「リフトアップしたい」を叶える化粧品ベスト5!たるみ改善マッサージも

[公開日]2017/12/08[更新日]2018/03/30

リフトアップ化粧品

頬やフェイスラインのたるみ、ほうれい線をどうにかしたいけど、どの化粧品が効果的なのか悩んでしまいますよね。

リフトアップしたい人が選ぶべき化粧品は、コラーゲンをサポートして、肌にハリを与える化粧品です。

そこでここではリフトアップしたい人におすすめの化粧品をランキング形式でご紹介します。

一緒に、たるみに効果的なマッサージの方法や食生活についても解説していきます。

先にランキングを知りたい方は
リフトアップしたい人におすすめの化粧品ランキング(ページ下部へ)

※たるみケア、リフトアップケアとは、肌にハリと潤いを与えること


リフトアップするには化粧品+αのケアが必要


世の中には「リフトアップ効果があります!」と謳っている化粧品がたくさん販売されていますよね。

頬やフェイスラインのたるみは「肌のコラーゲン減少」に加え、ストレスや喫煙、表情筋の衰えなど、様々な原因が絡み合っています。

そのため、リフトアップするためには、
・ハリを与える化粧品でスキンケアをする
だけでなく
・顔面エクササイズなどで表情筋を鍛える
・正しい生活習慣でターンオーバーを整える


といった総合的な対策が必要になります。
こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。化粧品だけでたるみを100%解消するのは難しいけど、化粧品には以下のような効果あるから、役割を理解しておきましょう。

化粧品でできること
・肌にハリと弾力を与える
・肌に潤いを与えてふっくらした肌へ導く
・うるおい効果で乾燥小じわを目立たなくする
・シワを徐々に目立たなくさせる

化粧品でできないこと
・たるみを完全になくす
・短期間でたるみ、ほうれい線を目立たなくする
・元の肌以上にリフトアップした肌にする

化粧品でリフトアップ対策をするにはある程度の時間がかかりますが、長期的なスキンケアを続けることで、若々しい上向き肌を作ることができるのです。

リフトアップしたい人向け!効果的な化粧品の選び方


ここではリフトアップしたい人に効果的な化粧品の選び方をご紹介します。

リフトアップしたい人は「美容液」が必要不可欠

美容液は化粧水やクリームよりも美容成分を多く配合できるため、たるみやほうれい線など深い肌悩みを徹底的にケアできるアイテムです。

すべての化粧品を買い換えるのは困難な人でも、美容液を1点投入するだけで、肌が見違えますよ。

リフトアップ対策ができる化粧品の選び方

頬やフェイスラインのたるみに効果的な美容液を選ぶ時には、以下3つのポイントを満たしているものを選びましょう。

◆リフトアップケア美容液の選び方
①ハリを与える成分が配合されている
②保湿効果が高い
③続けられる価格

ハリを与える成分が配合されているものを選ぶ
たるみに悩まない肌を目指すためには、肌のコラーゲンをサポートし、たるんだ肌を支える「ハリ」を作ることが大切です。

また、肌がこれ以上たるまないよう、たるみ予防効果が高い成分も配合されていると、より効果的なリフトアップ対策ができます。

◆ハリを与えるおすすめ成分
ビタミンC(誘導体)、レチノール、ナイアシン、CVアルギネート、ペプチドなど

◆たるみを予防するおすすめ成分
アスタキサンチン、リコピン、カテキンなど

保湿効果が高いものを選ぶ
肌は乾燥するとバリア機能が低下し、紫外線などのダメージを受けやすくなってたるみができてしまいます。

リフトアップ対策のためには、高保湿成分で肌をしっかり潤し、肌のコラーゲンを守ることが大切なのです。

◆おすすめの保湿成分
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸など

続けられる価格か
肌のたるみやほうれい線ケアで大切なことは「継続したスキンケア」です。そのため、使い続けられる価格であることも重要なポイントになります。

肌の生まれ変わりは、健康な肌で約28日周期ですが、たるみやほうれい線のある「ダメージ肌」になると、その周期は2倍、3倍とさらに長くなります。

最低でも2〜3ヵ月は続けられるものを選び、毎日丁寧にスキンケアしていくことが大切です。

まずはお試しセットの使用がおすすめ
人の肌はそれぞれ違うため、どんな化粧品でも「肌に合う・合わない」が出てきます。

そのため、まずは安く試せる「お試しセット」から使うと、お金を無駄にせずに自分にぴったりのたるみケア化粧品が見つかりますよ。

リフトアップに期待!たるみケア化粧品おすすめランキング


リフトアップしたい人が取り入れるべき化粧品は、有効成分を多く配合している「美容液」です。

ここでは、たるみ・ほうれい線に効果的な美容液を、

・ハリを与える成分&たるみ予防成分配合
・高保湿成分配合
・使い続けられる価格


という基準で厳選し、ランキングにした結果をご紹介します。

順位
総合評価
たるみケア成分
保湿成分
お試し価格

たるみケア&予防成分のバランスがよく総合的なケアが可能

ビタミンC誘導体・アスタキサンチン・リコピン

ヒト型セラミド3種・コラーゲン

1,000円

ハリケア効果は高いがやや保湿力が劣る

CVアルギネート・ビルベリー葉エキス・ジンセンX

セラミド・オタネニンジンエキス

1,371円

ハリケア効果と保湿効果が高いが価格が高い

EGF・GF・酵母エキス

ヒト型セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸

1,945円

保湿力が劣るので乾燥肌以外に。予防効果は△

レチノール・ペプチド

スクワラン・シアバター・シロキクラゲ多糖体

1,800円
※価格は税抜価格

アスタリフト

ビタミンC誘導体とアスタキサンチンがたるみをケアしてハリを与える
アスタリフトには、「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」というビタミンC誘導体とアスタキサンチンが配合されています。

「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」は他のビタミンC誘導体と比べて素早く肌に働くので、いち早いたるみケアを叶えてくれる美容液です。

使うたびに肌の奥からハリを与え、長年のたるみも徹底的にケアしてくれます。

3種のセラミドで肌を奥から潤す
保湿成分の中でも最も効果が高い「ヒト型セラミド」が3種類も配合されており、肌をしっかり潤してくれます。

乾燥してしぼんだ肌をふっくらしたハリ肌に整えるだけでなく、肌のバリア機能を高めて肌のコラーゲンを守る効果もありますよ。

お試しセットなら1,000円で試せる
アスタリフトのジェリーアクアリスタは各雑誌のベストコスメなど様々な賞を受賞している美容液です。

通常価格は40gで9,720円ですが、お試しセットなら1,000円で試すことができます。

人気の実力派美容液をたっぷり5日間試せるので、たるみに悩んでいる方は一度試してみてください。

アスタリフトの公式ページへ

良い口コミ
・肌のたるみに悩んでいたけどハリが出てきた
・以前に比べるとほうれい線が目立たなくなってきた
・肌にすーっと浸透するし、肌のしっとり感が前と全然違う

悪い口コミ
・肌がベタつく感じがする
・1ヵ月使ってみて肌はうるおったけどハリに効果がなかった
・化粧水の浸透は良くなるけど、たるみに効果があるかまだ分からない

総評:たるみケア&予防までできる美容液
アスタリフトの美容液は、たるみケア成分のビタミンC誘導体やアスタキサンチンが配合されているため、実際に使った人の多くは肌にハリが出たと感じていました。

また、保湿効果を実感している人も多く、セラミド配合で高保湿であることが伺えます。

たるみが改善されないと答えている人もいましたが、たるみケアは長期戦です。

継続使用して、3ヵ月経った時の肌にハリを感じられれば効果が出ている証ですので、まずは3ヵ月続けて様子を見てみましょう。

✔︎最安値情報
トライアルセットは店頭でも購入できますが、公式サイトからだとさらにWEB割引として25%割引(1,000円)の最安値で購入できます。送料は無料なので、気になる人は最安値の公式サイトからの購入がおすすめです。

アスタリフトの公式ページへ

アヤナス

独自成分「CVアルギネート」がたるみに働く
CVアルギネートは世界的にも有名なポーラ研究所が開発した独自成分です。

海藻由来の美容成分で、コラーゲンをサポートしてくれるハリケア効果があります。

肌をうるおしながら、肌の奥からみなぎるハリをもたらし、ピンと上向いた肌へ導いてくれます。

高い技術で開発された成分だからこそ、肌への実感力が高く、頬やフェイスラインのたるみにしっかりアプローチしてくれます。

ナノ化セラミドが肌のすみずみまで保湿
アヤナスには、保湿効果がもっとも高いと言われている「ヒト型セラミド」を、ナノ化して浸透度を高めた「セラミドナノスフィア」が配合されています。

セラミドナノスフィアが肌の奥までぐんぐん浸透して徹底的に保湿するので、みずみずしく潤った肌を作ってくれます。

また、乾燥小じわもケアする効果があるので、たるみ以外の悩みもケアしてくれる美容液です。

開封後でもOK!30日の全額返金保証サービス
お試しセットなら1,371円で化粧水・美容液・クリームを10日間試すことができます。

万が一肌に合わない場合は、商品到着後30日以内であれば全額返金保証サービスを利用できます。

開封後でも利用できるので、肌が敏感な人でも安心して試すことができますよ。

アヤナスの公式ページへ

良い口コミ
・肌のほうれい線が目立たなくなった
・敏感肌の私でもヒリヒリせずに使えた
・肌の潤いをハリを感じるようになった

悪い口コミ
・浸透が悪くて肌に入っていかない
・肌が少し乾燥するので保湿力がもっとあると嬉しい

総評:肌のたるみに悩む敏感肌向けの美容液
アヤナスは敏感肌専門ブランドということもあり、敏感肌で悩む人から高い支持を得ていました。

セラミドナノスフィア配合で保湿力が高く、バリア機能を高める力があることが高評価につながったと考えられます。

また、たるみケア成分が複数配合されていて、肌にハリ・弾力を感じられる美容液です。敏感肌でたるみに悩んでいる人にはぴったりでしょう。

✔︎最安値情報
購入できるのは公式サイトのみで、最安値はお1人様1回限りの特別価格1,371円です(送料無料で手数料無料)。リピートしたい場合は定期便を利用すると10%オフで購入できます。

アヤナスの公式ページへ

アンプルール

3つのハリ肌成分がたるみに働く
アンプルールの美容液には、たるみをケアする成分として

・GF(グロースファクター)
…肌のターンオーバーをサポートする成分。年齢とともに減ってしまう

・DEME(ジメチルアミノエタノール)
…ゆるんだ肌を引き締めて、ハリを与える成分

・植物幹細胞アルガンセルエキス
…コラーゲンをサポートしてハリを生み出す

など、科学的に効果が検証されている成分が凝縮されています。徹底的にゆるみをケアし、キュッと引き締まったハリ肌へ導いてくれますよ。

豊富な保湿成分が肌をふっくら潤す
アンプルールには、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿成分がたっぷり配合されています。

とろみのある美容液が肌に浸透し、もっちりと内側から肌を保湿してみずみずしい肌に整えてくれるのです。

乾燥ダメージからも肌を守ってくれるので、たるみ肌の悪化や、乾燥による小じわなども予防してくれますよ。

初回は7,120円引きでお得に試せる
初めて購入する場合は、9.220円相当の商品を2,100円で試せるトライアルキットがおすすめです。

トライアルキットは化粧水、美容液、クリーム、目元美容液、パックが入った7日セットで、次回通常サイズを購入する時には1,000円割引になる特典もあります。

まずはトライアルキットで肌に合うかどうか試した後で、通常サイズを割引価格で購入するとお得に続けられますよ。

アンプルールの公式ページへ

良い口コミ
・肌にもっちりとした弾力が出てきた
・今まで使った化粧品の中で1番肌にハリを感じた
・毛穴が目立たなくなった

悪い口コミ
・価格が高いので続けられなかった
・塗った後にピンとした皮膜感があるのが気になる

肌のハリ&毛穴のたるみのケアをしたい人向けの美容液
「肌にハリが出た」という実感だけでなく、「毛穴のたるみが目立たなくなった」という効果を感じていた人もいました。

アンプルールの美容液にはコラーゲンをサポートする成分が配合されているので、肌のゆるみと同時に毛穴のたるみケアもできたと判断できます。リフトアップも毛穴ケアもしたい人にはおすすめです。

通常サイズの価格はやや高め(11,000円)ですが、皮膚科医と共同開発された実力派の美容液なので、本格的なたるみ肌ケアをしたい人は1度使ってみる価値があります。

予算オーバーの場合は、アスタリフト(8,500円)やアヤナス(7,500円)が候補になるでしょう。

✔︎最安値情報
価格を調査すると、Amazonや楽天では定価の1.5〜2倍の価格で売られており、最安値は公式ページでした。公式ページからトライアルセットを購入すると、次回通常サイズを購入する際に1,000円割引になるお得な特典もあります。
アンプルールの公式ページへ

ビーグレン

レチノールがハリを与える
ビーグレンの美容液には、ハリケア成分として定評のある「レチノール」が配合されています。

レチノールはコラーゲンをサポートして肌のハリを与える効果があり、たるみケアにはぴったりの成分です。

肌の奥まで浸透して、内側からふっくらした若々しい肌へと導いてくれますよ。

肌を潤し、バリア機能を高める
保湿成分には、スクワランやシアバターが配合されています。

肌を潤しながら、肌のバリア機能を高めてくれるので、たるみの原因となる紫外線から肌を守る効果が期待できます。

365日の返金保証制度があるから安心
ビーグレンのお試しセットは「洗顔・化粧水・ビタミンC美容液・レチノール美容液・クリーム」の5点セットで1,800円と、お得な価格です。

レチノールはやや刺激のある成分ですが、肌に合わない場合は365日返金保証を利用できるので、安心して試せますよ。

ビーグレンの公式ページへ

良い口コミ
・最初は気づかなかったが、だんだん肌にハリが出てきた
・以前より肌が元気になった感じがする
・塗った後も肌がべたつかないので使いやすい

悪い口コミ
・肌ヒリヒリして赤みが出た
・乾燥肌の私には向かなかった
・たるみケアというよりシワケア効果を感じた

普通肌・脂性肌でリフトアップしたい人向けの美容液
レチノール配合で実感力の高い美容液です。レチノールがコラーゲンをサポートするので、たるみだけでなくシワケアしたい人にもぴったりでしょう。

ただし、レチノールはやや刺激がある成分だということもあり、敏感肌の人は赤みが出る人もいるようです。

また、肌内部を潤す保湿成分は少ないので、普通肌か脂性肌の人におすすめの美容液です。

✔︎最安値情報
7日分のお試しセットは、公式ページからの購入だと71%オフになり、最安値の1,800円(送料無料)で購入できます。ビーグレンの公式ページでは定期的にキャンペーンをしているので、気になる人は以下のページでご確認ください。
ビーグレンの公式ページへ

プチプラ化粧品でリフトアップはできないの?


ここまでリフトアップにおすすめの化粧品を紹介してきましたが、プチプラでのケアが気になる方も多いかと思いますので、プチプラ化粧品に限定して検証してみたいと思います。

無印エイジングケアシリーズ

結果:乾燥小ジワはケアできても、たるみケアは難しい
保湿成分にリピジュアやヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されているため、乾燥肌でも使える化粧品です。

しかし、シリーズ全商品の成分を見ても、コラーゲンをサポートするような成分は配合されていませんでした。

乾燥小じわへのスキンケア効果はあっても、たるみまでケアする力はないでしょう。

アクアレーベル スペシャルジェルクリーム(モイスト)

アクアレーベル

結果:ハリケア効果も保湿効果も低いのでリフトアップは不可能
プチプラのエイジングケア化粧品でも特に人気の高いクリームですが、肌にハリを与えるような成分は配合されていませんでした。

配合されている成分はヒアルロンやコラーゲンで、配合量も少なくて保湿効果は低いので、たるみに効果はありません。

ニベア

ニベア

結果:ニベアには「肌表面を守る」効果しかない
「ニベアでリフトアップができる」とのウワサもありますが、そもそもニベアには肌表面を保護して、刺激から守る効果しかありません。

リフトアップどころか肌を潤すスキンケアとしても効果が低いクリームです。

スキンケアでたるみやほうれい線をケアしたい人はコラーゲンをサポートする成分が必要なので、ニベアはおすすめできません。

結論:プチプラ化粧品には、コラーゲンをサポートする成分が配合されていない

人気のプチプラ化粧品を調査したところ、配合されているのは保湿成分が中心でした。

肌にハリを与えたり、コラーゲンをサポートするようなハリケア成分は配合されていないものがほとんどでしたので、リフトアップしたい人には向いていません。

そもそもたるみケア成分である「レチノール」や「GF」は成分の原価が高いため、プチプラ化粧品で取り入れることはできないためでしょう。

プチプラ化粧品では、たるみのような深い肌悩みをケアすることは難しいので、あくまでも「今の肌を現状維持したい人向け」のライトな化粧品とお考えください。

リフトアップしたい人におすすめの化粧品はこちら(ページ上部へ)

たるみ肌の原因は?リフトアップのコツは?


ここではたるみ肌の原因について解説します。肌にたるみができる原因は大きく3つあります。

紫外線
肌のたるみ 原因肌のハリは、「真皮層」と呼ばれる肌の奥深くにある「コラーゲン・エラスチン」などによって保たれています。

しかし紫外線(UV-A波)を浴びると、紫外線が真皮層まで到達してコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうため、肌を支えるハリがなくなり、たるみ肌ができるのです。

肌の乾燥
肌のたるみ 原因肌は乾燥すると、カラカラになって干からび、空気がなくなった風船のようにしぼんでしまいます。

さらに、肌は乾燥すると肌表面のバリア機能が低下して紫外線ダメージを受けやすくなるため、真皮層のコラーゲンが破壊されやすい状態にもなります。

表情筋の衰え
表情筋 たるみ顔には皮膚を支える筋肉「表情筋」があります。

この表情筋が弱くなると肌を支えられず、たるみができるのです。

リフトアップのためには、スキンケア&表情筋トレーニングが必要!
紫外線ダメージや肌の乾燥は、継続したスキンケアでお手入れすることで少しずつ軽減されていきます。

効果的なスキンケア化粧品については、上部のおすすめ化粧品ランキングでご確認ください。

また、表情筋の衰えはスキンケアで解消できないため、表情筋を鍛えるエクササイズなどで鍛えていくことことが必要です。

そこで次に、スキンケアと合わせて取り入れたい表情筋トレーニング方法についてご紹介していきます。

フェイスラインを引き上げる!表情筋を鍛えるリフトアップ法


頬やフェイスラインのたるみは顔の筋肉「表情筋」の衰えも原因です。

表情筋を鍛えてたるみ肌を解消し、リフトアップさせましょう!

あいうえおエイクササイズ
顔 たるみ エクササイズ

大げさなくらい口を開けて「あ〜、い〜、う〜、え〜、お〜」と各2秒ずつ声に出す
★「あ」から「お」を言い切るまでを1セットとし、合計10セット行う

舌回し体操
表情筋 エクササイズ

  1. 口を閉じたまま、舌を歯の表面に沿って回す
  2. まずは左に20回行う、次に右に20回行う
    ★1〜2を1セットとして1日3回行う

間違ったスキンケアではリフトアップできない!化粧品の正しい使い方


肌のたるみやほうれい線は、間違ったスキンケア方法によっても引き起こされます。

正しいスキンケア方法でたるみ肌ケアを徹底的に行い、上向き肌を手に入れましょう。

リフトアップ対策に!正しいスキンケア方法

洗顔
  1. 泡立てネットでしっかり泡立てる
  2. 指が肌に当たらないように泡をクッションにして洗う
  3. お湯が熱いと肌が乾燥し、冷たいと毛穴が締まって汚れが落ちにくいので、32度程度のぬるま湯ですすぐ

化粧水
  1. 肌が乾燥しないように洗顔後すぐに使う
  2. 肌なじみを良くするために、手のひらで温める(コットンは繊維が肌の刺激になるのでNG)
  3. 塗りムラをなくすために、規定量を数回分けて肌に優しくなじませる

美容液
  1. 適量を手の平に出す。この時、肌への浸透を高めるために両手を合わせて人肌まで温める
  2. 下から上、内側から外側へ優しくなじませる
  3. ほうれい線の部分には重ね塗りをする
  4. 両手で頬を包み込み、肌にしっかり浸透させる
※もったいないからと夜のみ使用する人がいますが、使用頻度が減ってしまうので、朝もしっかり使いましょう。

クリーム
  1. 肌に直接塗って伸ばすと摩擦刺激になるので、必ず一度手のひらに広げてなじませる
  2. 皮膚を引っ張らないように、下から上、内側から外側へなじませる
  3. 全体になじませたあとは、両手で頬、おでこを押さえて浸透を促す
化粧品は正しいお手入れをしてこそ効果が最大限発揮されます。正しいスキンケアができているかどうか今一度確認してみてね。


たるみの原因になる間違ったスキンケア方法

間違ったスキンケア方法で肌にダメージを与えてしまうと、肌のコラーゲンがダメージを受けて肌のたるみが生じます。

NG:洗顔料で泡パックをしている
長い時間泡パックをすると界面活性剤が必要な皮脂まで奪い、肌が乾燥してしまいます。洗顔料は30秒くらいで素早く洗いましょう。

NG:クリームを使ってなんとなくマッサージをしている
自己流マッサージは肌を傷つける原因になりかねません。以下の正しいマッサージ方法で、肌のたるみをリフトアップさせましょう。

◆リフトアップに効くマッサージ方法


NG:コットンを使ってパッティングをしている
コットンの繊維は肌に刺激を与えやすく、毎日使うと大きな肌ダメージとなります。

また、パッティングをすると、肌をパチパチと叩く度に少しずつ肌に刺激を与えます。化粧品は手を使って、優しく肌になじませましょう。

◆リフトアップしたい人は「乳液」は不要
たるみやほうれい線のある肌は、油分が不足している状態です。乳液はクリームよりも油分が少ないため、リフトアップしたい人には向いていません。

また、乳液とクリームを併用してしまうと、逆に肌の油分が多くなってニキビができる恐れがあります。

たるみやほうれい線をケアするなら、化粧水で水分を与え、クリームで油分をしっかり補ってあげることが大切なのです。


オールインワン化粧品でリフトアップは難しい


1個でスキンケアが完了するオールインワン化粧品は、ライン使いに比べると肌に与えられる成分が限られてしまいます。

たるみやほうれい線は肌がひどくダメージを受けた状態なので、オールインワン化粧品だけで肌のたるみをスキンケアをするのは難しいとお考え下さい。

とはいえ、「忙しくてスキンケアに時間を掛けられない」「自分のスキンケア化粧品だけにお金をかけられない」という人も多いと思います。

その場合は、オールインワン化粧品の中でも「たるみに効果的なオールインワン」に切り替えてスキンケアしましょう。

たるみ肌に効果的なオールインワン化粧品の特徴
①油分と水分のバランスが良い
②朝・夜のどちらも使える
③ハリケア成分配合

オールインワンでリフトアップケアをしたいのであれば上記3点を押さえたオールインワン化粧品を選ぶ必要があります。

「リフトアップしたい人向けのたるみ肌ケアオールインワン」について詳しく知りたい方は「悩み別!効果的なオールインワンゲルの選び方とおすすめベスト3」をご参照下さい。

体の内側からリフトアップ!肌にハリを与える生活習慣


ここではたるみやほうれい線に効果的な生活習慣についてご紹介します。

日々のスキンケアと合わせて行うと、より効果的なリフトアップ対策ができますよ。

リフトアップに効く食事のポイント

コラーゲンを増やす食品を食べる
肌のたるみは、加齢や紫外線でコラーゲンが弱くなっている状態です。

食事では、肌のコラーゲンを増やす食事を取り入れ、たるみ肌を解消して肌のリフトアップをしましょう。

◆肌のコラーゲンを増やす食べ物
・ビタミンC
⇒パプリカ・ブロッコリー・ミニトマト・ゴーヤ・ピーマンなど

・アミノ酸
⇒肉類・乳製品・大豆製品・ゼラチンなど

歯ごたえのある食べ物を食べる
歯ごたえのある食べ物で顎をしっかり使うと、顔の筋肉が鍛えられリフトアップにつながります。

意識的に歯ごたえのある食べ物を取り入れ、食べながらたるみを解消していきましょう。

◆歯ごたえのある食べ物
砂肝・レンコン・昆布・きゅうり・たこ・いか・インゲン豆など
柔らかい食べ物でも、30回噛むようにすると顔の筋肉が鍛えられ、たるみ解消につながるわよ。


姿勢を正すだけでもリフトアップにつながる

猫背 たるみ

猫背で顔・頭が前に突き出たままになると、首の後ろの筋肉が縮んで、頭・顔の筋肉が下に引っ張られてしまいます。

すると、肌全体も下に引っ張られるため、頬やフェイスラインがたるんだり、ほうれい線ができてしまうのです。

正しい姿勢を保つだけでも肌のたるみ対策につながるので、猫背にならないように普段から注意しましょう。
特にスマホを操作している時は猫背になりがちだから注意してね。


頭皮マッサージもリフトアップには効果的

顔の肌と頭皮は1枚の皮膚で繋がっているため、頭皮がたるむと顔の肌のたるみにも繋がります。

頭皮をマッサージして血行を良くすると頭皮のたるみ防止ができ、肌のたるみケアにもなりますよ。

◆頭皮マッサージの方法
肌 たるみ マッサージ

①頭皮全体を指先で軽く叩く
②指の腹を頭皮に当てて前後に動かす
入浴中やテレビを見ながらできるので、隙間時間を使って実践してみてね!


もっと効果的にリフトアップするなら化粧品に美顔器をプラス


化粧品でのスキンケアに美顔器を加えると、たるみを引き上げて、いち早いリフトアップケアが期待できます。

美顔器といっても様々な種類があるので、以下のような「リフトアップに効果的な美顔器」を選びましょう。

リフトアップに効果的な美顔器
・超音波美顔器
超音波の熱エネルギーで細胞を活性化する美顔器です。血液やリンパの流れを促進し、肌代謝を上げることでシワ・たるみ肌をケアできます。マッサージ効果もあるのでフェイスラインを引き締め、リフトアップしてくれます。

・EMS美顔器
低周波の振動が顔の筋肉に刺激を与える美顔器です。衰えた筋肉を引き締めるので、表情筋の衰えによって緩んだ頬やフェイスラインを引き締めてくれます。

美顔器についてもっと詳しく知りたい方は「リフトアップに効果的な美顔器の選び方とおすすめ4選」をご参照ください。

まとめ:リフトアップを目指すなら化粧品の成分をしっかりチェクしよう


たるみに悩んでいる人は、まずはスキンケアに「美容液」を足してみてください。

美容液は、化粧水やクリームよりも美容成分が多く配合されているので、効率的なたるみスキンケアができます。

たるみケア美容液を選ぶ時には、

①ハリを与える美容成分が配合されている
②保湿効果が高い
③続けられる価格

の条件を満たしたものだと、若々しく上向いた、ハリ肌へ整えることができますよ。

リフトアップしたい人におすすめの化粧品ランキング(上部へ)

以下、たるみに悩んでいる人におすすめの美容成分をご紹介しますので、参考にご覧ください。

参考:どれが1番?リフトアップ向きの成分と効果


たるみ 化粧品<br />
 成分

最後に、成分についてより詳しく知りたい方へ向けて、リフトアップに効果的な成分について解説します。

リフトアップや肌のたるみに良い成分は数多くありますが、1番のおすすめはビタミンCとレチノールです。
※以下の解説は、成分そのものの働きであり、配合された化粧品の効能効果ではありません。

1番おすすめ!肌質問わず使える「ビタミンC誘導体」

ビタミンC 効果 美白のイメージが強いビタミンCには、肌のコラーゲンを増やす効果もあります。

肌のコラーゲンはビタミンCなしでは作ることができないため、肌のたるみ対策やリフトアップケアにビタミンCは欠かせません。

低刺激で浸透スピードも早い成分なので、どんな人にもおすすめできます。

刺激はあるがハリケア効果が高い「レチノール」

レチノール 効果 レチノールはビタミンAの1種で、肌の深く(真皮層)にある線維芽細胞に働きかける美容成分です。

ターンオーバーを促進して、古い肌細胞を排出する効果もあります。

ただし、ターンオーバーが早すぎて、肌細胞が未熟になっている敏感肌の人は、レチノールが刺激になるので避けましょう。

また、レチノールは油溶性の成分で水には混ざりにくい成分なので、化粧品で取り入れるならば美容液やクリームがおすすめです。

化粧水で取り入れるなら「ナイアシン」もおすすめ

ナイアシンは、血行を促進することで肌に栄養を行き渡らせ、肌にツヤとハリを与える成分です。

水溶性の成分なので、化粧品であれば化粧水で取り入れましょう。

ナイアシンは低刺激なので、敏感肌の人でも使えるメリットはありますが、浸透の素早さはビタミンC誘導体の方が勝ります。

もしビタミンC誘導体が肌に合わなかった場合の候補におすすめです。

アスタキサンチンは予防向きの成分

アスタキサンチン 効果 有名なエイジングケア成分の1つである「アスタキサンチン」は、しわやたるみの原因となる「活性酸素」に働きかける効果があります。

今ある原因を取り除く成分で、肌そのものをリフトアップする効果に欠けるため、どちらかというと「予防」に向いた成分です。

たるみを解消してリフトアップをするのであれば、コラーゲンを増やすビタミンC誘導体やレチノールが必要になります。

注目成分の「レスベラロトール」も予防向き

レスベラロトールはポリフェノールの1種で、ブドウの茎や皮から抽出されるエキスに含まれている成分です。

強力な抗酸化効果があるので、コラーゲンを破壊する原因の「活性酸素」を抑え、たるみを予防してくれます。

※成分そのものの働きであり、配合された化粧品の効能効果ではありません。

※肌内部、肌の奥まで浸透とは、角質層のこと
※たるみケア、リフトアップケアとは、肌にハリと潤いを与えること
※エイジングケアとは、年齢を重ねた肌へのお手入れのこと

◇参考文献
吉木伸子・岡部美代治・小野真規子『正しいスキンケア事典』
朝田康夫『美容の医学 美容皮膚科学辞典』
鈴木 一成『化粧品成分用語事典2012』

※画像の一部を@コスメより引用しています


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+