覚め
・便通
・健康維持
・アレルギー
・ダイエット

上記は、これらの効果があるというわけではなく、期待されているポイントになります。口コミ評価だけでは、まだユーグレナの何が新しいのかわかりません。同じように藻類の健康食品としてはクロレラが古くから知られています。しかしユーグレナには食品としてまったく新しい一面があるのです。その違いがユーグレナの口コミを分析する鍵になります。

ユーグレナとは?


ユーグレナの働きを知る為には、その実態を理解する事が必要です。「ユーグレナ」は聞き慣れなくても「ミドリムシ」という呼び方ならご存知の方も多いのではないでしょうか。中学校の教科書に登場するミドリムシを覚えている方も多いはず。あのミドリムシが食品になったという事に驚くかもしれません。

ではミドリムシは動物か植物かという点はご存知でしょうか。名前から虫だと勘違いされる方もいるようですが、ユーグレナは藻の一種とされる単細胞生物です。ここで混乱するのが藻ということは植物なのか、一方単細胞生物といのは動物なのか、はっきりしないという点です。アメーバのように単細胞生物には動くというイメージがありますよね。

実は植物と動物の境界はそれほどはっきりしたものではありません。結論から言うと、ユーグレナは植物でもあり動物でもある生物の1つです。つまり「光合成」をするけれども自分で動く事もできる、という生物なのです。植物と動物の特徴を両方持っている、それがこれからご紹介するユーグレナの効果を知る上で欠かせないポイントです。

注目成分「パラミロン」の効果とは?


ユーグレナが含有する成分の中で特に注目を集めているのがβグルカンの1つである「パラミロン」という成分です。βグルカンは食物繊維の仲間。健康維持に影響を与えることを耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。その1種であるパラミロンはユーグレナのみが持つ成分で期待が寄せられています。

パラミロンに期待されている働きで、代表的なのは以下のようなものです。

・油分やコレステロール等不要な物質の排出
・プリン体吸収・血中尿酸値に関わる影響

両ポイントにおいて臨床結果が出ています。様々なポイントで、ユーグレナについて寄せられた良い口コミは、このパラミロンによるものと考えられています。このような働きを実現するパラミロンとはいったいどんな成分なのでしょう。

「パラミロン」ってどんな成分?


パラミロンの構造は炭にとても良く似ているそうです。表面にたくさんの穴が開いており不要な物質をそこから吸収します。食物繊維のように消化されにくい成分であるため、体内に取り込まれることなく、不要な物質を抱え込んでそのまま排出されます。

空気中の嫌なにおいを吸着する炭のように、体内の余分なものを吸着して一緒に出ていくとイメージすると良いようです。具体的には腸内で働き、不要な物質が体内への吸収されることを防いでくれます。
また、プリン体の吸収に関わる影響については、製剤化され特許を得ています。このようなパラミロンの素晴らしい働きから得られたと考えられる口コミの効果については、後ほど詳しく解説します。その前に、ユーグレナのもう1つの優れた特徴、吸収率についても知っておきましょう。

ユーグレナの口コミを検証すると


では、これまでの知識から今一度ユーグレナの口コミを検証してみましょう。まず優れた栄養補助食品である事から得られる働きとしては、以下の2点が該当すると考えられます。

・疲労感に関わるもの
・目覚めに関わるもの

ユーグレナの持つ栄養素の中には栄養ドリンクに含まれるようなビタミンB1やアミノ酸などが含まれています。それらが不足気味の方にとってユーグレナは不調回復の助けとなるのでしょう。

特にビタミンB1はこの飽食状態な現代日本にあって不足が報告されている栄養素です。ビタミンB1の欠乏によって起こる「脚気」という病気があります。「米はよく食べるがたんぱく質が不足気味」という時代の、日本の国民病でした。それが現代になって改めて増えているというのです。これは飽食時代に貧困時代の病気が再発しているという状態です。

「脚気」の初期症状にある場合、疲労感や浮腫みが現れます。このような飽食時代の栄養的飢餓は、ビタミンB1に限られたものではありません。現代日本人の様々な栄養不足は病気程ではない、でも何かが不調という状態を生みます。ユーグレナのような豊富な栄養素を含むサプリによって、いわゆる「未病」という状態が改善される可能性があります。

「パラミロン」の働きはどのように現われるか


では、注目成分パラミロンが関係していると考えられる口コミ効果についてはどうでしょうか。以下の口コミはパラミロンとの関係が考えられます。

・便通に関わるもの
・健康維持に関わるもの
・アレルギーに関わるもの
・ダイエットに関わるもの

口コミで多い便通に関わるものですが、パラミロンとの直接的な関係は明らかになっていないようです。但しパラミロンには乳酸菌を活性化させる効果があります。また前述した腸内の有害物質を吸収する作用からも、総合的に腸内環境に影響を与える可能性はあります。

健康維持やアレルギーについては、パラミロンの免疫機能への影響が考えられます。パラミロンは免疫治療の主成分としても開発されています。口コミの多い花粉症については、花粉に反応して過剰になり、アレルギー症状を引き起こす「IgE抗体」への影響と考えられます。

「パラミロン」でダイエットができる?


口コミに見られるダイエットに関わるものとして、まず考えられるのは腸内の不溶物の吸着、排出をする作用によるものです。この要因については、実験において1日1gの摂取で血中コレステロール値が低減したというデータがあります。ある程度の摂取量で働きを期待できる可能性を示唆しています。

その他の要因として考えられるものの1つが、摂取栄養価の向上によるものです。豊富なカロリーを摂取していても、体内に吸収される栄養素に偏りがある場合、また少ない場合は、栄養的に飢餓状態に陥る恐れがあります。そうした栄養価の改善により、脳が発する「飢餓であるから食べなさい」という指令が緩和し、食欲が落ちるのです。

また、便通に関わる口コミにもあるように、パラミロンで腸内環境が整うこともダイエットには関係します。食品からの栄養吸収が効率化されるとともに、体内の排出システム・代謝スムーズになります。こういった複合的作用を感じた人がいるという可能性が考えられます。

※上記でご紹介している内容は、一般的にいわれているユーグレナに関してご紹介しています。本サイト内にて紹介しているユーグレナ商品の効果を保証するものではありません。

《おすすめ記事》
ユーグレナ(ミドリムシ)サプリの比較ランキング


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+