エステティシャンが保湿クリームを選ぶ10のポイント

その保湿クリームは本当にあなたに相応しいものですか?

保湿クリーム
保湿クリームを選ぼうとするとき、おすすめの商品はなにか、ランキング上位はなにか、口コミがよいものはどれか、ブランドは何がよいか、などなど他力本願やイメージで選ぶといつまでも自分への正しいスキンケアにたどり着くことができません。

ここでは、適切な保湿クリームを選ぶための10のポイントを紹介します。
《管理人:安藤美和子》
サプリメントアドバイザー、化粧品検定一級、薬事法管理者の有資格者チームの管理人。化粧品開発・プロモーションの実務経験を活かし、雑誌・WEBメディアの執筆/ディレクションを行う。


1、保湿クリームの常識を見直してみる


保湿クリームだけに留まらず、化粧品選びの常識として定着している考え方、それが

・年齢を重ねた肌程、より上質な化粧品が必要
・トラブルの多い肌程、より高機能な化粧品が必要

といったものだと思います。一見至極当然のことを言っているように見えますが、こういった考え方が美肌作りにマイナスになる事があります。

それを示すのが、皮膚科に訪れる「化粧品アレルギー」「過保湿アトピー」といった状態の女性達です。病院に頼らざるを得なくなる迄に皮膚が悪化した原因が、化粧品の使い過ぎです。肌を美しくするはずの化粧品が、肌に害になる。どうしてこのようなことが起きるのでしょうか。美肌のためにより良い化粧品を求めた結果、損することが無いようにするには、どうすればいいのでしょう。

2、日本人はケアしすぎ?日本のケアの常識を再考する


私たちの美肌ケアの定番
W洗顔、ゴマージュ、ピーリング、パッティング、パック、乳液とクリーム、外出先では乾燥防止の化粧水のスプレー
などなど。

美肌作りに熱心な方はこれらすべてを行っている方もいらっしゃるかと思います。しかし、これらは肌にとっては全て「刺激」でもあるのです。
綺麗になりたくてケアしていたのに、刺激になっていたの・・・??
そう、刺激になることがあるの。最近ようやく洗いすぎの弊害が見直され、肌本来の機能を保持しながら美容を行う事が見直されてきたのよ。
しかしそれまでは、良い化粧品と熱心なケアこそが肌を美しくするのであって、肌本来の力には無頓着な風潮がありました。未だに、化粧品頼みの方、肌本来の機能以上に、優れた美肌を作れるものはない事に気付かない方もいるかもしれません。

洗いすぎる、補いすぎるというのは、肌が自らのポテンシャルを発揮するのを阻害する事があります。何も肌断食のような極端な振れ方を勧めているのはありません。良かれと思ってやっていることが、肌が元々持つ働きを無視することになっているかもしれない、そんな意識を持つことが大事です。

3、肌を甘やかすとどうなるかも知っておく


良く洗って、良く保湿して、そんな今までの常識を熱心に行いすぎた女性たちが、どんな化粧品も間に合わないほどの肌荒れを起こすという悲劇。皮膚科では、「乾燥がひどい肌」ではなく、「肌の再生機能が極度に弱っている肌」と判断されます。そして化粧品をつけることを止められます。

肌の再生機能が停止した状態
角質層がボロボロのまま修復できない状態

この状態を引き起こす要因の1つが、スキンケア無しでは生きていけない肌にしてしまった、私達の保湿への強迫観念です。保湿を一切するな、と言いたいわけではありません。肌の状態を見ながら、あくまでサポートとしてのケアをすることで、肌そのものが力を発揮できるのです。

壊れた角質層を治すのは肌自身です。その力を奪うような甘やかし方をしていないか、見極める目を養えれば、トラブルは起きません。そして効果的に美肌を育てることが可能になります。時には引き算の美容が正解になる事があります。このマイナス発想の美容に不安を感じたならば、戦前の女性には乾燥肌がいなかった事、美容のプロが積極的に「休“肌”日」を設ける事をヒントにしてみてください。

4、肌本来の力を知る


先ほど話に出た、最近話題の肌断食。様々な意見がありますが、スキンケア方法としてというより、自身の今の肌力や、ケアの余分や過剰を知るために良い方法になるでしょう。肌断食とは、スキンケアをしないことです。ハウツーとしてよく行われているのは、

①洗顔料は使わずぬるま湯で落とす
②スキンケアをしない
③メイクもしない

といった方法です。

これを実生活で徹底するには、大改革が必要でしょう。お勧めなのは定期的に肌診断や「休肌日」として行う事です。肌力がしっかりしていると、洗顔後30分以内には何もつけなくてもちゃんと皮脂膜が形成されます。
30分も待てないほど乾燥を感じたら、それは普段のケアで肌力を削いでいる可能性があります。


5、今のスキンケアの過剰をチェックする


数日間肌断食的な方法で過ごす事で、更なる発見をすることができます。それは「○○」をしなくなってから肌が良くなった、という現象の発見です。今のケアのいずれかの良し悪しを判定するためには、①~③どれかだけを実践して肌診断をする方が、ピンポイントなチェックをし易いかもしれません。

例えば③でニキビができなくなったらファンデが問題かもしれませんし、②で肌力が上がったら過保湿かもしれません。洗顔方法の良し悪しを知るには、いつもの洗顔をして、②をしてみるのもいいかもしれません。普段から肌力を損なわない洗顔をしていれば、30分間もたないほどの乾燥過多を感じる事はないはずです。
ケアの見直し・・・頭でわかってても、行動に移すのが難しいんだよね。
ケアの最初の見直しは洗顔からがお勧めですよ。


6、ケア全体を見つめながら保湿クリームを選ぶ


保湿クリームのお話の前に、スキンケア全体の見直しについてお話ししたのには理由があります。スキンケア全体に過剰さや余分があると、保湿クリームに投資すべき価格は年齢と共にどんどん上がっていくだろうと予測できるのです。自身の肌力も知らずに、ただ加齢の不安に怯えながらやみくもに投資しても、良い結果を得られるとは限りません。

寧ろ、先述の話のように、甘やかし過ぎて肌本来の力を衰えさせているかもしれません。少なくとも、投資の果てに皮膚科通いといった結末は避けたいものです。加齢と上手く寄り添うには、まずしっかりと自身の現状を見つめることが不可欠です。どれぐらい衰えたのか、しっかりと見つめることで、初めて適切なケアができるのではないでしょうか。

これは保湿や肌に限ったことではありません。美容に現状を無視したピンポイントなど本当の所ないのです。顔だけが仮に化粧品の力で衰えを免れたとしても、そこに全体的な若さが伴わなければ結局美ではなく不自然さが漂います。勇気をもって衰えを見つめ、心身共に生き生きと次の1歩を踏み出してこそ、本当の美しさが得られるのではないでしょうか。

7、化粧品会社のシナリオに乗らない自分だけの選択眼を持つ


化粧品の値段カテゴリーや、年齢カテゴリー、肌質カテゴリーのからくりはご存知でしょうか。

各カテゴリーを設けるのは、必要性からだけではありません。

確かに、私たちが商品を選ぶ際、それらのカテゴライズは便利で且つ効果を期待する拠り所になります。しかし、このカテゴライズに従っていれば必ずしも結果が出るわけではありません。

肌力養成という面では、「年齢肌」や「肌質」のカテゴライズが害になることもあります。年齢や肌質による化粧品会社のシナリオ通りに商品を求めると、値段はおおよそ2000円ずつ上がっていき、より甘えた肌作りになっていく傾向があります。
例えば、30代、40代と年代毎にターゲットを変えている商品の中身の、一番の違いが保湿力です。

本当は肌力を鍛える余地があるのに、年々化粧品頼みの肌を育ててしまわないように。「それなりの年齢や肌だから必要なこと」と思う前に、肌自身の能力を見直す機会を作ってほしいのです。時には肌力診断やマイナス美容を取り入れながら、それでも間に合わなければ、そういった商品に頼っても遅くはありません。また365日肌を飽食状態にしなくても、たまの外食のようにスペシャルケアとして取り入れれば間に合うケースもあります。

8、足すか引くかで保湿クリームを選択する


自身の肌力と、今のケアの過不足が掴めれば、より的確に保湿クリームを選べます。もしケアが過剰なら、保湿力をマイナスに、不足ならプラスにといった実験感覚のケアをして、より自身の肌を知ってください。マイナスのケアは難しいと感じるかもしれません。自身に何が必要なのかわかりにくい時は、シンプルな化粧品を使ってみるのがお勧めです。
シンプルな化粧品ってどういうもの?
あれもこれもと成分が入っているものや、高機能なクリームではなく、グリセリン、ヒアルロン酸、セラミドなど、シンプルな配合のクリームを「肌を粗食にする時のクリーム」として試してみて下さい。

「グリセリン程度の保湿力でも大丈夫」「セラミドぐらいの高い保湿力は必要」というように自身に合った保湿レベルを知っておきます。マイナス美容をしているうちに、肌そのものの力が回復するかもしれません。

ただし化粧品ジプシーには弊害も多く、一方で、少ない回数で丁度良い化粧品に巡り合えるとは限らない、という問題があります。もし既に化粧品アレルギーや過保湿アトピーのような、肌荒れ状態に近いのであれば、皮膚科に自分の試したい化粧品を持っていき、判断してもらうのも手っ取り早い1つの方法です。

9、スキンケア全体のバランスを重視する


ところで、保湿クリームはそもそも必要なのか、という疑問を持つ方が多くいます。乳液というアイテムもあるからです。さらに化粧水でも保湿しています。

各アイテムの構造から、これらの基本アイテム数をもし絞るのならば、乳液1本でもいいというのが答えです。基本的にスキンケアで大事なのは適度な油分と水分の補給、そして配合の成分です。そのバランスや成分が優れていれば、極論乳液だけでもいいのです。

ケア全体のバランスで保湿クリームを選ぶという視点は欠かせません。水分か油分が過剰ならば、アイテムを減らすことも1つです。一方、ストイックなマイナス美容を考えている場合には、クリームを油分の割合が多いバームに近いものにするのも1つの手です。これは、クリームには主に被膜作りの役割のみを求めるというシンプルな方法です。

プラス美容では、肌内部で働いている保湿成分の中で、最も強力なセラミドの力を大いに利用するケアもお勧めです。美容クリニック等では、しぼんだような肌の乾燥には、女性ホルモンやセラミドを治療に用いています。
セラミドの中でも「ヒト型セラミド」は、外からナチュラルに肌再生をサポートできる高機能保湿成分として活用されています。


10、己を知ってこそ活きるトキメキ美容


さて、ここまで従来の化粧品の楽しみを否定するような内容でお話ししてきましたが、アンチ化粧品を唱えたいのではありません。寧ろ、世に溢れる魅力的な化粧品は、このような冷静さの上で初めて、真に楽しむことができるのではなでしょうか。女性にとって、何よりの美容液は女性ホルモンです。これは化粧品を楽しむ時のトキメキでも得られます。

女性ホルモンの減少は肌がしぼんでいく大きな要因です。いつまでもときめくことができる女性は老けにくいのです。化粧品に委ねすぎて肌が衰えるような悲しい現象さえ起こさなければ、化粧品は私たちにたくさんのトキメキを与えてくれる、中身以上の効果を持っています。実際、化粧品会社は私たちに夢を見させるプロです。

使用感と効果は違う、そこに厳しい選択眼は必要です。しかし、化粧品を使って感じる肌のキメ、手触り、くすみが飛んだ時の感激は、私たちにたくさんのトキメキを与えてくれます。

匂いやパッケージも同様です。手に取り、使用し、鏡を見てにっこりする瞬間を捨てる必要はありません。きちんとわきまえている人にこそ、その少女のような気持ちを大切にしてほしいのです。

プラス美容のための保湿クリーム


さぁ、ここからは上記で解説した10のポイントを押さえて自分に適切な保湿クリームを選んでいきましょう。

保湿クリーム選びのポイント
人型セラミド配合
価格の判断

人型セラミド配合
プラス美容の保湿クリームでまず、肌力の力強いサポートとなってくれるのが前述のヒト型セラミドです。加齢とともに減少するセラミドを補うケアは、最もシンプルで明確な保湿法と言えるでしょう。
価格の判断
また、どんなに良質でも指定の使用量を使うのを躊躇うような価格の商品は、日常使いにおいて効果が落ちやすい事も頭に留めて、価格判断してみて下さい。

アンチエイジングの神様チーム内の保湿クリームの成分調査をし、有用と判断できたものを実際に使用して保湿力があるかを調査していきます。保湿クリーム
さぁ、ここからは川上に使用・調査をしてもらうわ。頼んだわよ。
《ガイド:川上麻里佳》
エステティシャン、スポーツインストラクターを経て、美容ダイエットの企画編集を担当。今回は使用・実験を担当いたします。


まずは、成分を調べて有用と判断できたものを紹介していきます。

エトヴォス
保湿クリーム
1,990円/14日間
セラミド1,2,3,5,6IIを配合でバランスの良い保湿が可能

メディプラスゲル
保湿クリーム
3,700円/2ヶ月
セラミド1,3配合のオールインワンゲル/ワンステップのお手入れで保湿が叶う

アヤナス
保湿クリーム
1,370円/10日間
ナノ化セラミド配合で浸透し、肌内部を保湿してくれる

ビーグレン
保湿クリーム
1,800円/7日間
セラミドを増やす司令塔に働きかけ、セラミドを増やすことに着目。独自の技術キューソームで肌に留めて効果を高める

実験結果がこちら
 
価格
保湿成分
実験結果
ji1
エトヴォス
1,990円(税抜)/14日間
セラミド1,2,3,5,6II
ji1
ji1
メディプラスゲル
3,700円(税抜)/2ヶ月
セラミド1,3
ji1
ji1
アヤナス
1,370円(税抜)/10日間
ナノ化セラミド
ji1
ji1
ビーグレン
1,800円(税抜)/7日間
ビタミンC誘導体
ji1


実験内容
保湿クリーム
スポンジに水を含ませ絞ったものにクリームを塗布し、1時間後と3時間後の保水量を確かめる。

水分量は水分チェッカーで計測していきます
保湿クリーム
調査開始
比較のためにニベアクリーム、ハトムギ保湿ジェルを含め調査していきます。

保湿クリーム
一時間後、三時間後の保水量がこちら
保湿クリーム
実験では保水量に差が出ました。一番水分を保持していたのはエトヴォスでした。1時間後と3時間後の水分量の変化は-1.2%と驚異的です。何もつけていないスポンジは-11.3%だったのも踏まえて、プラス美容の保湿が必要な方にとっては有用なクリームですね。


実力ナンバーワンだったエトヴォスの口コミを調査

良い口コミ
・潤いを実感する
・伸びがよく使いやすい
・さっぱりとした香りが良い

悪い口コミ
・テクスチャーが硬い
・ファンデーションとの相性が悪い
・なくなるのが早い

エトヴォス保湿クリーム悪い口コミを調査!

実験で良い結果が出ても、デメリットがあると躊躇してしまいます。今回は悪い口コミは本当なのかまで調査を行います。

テクスチャーが硬い?
保湿クリーム
硬めのテクスチャーではありますが、体温でスーッと溶けてくれます。冷えたまま使用すると硬さが気になりそうですが、少量を手で温めて柔らかくしてから顔に乗せると問題なく使用できます。

ファンデーションとの相性が悪い?
保湿コリーム
リキッドファンデーションとパウダーファンデーションで試してみましたが、全く問題ないどころか肌との密着率が上がり化粧ノリが良くなったように感じます。相性が悪く感じてしまう場合はクリームをつけすぎている場合があります。伸びが良いクリームなので温めながら薄く伸ばすようにするのがポイントのようです。

なくなるのが早い?
硬めのテクスチャーなので一度に必要以上の量が取れることがありました。しかし、トライアルは手で必要量を取るタイプ、本商品はチューブタイプになるので取りすぎる心配も無くなります。

最安値で購入する方法は公式ページからの購入です。楽天やアマゾンは転売なので品質や保存状態が心配です。肌に使用するものですので信頼出来る場所で購入が安心です。
エトヴォス公式ぺージ
※割引は変更になる可能性がありますので、上記の公式ページより最新情報をご確認ください。

生活の見直しも重要★★★
しかし、プラス美容を行うとともに、巡りを良くすることや栄養補給、良質な睡眠など、美肌の基盤を整える事を忘れずに行いましょう。

マイナス美容のための保湿クリーム


あれもこれも、そんな飽食肌のダイエット用保湿クリームには、皮膚科で勧められるような優しい配合の商品や、バームに近いようなシンプルな商品を試してみて下さい。因みに、皮膚科処方のクリームと言えば、「ヒルドイド」というクリームの効果の高さが話題になっています。基本的に処方薬としてしか使えませんが、参考までに類似の商品もおまけとしてご紹介します。

「潤浸フェイスクリーム/キュレル」 40g/2300円

皮膚科で勧められて使用する人が多い「キュレル」。その特徴は、潤い成分で外部刺激を受けにくい肌に導きながら、消炎作用でトラブル肌を落ち着ける作用があることです。保湿成分は独自に開発した合成セラミドを中心にしています。より保湿力の高いヒト型セラミド使用の化粧品より保湿力は劣るかもしれませんが、飽食状態の肌を休めたい時にちょうど良いアイテムかもしれません。

「アルガンクリーム/ナイアード」 50ml/3000円

美容効果に定評がある「アルガンオイル」と、タイの果物「ラムヤイ」の香りのミツロウ、という2つだけの素材で作られた極めてシンプルなクリームです。断食肌では「ワセリン」などいわゆる「バーム」だけを保湿に使う方法が推奨されていますが、この商品はそれに近いケアになります。ただし豊富なビタミンEの効果を持つクリームです。植物の力をフルに活かしたシンプルな商品は、合う、合わないがありますので、お試しサイズの8mlからの使用が良いかもしれません。

「HPクリーム(医薬品)/ノバルディスファーマ」 25g/約1200円

乾燥性皮膚炎治療薬として第2類医薬品に該当するクリームです。保湿、抗炎症、血行促進の作用があり、有効成分は「ヘパリン類似物質」です。先述のヒルドイドクリームに類似する効果がありますが、保険適用で処方されるヒルドイドに比べると高額なことや、効果が少し劣る、という難点もあります。医薬品は効果の分だけ副作用もあることが、販売に規制のある理由です。個人の裁量で利用するとリスクが高くなりますが、薬局で説明を受けて購入できるこのような商品ならば、安心して使用できます。

トキメキ美容のための保湿クリーム


冷静に美容を見つめると共に、進化し続ける化粧品マジックの恩恵にも預かる。例えば夜用クリーム、高機能クリームを寝る前に肌にたっぷり塗ってみる。特別な日に向けて、朝目覚めた時の肌に胸躍る日があってもいいはずです。高機能化粧品は自分の肌を見てうっとりする瞬間を、かなりの確度で与えてくれます。要は甘やかし過ぎなければいいのです。肌力を把握している貴女なら、進化した化粧品を使いこなせるはずです。

「カプチュールトータルナイトクリーム/ディオール」 50ml/16500円

一晩で目覚めの肌を劇的に変えるナイトクリーム。日中の疲れや加齢によるダメージを寝ている間に修復し、肌の再生を促します。潤い補給をしながら肌のリズムを整え、艶やもちもち感のある肌を作ります。これぐらいの価格帯の化粧品の醍醐味はなんといっても即効性。疲れが肌に現れてぬぐえない、という悪条件の夜にこれを塗ると、嘘のように肌が回復するという声も。その即効性に期待して、時には救世主として、翌朝の肌を楽しみに使用してみたい逸品です。

「ブラックローズ クリーム マスク/シスレー」 61g/14000円

最近の化粧品は、もはやエステよりも高額な数万円のものも売り出され、テクノロジーの進化と価格感覚の変容に驚きます。一方、パックが大流行した末に、やはり1枚数千円などのものはもったいないという感覚が戻ってきたようです。そこで、高い効果ともったいない感覚を両立させるのが洗い流さないパックです。自然素材を活かした化粧品作りが特徴のシスレーのクリームマスクは、顔に塗って15分後にティッシュオフするというもの。翌朝の肌のふっくら感だけでなく、トーンアップという効果で、肌を変えるクリームと評されています。

「クリーム/ヒフミド」 22g/4000円

小林製薬による「ヒフミド2」を含有したクリームです。低刺激でシンプルな配合の保湿クリームですが、ヒト型セラミドの保湿力ポイントです。お値段的にはもう少し色々な効果を期待したいという声もあるかもしれませんが、シンプルに保湿サポートできるクリームとして納得できれば、期待だけの効果が得られるかもしれません。

「モイストバリアジェルA/シェルシュール」 35g/4800円

ヒト型セラミドの「1、2、3、6Ⅱ」と「フィトスフィンゴシン」を配合した保湿クリームです。特に年齢と共に減少し、シワを修復する作用がある「セラミド3」に興味がある方に。油分は皮脂膜を補うスクワラン等数種が含まれています。失われた肌のバリア機能回復を助けることをコンセプトとしたクリームです。

「パワーバイタルソリューション/dプログラム」25g/6000円

乾燥肌、敏感肌のためのブランド「dプログラム」による、年齢が原因で敏感肌になった方の為のライン。その中でもスペシャルケアとしてこのクリームが販売されています。加齢とともに肌質が変わったがごとく敏感肌になってしまった人を対象とし、肌内部にある保湿成分の1つ「天然保湿因子」の生成に関わる「酵素BH」にアプローチするのが特徴です。セラミドの補給とはまた別の形の肌機能サポート製品。従来の「dプログラム」製品同様、低刺激に作られています。

赤ちゃん、アトピー肌、ボディ、メンズなど〜その他保湿クリーム〜


上記で紹介してきた以外にも、保湿クリームは様々な場面で活躍します。それぞれのおすすめをご紹介していきますね。参考にご覧ください。

赤ちゃん肌や、アトピーの方
赤ちゃん肌や、アトピーの方への保湿クリームは低刺激なワセリンがオススメです。ワセリンは保水力を高める化粧品とは違い、肌表面を保護する膜を張る役割を果たしてくれます。

また、ドラッグストアで気軽に購入できるのも嬉しいですね。極度に乾燥して肌がボロボロで化粧品も使えないという時におすすめです。

しかし、肌荒れがひどい場合は自己判断をせずに病院に行くのが一番です。
赤ちゃんの頃から保湿力が高いものを頻繁に使用するのはおすすめできません。本当に保湿が必要な場合のみに使用するようにしましょう。


体用のボディークリーム
体の皮膚も体の皮膚同様に乾燥します。最近はマッサージ効果によるダイエットが可能なクリームも出ているので目的に応じて選択するのがおすすめです。

保湿をメインに行いたい方はオイル系
保湿がメインの方はクリームはなくオイルを使用するのがボディケアでのポイントです。お風呂あがりにタオルで体を拭く前にオイルを塗布しましょう。オイル塗布後は水気が切れているのでタオルでポンポ残りを拭きましょう。お風呂あがりはオイルが水気と馴染んで肌をしっとりさせてくれますし、湯あがり後の乾燥から肌を守ってくれます。

プレゼントにおすすめ
プレゼントとしておすすめしたいのがパッケージの可愛い保湿クリームです。ジルスチュアートやANNA SUIなどはパッケージが可愛い上に香りも上質なため女性の人気も高いです。

上記で紹介したトキメキ美容でのおすすめもプレゼントされて嫌な女性はいないのではないでしょうか。

また、オーガニック系のコスメもおしゃれな容器に入っていて嬉しくなりますね。ラリン、ラッシュ、ボディショップ、などが有名です、お近くにコスメキッチンなどがある方はこれらの保湿クリームが厳選されているので立ち寄ってみるのもおすすめです。

男性(メンズ)におすすめ
男性におすすめの保湿クリームとして、ニベア、ギャッツビー、マンダムがあげれることが多いです。

しかし、男性だから女性がターゲットの保湿クリームを使用してはダメということはありません。顔に使用する保湿クリームであれば女性用の方が肌への優しさが考慮されている場合が多いです。

肌荒れや乾燥がきになる場合は男性用品にとらわれずに、上記で紹介したような女性用の保湿クリームを使用してみるのも有用です。

→ページ上記の保湿クリームへ

正しい順番と効果を高める使い方


最後に保湿クリームを使用するときの正しい順番と、効果を高める使い方を紹介させていただきますね。

保湿クリームの正しい順番

化粧水→美容液→乳液→クリーム
乳液・クリームどちらか一方でも構いません。肌の調子を見ながら調整してみてください。

効果を高める使用方法

肌を引き締めてからの塗布
夜のスキンケアはお風呂あがりににおこなう場合が多いかと思いますが、体がポカポカな状態でスキンケアをしていると汗をかくこともあります。汗が出ている状態でクリームを塗布してしまうと、汗でクリームが浮いてしまいます。化粧水後に手で顔を仰ぐなどして毛穴をキュッと引き締めた後にクリームを塗布すると効果的です。

目元、口元は指先を使用する
クリームを手の平全体で伸ばした後、中指や薬指で目元、口元の極まで塗ることで顔の隅々まで塗布が可能です。意外と目元、口元を見落としている方が多いので再度確認しておきましょう。目元や口元の皮膚の薄い部分は乾燥しやすい上に年齢が出やすい部分ですのでケアは丁寧に行いたいところです。

保湿クリームを選ぶ10のポイント まとめ


保湿クリームを選ぶポイント
・保湿クリームの常識を見直してみる
・日本人はケアしすぎ?日本のケアの常識を再考する
・肌を甘やかすとどうなるかも知っておく
・肌本来の力を知る
・今のスキンケアの過剰をチェックする
・ケア全体を見つめながら保湿クリームを選ぶ
・化粧品会社のシナリオに乗らない自分だけの選択眼を持つ
・足すか引くかで保湿クリームを選択する
・スキンケア全体のバランスを重視する
・己を知ってこそ活きるトキメキ美容

「化粧品選びって、疲れる」と思ったことはありませんか。世の中には次々と新機能の化粧品が生まれ、化粧品ランキングに現れる人気の話題成分は次々と変わっていきます。化粧品に夢を見て楽しめるうちは良いのです。でも、真剣に悩みを解決しようと思う時、簡単に夢を見られるほど初心では無くなった時、「楽しい」が「疲れる」に変わります。

歳を重ねるにつけ若さは失っても、知恵は得ます。しかし世の化粧品広告戦略の有り方はあまり変わりません。消費者は学ばないと考えているのが、透けて見えるような事さえあります。そんな戦略に踊らされるだけではなく、歳と共に、揺るぎない自分なりの美容の知恵を蓄積していきたい、と考える方もいるはずです。

保湿クリームの選び方一つとっても、その人の美容への態度が如実に表れます。ブランド頼みか、値段頼みか、無添加頼みか、人気や口コミ頼みか、流行好きか、などなど。化粧品の良し悪しは消費者がすぐに見分けられるようなものではありません。「何々頼み」になっても仕様がないのです。

しかし、よくわからないものに何年も時間とお金と自分の肌を費やしてもいいと思っている人などいないはずです。本当はより賢く、より自信を持って、大事な物を投資したいはずです。いつもとは違った視点で保湿クリーム選びを考えることで、「自分頼み」になれるヒントになれば幸いです。

《おすすめ人気記事》
保湿化粧品の口コミ効果検証、21種の比較ランキング


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様の更新情報はTwitterとRSSでお届けしています。日頃の心構えから、アンチエイジングの裏ワザまで常に最新の情報をお届けしますので、是非登録して見逃さないようにして頂けると幸いです。





Google+