【医師が教える】ダイエットだけでない断食ファスティングの魅力と効果

《執筆:中村裕恵 医師》
日本内科学会認定内科専門医であり、自然療法を実践するホリスティック専門家。メディカルビューティー酵素ファスティング協会代表、予防医学を取り入れる「トータルヒーリングセンター」を開院。

「ファスティングダイエットとは、具体的にどうすればいいんですか?」とよく聞かれます。

「ファスティングとは断食(だんじき)のことで、固形物を食べずに過ごします。」と答えると、途端に皆さんの顔が固まったり、不安な表情を浮かべます。

食べないと生きられないと思っているわたしたちにとって、「食べない」なんて、あり得ない行為ですよね。私も5年前まで、そう思っていました。

ここでは、ファスティングの基礎知識から、医師である私がファスティングとどのように出会い、勧める立場にまでになったのか、経緯と共にその魅力をご紹介します。



ファスティング(断食)とは


ファスティングの歴史は古く、紀元前のヨーロッパでは旧約聖書に、アジアではブッダも「断食せよ」と勧めていました。今でもイスラム圏では、「ラマダン」という定期的に食を断つ習慣があるので、「宗教行為」「修行っぽくて厳しそう」という印象があるかもしれません。

たしかに、少し前までファスティングといえば、「水と少しの塩だけ」という修行のような方法がほとんどでした。しかし、それでは空腹感やフラつきを感じやすく、沢山のことをスピーディーにこなさなくてはならない私たちには不向きです。

では、どのような方法がよいのか、ポイントは「栄養素を摂りながら安全に行う」ということです。

初めて経験した3日間の酵素断食、医師としても魅力を感じた


ファスティング ダイエット ドリンク 選び方

私が5年前に出会ったファスティング(断食)は、「ミネラルファスティング」「酵素断食」と呼ばれ、発酵エキス(酵素ドリンク)で栄養を安全に摂りながら、胃腸をお休みさせる方法でした。

有名人では、アントニオ猪木さんや美川憲一さんが既に定期的に実践しており、インタビューでは「スタミナが戻ってきた」「若返ったような感覚がある」と言っていました。また、ふたりとも「思ったより、お腹は空かない」と言っており、「お腹が空かずに心身がリフレッシュするなら、私もやってみよう」と決断したのが始まりでした。

初めて実践したファスティングは3日間断食。3日間は、通称「酵素ドリンク」と呼ばれている発酵飲料や発酵エキスと、ミネラルウォーター、カフェインレスのハーブティーだけで過ごす断食です。

3日間断食は、体の中の余計な塩分や水分と、排泄しきれなかった老廃物が尿で押し出されていくので、排毒(デトックス)効果が強いと言われています。

断食が終わる頃には、
・頭のスッキリした感覚が蘇る
・クヨクヨとしていた気持ちが晴れやかに
・体がスッキリしてきてプロポーションが若返る
・断食明けに口に入れた固形物の味が濃いことが気になり出す
など、身体がリセットされていく感覚を実感できました。

感覚を研ぎ澄ましてパフォーマンスする芸能人が積極的に取り入れるのも、ダイエット効果というよりも、身体のリセットや若さを維持したいからだと思います。

ファスティング中の断食反応
3日間断食の2日目くらいには、老廃物が抜けていくことで「断食反応」が出ることがあります。これは、体内の老廃物が抜けていく過程で起こる身体の変化のサインです。(眠け、ダルさ、頭痛、筋肉痛、急な下痢、吐き気、寒さなど)。

そのため、1回目と2回目のファスティングは、休日を上手く活用して、「酷使していた心身をリセットしている」という自覚も大切です。ファスティングの断食反応が心配な場合は、断食指導者の監督下で行ってください。

ファスティングはダイエット目的だけではない


ファスティングダイエット 効果

繰り返しになりますが、ファスティングはダイエットのためではなく、身体のリセットの為に行います。

リセットすることで、衰えてきた代謝が戻る、むくみが取れる、余計な脂肪が燃焼しダイエットにつながる人ももちろんいます。

一方で、栄養吸収が悪く太りたくても太れなかった人は、身体がリセットすることで吸収力が上がり、肌ツヤが改善し、ながらこれまでとは逆に痩せない体になる人もいるのです。

効果を感じるまでの期間

心身が晴れやかになる感覚を実感できたり、断食によるリセット効果を実感できるまでに、ファスティングが数回必要な人もいます。

大病を患っていたり、ストレスを抱えていると、1回で変化を感じられないこともあります。断食指導者のカウンセリングやアドバイスを受けながら、ファスティングの手応えを掴んでいくのも方法の一つです。

途中、若干の空腹感がやってくることもありますが、断食中はビタミンやミネラルを多く含む酵素エキス(酵素ドリンク)を摂るので、想像するような空腹感には襲われません。

ただし、ファスティング前に「最後の晩餐だ!」とはりきって食べ過ぎると、断食中に具合の悪くなるような空腹感や不快感がやってくるので、「断食前の準備期間」は断食に向けて身体を慣らす大切な期間であると認識しましょう。

ファスティングダイエットの成功は回復期間がカギ


ファスティング ダイエット 回復食

断食には、「準備期間が大切だ」とお伝えしましたが、更に重要なのは、食事を通常に戻す為の「回復期間(復食期間とも言います)」です。

微生物が発酵・分解するときにつくられる酵素エキス(酵素ドリンク)と水だけで過ごした断食期間は、ミルクだけを飲んでいる赤ちゃんや、手術をした直後の患者さんのような状態です。

「断食も無事終わったから、久々にがっつり食べよう」と、急に休ませておいた胃腸を酷使すると、身体は急な変化にビックリします。その結果、リバウンドしたり、心身の鈍さが直ぐに戻るなど、せっかくのリセット効果が台無しになりかねません。ファスティングにおける回復期間は重要です。

3日間断食行う場合は、準備期間は2-3日、回復期間も2-3日かかります。つまり、1週間は「人間にとって大切な“食という行動”」と向き合う期間だと思ってください。

ファスティングは酵素断食がお勧め、酵素ドリンクは糖度の高いものもあるので注意!

断食は、動物としての人間本来の生存力を蘇らせ、自然治癒力も発動させて、丈夫な体と若い心を保とうとする方向にベクトルを向かわせます。

ファスティング期間は、半日だけ行う断食から、長ければ7〜10日間の断食期間(必然的に、準備期間も回復期間も長くなります)をしっかり設けて、深いリセット効果を狙う長期ファスティングまであります。

ファスティングの方法は古代から実践されている、栄養の摂れない水断食のような修行に近いやり方ではなく、発酵エキス(酵素ドリンク)を取り入れる酵素断食が良いでしょう。

発酵の過程には、微生物が分解という仕事をしてくれる為に砂糖をエサにします。発酵エキス(酵素ドリンク)には糖度が高いものから低いものまでありますが、血糖値が気になる方は、糖度の低いものを選択するようにしてください。

腐敗を防ぐ為に、人工的な防腐剤が添加されている発酵エキス(酵素ドリンク)は、ファスティングには向かないものもあるので、しっかり見極めるようにしましょう。

ファスティングは自分を見つめ直す機会をくれる


ファスティングダイエット 効果

ファスティングによる心身のリセット効果を海外では「ファスティングは人生の武器」「メスのいらない手術」と言われています。

断食に慣れるまで、心身がリセットできるまでは、断食を通して、自分への関心と注意を向けて過ごしてみてください。ダイエット以上の効果を感じられることでしょう。

人間の歴史を1年に凝縮すると、飢餓から解放され、飽食の時代に移り変わったのは「大晦日」だと統計で言われています。今でこそ当たり前に食事ができますが、わたしたちの身体は食べないほうが順応しやすく、食べ過ぎは身体に負担をかけ胃や腸を酷使しているのです。

あえて「食べない」という単純な行為を選択は、食べるものに困らない今、食べることの大切さを実感できる良いチャンスです。

「食べる為に実践するファスティング」は、案外と自然にできるので、ぜひ勇気を持ってやってみてください。

《編集:アンチエイジングの神様チーム》


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様の更新情報はTwitterとRSSでお届けしています。日頃の心構えから、アンチエイジングの裏ワザまで常に最新の情報をお届けしますので、是非登録して見逃さないようにして頂けると幸いです。





Google+