乾燥肌の原因と対策10選 / クリームと改善アイデア

[公開日]2013/10/24[更新日]2016/10/25

~ クリームにプラスする改善アイデアで乾燥肌を克服できます  ~

乾燥肌の原因と対策、クリーム改善

あなたの肌タイプは何ですか?

肌のタイプは「脂性肌」「乾燥肌」「混合タイプ」「敏感肌」にわけられ、それぞれに肌に対する悩みはあると思います。
体質や遺伝的なものからくる肌タイプや、環境や生活習慣からくる肌タイプと様々な要素が重なって、現在の肌タイプになっているはずです。

では「乾燥肌」に注目してみます。
近年「私は乾燥肌です」という人が増えてきています。
一般的に年齢を重ねると乾燥肌になりやすいですが、まだまだ乾燥とは無縁の若い世代にも乾燥肌は広がっています。一概には言えませんが、気候や環境、食文化、生活習慣の変化なども原因と考えられます。
乾燥肌の原因をすべて取り除くことは難しいかもしれませんが、原因を知って対策をとることで、まだまだお肌は潤います。
今回は乾燥肌の原因と対策10選をご紹介します。あなたも肌力の底上げを一緒にしてみませんか。

乾燥季節の対策、化粧水やローションも重要


寒い季節になるとカサカサお肌に悩む人が増えますが、外気の乾燥と湿度低下が主な原因です。
そのカサカサが入浴中などにかゆくなった経験はありませんか?
お肌の潤いは皮脂、天然保湿因子、細胞間脂質という物質によって保たれていますが、カサカサ状態は角質細胞がはがれて
隙間ができ、水分が逃げやすい状態で、皮脂膜や天然保湿因子が減少した状態です。

カサカサは放置して自然に治る事は期待できません。乾燥を放置すると外部からの刺激を受けやすくなるため、ちょっとした刺激にも敏感になり衣類のしめつけ部分がかゆくなったりします。かゆみがひどくなると睡眠不足に陥ったりもします。
また、ついついかきすぎて炎症や、湿疹に繋がり、「かゆいからかく→かくことで、更にかゆくなる→皮膚トラブルがひろがる」の悪循環に陥る事もあります。カサカサになってしまう前に、化粧水・ローションなどで潤いを与えて、クリームで潤いを閉じ込めてあげましょう。季節のスキンケアはお早めに。

入浴習慣の見直し / ボディソープを多用していませんか?


寒い季節は外気が乾燥しますが、屋内も乾燥しています。寒さに暖房器具は必須アイテムですが、部屋の湿度をかなり下げています。部屋の湿度は加湿器などを利用し50~60%に保ちましょう。熱いお湯での長時間の入浴も乾燥肌を作ったり、タオルでのこすりすぎ、ボディーソープなどの多量使用も乾燥肌につながります。

ゴシゴシこすらないと、洗った感じがしないと言う方がよくいらっしゃいますが、タオルを使わず手であらっても十分に汚れは落ちています。体も顔と同じ様にやさしく洗いましょう。環境と習慣の見直しで乾燥肌対策は十分できます。

乾燥肌に改善効果のある食べ物


ダイエットや偏った食生活をする事でも、皮膚が必要としている十分な栄養素が不足し皮膚の潤いがなくなってしまいます。
体の内側から栄養素をバランスよく補給する事も重要です。
乾燥肌対策には、健康な皮膚をつくるために、コラーゲンを作る材料となるたんぱく質をはじめビタミン類を十分にとりましょう。

ビタミンAには肌荒れ防止、皮膚の免疫機能の維持の働きがあり、うなぎやレバー、人参などに含まれています。
B群には新陳代謝の促進の働きがあり、豚肉や豆類、ゴマなどが代表的です。ビタミンCにはコラーゲンの生成の働きがあり、イチゴやアセロラなどに多く含まれています。

ビタミンEには皮膚の血液循環の改善が主な働きで、植物油やカボチャなどに含まれています。更に冬はあまり汗をかかないため水分摂取を怠りがちです。水分補給を怠ると肌の乾燥をさらに招いてしまうため、温かい飲み物などで水分補給をしてあげましょう。また、加工食品やスナック菓子などばかり食べていると油バランスが乱れて肌荒れをおこしたりします。あなたの食生活は大丈夫ですか?

血行と新陳代謝を考えた対策


ストレスや睡眠不足、疲労は血行を悪くするため乾燥や肌荒れをおこします。血行を促し、皮膚の代謝をよくするためには、軽く汗をかく程度の運動を習慣づけましょう。新陳代謝を上げる事により、細胞の活性化も期待できるため美肌へとつながります。

また、ぬるめのお湯(37~38度ぐらい)で、ゆっくり半身浴をする事もオススメです。
汗は一気にかくのではなく、じわっとかくのが良いです。血行が良くなると、肌色も明るくなり、メイクの印象も変わってきます。新陳代謝をあげましょう。


洗顔と乾燥肌


洗顔は毎日するものですが、洗顔の仕方によって乾燥肌になってしまう場合があります。
乾燥肌対策には洗顔料は肌にのせる時は皮脂分泌の多い鼻やおでこからにします。
また洗顔時にゴシゴシ顔をこすっては皮膚を痛めてしまいます。やさしくなでるように洗いましょう。また、熱いお湯での洗顔は必要以上に皮脂を落としてしまうため、肌を乾燥させてしまいます。

入念なすすぎは必要ですが、洗い流しすぎにも注意し、ぬるま湯でスピーディに十分なすすぎを行って下さい。
肌質によってオススメの洗顔料は様々ですが、乾燥肌の方に人気の洗顔石鹸は「SHUAWA(シュアワ) ミネラル炭酸せっけん」がオススメです。美肌の湯、炭酸泉をイメージした高濃度の炭酸と豊富なミネラル美肌成分からできており、毛穴奥の汚れまですっきり落とし、肌をしっとり潤します。その他にはクリーム状石鹸の「どろあわわ」も人気洗顔料です。

乾燥肌に間違ったスキンケア


皆さんは毎日どのようなスキンケアをしていますか?
洗顔、化粧水、乳液、美容液、パック、クリーム… 化粧水しかしない人、パックまでしっかりする人とスキンケアの仕方は様々かと思いますが、間違ったスキンケアをしていませんか?肌を潤わせるためのケアが逆にお肌にダメージを与えてしまい、肌トラブルにつながっている場合があります。

スキンケア商品はメーカーも種類も多くあるため、どこの何をどんな順番で使えば良いのか迷ってしまいます。
例えば、化粧水は肌に水分を補給するものであり、「保湿」商品ではありません。化粧水でたっぷりと保水をしクリームなどの油分でふたをしてあげることが大切ですが、塗る順番が逆の場合、ふたをされた状態のお肌にいくら水分を補給しようとしてもできません。

洗顔後のスキンケア商品は、手に取った状態が「しゃびしゃび」したものを先に使用するという事を覚えておくと、メーカーが違うものでも、何を先に塗るのが良いかが判断できますね。
間違ったスキンケアをしていませんか?

夏は「隠れ乾燥肌」に注意


汗でべたついている夏は乾燥肌とは無縁に思えますが、夏は隠れ乾燥肌になっている人がいます。
湿度が高いと皮脂分泌が活発なため、肌が潤っているように感じます。しかし、肌の水分、保湿成分が汗と一緒に失われるため肌は乾燥気味になっています。

皮脂分泌が活発だという事は汚れ状態も高いということです。また夏はエアコンがきいている部屋にいる事が多いと肌の潤い成分が奪われ、乾燥肌になります。しっかりと汚れを落として、保水、保湿をする事が乾燥肌対策になります。
屋内だけではなく、屋外では紫外線がきつい季節であるため日焼けによる乾燥などにも注意が必要です。
夏は美白や紫外線に気をとられがちですが、隠れ乾燥肌にならないようにケアしてあげましょう。

睡眠不足とストレスが原因になることも


生活をしていく中には様々なストレスがあります。肌は一定の周期で再生しますが、ストレスによって体が不調をきたしていると、生まれ変わった肌の状態は悪くなってしまっているため、外からの刺激が受けやすくなり乾燥を招きます。ストレスによって良い睡眠状態が確保できていないと免疫力が低下し、代謝も悪くなります。

乾燥肌対策は食事やスキンケアも大事ですが、なるべくストレスをためないような生活を心がける事も大事です。
十分な睡眠をとり、自分なりのストレス発散方法を見つけておきましょう。

年齢乾燥


年齢と共に肌の水分や皮脂が減少し内側から乾いてくる状態を年齢乾燥と呼んでいます。保湿のカギをにぎるセラミドやコラーゲンも減少し、水分を蓄える肌力が弱まり乾燥につながっています。

セラミドとは角質細胞間脂質のことで、角質細胞をつなぎとめる働きをしてるため保湿力に優れている成分です。
セラミドが不足すると角質細胞がはがれやすくなり肌のバリア機能が低下します。若くて健康な肌にはセラミドがたっぷり含まれているため、肌はみずみずしいですが、加齢や環境の変化などによってセラミドの量は減少し乾燥します。
セラミド同様、コラーゲンも加齢により減少していきます。

皮脂の真皮と呼ばれる大本の部分は、水分以外の約70%がコラーゲンであるため、減少することによりハリや弾力を失ってしまうのです。年齢をストップさせる事はできませんが、肌の老化を防ぐ事はできます。肌の老化対策で最も重要なのは「保水」と「保湿」です。セラミド成分配合など、年齢と共に「保湿」を意識した商品を選んでいくことをおすすめします。特に目の周りや口元は皮膚が薄く乾燥しやすいため、年齢も表れやすい部分です。正しいお手入れと自分に合う化粧品で年齢乾燥を防ぎましょう。

乾燥肌用クリームのトライアルキットを活用する


乾燥肌対策のスキンケアは、洗顔から保水、保湿を正しくする事が一番です。
自分に合うスキンケア商品を探してみましょう。最近では、様々なメーカーから低価格のトライアルキットが販売されているため、自分に合うスキンケア商品を探しやすくなりました。「アヤナス10日間トライアルセット 1,680円」はクレンジング、ソープ、ローション、クリームをお試しできます。
こちらはエイジング世代から人気です。

  • 保湿/乾燥_アヤナス / ディセンシア
    セラミド保湿&低刺激 敏感肌用化粧品
    アヤナス / ディセンシア
    4.55
    保湿/乾燥: 4.55

    icon-check-squareヒト型ナノセラミド配合
    icon-check-square低刺激の敏感肌のための保湿化粧品
    icon-check-square世界最高峰のポーラ研究所の技術

    価格種類内容
    1,370円(税抜)モニター
    10日間
    ローション・美容液・クリーム


乾燥肌の原因と対策まとめ


乾燥肌は日頃のお手入れはもちろんですが、ちょっとした生活習慣や環境を変える事で防ぐ事ができます。乾燥がひどくなると湿疹ができたり、炎症をおこしたりと深刻な肌トラブルにつながります。

日常のスキンケアが症状を悪化させないことにつながりますが、スキンケアでは対応できない肌トラブルが起こってしまった場合は、早めに医師に相談するなど、悪化させないようにすることが大切です。季節に関係なく潤う肌の女性は魅力的です。肌力の底上げがうまくいきますように。


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+