デリケートゾーンの黒ずみ解消クリーム!最短期間で効果を出す方法

[公開日]2016/11/14[更新日]2016/11/22

デリケートゾーン 黒ずみ
旅行・温泉・プール・海・デート

様々なタイミングで気になるデリケートゾーンの黒ずみ。

筆者は頑固な黒ずみのせいで様々な楽しみを逃してきました。友人との旅行も生理だから嘘をつき温泉には入らなかったり・・・・彼氏ができてもそのような関係になるのが怖く、断り続けて振られたりもしました。

黒ずみのせいでこのような思いをするようになったのは大人になってからです。子供の頃は気にしたことなどありませんでした。

そのためケア方法が分からず、ひたすら見られる環境を遠ざけることに徹していました。(誰かに相談できる内容でもないですしね。)

そんな筆者に、新たに彼氏ができました。

「今度は断って振られるわけにはいかない」

と、意気込みましたが、やはり不安でケア方法を調べ始めたのですが、最近の美容の進化に驚きました。

クリーム一つで綺麗になっている方々を目の当たりにして「私も変われるかも」と希望の光を感じたのを覚えています。

しかし、問題が一点。「ケアに即効性は期待できない」ということです。

その事実を知り急いで取り組み始めて数ヶ月。彼からの誘いも自信を持って挑むことができました。本当に勢いでケアに取り組んでよかったと思います。

この経験から、黒ずみに悩む方に一番伝えたいことは"即効性がない"という事実です。

つまり、何か予定が決まってからのケアでは遅いのです。黒ずみが気になるなぁと思った時点でケアを開始するのが一番賢い方法です。

黒ずみで何かを我慢する辛さがわかるからこそ、「遅かった」になる前に、この記事を参考にしていただけると嬉しいです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は摩擦!


デリケートゾーンの黒ずみの原因は摩擦による色素沈着(メラニン生成)です。

摩擦→肌を守ろうとメラニン色素が反応→摩擦→肌を守ろうとメラニン色素が反応・・・・
この繰り返しで色素が定着し黒ずみができます。

デリケートゾーンの角質層はまぶたより薄い
黒ずみケア
角質は外からの刺激を防ぐための部分です。この厚さは薄ければ薄いほど刺激に弱いということです。まぶたは敏感なイメージがあると思いますが、それ以上にデリケートゾーンの肌はデリケートなのです。

対策方法は3つ

日常生活を工夫する
刺激を受けにくい強い肌を作る
既にできた黒ずみをケアする

3つを同時に行うことが重要です。何か一つをサボると頑固な黒ずみは解消されることはありません。

また、肌の知識が少しある方なら分かるように、1日2日ケアして肌が変わることはありません。更に、顔のスキンケアは中高生から始めていても、黒ずみケアを気になり出す方は20代以降の方が多い印象です。

今までサボっていた分黒ずみが奥深くから定着しているため根気強いケアをする必要があります。

少しずつ結果を出していくための具体的な方法を紹介していきますね。

POINT1:日常生活の工夫


まずは、生活の中での改善点です。

摩擦が原因とお話ししてきましたが、「そんなことで黒ずみになるの!?」という普段やってしまっている事例と改善法を挙げていきますね。

少し意識するだけで摩擦を最大限に減らすことができます。そうすることで、黒ずみの解消をサポートできるので実践してみてください。

合っていない下着類の着用
黒ずみ ケア
サイズの合っていない下着、生地が固い下着は即買いなおすことをお勧めします。

サイズの合っていない下着は肌との摩擦率が上がります。合わせて、圧迫感からも黒ずみを誘発してしまうのでNGです。「ちょっと太ったかな?でも、まぁ入るしいいか。」と、していませんか?下着を脱いだ後、肌にくっきりラインがついている方は要注意です。

また、「下着なんて見えないし、安いのでいいわ。」という方も見直す必要があります。安っぽい下着は肌への優しさは考慮されていません。おすすめはシルク生地の下着です。1,000円程度上乗せすれば買えるものが殆どです。シルクのパンツは履き心地も良いですし、肌への刺激も最小限に抑えられてオススメです。

"勝負パンツ"という言葉があるように、下着をこだわれば毎日の活力にもなりますよ。

ナプキンの放置
黒ずみ ケア
生理中ナプキンを放置しがちの方も黒ずみを知らずに誘発しています。放置されたナプキン内は蒸れて、肌が敏感になっています。

羽付きの場合は肌に当たる面積が増え、更に肌刺激がアップします。刺激は黒ずみに直結です。

「面倒臭い」というのもわかりますが、毎月の積み重ねが"頑固な黒ずみ"になってしまいます。

生理中のナプキンは血の量が少ない場合もこまめに交換しましょう。最低限トイレに行く回数分は交換するのが鉄則です。

更に肌刺激を抑えたい方は、布ナプキンにチャレンジするのもオススメです。タオルハンカチを2枚を縫い合わせておけば簡単にナプキン代わりに使用できます。最初は抵抗があるかもしれませんが、紙ナプキンと比較すると刺激がかなり低減します。

黒ずみ対策を本格的に行いたい方は取り入れる価値ありですよ。

ナイロンタオルでゴシゴシ
黒ずみケア
お風呂の時にナイロンタオルでゴシゴシしている方は今日から洗い方を見直しましょう。

デリケートゾーンに限らず、全身の肌に対してナイロンタオルはオススメできません。

デリケートゾーンの皮膚の厚みはまぶたよりも薄いと説明しましたが、この薄い部分をナイロンタオルでゴシゴシするとどうなるか想像つきますよね?

想像以上の摩擦がデリケートゾーンにかけられます。

清潔にしたくておこなった行為が黒ずみを誘発していたとは驚きかもしれませんが、ナイロンタオルでのゴシゴシはNGです。

オススメの洗浄方法はたっぷり泡での泡パックです。泡をデリケートゾーン全体を包み込むようにのせ、1分〜2分放置すればOKです。あとはお湯で綺麗に流せば清潔な状態になります。

VIO脱毛
黒ずみケア
VIOなどのデリケートゾーンの脱毛も黒ずみ誘発の原因です。

日本でもVIOのお手入れが常識になりつつありますがが、デリケートな箇所のため自己処理はオススメできません。特にカミソリで自己処理を行っている方は要注意です。カミソリやピンセットは肌への刺激が非常に大きいため黒ずみに直結します。更には肌荒れも誘発するのです。

VIOの適切な脱毛方法は光脱毛です。

ここで注意なのが、黒ずみが深刻な場合は脱毛施術を受けることができません。黒ずみが悪化する前に、自己処理はやめて光脱毛に切り替えるのがオススメです。

脱毛サロンでは知識を持ったプロがアフターケアまで行ってくれるので安心ですよ。VIOの脱毛サロンに安く通いたい方は「お得サロン」と「損サロン」皆より10万安く契約するコツを参考にご覧ください。

日常生活のケアのポイント
デリケートゾーンのことを真剣に考えた生活をされている方は少ないと思いますが、見えない部位に作られた人間にとって大事な守られている部位です。優しく扱うのが重要になります。

POINT2:刺激を受けにくい肌を作る


次に重要なのが刺激を受けにくい肌を作ることです。

刺激を受けやす肌の共通点は"乾燥"していることです。そこで重要になるのが"保湿"です。

乾燥していると刺激を受けやすい理由

角質の一つ一つがふっくら水分を保持していると外からの刺激をカバーしてくれるのですが、乾燥が進むとバリア機能が低下し、外からの刺激を直に受けるようになります。
黒ずみ クリーム
刺激を受けることにより、メラニンが生成され、黒ずみになります。

デリケートゾーンの保湿方法

ワセリン
肌用スキンケア用品
専用ケア用品

代表的なケア方法は上記の3つです。

黒ずみクリーム
ワセリンはアトピー肌にも使用できる低刺激で、表面の保湿力にたけていますが、専用ケア用品と比較すると内側の保湿力に劣ります。肌用スキンケア用品でのケアも有用ではありますが、肌用のためコスパが悪いです。また、顔の肌と比較してデリケートゾーンは肌は敏感なのでスキンケア用品に配合される成分によっては刺激に感じる場合があります。

ですので、デリケートゾーンにはデリケートゾーン専用のケア用品の使用が理想的です。

専用ケア用品の選び方

専用ケア用品であれば何でもいいわけではありません。保湿力に特化しているものを選びましょう。

チューブ式のクリームタイプ
クリームと化粧水タイプでは保湿力に雲泥の差が生まれます。

油分の含まれない化粧水タイプの場合は、すでに乾燥したデリケートゾーンの皮膚が水分を抱え込むことができずに今ある水分と共に蒸発し、更に乾燥を進めてしまうのです。(新聞紙が濡れて乾燥した時に濡れる前よりパリッとしてしまうのと同じ現象がおこるのです。)

ですので、既に乾燥している肌にはクリームタイプを選びましょう。

また、デリケートな箇所のためジャータイプのクリームはNGです。毎回の開閉でクリームの酸化が進行したり、手の菌がクリーム内で繁殖する原因になります。衛生面を考慮するとチューブタイプが理想です。

保湿成分が含まれている
できた黒ずみケア用品は美白ケアに特化しており、保湿に注目されていないことが多いですが、黒ずみができないようにケアするために"保湿"は必要不可欠です。

ヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿力の高い成分が配合されているものを選びましょう。

市販や薬局のケアクリームは?
ドラッグストアで販売されているケア用品は"返金保障制度"がないため、購入後肌荒れなどのトラブルがあった場合、購入品は捨て、新たに費用を追加して買い直す必要があります。

しかし、通販ケア用品場合は一定期間の返金保障期間が設けられています。万が一肌に合わない場合はお金が返ってくるので、安心して利用できます。デリケートな部位に使用するからこそ、肌に合うか確かめてからの使用をお勧めいたします。

POINT3:できた黒ずみをケアする


続いて大切なのが既にできた黒ずみをケアすることで、できた黒ずみケアに必要なのは美白(※)ケアです。

できた黒ずみケアには有効成分が配合されたケア用品を使用するのが有用です。

自力でのケアは難しいため、ケア用品をうまく取り入れながら黒ずみを薄くしていきましょう。

黒ずみができるメカニズムは上記でも紹介しましたが、刺激・摩擦でメラニン色素が生成されるのが原因です。

つまり、メラニン色素の生成を抑えながら有効成分で美白(※)することが重要になります。

できた黒ずみケア用品を選ぶときのポイント

有効成分はトラネキサム酸一択
上記でも紹介した成分ですが、デリケートゾーンの美白にはトラネキサム酸が理想です。

トラネキサム酸はメラニンの生成を抑える成分「美白有効成分」として厚生労働省に定められている成分です。化粧品のでケアと違い、効率よく美白へ導いてくれます。

トラネキサム酸
肌は紫外線を浴びると、「メラノサイト」の周りにある肌細胞から、メラニン色素を生成させる情報が伝達されます。トラネキサム酸は、その情報の中に含まれる「プロスタグランジン」などをブロックし、メラニンの生成を抑えてくれます。

メラニン生成を抑える成分が配合されているか
美白も重要ですが、新たに黒ずみを作り出さないことも大切になるので、メラニン生成を抑制できる成分も確認しておきましょう。

メラニンを元から分解し、黒ずみの原因へダイレクトにアプローチできる環境を整えられるかもチェックしましょう。

続けられる金額か
デリケートゾーンの黒ずみケアには時間がかかることは冒頭で説明させていただきましたが、目安は半年以上の継続です。

半年以上の継続となると、高すぎる金額のケア用品の使用は痛い出費になります。

相場は7,000円〜10,000円です。定期購入を利用することで1回あたり5,000円程度まで抑えることが可能になるので、サービスをうまく取り入れるのがおすすめです。

定番のケア用品を比較
 
総合評価
価格
メラニン生成の抑制
有効成分

デリケートゾーンの黒ずみ対策!美白から保湿まで対応できる医薬部外品

4,470円 / 35ml

サクラ葉抽出液
カモミラエキス
ダイズエキス
オウゴンエキスなど

トラネキサム酸

トラネキサム酸配合の美容液でケア

4,980円 / 30ml

アルピニアカツマダイ種子エキス
党参抽出物加水分解液など

トラネキサム酸

ビタミンの浸透させることに特化した黒ずみケア

5,537円 / 25g

ヒアルラン酸
プラセンタ
ビタミンEなど

テトラヘキシルデカン酸アスコルビン

黒ずみ クリーム
ホワイトラグジュアリープレミアムは浸透に特化したケアクリームで、トラネキサム酸と比較すると美白力に劣りがあります。更に、25gで5,000円超えとコスパもイマイチです。ヴィエルホワイトはトラネキサム酸を使用している美容液タイプですが、30mlで4,980円とイビサクリームと比較するとコスパが悪いのが目立ちます。イビサクリームはトラネキサム酸や他メラニン生成の抑制をサポートする成分が沢山配合されていながら、35mlで4,470円とコスパも◎です。

イビサクリーム公式サイトへ

※美白効果とはメラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

調査して気づいた!予防・ケアに使える優秀アイテムだった!


黒ずみケア
イビサクリームの調査で気づいたことが一つ。

実は、予防で重要とお話しした"保湿力"も高かったのです。

その他ケア用とも比較してみました
デリケート クリーム
カスタマーセンターに問い合わせたとこと、ホワイトラグジュアリープレミアムは保湿には特化したケア用品ではないとの回答を頂きました。ヴィエルホワイトはトラネキサム酸を配合しており浸透力に特化した美容液ですが、保湿力は弱めです。イビサクリームはトラネキサム酸を主成分として配合し、更に保湿も重視したクリームタイプですので、黒ずみができる前のケアとしてオススメできるケア用品になっています。

予防時も毎日の刺激のケアができる
どんなに保湿をおこなっても日々の刺激をゼロにはできません。そこで日頃からメラニン色素の生成を抑制する必要があるのです。

顔のスキンケアの定番成分はビタミンC系(アスコルビン酸など)ですが、デリケートゾーンのケアでオススメなのはトラネキサム酸です。イビサクリームにはトラネキサム酸も配合されているのが嬉しいですね。

しかし、本当にいいことばかりなのでしょうか?口コミから分かるリアルな声を分析していきましょう。

良い口コミ
伸びが良く使いやすい
黒ずみが気にならなくなってきた
Vラインの満足度が高い
肌がスベスベになった

悪い口コミ
ヒリヒリする
効果がイマイチ感じられない

口コミ総評価

分析結果:肌に合わない時は返金保障の利用がオススメ!長期利用は効果を実感されている方が多い。

無添加で安全な処方ではありますが、肌に合わない場合もあるようです。しかし、これはお顔のスキンケア用品でも言えることですね。女性の肌は敏感なため、生理前後や季節の変わり目に使用すると反応が出やすい傾向にもあります。万が一肌に合わない場合の28日以内返金保障があるのは嬉しいですね。遠慮せずに利用しましょう。

また、長期間使用を継続している方は黒ずみが気にならなくっていますが、使用を開始したばかりの方は効果の実感がないようです。合わせて、黒ずみが薄い箇所の実感は早いですが濃い部位は時間までに時間がかかります。

更には年齢でも実感に差がありました。若い方の実感速度は早いですが、年齢を重ねることで実感までの期間が長くなっています。口コミ結果からも、対策は早めにスタートするのがオススメです。

実際に使用してみました

今回比較してきた定番のケア用品を実際に使った感想をレポートしますね。
黒ずみクリーム
全て使用して感じたことはイビサクリームの扱いやすさです。

ヴィエルホワイトはジェルタイプでポンプが結構硬めに作られています。液漏れの心配などはありませんが、ワンプッシュ押すのが一苦労です。更に、ジェルがポンプの先端で固まって肌にベターっとつくのが不快でした。

ホワイトラグジュアリープレミアムはクリームタイプですが、ポンプ式です。そのため量に調節が難しいです。また、最後の最後まで使い切るのが困難だなぁという感想です。安いものではないので使い切れないのはもったいないですね。クリームはしっとり感が強く、使用後ペタペタ感が続きました。

イビサクリームはチューブタイプなので使いたい量が出しやすくなっています。また最後の最後まで絞り出して使えるのも嬉しいです。更にサラッとした使用感で塗布後すぐにスマホを触ることも可能でした。成分だけにとどまらず、扱いやすさ◎なのも高評価です。

頑固になる前に・・・!
「黒ずみケアしたいけど、、、」と躊躇してる方にお伝えしたいのは「今、開始するのがどれほど重要か」です。

口コミでもリアルな声が上がっていましたが、日々蓄積される黒ずみは時間が経てば経つほど頑固になります。ケアを早い段階でスタートすることが一番のケアになりますよ。

  • デリケート黒ずみ_イビサクリーム / ファイブテイルズ
    デリケートゾーンの黒ずみ対策!美白から保湿まで対応できる医薬部外品
    イビサクリーム / ファイブテイルズ
    4.25
    デリケート黒ずみ: 4.25

    icon-check-squareデリケートゾーンの黒ずみを薄くするトラネキサム酸、肌荒れ防止のグリチルリチン酸2K配合
    icon-check-squareカモミラエキスなど植物由来成分がメラニン生成を抑制
    icon-check-squareヒアルロン酸、グリセリンをはじめとした8種の保湿成分配合

    価格種類内容
    4,470円(税抜)
    定期初回
    本商品
    35ml
    クリーム


「参考」摩擦以外の黒ずみについて


上記で紹介してきたのは摩擦が原因の黒ずみです。大抵の方の黒ずみが原因は摩擦ですが、一部そうではない方もいるので紹介していきますね。上記のケア用品はメラニン色素が原因の黒ずみ以外には効果的ではありません。

妊娠や出産が原因で黒ずみができた

黒ずみケア
妊娠や出産などが原因の黒ずみは"母体の防御反応"です。

外部からの刺激に対するメラニン反応ではなく、出産に備えた防御反応ということです。

そのためデリケートゾーン以外にも、乳首や脇なども黒ずみが現れることがあります。出産後徐々に薄くなることがほとんどですが、デリケートゾーンは出産時に多くの刺激を受けているため黒さが残ることがあります。

30代を超えてから黒ずみが濃くなった

黒ずみケア
30代を超えると肌全体のターンオーバー(肌代謝)が乱れてきます。

通常ターンオーバーは28日と言われていますが、年齢を重ねることで1週間、2週間と日数が伸びていきます。

新しい肌が表面に出てこれないことで肌がくすみんだり、黒ずみが蓄積されやすくなります。

そのため、30代以上の方は外からのケア以外にも、ターンオーバーを整える生活を心がけるのが効果的です。

適度な運動や、バランスのとれた食事を取り入れましょう。筆者のオススメは毎日の入浴です。シャワーで済ませている方は必ず湯船に浸かるようにしましょう。

入浴することで血行促進が期待でき、肌代謝もアップします。

黒ずみケアにオススメの食事


黒ずみを効率よくケアするには内側からのケアも重要です。

黒ずみケアにオススメの栄養素
食事療法
たんぱく質
たんぱく質はコラーゲンを作るのに必要不可欠な栄養素です。たんぱく質が足りなと、肌のハリツヤが低下します。=肌が老化していると思いましょう。若々しく保つためにも摂取したい栄養素ですね。→卵・赤身の肉・鶏ささみ・しらす干し・貝類など
ビタミンC
ビタミンCはメラニンの生成を抑える働きがあります。即効的な効果はありませんが、毎日こまめに摂取することで内側から美白効果を期待できます。→レモン・赤ピーマン・れんこん・さつまいも・じゃがいもなど
ビタミンE
ビタミンEは毛細血管を拡張し、肌のすみずみまでキレイな酸素が運ばれることにより、細胞も元気になります。元気な細胞はキレイな肌作りには欠かせません。→アーモンド、落花生、ほうれん草、かぼちゃなど

3食バランスのとれた食事を取ることで内側からのケアができます。体や肌は食べたものがから作られています。無理なダイエットやファストフードばかりの食事では黒ずみの蓄積しやすい肌になるので、食事も気をつけましょう。

黒ずみケアで積極的に


デリケートゾーンは見られない印象ですが

温泉
プール

旅行
彼氏ができたとき

様々な場面で見られる機会にさらされます。

「ケアしとけばよかった」となる前に、即効で効果が期待できないからこそ、早い段階で始めるのが大切です。

皆がケアしていない部分をケアすることで、もしものときも堂々と居ることができます(^-^)この記事を参考にチャレンジしていただけると嬉しいです。


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+