薄く白く!デリケートゾーンの黒ずみを効果的に消すコツをエステ員が紹介

[公開日]2017/04/28

黒ずみケア
デリケートゾーンの黒ずみを消したい方は、自分にあった方法で根気強くケアをする必要があります。

そこで重要なのが黒ずみを消す方法です。

自分に合わないケアはどうしても長続きしません。

そこで、今回は「自宅アイテム、専用アイテム、皮膚科の治療」に分けて解消方法をまとめました。あなたにぴったりの解消方法で、頑固な黒ずみを徹底ケアしましょう!

→各項目クリックで該当箇所へ(ページ下部)

《ガイド:川上麻里佳》
エステティシャンを経て、美容ダイエットの企画編集を担当。調査した黒ずみ解消方法は数十通り。


デリケートゾーンの黒ずみの原因!色素沈着をやっつけろ!


デリケートゾーンの黒ずみを消す前に、簡単に原因について解説をしておきます。

原因を知ることで、より効率的にケアすることができるので、ご参照ください。

デリケートゾーンが黒ずむ原因は色素沈着

デリケートゾーンが黒ずむ主な原因は、メラニン活性による色素沈着です。

顔のシミの原因が「紫外線の刺激」であるのと同じように、デリケートゾーンもまた、刺激を受けるとメラニン色素が過剰に生み出されます。

このメラニンがうまく排泄できず肌に蓄積してしまうと、目で見てわかるほどの色素沈着になるのです。

顔の場合は紫外線が刺激となりますが、デリケートゾーンの場合は日常の行動が刺激になっています。

肌が刺激を感じ、メラニンを生み出す時
・パンツの締め付け
・ズボンの擦れ
・自転車のサドル
・ゴシゴシ洗い
・ティッシュの摩擦など

日常生活には様々な"刺激"が潜んでおり、誰でもデリケートゾーンが黒ずむ可能性があるのです。

そこで、色素沈着を薄くしていくケアが重要になります。

しかし、黒ずみケアには様々な方法があるので、パート別にご紹介していきますね。

<デリケートゾーンの黒ずみを消す方法>
自宅にあるもので消す方法
効果: 費用:★★★★★
専用クリームで消す方法
効果:★★★★ 費用:★★★
皮膚科で消す方法
効果:★★★★★ 費用:
各項目クリックでページ下部へ

自宅にあるもので黒ずみを消す方法


上記で解説した「色素沈着」のメカニズを知っておくことで、様々なアイテムが黒ずみケアとして有用に働きます。

ヨーグルトのホエイが大活躍

ヨーグルトに含まれるホエイには「ビタミンB群・ビタミンA」が豊富に含まれています。

また、天然ピーリング成分の「フルーツ酸」も含んでおり、ある程度の美白効果が期待できるのです。

絶大な効果はありませんが、手軽に、肌に優しく黒ずみをケアしたい方へおすすめの方法です。

◇ヨーグルトパックの方法
ヨーグルトパック デリケートゾーン

①ヨーグルトをティッシュに染み込ませる
②ティッシュをデリケートゾーンに乗せて5分程度パック
③優しく洗い流す

はちみつのビタミンCが黒ずみをケア

はちみつには、ビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCには、美白効果が期待できるので、黒ずみのセルフケアとしてはおすすめの方法です。

ポイントは、純正のはちみつを使用することです。加糖などの加工がされているはちみつは、黒ずみケアとして不向きなので覚えておきましょう。

◇はちみつパックの方法
デリケートゾーン はちみつ

①コットンにはちみつを塗布
②コットンをデリケートゾーンに乗せて5分程度パック
③優しく洗い流す

黒ずみケアに「不向き」な裏技もチェック

上記で紹介した方法以外にも、様々な裏技情報が出回っていますが、何でも信じないように気をつけましょう。

ここでは、黒ずみケアに不向きな自宅ケア方法もご紹介しておきますね。

重曹
重曹には皮膚の表面を削り取る作用があります。かかとなどに使用する分には良いのですが、デリケートゾーンには刺激が強すぎます。

ミョウバン
ミョウバンに美白効果はなく、できるのは消臭です。

クエン酸
クエン酸は鍋の黒ずみを落とすほどの強い酸性です。デリケートゾーンに使用するのは危険すぎます。絶対に止めましょう。

ニベアやオロナインにも美白効果はないのでご注意ください。自宅にあるものでケアするなら「ヨーグルト」か「はちみつ」がおすすめですよ。


しかし、お金をかけないケアは、効果もそれなりです。

黒ずみを完全に消すことは難しく、薄くするのにも時間がかかります。ですので、短期間でのケアを望む方に不向きです。

少しお金をかけてでも、短期間で効果的にケアしたい方には「デリケートゾーン専用のクリーム」がおすすめです。

簡単で効果的!専用クリームで黒ずみを消す方法


ここからは、セルフケアで最も効果を実感しやすい「専用クリーム」について、ご紹介していきます。

 効果のないクリーム
・保湿用ボディークリーム
・スキンケア用の保湿クリーム

保湿メインのクリームや、スキンケア用のクリームでは美白ケアはできません。必ず黒ずみ専用のクリームを使用しましょう。

効果的なデリケートゾーンの黒ずみ専用クリームの見分け方

黒ずみクリーム比較ランキング
デリケートゾーン専用の黒ずみクリームの中には、美白成分が配合されていない、意味なしクリームも「黒ずみ専用」として販売されているのでご注意ください。

デリケートゾーンの黒ずみの大きな原因は色素沈着です。

色素沈着を白くするには、「美白成分」が必ず配合されている必要があります。

にも関わらず、美白成分を配合せずに「ホワイトクリーム」や「白いクリーム」などの、誤魔化し言葉を容器に記載して、あたかも黒ずみをケアできるクリームに見せかけている商品が多々あるのです。

そこで、選ぶべき候補は「医薬部外品」の専用クリームです。

医薬部外品とは、国から一定の効果が認められた成分を配合しているものを指します。
「成分とかよくわからない…」という方も、医薬部外品を選べば安心です。


デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームの効果

そこで今回、医薬部外品のイビサクリームを3ヶ月間使用しました。

デリケートゾーンの写真は恥ずかしいので、脇の写真をご紹介いたします。
脇 黒ずみ クリーム
右が専用クリームでのケア後の脇なのですが、ケアしていない脇と比べると綺麗なのが分かります。

ちなみに、美白効果を感じるまでの期間は、平均1ヶ月ほどです。※個人差はあります。

私が試したところ、黒ずみが薄くなるだけでなく、肌が滑らかになり、毛穴も目立ちにくくなった気がします。


黒ずみクリームを使用している女性にアンケート
私だけの意見だと信憑性に欠けますので、実際に黒ずみ専用クリームを使用している150名の方にアンケートを行いました。

◇調査内容
調査期間:1/31~2/5
対象者:黒ずみケアクリームを使用している150名の女性
黒ずみ 彼氏 アンケート
実際に使用している約90%の方が、効果を実感していると回答しています。この結果からも、専用クリームが効果的なのが分かりますね。

◇専用黒ずみクリームについて詳しく知りたい方は「エステ員がデリケートゾーン用の黒ずみクリーム5個購入して比較実験してみた!」をご覧ください。

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームの相場

安いクリームは1,000円台からあるのですが、やはり効果的な成分が配合されているものは値が張ります。

デリケートゾーンの黒ずみと相性の良い美白成分は、トラネキサム酸です。トラネキサム酸配合のクリームの相場は約5,000円です。

しかし、"値段が高いから良いもの"ということではありません。5,000円でも、効果的な成分が配合されていれば損ではないという意味で捉えましょう。

値段が高くても、美白成分が配合されていないクリームは効果がないのでご注意くださいね。

デリケートゾーンの黒ずみクリームの購入場所

今回ドラッグストア5店舗を調査したところ、デリケートゾーン専用の黒ずみクリームは販売されていませんでした。

色々調べた結果、販売が盛んなのは通販でしょう。

日頃、通販を利用しない方も、黒ずみクリームは商品数が豊富な通販で探すことをおすすめします。

通販だと自宅に届くので、レジで恥ずかしい思いをすることもなく安心ですよ。

5種類の黒ずみクリームを通販で購入して使ってみた

専用の石鹸は効果なし!
黒ずみクリームと比較されることが多いのが、黒ずみ専用の石鹸です。

有名な石鹸で、ジャウムソープがありますが、効果はニオイ消しだということを知っておきましょう。

いくら美白成分が配合されていても、石鹸は洗い流すため美白成分は肌に残らないので効果的とは言い難いのです。黒ずみを薄くするケアがしたいのであれば、クリームをおすすめします。

即効性はピカイチ!皮膚科で黒ずみを消す方法


続いては皮膚科で黒ずみを消す治療についての解説です。

皮膚科での治療は、即効性がありますが、セルフケアとは比べ物にならない莫大な費用が必要になります。

まずは、クリームでのセルフケアに挑戦してみて、それでも効果が感じられなかった時に、皮膚科を検討するのが賢い方法でしょう。

一般皮膚科と美容皮膚科の違い

病院
一般皮膚科
保険が適用される疾患治療がメイン
美容皮膚科
病気ではなく美容目的の治療がメイン
どちらの皮膚科も、デリケートゾーンの黒ずみを治療してくれますが、重度の黒ずみの場合は美容皮膚科をおすすめします。


皮膚科での黒ずみ治療の方法は大きく2つ

デリケートゾーンの黒ずみ治療は、以下2つの方法があります。

①塗り薬
②レーザー

それぞれ詳しく見ていきましょう。

塗り薬:「ハイドロキノン」と「トレチノイン」が主流

期間:3ヶ月〜1年
費用:ハイドロキノン1,500円〜 トレチノイン:2,000円〜

塗り薬の効果
ハイドロキノン:メラニン色素を還元
トレチノイン:メラニン色素の排泄を促す

成分の特徴を利用して、黒ずみを治療する方法です。

上記の費用は1回あたりの皮膚科の費用です。美容皮膚科の場合は約倍の費用が必要なので覚えておきましょう。

また、1度で白くなることはなく、継続した治療が必要です。2週間ずつの処方が一般的なので、定期的に薬をもらいに来院する必要があります。

費用も通院のたびにかかってしまいますし、別途でカウンセリング代も必要です。費用が不安な方は、事前に来院する皮膚科にいくら必要か問い合わせておきましょう。

レーザー治療ならレーザートーニングがおすすめ

期間:5〜10回程度
費用:1回8,000円〜

レーザー治療の効果
レーザートーニングは、肌のシミ取りのように、メラニン色素を破壊しながら、黒ずみを薄くしていく治療方法です。

メラニン色素がある部分にのみ反応するため、肌への刺激が少なく、敏感肌の方でも治療を受けることができます。

1回の治療費は約1万円で、2週間置きに5〜10回行う必要があります。そのため、平均的に約10万円程度の費用を用意しておくことが必要です。

※カウンセリング代は別途必要です。

カーボンピーリングは毛穴の汚れ取り
レーザー治療の種類の1つ、「カーボンピーリング」も黒ずみケアとして有名です。

しかし、カーボンピーリングは、毛穴の汚れ取り毛穴の開きを治療するのに向いている方法です。

薬剤によっては(乳酸など)は黒ずみにも有用ですが、レーザー治療と比較すると効果は低いと思っておきましょう。

男性もデリケートゾーンに「白さ」を求めている!


ここまで、様々な黒ずみ解消方法をご紹介してきましたが、そもそも黒ずみはケアしておいた方が良いのでしょうか。

以前おこなった「18歳〜39歳の男性に聞いた!女性のデリケートゾーンについて」のアンケート結果では、約70%以上の方が「黒ずみを気にする」と回答しています。

黒ずみ彼氏
更に、黒ずみについてのイメージを聞いたところ、多くの男性がマイナスイメージを抱いていました。

黒ずみ 彼氏 アンケート
大好きな彼に「汚れてる」や「遊んでいたのかな?」と、思われるのはショックですよね…

しかし、黒ずみは自宅で簡単にケアすることができます。もしもの事態に備えて、日頃から本番に備えておくのが大切です。

改善より大切!デリケートゾーンの黒ずみ予防方法


ここからは黒ずみを作らない方法をご紹介していきます。

できてしまった黒ずみは、クリームなどでのケアが必要不可欠ですが、最も大切なのは「黒ずみを作らないこと」です。

黒ずみがなければケアする必要もないので、黒ずみを予防する生活を心がけましょう。

冒頭で黒ずみができる原因には

・パンツの締め付け
・ズボンの擦れ
・自転車のサドル
・ゴシゴシ洗い
・ティッシュの摩擦など

があるとご紹介しましたが、それぞれ効果的な予防策をご紹介していきますね。

パンツの締め付けはシルクで回避!

黒ずみケア
黒ずみを作らないためには①肌への刺激(圧迫)が少ない②通気性が良いパンツを選ぶのが大切です。

肌に優しい素材のシルクコットン素材をおすすめします。

また、サイズの合わなくなったパンツは肌を圧迫するので、無理して履いたりせずに、体型に合わせたパンツを新調しましょう。

ティーバックは黒ずみ予防にならない!
布の面積が少なく、黒ずみ予防として活躍しそうなティーバックですが、黒ずみ予防としてはおすすめできません。

なぜなら、ティーバックが常に食い込んでしまうことが皮膚を圧迫してしまうからです。

愛用者の方は、ティーバックを「ここぞ!」という日にとっておいて、普段は普通のパンツを履きましょう。

ズボンの摩擦も黒ずみに!スカートを取り入れよう!

黒ずみ対策
サイズの小さいズボンや、デニムなどの硬い生地のズボンは肌への刺激です。座っている時でも、股関節がキュッとなるほど生地の硬いズボンを履く方は更に注意しましょう。

対策としては、生地の柔らかいズボンを履く日を増やしたり、週に2〜3回スカートを履くことです。

人の1日の平均歩数は7,000歩と言われています。約7,000回の摩擦が股に加わっていると考えると黒ずむのも納得…

一生懸命ケアを頑張っても、着ている服が黒ずみを悪化させてしまっては、元も子もありません。

自転車に乗る時はサドルにしっかり腰掛けて!

黒ずみ対策
自転車を愛用している方は、漕ぎ方に注意をしましょう。

サドルの前方に体重をかけがちな方は、自転車を漕ぐ時に股が擦れており、黒ずみを悪化させている可能性があります。

座る時のポイントは、サドルの面積が大きい部分にしっかり腰掛けることです。

面積が大きい部分にはクッションが入っているので刺激を軽減してくれます。

ゴシゴシ洗いは絶対だめ!1分泡パックがおすすめ

黒ずみケア
意外とやりがちなのがゴシゴシ洗いですが、これも要注意です。

黒ずみは決して汚れではないので、ゴシゴシ洗っても薄くなることはありません。

更には、洗う時の刺激が黒ずみを悪化させてしまうのです。

正しい洗い方は、たっぷりの泡で1分程度パックする方法です。

「それで汚れが取れるの?」と、不安に感じる方もいるかもしれませんが、石鹸は泡の力で汚れを落とすものと知っておきましょう。

ゴシゴシ洗うよりも、泡をしっかり乗せてあげることの方が大切なのです。

ティッシュの摩擦に要注意!ウォシュレットを活用しよう

黒ずみ対策
トイレの度に、ゴシゴシ拭いてしまう方も気をつける必要があります。

汚れが気になる方は、ウォシュレットを利用しましょう。

用を足したあとは、ティッシュを優しく押しあてるイメージで拭くのがポイントです。

体の中から!黒ずみを薄くする食事


最後は体の中から黒ずみを解消する方法をご紹介していきます。

しかし、毎日の食事を改善するのは難しいと思いますし、栄養素を聞いてもどんなメニューにすれば良いか迷いますよね。

そこで、今回は簡単に作れるレシピとともに解説してきます。

いつも私が作っている時短メニューなので、料理が苦手な方も、是非実践してみてください。

黒ずみ解消におすすめの栄養素
・タンパク質
→新しい肌を作る材料になる栄養素
・ビタミン
→メラニン色素の還元をサポートする栄養素

朝ごはんは食パン+卵+アボカド

黒ずみ 朝ごはん
栄養の詳細
食パン:糖質、ビタミンなど
卵:ビタミン、タンパク質など
アボカド:ビタミン、ミネラル、食物繊維など
トマト:リコピン名など

◇作り方
①パンにくぼみをつけ卵を割りいれる
②オーブンで焦げ目がつくまで焼く
③アボカドは半分に切ってスプーンで繰り出す
④トマトと一緒に盛り付けてマヨネーズをかける

約5分程度で完成します。忙しい朝でも、アボカドを摂取することで、ビタミン豊富な黒ずみ対策メニューになります。

昼ごはんはチキン+サラダ+炊き込み御飯

黒ずみ食事
栄養の詳細
炊き込み御飯:炭水化物、ビタミンなど
サラダチキン:ビタミン、タンパク質など
大根サラダ:ビタミン、食物繊維、カリウムなど

◇作り方
①炊飯器に栗と炊き込み御飯の元を入れて米を炊く
②市販のサラダチキンをカットする
③大根サラダの上に乗せる

市販品を上手く組み合わせたメニューです。忙しい昼時は無理をして作らず、パパッと用意すると苦になりません。余裕があればお味噌汁などの大豆製品を取り入れると更に◎な食事です。

夕食のおかずはネギの牛肉巻き+菜の花のお浸し


栄養の詳細
牛肉:タンパク質、ビタミンなど
ネギ:ビタミン、βカロチンなど
菜の花:βカロチン、ビタミン、鉄、カルシウムなど

◇作り方
<ネギの牛肉巻き>
①ネギを10cm間隔で切る
②切ったネギを牛肉で巻く
③火が通るまで焼く

<菜の花のお浸し>
①菜の花を10cm間隔で切る
②切った菜の花を沸騰したお湯で2分程度茹でる
③茹でた菜の花をザルにあげ水気を取る
③水気を取った菜の花に醤油1、白だし1で味をつける
④鰹節をお好みの量かける

食事に悩んだら、是非参考にしてみてください。

黒ずみケアには、ビタミンやタンパク質が重要ですが、やはり一番大切なのはバランスの取れた食事です。

お肉ばかり食べている方は、お肉を控えて野菜をプラスしたり、炭水化物が多い方は、おかずを増やして多くの栄養を取るように心がけましょう。

予防+対策で徹底的に黒ずみを消そう!


いかがだったでしょうか。

黒ずみは頑固なので、根気強いケアが重要ですが、その中でも効果的な方法を選ぶことでスムーズに薄くすることができます。

今回、様々な方法を調査した中で、最もおすすめなのは「専用のクリーム」を使用する方法です。

より詳しい情報が知りたい方は「エステ員がデリケートゾーン用の黒ずみクリーム5個購入して比較実験してみた!」を参考にご覧ください。

日々の努力でデリケートゾーンの黒ずみは改善できるので、是非頑張ってみてくださいね。

◇参考文献
吉木伸子『スキンケア美容医学辞典』
吉木伸子・岡部美代治・小野真規子『正しいスキンケア事典』
朝田康夫『美容の医学 美容皮膚科学辞典』


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+