まぶたのたるみを解消する7つの改善ポイント

[公開日]2018/11/01[更新日]2018/12/07

まぶたのたるみの解消と改善対策

「まぶたのたるみをなくしたい・・・」

上まぶたや下まぶたがたるんでいると、疲れているように見えたり、実年齢より老けた印象を与えます。

早い人は20代前半からまぶたのたるみはじめ、40歳を超えると大半の方がまぶたのたるみに悩まされます。しかし、早めの対策で手術など大金を払わなくてもたるみケアが可能です。

この記事ではまぶたのたるみに悩む方に、今すぐできるたるみ解消エクササイズやツボ押しからおすすめ化粧品まで、まぶたのたるみを解消するための7つの改善ポイントを紹介します。

先におすすめのまぶたのたるみケア化粧品を見る(下部へ)



まぶたがたるむ原因は?


たるみ 眼輪筋
目元は、皮膚が薄い上に皮脂線の数が少なく、たるみやしわなどのトラブルが起こりやすい場所です。

また血流が悪くなりがちな部分でもあり、疲れや生活のリズムの乱れなど、ちょっとしたことで目の下にクマができてしまったり、まぶたがはれぼったくなったりと、とても敏感です。

まぶたがたるむ原因は、以下のような場合です。

・加齢
眼輪筋の衰え、コラーゲン減少
・乾燥
スキンケア不足、たるみ悪化の可能性も
・紫外線
乾燥やコラーゲン減少を招く
・摩擦
洗顔、クレンジングがたるみの原因に
・筋肉疲弊
スマホ、パソコンの長時間使用
・巡りが滞る
疲労、ストレスの蓄積

いくつも当てはまる、という方が多いのではないでしょうか?

そこで、簡単にできるまぶたのたるみ解消エクササイズから紹介します。早速試してみてくださいね。

眼輪筋を鍛える簡単まぶたのたるみエクササイズ


目元には、目の周りを取り囲んでいる眼輪筋という筋肉があります。

この筋肉が衰えてくるとまぶたのたるみにつながりますが、一方で、眼輪筋の筋力アップは見た目年齢を若くしてくれます。

簡単なものでも効果が期待でき、ドライアイの解消にもつながると言われているので、毎日の習慣として取りれてみてください。

眼輪筋トレーニング①
まぶた たるみ 解消 エクササイズ 眼瞼挙筋

まずは目をほそめます。まぶしい時の目つきです。この時、眉間にしわを寄せないように気をつけながらしましょう。

次に目尻を指で上方の外側に押し上げてそのまま目を閉じます。(上方の外側とは、にらめっこの"上がり目、下がり目、ぐるっと回って猫の目"の上がり目の状態です)

何度か繰り返したら、まぶたの中心の眉毛の下でまぶたをひきあげるように押さえて、鏡を見て目をぎゅっと閉じます。

これをリズミカルに1、2、3… 1、2、3…と2~3回繰り返します。

眉毛を動かさないように努力して眼輪筋だけで閉じるようにします。地味な目の体操ですが、毎日これらを1回でもすることで目元を鍛えることができます。

眼輪筋トレーニング②
目元しわ エクササイズ 眼瞼挙筋

目を見開き、八の字を描くように眼球を回します。右回し・左回しをそれぞれ5回行いましょう。

眼輪筋トレーニング③
目元 まぶたのたるみ

目を見開き、黒目をできるだけ左に寄せ5秒キープします。同じように右側も行い、これを3セット繰り返します。

どれも10秒ほどでできる簡単なエクササイズなので、寝る前やお仕事の休憩時間などでもできますよ。

まぶたと目の下のたるみに効くツボとマッサージ


まぶた たるみ 取る方法

人間の体には多くのツボがあります。まぶたのたるみを解消するツボ押しマッサージも効果的です。

マッサージの強さは心地よいと感じるぐらいの強さがおすすめです。

まずは眉の中央下にある「魚腰(ぎょよう)」というツボに親指の腹をあてて眉を押し上げるように20回ほどもみます。

次に目尻の約1cmほど外側のくぼみ位置にある「瞳子りょう(どうしりょう)」というツボを指の腹で軽く刺激します。

このほかにも目元周辺の「承泣」「攅竹」「太陽」といったツボを押すことで、まぶたのたるみだけではなく、目の周りのたるみ、目尻の小ジワや肌の乾燥、肌荒れ改善にも良いと言われています。

気軽に行えるツボマッサージですので湯船につかりながらでもリラックスして行いましょう。ツボを刺激する時の呼吸は息を吐きながらしましよう。

ピンとハリが出る!まぶたのたるみ対策おすすめ化粧品


まぶたは皮膚が薄いからこそダメージを受けやすく、目元専用のクリームや美容液がおすすめです。
まぶた たるみ 解消 化粧品

目元専用のクリームや美容液を使うときに、上述した「まぶたに効くツボとマッサージ」をしながら塗るとより効率的にまぶたのたるみをケアできます。

以下、まぶたのたるみケアにおすすめのアイクリームです。

順位
総合評価
価格
たるみケア成分

レチノールによるシワ改善効果あり、上まぶた・下まぶたのたるみケアにも使える美容液クリーム
5,800円 / 15g

純粋レチノール,ビタミンE

高額だが、たるみの根本原因にアプローチ。高浸透・高保湿でまぶたにハリを出す
18,000円
/ 26g

月桃葉BAリキッド,EGクリアエキス,YACエキス

目元にピンとしたハリをもたらす濃密な目元クリーム
8,000円
/ 20g

レチノール, EGF,ペプチド,アルガンセルエキス

上まぶた、下まぶたのたるみケアに。浸透力に優れた高濃度な目元美容液
8,000円
/ 15g

4種のペプチド,グルコシルヘスペリジン

お手頃な価格が魅力。時間はかかるが、まぶたのたるみが気になりだした方にぴったり
3,047円
/ 15g

アロエエキス,シトルリン,コメヌカ油,セイヨウキヅタエキス
※価格は税抜

目元美容液 リンクルクリーム


たるんだ肌にハリを出すしわ改善美容液
リンクルクリームは、有効成分「レチノール」入りのしわ改善美容液です。本来はシワ用ですが、シワの原因とたるみの原因は同じなので、まぶたのたるみにも効果が期待できますよ。

めぐり対策に効果的なビタミンE誘導体も一緒に配合されているので、リンクルクリーム一つで目元のシワ・たるみ・クマ・くすみ・乾燥ケア効果ができます。

リンクルクリームにはお試し(サンプル)がないものの、公式サイトから購入すると30日間の返金保証が可能です。

リンクルクリームの公式サイトへ

良い口コミ
・重みのあった上まぶたがスッキリしてきた
・目の下のたるみがふっくらしたように感じる
・まぶたのたるみだけでなく、シワにも使えるので便利
・目元の乾燥も気にならなくなってきた
・朝晩使っても2ヶ月もつのでコスパがよい

悪い口コミ
・1本使っただけでは効果はわからなかった
・しわは目立たなくなってきたが、目の下のたるみは時間がかかりそう
・使い続けるには価格が高い

2本目〜で変化を感じる声多数、たるみケアに期待できるクリーム

効果を実感している方の多くは2〜3本リピートしており、変化なしの声が多いのは1本目の方が8割を占めていたため、少なくとも2〜3本使い続けられるかが口コミ評価の分かれ目になるでしょう。

シワやたるみケアの化粧品としては、1本5,500円と安いためたるみケアの第一候補としておすすめします。

最安値情報
資生堂のリンクルクリームはドラッグストア・薬局でも購入ができますが、公式サイト(ワタシプラス)であれば、注文した翌日(最短の場合)に送料無料で届きます。

また、30日間の返金保証や新規購入の方は300円分のクーポン、無料サンプルももらえるので、公式サイト(ワタシプラス)から購入するほうがお得ですね。

リンクルクリームの公式ページへ

※リンクルクリームにはSサイズ5,800円(税抜)/75回分とLサイズ7,800円(税抜)/110回分があります。Lサイズを買うと約700円(約10回分)お得になる計算です。



ポーラ アイクリーム


たるみ構造にアプローチするポーラの本格目もとクリーム
B.Aアイゾーンクリームには、ポーラの独自成分「月桃葉BAリキッド」が高浸透処方で配合されているので、上まぶた・下まぶた両方のたるみに対してダイレクトに働きかけてくれます。

また、オイル状の成分が肌の上で「アイリフトベール」という、まぶたをピンとさせる膜を作ることで、ふっくらとした印象を与えるので一気に若々しく感じますよ。

1つ18,000円と高価ですが、1本で約60日使えるので、中途半端に高くて効果のないアイクリームを使うよりかは、効率的なたるみ対策ができるでしょう。

B.Aアイゾーンクリームの公式ページへ

良い口コミ
・まぶたにハリが出てきた
・化粧品何使ってるの?と聞かれるようになった
・前よりも目がパッチリとさえてきた

悪い口コミ
・なんとなくふっくらしてきたけど、たるみ解消までは実感できていない
・値段が高いのでもう少し安いと嬉しい

総評:本気でまぶたのたるみ対策をしたい人向け

どんな化粧品でもたるみをすぐ解消することはできないので、2ヶ月以上継続使用できる方にはおすすめですが、安さ重視の方には不向きです。

ただし、一度使った人のリピート率は高く、徹底的にまぶたのたるみ対策をしたい人におすすめできます。

B.Aアイゾーンクリームの最安値
Amazonや楽天でも購入できますが、近頃中国製で本物そっくりの偽物が多く流通しているため、品質の保証ができません。

公式サイトだけの特典(好きなサンプルが選べる・レビュー投稿でオリジナルコットンがもらえる)もないので、一番お得なのは公式サイトからの注文でしょう。
B.Aアイゾーンクリームの公式ページへ
※たるみ対策とは保湿効果でハリを与えること

本気のまぶたのたるみケア、ポーラ最高峰のB.Aシリーズ!格安・ラインで試せるトライアルキット遂に登場

BA ベーシックセット / ポーラ

価格:10,800円(税込み) / 2週間分
セット内容:クレンジング・洗顔料・ローション・ミルク・クリーム
(17,500円相当→10,800円)
ポーラB.Aは、世界で初めてシワ改善効果のあるクリームを発売したポーラの最高峰ブランドです。

たるみの原因となるコラーゲンの減少を食い止め、重たくなったまぶたや目元にハリを出してくれます。

ポーラB.Aは化粧水1本が1万円以上する高級ブランドですが、B.Aベーシックセットはクレンジング・洗顔料・ローション・ミルク・クリームという人気5商品を14日分・10,800円で試せるお得なチャンスですよ。

B.Aベーシックセットの良い口コミ
・まぶたのもたつきが軽くなった感じがする
・目元だけでなく、ほうれい線のケアもできる
・香り、ボトルのデザイン、使い心地どれもいい


B.Aベーシックセットの悪い口コミ
・もったいなのでケチケチつかってしまった
・化粧品の香りがキツく感じた
・とろみのある感じが苦手

ハリや弾力ケアに特化しているので、目元のたるみやほうれい線に悩む方に人気です。

化粧品の成分だけでなく、香りや見た目も気に入ったという口コミも多く高価な分満足度の高い化粧品といえるでしょう。

以前から気になってたけど高くて買えなかった方や本格的なエイジングケア化粧品を探している人ぴったりです。

最安値情報
B.Aベーシックセットは、公式通販サイト限定です。現品17,500円分が10,800円で試せるだけでなく、送料無料で、無料サンプルの特典もあります。

B.Aベーシックセット公式サイトへ

まぶたのたるみケア化粧品の選び方


まぶたのたるみをケアする化粧品を選ぶポイントとしては、

①たるみの根本にアプローチする成分が配合されている
②目元を乾燥させない保湿力があるか
③肌なじみが良いもの

たるみの根本にアプローチする成分が配合されている
まぶたのたるみケアには、レチノールやたるみの原因にアプローチする成分が配合されているものを選びましょう。

ハリケア成分は日々研究が進んでおり、公式ページで研究結果を掲載しているメーカーがおすすめです。

◆たるみやしわにアプローチする成分
レチノール、ビタミンC、月桃葉、フラーレン、DMAE、植物幹細胞、EGFなど

保湿力が高いもの
乾燥はたるみを悪化させる原因にもなります。

目元は皮膚が薄くて水分を保つ力が弱いため、与えたうるおいを長時間キープできるか成分が配合されているものを選びましょう。

◆乾燥を防ぐ保湿力の高い成分
セラミド、ヒアルロン酸、低分子コラーゲン、リピジュア、アミノ酸、プロテオグリカン

肌なじみが良いもの
目元は皮膚が薄いので、ちょっとした摩擦がたるみにつながります。肌なじみがよく、滑りの良いテクスチャーのものを選びましょう。

頭皮のリフトアップマッサージでまぶたのたるみケア


まぶた たるみ 取る方法

目元の筋肉は頭皮の筋肉とつながっています。

ということは、頭皮からリフトアップすればまぶたの引き締めができるということです。

髪の毛の生え際を親指以外の4本の指の腹で持ち上げ、頭頂部へ向かって引っ張り20秒キープします。次に耳上の頭皮を手のひらで頭頂部へ向かって引っ張り更に20秒キープしましょう。

親指以外の4本の指でおでこが動かないように押さえて眉毛が動かないようにゆっくりまばたきを30回繰り返します。

この時目線はまっすぐ前を見ます。同じことを今度は目線を真下に向けて同じ要領でまばたきを30回繰り返しましょう。

頭皮のリフトアップマッサージは一日に1~2回します。まぶたのたるみ解消は、頭皮からのアプローチも効果的です。

まぶたのたるみを防ぐ呼吸方法


呼吸とまぶたの関係は意外と密接です。

呼吸が浅くなると皮膚の再生や排出力が弱まるため、まぶたの下にも老廃物がたまりやすくなってしまいます。

ゆっくりと深呼吸を意識的に行うことによって脳波が安定し、ストレスを解消にも役立つので一石二鳥です。

まぶた たるみ 深呼吸 取る方法

まぶたのたるみケアにもなる呼吸方法
鼻から5秒かけて息を吸い、息を約10秒止めます。

その後、10~15秒かけてゆっくりと口から息を吐き出します。その時、口から全ての体内の汚れを出すイメージでします。これを5分間ほど続けます。

まずは朝晩に1回ずつするように心がけ、これも習慣化できたら気がついた時に意識的に行ってみましょう。

ストレス解消には全身の筋肉をほどよく動かす有酸素運動もおすすめですが、働く女性はなかなか有酸素運動を習慣化することは容易ではないでしょう。

ストレスが軽減されるだけでも皮膚やまぶたのたるみの再生がしやすくなり、まぶたのたるみ以外にも体全体の調子が良くなり、肌の新陳代謝効果も期待できます。

目もとのたるみにはコラーゲンより「ビタミン類」が効果的


ビタミン 食べ物 美肌

最後に、目元のたるみケアと相性の良い栄養素を紹介します。

たるみは肌内部のコラーゲンが加齢とともに減っていくことが原因の1つです。

しかし、コラーゲンを含むものを食べても体内でアミノ酸に分解されるので、直接的な目もとケア効果は期待できません。

コラーゲンやアミノ酸など、肌の材料になる栄養素は必要ですが、目もとのたるみケアにおすすめなのはコラーゲンを作る材料になるビタミンCです。

ビタミンCはビタミンA・Eと摂ると相乗効果を発揮するので、以下の食材を参考にまんべんなく栄養を摂ることをこころがけましょう。

◆ビタミンCを多く含む食べもの
パプリカ、菜の花、ブロッコリー、かぶの葉、ピーマン、キウイ、じゃがいも、トマト、カリフラワーなど

◆ビタミンEを多く含む食べもの
アーモンド、たらこ、モロヘイヤ、ツナ缶、かぼちゃ、アボカド、するめいか、ホウレン草など

◆ビタミンAを多く含む食べもの
鶏レバー、モロヘイヤ、豆苗、うなぎ、人参、春菊、ホウレン草。かぼちゃ、大根のは、小松菜、ニラなど


食べ物による効果に即効性はありませんが、目の下のたるみ取りエクササイズやマッサージ、化粧品などと同じように毎日できるたるみケア方法なので、ぜひ1日1品でも取り入れてみてください。

まぶたのたるみを手術でとる方法と費用比較


最後に、医療機関でまぶたのたるみを取る方法について、お伝えします。

まぶたのたるみを取るには、メスを使って肌が衰えて支えきれなくなった部分(脂肪)を取り除く方法が一般的です。

費用は20万円前後が平均的ですが、たるみの程度やクリニックによって価格は変わってくるので、参考程度にご覧ください。

上まぶたのたるみを取る方法

たるみ埋没(切らない眼瞼下垂手術)
効果:メスを使わずにたるみを引き上げる、二重にする方法と同じ
費用:8〜15万円(※方法やクリニックによって異なる)
特徴:二重の幅を調整し、まぶたのたるみをとることができる。たるみが軽度な場合に適している。

上眼瞼形成術(アイリフト)
効果:上まぶたのたるみを内側から取り除く
費用:25万円前後(※方法やクリニックによって異なる)
特徴:傷跡が残りにくい反面、手術後、不自然な二重になったり、目尻側のたるみがこれまで以上に目立つこともある。

眉下切開(眉下リフト)
効果:上まぶたのたるみを取り除く
費用:20〜30万円(※方法やクリニックによって異なる)
特徴:眉下の脂肪を取り除き、上まぶたをリフトアップさせる。上眼瞼形成術より自然にまぶたのたるみが取れるが、傷跡が目立つ可能性もある。

下まぶたのたるみを取る方法

経結膜脱脂法(けいけつまくだっしほう)
効果:目の下の余分な眼窩脂肪をとる
費用:20〜30万円(※症状の程度とクリニックによる)
特徴:傷が残らず、手術後の回復も早い。ただし、たるみがひどいやシワが目立つ方は、下眼瞼形成術が良い場合もある。

下眼瞼形成術(下眼瞼リフト)
効果:目の下のたるみの原因を取り除く
費用:30〜45万円(※症状の程度とクリニックによる)
特徴:たるんだ皮膚と余分な眼窩脂肪を除去し、ゆるんだ眼輪筋を引き締める。たるみ除去には有効だが、手術後の回復には2〜3週間かかる。

ヒアルロン酸注射
効果:目の下をふっくらさせることでたるみを目立たなくする
費用:2〜5万円(※ヒアルロン酸の種類やクリニックによる)
特徴:目の下のたるんだ部分に注入することで目元をふっくらさせる。目の下のしわ改善にも効果的。1回の注射で3〜12ヶ月間持続する。

たるみ取り手術は効果が期待できる分リスクもある

まぶたのたるみ取り手術は、たるみの原因である余分な脂肪や筋肉のゆるみに直接アプローチするので、即効性があります。

手術後の回復(ダウンタイム)が早いものや傷跡が目立たない方法も増えてきています。

ただし、目元の皮膚は非常に薄く、医師の技量によって仕上がりが随分異なるため、クリニック選びは慎重におこないましょう。

まぶたのたるみを取る手術は基本的に、自費治療(保険適用外)です。

症例数が多い医師かどうかをチェックしたり、診察時はメリットだけでなくデメリットもきちんと伝えてくれるかも確認しましょう。

まぶたがたるむ6つの原因と対策方法


まぶたがたるむ原因は、以下のような場合です。上記で紹介した内容を詳しくお伝えしますね

加齢・・・眼輪筋の衰え、コラーゲン減少
加齢により肌のコラーゲンが減少したり、筋肉が衰えると、上まぶたや下まぶたがたるんできます。

そんな目もとのたるみ対策には、化粧品や食べ物による肌のコラーゲンケアや目もとのエクササイズが効果的です。

簡単にできるまぶたのたるみエクササイズを見る(ページ上部へ)

乾燥・・・スキンケア不足、たるみ悪化の可能性も
肌表面の皮膚が乾燥すると、たるみを予防している肌内部にまでダメージを受けます。

また、目元の皮膚は薄いだけではなく、水溶性の美容成分が浸透しにくいという性質があります。

そのため、目元には浸透力の高い目元用の保湿化粧品(アイクリーム)を使うことをおすすめします。

まぶたのたるみにおすすめのアイクリームを見る(ページ上部へ)

紫外線・・・乾燥やコラーゲン減少を招く
紫外線は乾燥に拍車をかけるため、日差しがさほどきつくないと感じても1年を通して紫外線対策をしましょう。

目もとは皮膚が薄く、紫外線ダメージを受けやすいので、日焼け止めをこまめに塗り直したり、保湿ケアで紫外線ダメージを最小限に抑える対策がおすすめです。

摩擦・・・洗顔、クレンジングがたるみの原因に
目もとは「ウォータープルーフ」など皮脂や汗に強いメイクをすることが多いため、メイク落としをする時はついゴシゴシしてしまいます。

ゴシゴシこすって摩擦が起きると乾燥やシワの原因になるため、アイメイクのメイク落としは力加減に注意しましょう。

洗顔時はまぶたに指が直接触れないように、なるべく泡をクッションにしてやさしく洗ってください。

マッサージのしすぎ、力の入れ過ぎにも注意
皮膚が薄いまぶたへの負担は言語道断です。マッサージをする時は指の腹をつかい、優しく行わないとしわやたるみの原因となります。

下まぶたのマッサージの際は目尻から目がしらに向かってすることがポイントです。日常生活で起こる目の疲労はためないようにしましょう。

筋肉疲弊・・・スマホ、パソコンの長時間使用
目の疲労もまぶたのたるみに大きく関係しています。現代はパソコンやスマホなど、目に負担がかかる生活習慣が多く、目に疲れが溜まりやすくなっています。

できるだけ目に負担がかからないようにし、目に疲労を感じている時は蒸しタオルなどを目の上に置いたり、優しくマッサージをして目の周りの血流をよくしてあげることが、老廃物の停滞防止になります。

目元の疲れに効果的なツボ押しをチェックする(ページ上部へ)

コンタクトレンズの長時間使用もたるみに繋がる
視力に合っていないメガネやコンタクトレンズ、またコンタクトレンズの長時間着用も目の疲労を招きます。

目を細める機会が増えた人やピントが合わなくなっている方は適切なメガネやコンタクトレンズを着用しましょう。

巡りが滞る・・・疲労、ストレスの蓄積
現代の社会生活はストレスを感じてしまうことが多くあり、呼吸が浅くなりやすい環境と言われています。

まぶたのたるみとは直接関係なさそうですが、呼吸が浅くなると目元のめぐりが悪くなり、まぶたの下にも老廃物がたまりやすくなるので、深呼吸することでもまぶたのたるみ対策ができますよ。

まぶたのたるみを予防する呼吸方法を見る(ページ上部へ)

たるみを放置すると眼瞼下垂症になることも
上まぶたのたるみを放置しておくと、目が開けにくくなったり、視野が狭くなる「眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)」になる可能性があります。

「眼瞼下垂症」は先天性(生まれた直後)の場合と、後天性(加齢やコンタクトレンズの長時間使用など)に分けられます。

「眼瞼下垂症」になると、視野が狭くなるだけでなく、頭痛や肩こりがひどくなったり、めまい、睡眠障害などの不調が起きるため、まぶたのたるみによって視野が狭くなってきた方は早めに医療機関を受診しましょう。

まぶたのたるみと自律神経の関係 頭痛や肩こりを引き起こすことも


まぶたのたるみは、見た目を老けて見せるだけではなく実は自律神経にも関係してくるため注意が必要です。

まぶたがたるむと、目を開けようとしてまぶたの筋肉が無意識に緊張します。

まぶたの筋肉は頭皮の筋肉ともつながっているということは、おわかり頂いていると思いますが、まぶたの筋肉が緊張していると頭皮が全体に力んでいる状態になってしまいます。

まぶたのたるみが肩こり・腰痛の引き金に
すると首や肩も緊張し、首のこり、肩こりにつながります。力んでいる状態が続くと慢性的な肩こりや腰痛の原因になってしまいます。

これは首のこりや肩こりだけではなく、脳にも緊張している信号が送られ続けることになるため、自律神経のスイッチがはいりっぱなしの状態になり、不眠や不安など精神的にも影響します。

まぶたのたるみが長期化すると眼瞼下垂症になることも
このように自律神経がOFFにならない状態が続くことからくる慢性疲労や不安などの症状が起こり、日常生活に支障が出てしまっている場合は医師への相談が必要です。

「眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)」と診断された場合は保険が適用され、手術が行われます。

この手術を受けることができるのは、まぶたのたるみがひどく瞳孔の半分までまぶたが下垂しているような状態の時です。

眼瞼下垂は老化や刺激によってまぶたを持ち上げる筋肉の下部にある筋肉が伸びていたり、組織から外れてしまっているケースが多いため、残念ながら、トレーニングなどではどうにもならないまぶたのたるみなので手術で治すほかありません。

年齢を重ねることによって起こってきますが、花粉症やドライアイなどでまぶたをゴシゴシこする習慣によっても引き起こることがあります。

目に負担をかけない習慣をこころがける
まぶたのたるみは放っておくと深刻な症状になることもあります。まぶたは、まばたきで絶えず動く部分であるため負担が大きい部分であり、年齢を重ねるごとに筋力も衰えやすい部分です。

衰え予防と負荷をかけすぎない習慣を心がけましょう。また読書やパソコンなでは目線を下げて作業を行う習慣にすることをおすすめします。

作業中は時々、あごを引き、斜め45度下方向に目線を下げて、眉毛が本来の位置にあるようにするとまぶたの筋肉の休息になります。

まぶたのたるみを解消する7つの改善ポイント まとめ


目もとの筋肉は使わなければ衰えてしまいますが、目もとの筋トレやツボ押しでほどよく筋肉をほぐして鍛えてあげると、すっきりとした目もとを手に入れることができます。

まずは、1ヶ月ほど目元の筋肉を鍛えるエクササイズやツボ押しを続けてみてください。

目元のたるみを改善するには、数日程度では効果は実感できませんが、一緒にうるおいとハリを与える化粧品を使うと、より効果的なまぶたのたるみ対策ができます。

たるみへのアプローチはスキンケアだけで解消するのは難しいものですが、毎日のちょっとした積み重ねによってどんよりした目もとに目力がでてくるのでぜひ試してみてください。

《管理人:安藤美和子》
サプリメントアドバイザー、化粧品検定一級、薬事法管理者の有資格者チームの管理人。化粧品開発・プロモーションの実務経験を活かし、雑誌・WEBメディアの執筆/ディレクションを行う。

◇参考文献
吉木伸子・岡部美代治・小野真規子『正しいスキンケア事典』
高瀬聡子・細川モモ『いちばんわかるスキンケアの教科書』
鈴木一成『化粧品成分用語事典2012』


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+