青汁を選ぶ5つのポイント/比較ランキングでは分からない基準

[公開日]2014/01/10[更新日]2015/04/02

青汁は種類も豊富にあるために、選ぶときには注意点がいくつかあります。健康のために飲むものなので、根拠のない比較ランキングに騙されないよう、自分で基準を持ちましょう。

青汁の比較ランキング


青汁の目的を明確にし成分チェック


青汁は体によい、ということはなんとなく分かっていても、実際にどのような成分が配合されているのか、どのような効果があるのか分からないと、飲んでいてもあまり効果に気がつくとがありません。なんとなく健康によさそうだから、という理由ではなく、どのような効果を期待しているのか、しっかりした目的を持つことが必要です。そのためにも配合されている栄養分について把握することが大切です。

以下の表は、主原料ごとの栄養素と商品の対応を示したものです。各原料の単位質量あたりケール栄養素を超えている成分を太字としています。
主成分特徴/栄養素代表商品
ケール高い栄養価とバランスの良さ贅沢青汁
贅沢青汁(ステラ漢方)
食物繊維、葉酸、カルシウム、
ミネラル、鉄、ナイアシン、ビタミンB6
大麦若葉飲みやすい極の青汁
極の青汁
(サントリー)
食物繊維ビタミンC、ビタミンE、
カルシウム鉄分、葉酸
明日葉ポリフェノールの一種カルコンが含まれるふるさと青汁
ふるさと青汁(マイケア)
ビタミンB1・B2ナイアシン
βカロテン食物繊維、カルコン
桑の葉飲みやすいお茶村
神仙桑抹茶
ゴールド(お茶村)
ビタミンB1食物繊維GABA
ビタミンE、カルシウム、鉄分、カリウム、DNJ
ゴーヤスタミナや元気うまかぁ里の野菜
うまかぁ〜里の野菜
(イング)
ビタミンC、リノレン酸、カリウム、
カルシウム、鉄分、葉酸
モロヘイヤ高い栄養価とバランスの良さ粉末青汁
粉末青汁
(サンスター)
食物繊維カロテンビタミンE葉酸
パントテン酸

比較ランキングで比べる栄養素は、特に強調されたものが多いので、実際に比較されていない栄養素があなたに必要な場合もあります。そのために、比較ランキングで取り上げる成分については、それ以外に含まれている成分についても調べることが必要です。体質はそれぞれ個人差がありますので、足りない栄養分もその人の食生活によってことなります。そのために、比較されていない栄養分についてしっかり知ることが重要になります。青汁は食物繊維やビタミンなどの栄養分はメインとなりますが、それ以外にもカルシウムなどが配合されたものもあります。

青汁の価格は栄養価との兼ね合いで判断


青汁は健康のために家族で飲むこともあります。子供や高齢者など、年齢の幅も広く一緒に飲む場合は、青汁の効果にも注意をして選ぶことが必要です。そして経済的に続けるためにも値段は安いほうがいいのですが、価格はあくまでも目安で比較をすることが必要です。値段の高いものがよいという訳ではなく、値段が安い商品でも自分に必要な栄養価を含んだ商品がありますので、比較ランキングで価格を比べるよりも、その商品の栄養価について調べることが重要です。

商品には定期購入をすることで、割引価格になるものがありますし、それぞれに特徴のある特典があります。青汁の販売店ごとにサービス内容は異なりますので、自分が満足できる内容で購入をすることが好ましいです。始めて飲む場合には体験で購入できるものから始めることも効果的です。比較ランキングを参考にして、少しでも値段が安く、自分に必要な効果のある青汁を選ぶことが大切になります。購入する数が多い場合には特に価格は気になりますよね。

原材料の種類ではなく栄養価の種類を比較する


青汁にはケールや大麦若葉、明日葉などを原料にしたものがあります。原材料の比較をするランキングがありますが、使われている材料ではなく、栄養分について知ることが大切です。ケールにはビタミンAやカルシウムがとても豊富に含まれています。そして大麦若葉には酵素の効果がとても高いために、老化防止に効果があります。明日葉はカロチンやカリウムといった成分が豊富です。このように材料によって成分も異なりますので、栄養分について比較すると自分にぴったりの青汁が見つかるでしょう。

どの商品にも効果はありますが自分にどのような栄養分が必要なのか、食生活を考えながら選ぶことが必要です。青汁の商品は種類が豊富にありますので、それぞれの特徴を知ることと、そして効果の違いについて比較することが必要です。比較ランキングではつい見落としがちになるのが材料の成分です。使われている原料の割合よりも、その成分についてよく調べると効果的に飲むことができます。

青汁の製法ごとの特徴を知る


青汁は商品ごとにより作り方が異なります。冷凍、フリーズドライ、粉末タイプなど、その製法によって効果にも違いがありますので、その特徴を知ることが重要です。

冷凍青汁
材料を急速に冷凍していますので、鮮度がとてもよい点がメリットです。しかし始めて飲む方には青汁の独特な臭みがあるために、飲みにくいと感じることもあります。

フリーズドライタイプ
携帯ができるメリットもあり簡単に水などをあわせて青汁を作ることができる点がメリットです。しかし食物繊維の食感が強調されてしまうものがありますので、飲みやすさに好みがあります。

どの製法でも青汁の成分がそのまま残るように工夫がされてますが、飲みやすさや味、全体的な栄養バランスなどに違いがあります。

飲料は少なく栄養価は高く


青汁を毎日飲んでいる方はたくさんいますが、1回分の分量がとても多い商品もあります。比較ランキングではあまり取り上げられない点ですが、毎日飲むためには飲む量が少なく栄養価の高いものがよいですね。そのためにはそれぞれの商品の栄養価や分量について調べることも必要です。一日に必要な野菜の量はとても多いのですが、サプリメントになるとその栄養価が凝縮されるために、食事でとることよりも手軽にバランスをとることができます。

しかし粒タイプの青汁や粉末タイプなど、1回の分量が異なると継続して飲んだ場合、効果に違いがでることになりますので、健康のためにも効率よく飲めるものがいいですね。青汁の1袋分がどれほどの野菜の栄養価にあたるのか、粒タイプの場合は一度に何粒飲まないといけないのか、よく調べるとそれぞれの商品に違いがあることが分かります。継続するためにも簡単に飲めるバランスの取れた青汁がお勧めです。ビタミンやミネラルは特に配合量にも違いがありますのでチェックするとよいでしょう。

えがおの青汁


青汁の中でも人気のある商品にえがおの青汁があります。使用している原料の大麦若葉は化学薬品を使用した農薬を使っていないことが特徴です。安心して毎日飲めることがメリットですが、粉末タイプのため、飲むときに水で合わせる手間があります。ビタミン、ミネラル、そして老化防止になるポリフェノールが配合されていますので、美容効果にも期待ができる青汁です。公式のサイトから購入をすることで、送料無料やオリジナルシェイカープレゼントなどの特典もあります。

青汁の比較ランキングでも人気のある商品ですが、大麦若葉の効果を目的をした方にはお勧めです。青汁はケールや明日葉など材料によって栄養価も異なることが特徴です。えがおの青汁に使われている大麦若葉は酵素を多く含原料ですから、子供が飲むよりは肌の老化防止など美容効果を目的とした女性に向いている商品といえます。定期購入では3ヶ月ごとに3箱の購入をすることで、通常価格よりも18%割引になりますので、まとめて買いたい方にもお勧めです。

あしたば青汁


明日葉を原料とした青汁にあしたば青汁があります。初回限定のモニターキャンペーンでは送料無料でとても格安であしたば青汁を試すことができますので、初めて青汁を飲む方にはお勧めです。オリゴ糖を配合しているために胃腸環境を整える効果がありますので、便秘解消にも期待できる青汁です。不規則な生活習慣をおくる方や、野菜不足の方など、体のバランスをとるためにも効果のある青汁です。明日葉には体内で悪玉菌を抑えて善玉菌を増やす作用があるために、脂肪燃焼など代謝を活発にする働きがあるため、ダイエットにも効果があります。

しかし飲んですぐに効果があるものではないために、長期間飲むことが必要になります。初めての方は値段が安く購入できる点がメリットなので、価格を重視する方にはまずあしたば青汁を試すといいでしょう。粉末タイプになっているため、水で溶かして飲む手間がありますが、牛乳を使って合わせることなど、アレンジができる点はよいですね。

青汁を選ぶ5つのポイント まとめ


比較ランキングを見ると、青汁にはたくさんの種類があるので、何を基準にランクがつけられているのかよく調べることが必要です。自分にあった商品を選ぶためには、はっきりとした目的に適したものがよいでしょう。青汁は栄養バランスをとるためにはとても効果的で、特に不足しがちな野菜の栄養分をとるために効果があります。健康によい青汁ですが病気を治すものではなく、あくまでも体調を整えるために予防を行う目的で飲む健康食品です。

継続して飲むことで効果がありますので、色々な商品を繰り返し試してしまうことは時間の無駄にもなってしまいます。選ぶ基準は値段や味などこだわりたい点が色々ありますが、本来の青汁の意味は健康維持のために飲むものです。さらにダイエットや美容に関心がある方は、成分にもこだわって選ぶとよいでしょう。お試し製品がある商品などは初めて試す方にもとてもよいチャンスとなります。

経済的に飲み続けるためにも、特典があるものや定期購入などそれぞれの商品の特徴を知るためにも、比較ランキングで商品の種類を知ることは参考になりますね。


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+