女性の抜け毛・薄毛対策 / 育毛・発毛7つの選択肢 シャンプーから育毛剤まで

女性の魅力を左右する髪、しかしここ数年薄毛に悩む女性が増えています。容姿を気に掛ける女性にとって薄毛の悩みは精神的、社会的に大きなダメージとなります。薄毛と言えば、男性ホルモンや老化というイメージがありますが、何故薄毛に悩む女性の数や年齢層が広がっているのでしょう?

女性の薄毛と育毛と発毛対策

その原因を探っていくと、巷の口コミや都市伝説のようなもので薄毛を解決するのは危険なことがわかります。女性の薄毛の原因は多様です。繊細な女性ならではの要素が複雑に絡むことがあります。一方で、男性の薄毛対策の進化は女性の対策にも活かされています。

進化しつつある女性の育毛・発毛対策の現状をお伝えします。自身にふさわしい対策にたどり着くためには、まず原因を明らかにする必要があります。様々な原因と症状の中から、あてはまるものを検討し、効果的な育毛・発毛方法を探し当てるきっかけとしてください。


薄毛の原因は大きく5つ


薄毛を招く脱毛症は、大きく5つに分類されます。「女性型脱毛症」「円形脱毛症」「抜毛症」「牽引性脱毛症」の4つとその他の脱毛症です。

女性型脱毛症
女性の抜け毛・薄毛の原因として最も多いと言われ、若年でも発症し得る脱毛症です。「女性型脱毛症」には「女性のAGA」と「休止期脱毛症」があり、症状などが異なります。分類の特徴となるのが、髪の毛の寿命、いわゆる「ヘアサイクル」のどこに乱れがあるのか、という点です。その詳細は複雑で、後に対策とともに詳しくご紹介します。(本ページのメインテーマです)

円形脱毛症
良く知られた円形脱毛症ですが、その原因はストレスだけではありません。内分泌や自己免疫の異常、遺伝なども要因となります。自然治癒することもありますが、自己免疫疾患の場合は病院での治療が必要です。ストレス緩和や食生活への配慮が治癒に繋がります。

脱毛症
抜毛症とは、毛が勝手に抜けるのではなく、自分で抜いてしまう癖が薄毛に繋がる症状です。精神疾患が関与している場合もありますが、意外と多いのが、頭髪以外にまつ毛や眉毛を抜くという癖です。この癖が無い場合でも、白髪を抜く習慣があれば注意が必要です。「抜毛症」同様、抜いた部分が発毛能力を失うことがあるのです。

牽引性脱毛症
「牽引性脱毛症」とは字の如く、日常的に毛を引っ張ることがその部分の薄毛に繋がってしまう症状です。ポニーテールや日本髪などで、毎日同じ部分を引っ張っている方に起こりやすい脱毛症です。同じ場所に負荷がかからないよう位置を変えること、頭皮マッサージなどで緊張を緩め、リラックスさせること、髪に必要な栄養を十分採り、その部分にいきわたるよう習慣付ける事が解決につながります。

「女性型脱毛症」の「女性のAGA」と「休止期脱毛症」について


薄毛に悩む多くの方が「女性型脱毛症」に当てはまります。上述したとおり「女性型脱毛症」には「女性のAGA」と「休止期脱毛症」があり、分類の特徴となるのが、髪の毛の寿命、いわゆる「ヘアサイクル」のどこに乱れがあるのか、という点になります。

ヘアサイクルとは、髪毛が伸びる時期「成長期」と、抜ける時期「退行期」、生える時期「休止期」を繰り返すサイクルを言います。「女性のAGA」の場合「成長期」に髪が充分に育たず、細くなり、抜けてしまうことに問題があります。一方「休止期脱毛症」はなんらかの原因で「休止期」の毛が増えてしまう事が薄毛の原因です。

「女性型脱毛症」育毛・発毛の7つの選択肢


上記で解説した該当者の多い「女性型脱毛症」の7つの対策についてご紹介します。

基本!自宅ケアで育毛環境を作る
女性の場合、生活や食習慣、精神状態が発毛に影響する所が大きいと言われています。併せて、男性との比較ではカラーやパーマの蓄積で、頭皮環境悪化の影響も懸念されます。こういった日常的要素の見直しは、他の選択肢をとるかに関わらず、育毛・発毛の土台となります。

生活面では睡眠など不規則さの改善が大切です。食事面では、1ヶ月5kgといった過激なダイエットは見直しましょう。また、頭皮の皮下脂肪と血流悪化は髪に栄養を送る毛細血管を滞らせてしまいます。健康的な体重を超えたり、血液がドロドロになっていたり、血流悪化で冷えを感じるといった症状があれば、髪への影響も考えられます。

抜け毛、薄毛対策のできるシャンプーも販売されていますので検討してみてください。

  • 育毛シャンプー/女_haru黒髪スカルプ・プロ / haru
    やせたペたんこ髪も、ボリュームのある髪へ
    haru黒髪スカルプ・プロ / haru
    4.25
    育毛シャンプー/女: 4.25

    icon-check-squareあらゆる髪の悩みを解決するエイジングケアシャンプー
    icon-check-square安心の天然100%由来
    icon-check-square送料無料、シャンプーブラシ付

    価格種類内容
    3,600円(税抜)本商品
    400ml
    シャンプー

  • 育毛シャンプー/女_FORM(フォルム) / ポーラ
    頭皮のエイジングケアと髪の保湿を考えたシャンプー
    FORM(フォルム) / ポーラ
    4.20
    育毛シャンプー/女: 4.20

    icon-check-squareエイジング化粧品を研究してきたポーラのヘアケア商品
    icon-check-squareノンシリコンでも、もっちり細やかな泡立ち
    icon-check-square頭皮はすっきり、髪はなめらかに洗い上げる

    価格種類内容
    Lサイズ2,400円(税抜)本商品
    シャンプー

  • 育毛シャンプー/女_マイナチュレシャンプー / レッドビジョン
    薄毛に悩む女性のために開発された理想の育毛シャンプー
    マイナチュレシャンプー / レッドビジョン
    3.95
    育毛シャンプー/女: 3.95

    icon-check-square抜け毛・薄毛対策にこだわりの【無添加】シャンプー
    icon-check-squareアミノ酸系・天然植物由来成分を29種類配合
    icon-check-squareもちろん、香り・泡立ち・洗い上がりも満足

    価格種類内容
    2,704円(税抜)本商品(200ml)
    定期購入
    シャンプー


育毛剤を試すという選択肢
薄毛の本格的な治療は、もちろん病院になります。病院での治療は保険適用外で院毎に値段も変わりますが、処方の育毛剤そのものは数多の市販育毛剤の中で高すぎるわけではありません。ただ、診察費を含めたコストや通う手間、それほど切迫していないといった点では、市販育毛剤も一つの選択肢に入れたいところです。

  • 女性用育毛剤_ベルタ育毛剤 / ビーボ
    業界最大級の育毛・頭皮ケア成分99.9%配合
    ベルタ育毛剤 / ビーボ
    4.20
    女性用育毛剤: 4.20

    icon-check-square天然由来成分99.6%、頭皮にやさしい弱酸性の育毛剤
    icon-check-square妊娠中、授乳中でも安心して使える低刺激
    icon-check-square頭皮クレンジングジェルプレゼント、90日間全額返金保証

    価格種類内容
    3,980円(税抜)本商品
    120ml
    女性向け育毛剤

  • 女性用育毛剤_マイナチュレ / レッドビジョン
    【無添加】なので敏感肌・妊娠中にも安心、女性のために作られた育毛剤
    マイナチュレ / レッドビジョン
    4.15
    女性用育毛剤: 4.15

    icon-check-square無添加なので敏感肌の方にも安心な女性用育毛剤
    icon-check-square毛根が太くなるエキスで、ハリ・コシ対策
    icon-check-square定期コース初回3,790円(20%割引)、送料無料

    価格種類内容
    3,790円(税抜)本商品
    定期購入
    女性向け育毛剤

  • 女性用育毛剤_ポリピュア / シーエスシー
    女性の悩みに合わせ優しい薬用育毛剤
    ポリピュア / シーエスシー
    4.10
    女性用育毛剤: 4.10

    icon-check-squareセンブリエキス配合で育毛・発毛促進する薬用育毛剤
    icon-check-squareベタつかずさっぱりとした使用感
    icon-check-square全額返金保証キャンペーン、定期コースは送料無料

    価格種類内容
    6,297円(税抜)本商品
    120ml
    育毛剤


後に述べる女性AGA対策にも使われる「ミノキシジル」は市販製品の中にも含有されています。「ロゲイン」や「リアップ」という育毛剤は女性用で、医薬品相当の濃度を含有します。しかし、「ミノキシジル」は妊婦には禁止されていたりと副作用も強い成分です。自己判断での使用のリスクを把握してください。どの成分の育毛剤であっても、選ぶ際は長期使用を踏まえ、余計な成分が少なく、有効成分の含有量が多い、刺激の穏やかなものを選ぶ事が肝要です。

育毛サロンという選択肢
薄毛に悩む女性の増加と共に、老舗サロンを始めとした女性向け育毛サロンが増えました。これらのサロンの施術は、頭皮状態の診断とケアなどが主です。自身の育毛・発毛に必要な事が、頭皮環境の改善や、各サロンの提供する独自の発毛ケアであると判断した場合に利用できれば最適です。

多様な各サロンのケア内容やその他条件の中から、納得できるサービスを選んで下さい。毛髪専門外来のある病院を美容クリニック的な位置づけと捉えると、育毛サロンはエステと捉えると選びやすいかもしれません。効果が出るまでに時間のかかる育毛・発毛は、サロンへの投資もそれなりの額になりがちです。思う結果が得られない場合もよく考えて、選んでください。

  • 育毛クリニック女_ヘアメディカルAGA治療 (女性) / ライカ
    女性特有の様々な症状や原因にアプローチする
    ヘアメディカルAGA治療 (女性) / ライカ
    4.35
    育毛クリニック女: 4.35

    icon-check-square国内最大手の薄毛(AGA)治療のクリニック
    icon-check-square女性専門のクリニックを運営
    icon-check-square月額3万円程度でオーダーメイド発毛治療のクリニック

    価格種類内容
    月平均約3万円女性頭髪治療頭皮治療クリニック


病院での診断、治療
髪が薄くなった、という悩みでの受診は特に高齢になるにつれ気が引けるかもしれません。しかし、諦められないというのも事実だと思います。育毛・発毛対策の1つとして、やはり病院の受診をお勧めします。

何より、正しい原因の診断が必要だという事。特に疾患や薬剤による脱毛だった場合、育毛・発毛の前に病院での根本解決が先決です。また、生活や食習慣が原因の一つとなる場合も、それを見直す機会を自ら作るのは難しい、もしくは遅くなりがちです。そういった原因究明が早い、そして後述する医療機関ならではの治療ができる点から、この選択肢をお勧めします。

病院で行う薬剤治療
病院治療には、医師しか扱えない、作用の強い薬を使えるというメリットがあります。ページ下部で解説する「女性のAGA」の育毛剤「ミノキシジル」による治療は、「休止期脱毛症」など他の脱毛症にも有効です。この薬剤の他との違いは、医学的な効果の証明がはっきりとしていることです。言い換えれば、保証の高い選択肢を最初に試すということになります。

この「ミノキシジル」を10~12か月使用するのが最初の治療です。「ミノキシジル」が効果を発揮しなかった場合、他の薬剤のチョイスとなります。薄毛専門の外来を持つ病院によっては、早い段階から育毛剤がカスタマイズされる他、個人の栄養状況などに併せたサプリメントなどが提案されることもあります。

老化に負けない予防的育毛・発毛習慣
育毛・発毛に必要な自己管理の注意点は前述しましたが、特に老化については血流がポイントになります。「老人性脱毛症」は育毛・発毛のために栄養を送る「毛包」という部位が衰えることが薄毛を招くものです。この老化を遅らせるのが血流活性です。

髪の問題以外にも、老化防止に血流活性は欠かせません。頭部のマッサージも有効ですが、あらゆる相乗効果を生む全身の血流活性がお勧めです。年とともに衰える血流に抗うような、全身運動による血流活性は若々しい毛髪にも影響します。

最後の手段!植毛という選択肢
これまでウィッグなどに頼らず、自身の発毛力を高める為のお話をしてきました。最終手段としてあるのが自毛植毛です。これは毛組織が生きている部位を、発毛できなくなった部位へと移植するものです。人工毛移植との違いは、移植後に毛組織が定着すると、以前と同様に自然に発毛して抜けていくヘアサイクルを取り戻せることです。

アフターケアの必要なその他の手段に比べて、自毛植毛は手間、コスト、安全性において魅力的ですが、リスクがないわけではありません。「ショックロス」という移植の負担による一時的な脱毛が起こる事があります。一時的に術前より髪が減るかもしれないというリスクを承知した上で行います。また、残っている毛組織が一定量以上必要です。費用は大きさによっては百万円以上になりますが、各条件さえクリアすれば、最も希望に近い最終手段となり得ます。

「女性のAGA」とは?


AGAとは男性ホルモンによる脱毛症のことです。女性も少量ながら、男性ホルモン「テストステロン」を持っています。「テストステロン」が「5αリアクターゼ」という体内の酵素によって、脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン」に変化することがAGAの仕組みとして解明されています。男性の場合はこの「5αリアクターゼ」の抑制が効果的な治療法です。

しかし女性のAGAでは、「5αリアクターゼ」抑制薬の効果が認められていません。仕組みは同じでも、様々な相違点があります。女性は、ホルモンバランスの変化で相対的に男性ホルモンが優位となる事が発症を招きます。頭皮の酵素の様態が男性とは異なる女性において、症状や治療法はどのようなものなのでしょうか。

「女性のAGA」の症状は?


AGAの男性は生え際、頭頂部が局所的に脱毛するという特徴があります。女性は男性同様にはなりにくいものの、AGAならではの3種類の脱毛特徴があります。最も多い「ルードウィッグ型」の場合、生え際に変化はありません。頭頂部から後頭部にわたる範囲に全体的な脱毛が見られます。まだらに薄くなることは他の脱毛症と同じですが、部位が限定されます。

その他に、同じく生え際の変化はないものの、頭頂部から生え際方面に広がって薄くなるのが「クリスマスツリー型」です。また、男性と同様生え際が薄くなるのが「ハミルトン型」です。発症のきっかけは、更年期のホルモン変化が多いですが、若年層でもストレスなどで発症します。進行性で、一定期間を過ぎるとその部位の発毛能力を失ってしまうのは男性同様です。

「女性のAGA」治療法は?


男性同様、病院では女性用のAGA治療も増えています。早めの診断と治療で、進行を止め、育毛・発毛を目指すことができます。女性の治療は育毛薬の使用がメインです。「ミノキシジル」という発毛作用が高い外用薬が第一選択薬として処方されます。この薬は太く丈夫な毛を発毛させる作用が強く、ヘアサイクルの正常化に働きかけます。

濃度が濃くなればそれだけ高い効果を期待できますが、副作用のリスクも上がります。男性用は5%が主流なのに対し、女性は無駄毛が濃くなるなどの副作用で、1~2%が主流です。この「ミノキシジル」配合の育毛剤は市販のものもありますが、症状や体質に併せて薬を調整できるよう、病院で使用を始めるのが安全です。

専門のクリニックでできること


後でもご紹介しますが、ここで一歩進んだ治療として、頭髪専門外来を設ける病院治療に触れておきます。AGA治療の場合、「ミノキシジル」の処方は一般的な病院の皮膚科や内科でも可能です。しかし、さらなる育毛・発毛効果を得たい場合は専門のクリニックを受診することで可能性が広がります。

専門クリニックでは、個人の複合的な脱毛要因に併せて、カスタマイズされた内用、外用薬の処方が望めます。また、「ミノキシジル」など育毛剤の効果を更に高めるために、レーザー等の器具を使った治療を行っています。「HARG療法」という脱毛原因に関わらずヘアサイクルを正常化する治療など、多様なアプローチを用意しているのが特徴です。

怖い原因が潜んでいることも!「休止期脱毛症」


ヘアサイクルの成長期に異常が起こる「女性のAGA」に対し、「休止期脱毛症」の原因は多様です。栄養不足によるものは、普段の生活で改善が見込めますが、中には薬剤の副作用や疾患が原因になる場合もあります。自身で「休止期脱毛症」を判別する目安の一つは、「女性のAGA」では薄くならない側頭部の脱毛症状です。

しかし、様々な原因を持つ「休止期脱毛症」は、自己判断ではなかなか測れません。医師の診断を受ける事が他の病気の発見や治療にもつながります。原因になり得る疾患は、甲状腺機能の異常や、高脂血症、肝臓や腎臓の疾患、がん、梅毒などです。心配や薄毛のストレスに悩むよりは、まずはお近くの皮膚科や内科を受診してみましょう。

あなたは大丈夫?栄養不足による「休止期脱毛症」


「休止期脱毛症」の中でも6か月以内の症状は「急性休止期脱毛症」と呼ばれます。中年女性が発症する「慢性休止期脱毛症」や、内臓疾患等により頭部全体がゆっくりと脱毛する「慢性びまん性休止期脱毛症」と区分されます。栄養不足による「急性休止期脱毛症」は食事改善やサプリメントの摂取などで解消できます。

女性に多い脱毛原因の一つがダイエットです。栄養不足は肌荒れや髪のダメージだけでなく、脱毛にまでつながります。欠乏すると脱毛を招く栄養素して、鉄分、亜鉛、たんぱく質などがあります。人間の身体は生命維持に遠いところからだめになっていきます。見た目の美しさを保つために、十分な栄養は欠かせません。一方ビタミンAの摂取が過多になると脱毛に繋がることも。自然なバランスの良い食事が解決に繋がります。

「急性休止期脱毛症」は誰でもなる?


「急性休止期脱毛症」は、ストレスや出産後のホルモンの乱れ、高熱や貧血などで起こることもあります。いずれも回復が見込めますが、原因を自覚することが脱毛に対するストレスの緩和や、適切なケアに繋がります。貧血は上述の通り鉄分を補う事が脱毛阻止に繋がります。

ストレスの中でも、急性のものが「急性休止期脱毛症」につながると言われています。脱毛は女性に大きなショックと精神的負担を与えます。毛が抜けていく事がさらなるストレスとならないよう、回復可能なものとして対処していく知識と、一人で悩まず医療機関などの助けを借りる事も大切です。

加齢による薄毛!結局原因は何?


薄毛への悩みが最も多いのは年齢を重ねた世代です。これまで様々な薄毛の原因をご紹介しましたが、加齢による薄毛はどれが該当するのでしょうか。加齢による影響が大きいのはまず「女性のAGA」です。やはり更年期によるホルモン変化がこの脱毛症の大きな原因となります。脱毛部位が頭頂部や生え際に集中していたら、可能性があるかもしれません。

また「休止期脱毛症」の中でも「慢性びまん性」、つまり長期的にまだらに全体のボリュームがなくなるケースもあります。まずは身の健康をチェックして、次のステップに進んで下さい。

これと見分けがつきにくいのが、60代以降に多い脱毛症「老人性脱毛症」です。発毛組織そのものの老化が脱毛原因です。こちらも全体にまだらに脱毛が生じます。それぞれ原因は異なりますが、頭頂部、もしくは全体にボリュームが減り、髪にコシが無くなったといった変化を感じます。いずれも早めの対処が肝要です。

「ただの容姿の悩み」と軽視してはいけない!薄毛の原因究明


薄毛の悩みなんて、ただの容姿の問題だから、そんな風にあきらめてはいけません。薄毛という症状の下には、病院で治療するべき深刻な疾患が潜んでいることもあります。特に頭部全体にゆっくり進行する脱毛は、内臓疾患が原因となっている場合もあるのです。

女性の薄毛には、男性以上に様々な要因がからんでいます。生活習慣や食習慣、ストレス、薬の副作用、出産や更年期といったホルモン変化など、多様です。そのメカニズムは完全に解明されていない部分もあります。しかし、男性の脱毛症よりも回復の可能性が高いのも特徴です。

髪の悩みを解決するために、まずはなるべく正確な原因を突き止める事をお勧めします。現在では病院での検査や治療を受ける人も増えています。上記でご紹介した様々な原因とその薄毛の仕組みを知り、ご自身の悩みの解決の糸口を掴んでください。

女性が育毛・発毛するための7つの選択肢 まとめ


髪は女性の命、と言います。女性の顔を絵画に例えるならば、髪は額縁のようなもの。どんな美しい絵画も、みすぼらしい額縁に縁どられていると、その価値が低く見えてしまいます。逆に美しい額縁が、縁どるものの魅力を何倍も高めてくれることもあります。そして女性の横顔、後姿を演出するのも髪です。

脱毛の原因を理解して、適切な育毛・発毛を目指してください。


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様の更新情報はTwitterとRSSでお届けしています。日頃の心構えから、アンチエイジングの裏ワザまで常に最新の情報をお届けしますので、是非登録して見逃さないようにして頂けると幸いです。





Google+