150人に調査|脇の黒ずみクリーム「やっぱりネットの口コミは嘘」だった!

[公開日]2017/05/25[更新日]2018/12/10

脇黒ずみアンケート
ネット上には嘘のレビューやサクラの口コミが沢山あります。

そこで、本当に効果的な脇の黒ずみケアクリームはどれなのかを知るべく、150人にアンケート調査をおこないました。

調査した結果、人気No.1はワキレでしたが人気とは相反して「美白効果は感じなかった」と言う人が非常に多い結果でした…

驚きの事実が続々出てきたので、「間違った黒ずみクリーム」を選ぶ前にご覧いただければ幸いです。



【調査方法・調査概要】
・調査方法 :WEBアンケート
・調査エリア :全国
・調査対象者 :黒ずみクリームを使用している20歳以上の女性150名
・年齢分布:20代(61人) 30代(70人) 40代(19人)
・有効回答数 :150
・調査期間 :2017年5月16日~5月23日

《管理人:安藤美和子》
サプリメントアドバイザー、化粧品検定一級、薬事法管理者の有資格者チームの管理人。化粧品開発・プロモーションの実務経験を活かし、雑誌・WEBメディアの執筆/ディレクションを行う。


脇の黒ずみクリームは半数以上が効果を実感していない?!


具体的な口コミ調査内容の前に、そもそも黒ずみクリームは効果があるか聞いてみました。

脇黒ずみ口コミ
半数以上の方が「効果なし」と回答?!
驚きなことに、半数以上の方は「不満」と回答しています。

更に、具体的な解答例をチェックしてみます。

価格の高さと、美白効果の低さに不満!
元々、美白効果を期待して購入したのですが、なかなか実感はない状態です。

定量をつかっていると1か月もたないのでコストパフォーマンスが悪く感じます。

ちょっとお高いのでそんなに大量に使えない事と、白くなってるようななってないような、いまいち美白効果を実感できないような…?
実際の口コミをみてみると、価格と効果に対するものがほとんどでした。

価格と効果が比例していないことに対しての不満が目立ちます。。

以下のアンケート結果から不満の理由が見えてくるのですが、結論をいうと「正しく選ばずに、人気だけで選ぶと後悔」してしまうようです。

確かに…高いのに効果を感じられないのは不満だよ。

そうね。だから正しく選ぶことが大切なのよ。これから、更に詳しく口コミを分析していくわね。


口コミで人気の脇黒ずみクリームはどれ?


そんな中、人気を集めている脇用の黒ずみクリームが以下です。

脇黒ずみ口コミ
ワキレとDHCのボディ・ピンクが圧倒的人気!
ワキレとボディ・ピンクが半数以上の票を集めました。

ドラッグストアで気軽に購入できるのが人気の理由でしょう。

3,4,5位は通販限定の黒ずみケアクリーム
1,2位以下は通販系の黒ずみケアクリームが多く支持されていました。

ドラッグストアでは、販売されている黒ずみケアクリームの種類が少ないですが、通販だと豊富な商品から選べることが支持されている理由でしょう。

(実際ドラッグストアに調査にいったところ、1店舗が取り扱っているには1〜2種類でした。)

また、「黒ずみケアクリーム」を誰かに見られる場所で購入するのは恥ずかしく感じますが、通販ならコッソリ購入できるのも人気に繋がっていると推測できます。

人気かもしれないけど…皆不満って言ってるから変な感じ…
確かにそうね。ここからは、効果を実感するまでの期間や具体的な効果について追求していくわね。


黒ずみに対しての効果を実感するまでにどのくらいの期間が必要?


脇黒ずみ口コミ
どのクリームも3〜6ヶ月で効果を実感
早い方は一週間頃から効果を感じていますが、平均すると3〜6ヶ月で「効果があった」と回答しています。

そんなに期間が必要なの?!と感じるかもしれませんが、黒ずみをケアするには妥当な期間でしょう。

なぜなら、健康な肌は平均28日で生まれ変わりのサイクルをおこなっています。つまり、ケアした肌が表面に現れるのは早くとも約28日後です。

スキンケアには必ず「肌のターンオーバー」が関係するため「3〜6ヶ月」という期間は決して遅い数字ではないのです。

「効果を実感していない」の票に注意
ここで一点注意すべきなのが「効果を実感していない」の項目です。

今回150人におこなったアンケートでもっとも使用者が多かった「ワキレ」ですが、「効果を実感していない」方が際立つ回答結果でした。

どんなに人気のクリームでも効果を実感できなければ購入する意味がありません…

実際に、TOP3の黒ずみクリームで効果の実感に差があるのか、更に詳しく見ていきましょう。

クリームごとにそんな大きな違いがあるの?

それぞれ配合成分が違うからね。広告につられて購入している方は失敗しやすいわ。要注意よ。


脇用の黒ずみクリームを使って、実際に感じた肌の変化は?


さぁ、ここからは「実際に感じた効果」について分析していきましょう。

脇黒ずみ口コミ
実際に上位3アイテムを詳しく見てみると…

1位のワキレはやはり効果を実感していない方が多いのが気になります。一方、3位のピューレパールは何かしらの効果を感じている方が多い傾向ですね。

各アイテムごとの特徴を読み解いていきましょう。

ワキレは「効果を実感していない」が多数!
脇黒ずみアンケート
何度も説明しているように、ワキレは「効果を実感していない」に多くの票が集まっています。

更に、今回アンケートでご回答いただいた「良い口コミ」「悪い口コミ」と合わせて見ていくと、特徴が見えてきます。

ワキレの悪い口コミ
・お風呂上りに塗っているが脇の黒ずみが一向にきれいにならない。
・黒ずみが薄くなったのか全然実感できない。
・黒ずみケアということですが、あまり成果は感じられません。

ワキレの良い口コミ
・他の商品に比べて手ごろな値段で、ドラッグストアなどでも買える点が気に入ってます。
・値段が安いけれども口コミがよいので信じて使用しています。
・値段も手頃なのでこれからも続けていこうと思います。
・肌にすぐ馴染むので服にべたつかない。

ワキレの口コミ分析結果
やはり、効果に対する満足度が低い傾向です。

一方、良い口コミでは「価格が安い」や「手軽に購入できる」といった内容が多く挙げられています。

確かに、ワキレはドラッグストアで気軽に購入できるため使用者が多く、人気ではありますが、効果的な黒ずみクリームとは呼べない結果です。

薬用ボディー・ピンクは効果の感じ方にバラツキが…
脇黒ずみクリーム口コミ
ボディ・ピンクは効果の感じ方にバラツキがあります。

美白効果、保湿効果、整肌効果…感じ方は様々ですが、何かしらの効果を実感できるでしょう。

しかし、脇の黒ずみをどうにかしたい!と考えている方にとって、このバラツキは心細い結果ですね。

ボディーピンクの悪い口コミ
・4000円ほどするのですが、もう少しお安いとリピートしやすいと思いました。
・高い為に、量を節約しながら使用しています。
・お風呂上がりに毎日使いたいのですが、少量の割には価格が高い。

ボディーピンクの良い口コミ
・実際に黒ずみが薄くなり、肌もすべすべになりました。
・潤うので、乾燥による擦れの黒ずみがケアできて満足している。
・少しあれていたけど保湿するようになり、あれが少なくなった
・少しずつ黒ずみが綺麗になってきた気がしています。

ボディピンクの口コミ分析結果
口コミでは価格に対する不満が多く挙げられました。

確かに、50gで4,104円(税込)は他の黒ずみクリームと比較して割高です。

そのため、「量を節約しながらの使用」が目立ちました。

適量使用している方は効果を実感しており、少量しか使用していない方は効果を実感しにくいのでしょう。

ピューレパールは「美白効果」が高く不満が少ない傾向
脇黒ずみクリーム口コミ 1,2位と比較して、使用者は少ないピューレパールですが、「美白効果」に多くの票が集まりました。

更に「不満を感じている人が少ない」というのも評価できるポイントです。

ピューレパールの悪い口コミ
・保湿効果はあまり感じなかったので、しっとりする成分を増えると嬉しい。
・容器のふたの開け閉めがしづらい

ピューレパールの良い口コミ
・3カ月使用してみて、少しずつですが確かに黒ずみが目立たなくなってきています。
・おふろ上がりなどに乾燥してかゆみが出たときに塗るとかさつきが収まる。
・カミソリでできたと思われる色素沈着が気にならなくなりました。
・クリームを使い始めて1週間後から、明らかに明るくなった。

ピューレパールの口コミ分析
美白効果への悪い口コミはほとんどありませんでした。

保湿力の物足りなさを感じる方は一定数いましたが、メインの美白ケアが充分期待できるため不満に感じている方が少ないのでしょう。

更に、60gで4,750円(税抜)とボディ・ピンクよりも価格が高いのがデメリットですが、効果を充分感じられるため価格への不満も目立ちませんでした。

同じ黒ずみケアクリームでも全然違うんだね!びっくり〜〜
そうよ。手軽さや価格を重視せずに「効果的か?」を軸に考えると自分にぴったりのクリームに出会えるわよ。
ピューレパールの公式サイトへ
※初回限定2,750円、2回目以降4,750円、4回目以降4,275円で購入できます。(※通常価格7,600円)

人気TOP3の脇黒ずみクリームの成分比較!効果的なのはどれか?


黒ずみクリーム 口コミ

1位〜3位のクリームの結果だけでも、ここまでの差が出ました。

この結果には、実は配合成分が大きく関与しています。

ランキングTOP3の成分解析結果
 
総合評価

できた黒ずみに働きかける有用クリーム

保湿力の高いケアクリーム

価格は安いが美白効果は期待できない
価格

2,750円/60g
45.3円/1g

3,800円/50g
76円/1g

1,200円/20g
60円/1g
美白成分

プラセンタ/グリチルリチン酸2K

ビタミンC誘導体/グリチルリチン酸2K

なし
保湿成分

ヒアルロン酸/コラーゲン/プラセンタなど

コラーゲン/ヒアルロン酸Naなど

ヒアルロン酸Na/シワバターなど
使用感

ジェル状でお風呂後もサラッと仕上がる

クリーム状だが伸びがよくベタつきも少ない

浸透が良く感じるが、メンソールの演出

※価格は税抜です。

「ワキレ」
ワキレ

ワキレは「化粧品」に分類されているクリームです。そのため、配合されているビタミンCも保湿を目的としており、黒ずみへのアプローチは期待できません。

また、使用感が良いという口コミも多くありましたが、全成分を見て見てみると「メンソール」の配合率が高く、スースーさせることで浸透していると感じさせていることがわかります。

メンソールは刺激が強い成分なので、脇などの黒ずみができやすい部位に使うのはおすすめできません。

今回のアンケートで「効果を実感していない」と回答した方が多かったのも納得の結果です。

「薬用ボディ・ピンク」
ボディピンク

美白成分に「ビタミンC誘導体」と「グリチルリチン酸2k」を配合している医薬部外品のクリームです。

しかし、全成分を見てみると保湿力に力を入れており、肌にうるおいを与えることで徐々に黒ずみを薄く導くことができる仕様なのが伺えました。

そのため、角質肥厚した脇や乾燥してくすんでいる脇に対して高い効果が期待できます。一方、色素沈着タイプには少々心細い成分配合です。

口コミでも効果の実感にバラつきがあったのはこのためでしょう。

「ピューレパール」
ピューレパール

ピューレパールは、「水溶性プラセンタ」と「グリチルリチン酸2k」を配合している医薬部外品のケアクリームです。

全成分をみると、美白成分と保湿成分のバランスが良く、今ある黒ずみケアに向いているクリームと判断できます。

価格が高いのが少々デメリットですが、それを上回る効果の高さから人気かつ満足度も高い結果だったのでしょう。

また、ジェル状でスーッと馴染む使用感なので、お風呂上がりの火照った体との相性もぴったりです。

■成分解析のまとめ
上記の比較結果から、今ある黒ずみにはピューレパールが有用と判断できます。

ワキレは黒ずみの予防としては有用ですが、今ある黒ずみのケアはほぼ不可能です。

ボディ・ピンクも有力クリームではありますが、本気のケアならピューレパールをおすすめします。

ピューレパール公式ページへ

脇が黒ずむ原因と効果的にケアするクリームの特徴


ここからは、そもそもどのようなケアクリームが有用と言えるのか踏み込んで解説をしていきますね。

黒ずみができる原因とクリームが働く仕組みを知ることで答えが見えてくるので、参考にご覧ください。

原因や仕組みを知っておくと、有用なクリーム選びに役立ちますよ。


では早速、脇が黒ずむ原因とクリームが働く仕組みを解説していきます。

脇が黒ずむ主な原因は「①メラニン色素の沈着」「②肌の乾燥」の2つです。

①メラニン色素が沈着する原因とケアできる仕組み

脇にメラニン色素が沈着する理由は主に「肌への刺激」です。

■脇が刺激を感じるとき
・間違った自己処理
・ゴシゴシ洗い
・衣服の摩擦など

これらの行動が脇を刺激し、メラニンを活性させることで肌に黒ずみを作ります。

メラニンが活性すると、どうして黒ずむの?

それは、メラノサイトが刺激から肌を守ろうと「メラニン色素」を沢山作り出すからよ。


脇への刺激でメラニン色素が過剰に発生
デリケートゾーン 黒ずみ 原因
肌は外部から刺激が加わると「肌を守れ〜!」と、メラノサイトに指令を出します。

そして、指令を受けたメラノサイトが肌を守るために作り出すのがメラニン色素です。

通常だと作り出されたメラニン色素は、垢として肌から剥がれ落ちますが、「肌サイクルが乱れる」「肌サイクルが間に合わないほどのメラニン色素が作られる」といった肌環境になると、肌にどんどん蓄積します。

排泄が滞るとメラニン色素が蓄積される
デリケートゾーン 黒ずみ 下人
蓄積が続くことでできるのが、脇の黒ずみです。

<黒ずみクリームが働くメカニズム>
メラニン色素の沈着をケアするために必要なのは「①蓄積されたメラニンに働きかける」「②肌を刺激から守り新たな黒ずみを作らない」の2つです。

脇ケアクリームは医薬部外品で、「美白効果」と「保湿効果」が期待できるものを使いましょう。

医薬部外品って何?

国に一定の効果が認められた成分を配合しているものよ。容器や箱に記載があるので確認しましょうね。


脇ケアクリームに配合された美白成分が、蓄積されたメラニン色素を薄くなるようにケアしてくれます。

■おすすめの美白成分
・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・トラネキサム酸など

また、脇ケアクリームに「抗炎症成分」が配合してあると更に有用です。

■おすすめの抗炎症成分
・グリチルリチン酸2Kなど

「肌は刺激を感じるとメラニン色素をどんどん作る」と解説しましたが、抗炎症成分が肌を整えることで肌が刺激と感じるのを抑制し、新たな黒ずみを防ぐことができます。

②脇が乾燥する原因とケアする仕組み

次に、乾燥が原因の黒ずみの解説です。

脇は汗をかきやすいため乾燥していることに気づきづらいですが、多くの方が乾燥しています。

■脇を乾燥させる原因
・脇汗の放置
・衣服の摩擦
・間違った自己処理など

メラニン色素が作られる原因と似ていますね。


肌は乾燥するとバリア機能が低下します。更に、バリア機能が低下した肌は外からの刺激から身を守るために角質をどんどん厚くさせます。

バリア機能が低下すると刺激に敏感になる
上記でも解説しましたが、肌は刺激を感じるとメラニンを沢山作ります。

乾燥してバリア機能が低下した肌は、些細な刺激にも敏感に反応しメラニン色素を大量に作り出すのです。

乾燥すると角質が肥厚する
肌は乾燥してバリア機能が低下すると、外の刺激から身を守るために角質を分厚くしはじめます。

本来剥がれ落ちるはずの角質が肌に残り続けると、ターンオーバーが乱れ、メラニン色素が排泄されにくい環境になります。

更に、角質肥厚した肌はゴワゴワとしており、透明感がありません。これが悪化してできるのが、くすみタイプの黒ずみです。

<クリームでケアするメカニズム>
脇の黒ずみを効果的にケアできるクリームに欠かせないのは、豊富な「保湿成分」の配合です。

この保湿成分が角質層をうるおし、肌を健やかな状態へと導きます。

■おすすめの保湿成分
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲンなど

更に、うるおいを取り戻すことで、くすみもケアされてキメが整った明るい肌になります。

肌が潤うことでメラニン色素を排泄するための「ターンオーバー」も促されます。保湿は欠かせませんね。

なるほど〜。美白成分だけじゃなくて保湿成分の配合も大切なんだね!


おすすめの脇黒ずみクリームに戻る(ページ上部へ)

黒ずみケアは恥ずかしくない!自己流ケアに要注意!


脇が黒ずむ原因や、ケアクリームが働く仕組みをご理解いただけましたか?

ここまでお付き合い頂いた方は、失敗しないクリームを選ぶことができるでしょう。

でも、脇の黒ずみって恥ずかしくて…クリーム買う時変な目で見られない?
恥ずかしいと感じることはありませんよ。多くの女性は「身だしなみ」としてケアをしています。むしろ女子力が高くて素敵ですよ。


脇の黒ずみケアはもはや女子の常識!

脇黒ずみ口コミ 黒ずみケアを始めた多くの方は「露出の多い服装をするから」や「温泉やプールに行くから」と、周りの視線を気にしてケアに取り組んでいます。

女性としての身だしなみを高める行動は素敵なことです。

自己流ケアに要注意!

黒ずみケアクリームを使用すれば肌に優しくお手入れすることができますが、自己流ケアは黒ずみを悪化させる可能性があるので気をつけましょう!

■意外と多い自己流ケア
1位 ゴシゴシ洗い
2位 専用石鹸で洗う

ゴシゴシ洗い
メラニン色素の沈着で起こる黒ずみは決して汚れではありません。ゴシゴシ洗っても薄くなることはないのです。更に、肌へ強い刺激を与えることでメラニン色素を増やす原因になります。

専用石鹸で洗う
脇の黒ずみケア用と書かれていても、メラニン色素に働きかける効果はないと思ってください。いくら石鹸に美白成分を配合しても、水で洗い流すため意味がないのです。

ケアしたいと思う気持ちは素晴らしいことですが、間違ったケアで台無しにしたらダメよ!


おすすめの脇黒ずみクリームに戻る(ページ上部へ)

口コミに騙されずに効果的な黒ずみクリームを見つけよう!


いかがだったでしょうか。

リアルな口コミを収集したことで、驚きの事実に沢山気がつくことができました。

それと同時に、知らずに効果のないクリームを選んでいる方が多い事実に胸が痛みました。

この記事を読んでくださった方々には、効果的なクリームを選んでいただければ幸いです。

おすすめの脇黒ずみクリームに戻る(ページ上部へ)

※美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです。

◆参考文献
吉木伸子『スキンケア美容医学辞典』
朝田 康夫『美容の医学 美容皮膚科学辞典』
鈴木 一成『化粧品成分用語事典2012』


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+