エステ員直伝|VIO脱毛後の黒ずみは家でこっそりケアできる!

せっかくVIO脱毛をしたのに、想像以上にデリケートゾーンが黒ずんでいてショックを受ける女性は少なくありません。

でも、デリケートゾーンの悩みは人に相談しにくいものです…。

しかも、VIO脱毛をしている人・していない人では、デリケートゾーンの黒ずみ解消法が異なります。

そこでここでは、VIO脱毛経験者に向けに、詳しい黒ずみ対策法をご紹介します。

→各項目クリックでページ下部へ
《ガイド:川上麻里佳》
元エステティシャン。脱毛の施術や、黒ずみに悩むお客様の施術をしてきた。


VIO脱毛でデリケートゾーンが黒ずむ原因


そもそもなぜ、VIO脱毛後は黒ずみが濃くなるのでしょうか。その理由は大きく2つあります。

脱毛前の自己処理による刺激
VIO脱毛するためには、アンダーヘアを剃ってサロンへ行きますが、これも黒ずみの原因です。

肌はカミソリなどから刺激を受けると、肌を守るために「メラニン色素」という黒い色素を発生させます。それが定着すると黒ずみができてしまうのです。

脱毛後のアフターケア不足
脱毛はムダ毛だけではなく、肌にもダメージを与えます。そのため、脱毛後の肌は一時的に軽い炎症を起こしており、乾燥もしやすい状態です。

アフターケアを怠って炎症&乾燥状態が続くと、「炎症&乾燥した状態から肌を守るぞ!」と、普段よりも多くメラニン色素が作り出されてしまうのです。

さらに、乾燥が続くと肌のターンオーバーは乱れてしまいます。すると、メラニンが肌に沈着して、どんどん黒ずみが濃くなるのです。

VIO脱毛で濃くなった黒ずみを解消する方法


では、濃くなったデリケートゾーンの黒ずみはケアできるのでしょうか?答えは「YES」です。

デリケートゾーンの黒ずみに効果的なケア方法

濃くなった黒ずみをケアする方法には様々な手段がありますが、効果的な方法は以下の2通りです。

しっかり保湿をする
しっかり保湿をすることで、黒ずみの原因となる刺激から肌を守り、また、肌のターンオーバーを整えることができます。

特に、今も脱毛サロンに通っている人の場合、施術後は乾燥しやすいので必ず保湿をしましょう。

美白成分が配合されたアイテムを使う
美白成分によるケアは、黒ずみ対策で最も効果的な方法です。黒ずみの原因である「メラニン」に直接アプローチできるので、比較的早く実感することができます。

顔用の美白・シミ対策化粧品で代用する人もいるようですが、デリケートゾーンは非常に敏感な部位なので専門の化粧品を使いましょう。
ちなみに、デリケートゾーンは皮膚が薄くて水分を保てないので、化粧水によるケアは意味がありません。


脱毛のアフターケアに使える美白アイテムがベスト!

保湿ケア&美白アイテムが効果的だと分かっても、保湿用と黒ずみ用でアイテムを使い分けるのは面倒ですし、お金もかかります。

できるだけお金をかけずに黒ずみケアをするなら、保湿力も美白効果もある「デリケートゾーン専用アイテム」がおすすめです。

ただし、商品によっては効果がイマイチなものがあるので、正しく選ぶことが大切になります。

そこで次に、デリケートゾーンの黒ずみに効果的な化粧品の選び方をご紹介します。

※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと。

脱毛直後でも使える!黒ずみケア化粧品の選び方


脱毛後に濃くなった黒ずみに使える化粧品は、次の2つのポイントを押さえて選びましょう。

デリケートゾーンの黒ずみケア用品の選び方
①美白成分配合か
②保湿力は高いか

美白成分配合か
美白成分は様々な種類がありますが、デリケートゾーンには刺激の少ないものを選びましょう。

おすすめの美白成分比較
成分名
おすすめ度
特徴
トラネキサム酸
★★★★★
肝斑の治療に使われている。高い効果が期待できるのに肌に優しい。
ビタミンC誘導体
★★★★☆
美白力が高く、基本的に刺激は小さいが、人によっては乾燥したりピリつくことも。
ハイドロキノン
★★★★☆
皮膚科の美白治療に使われている。美白力は高いが刺激は強め。価格も高い。
カモミラエキス
★★★☆☆
カモミールから抽出されていて刺激が小さい。メラニンの生成を抑える。

まずはトラネキサム酸から試すのがおすすめですね。


保湿力は高いか
保湿成分には直接的な美白効果はありません。

しかし、刺激に強い肌を作ったり、肌の生まれ変わりをサポートしてくれたり、デリケートゾーンの黒ずみケアには欠かせないものです。

デリケートゾーンは皮膚が薄くて乾燥しやすい部位なので、水分をキープしてくれるものでしっかり保湿をしましょう。

◆おすすめ保湿成分
ヒアルロン酸・セラミド・コラーゲン・スクワラン・リピジュアなど

VIOの黒ずみにおすすめのクリームランキング


選ぶポイントを押さえ、デリケートゾーンの黒ずみ対策におすすめできるクリームを調査しました。成分分析と保湿実験によるランキングはこちらです。

順位
総合評価
価格(税別)
美白成分
保湿実験

刺激が少ない美白成分で効果的に黒ずみケアできる

▼定価
7,000円
▼定期
4,470円

トラネキサム酸、カモミラエキス、コウキエキス

水分+10%

美白力も保湿力もある。価格が高いのがネック

▼定価
9,960円
▼定期
4,890円+送料

トラネキサム酸、アルピニツカマダイ種子エキス

水分+14%
3位
ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム
ハーバルラビット

保湿力も美白力もあるがビタミンC誘導体が刺激になる可能性あり

▼定価
7,000円
▼定期
4,750円

ビタミンC誘導体、プラセンタ

水分+9%

検証!最もうるおい力のあるデリケートゾーン化粧品は?

美白効果は成分で判断できるので、ここでは実際に使わないと分からない保湿効果を検証しました。

クリームを腕の内側に塗って水分量を測定
デリケートゾーンクリーム イビサ ハーバルラビット ヴィエルホワイト

30分ごとに測定した結果
デリケートゾーン 黒ずみクリーム
一番うるおい力があったのはヴィエルホワイトです。イビサクリームとハーバルラビットジェルクリームは同じくらいで、どの商品も一定の保湿力がありました。

成分分析&実験まとめ
デリケートゾーン 黒ずみ クリーム
一番優先したい美白力を考えると、トラネキサム酸配合のイビサクリームかヴィエルホワイトが有力です。

この2つの比較すると、「クリーム」のイビサクリームより、「美容液」ヴィエルホワイトの方が、ある程度高い美白力が期待できます。保湿力が高かったのも、美容液で有効成分を多く配合しているためでしょう。

ただし、デリケートゾーンの黒ずみケアは長期戦です。継続使用を考えると、まずは価格が試しやすいイビサクリームから試してみることをおすすめします。

イビサクリーム / ファイブテイルズ
イビサクリーム
美白有効成分トラネキサム酸
数ある美白成分の中でも、今ある黒ずみに集中して働きかけるトラネキサム酸が配合されています。さらに、美白作用のあるオウゴンエキスも配合されており、徹底した美白ケアができるクリームです。

保湿成分+抗炎症成分で総合的にケア
ヒアルロン酸・シロキクラゲ多糖体など高保湿成分が豊富です。また、グリチルリチン酸やダイズエキスなどの抗炎症成分も配合されているので、保湿しながら刺激に強い肌を作り、黒ずみを防いでくれます。

返金保障があるので安心
パラベンやアルコールを使わない無添加処方で肌にやさしいクリームです。万が一肌に合わない場合は返金保障が利用できます(商品到着後28日以内)。

イビサクリームの口コミ
良い口コミ
・黒ずみが気にならなくなった
・脱毛後の保湿ケアとして使っていたら肌が荒れなくなった

悪い口コミ
・即効性がなく時間がかかった

どんな人に向いているか?
コスパ重視で黒ずみケアをしたい人向け
黒ずみへの効果を感じている人が多く、口コミ評価が高いクリームでした。値段も平均的で使い続けやすい価格です。

ちなみに、デリケートゾーンの黒ずみ短期間ではケアできないので、即効性がないのはイビサクリームに限ったことではありません。

少しでも効果をあげたい方は、値段は上がりますが2位のヴィエルホワイトが候補になるでしょう。

最安値情報:楽天、Amazonを調査すると公式価格より高く、公式ページが最も安い価格でした。

イビサクリーム公式ページへ

ヴィエルホワイト / セプト
ヴィエルホワイト
トラネキサム酸が美白ケア
1位のイビサクリームと同じ美白有効成分「トラネキサム酸」に加え、メラニンの生成を抑える「アルピニアカツマダイ種子エキス」が配合されています。今ある黒ずみとこれからできる黒ずみの2つにアプローチしてくれる美容液です。

リポソーム化でよく浸透する
リポソーム化とは、「水に溶けにくい成分を溶けやすくする・肌を保湿する・浸透を高める」技術です。

これまで美容液に配合できなかった効果的な成分も凝縮できたので、徹底した黒ずみケアができます。その分、値段は高くなりますが、それだけの効果が期待できるでしょう。

120日の返金保障
120日間=約4ヵ月間は返金してもらえる制度があるので、自分にぴったりの美容液かじっくり判断できます。120日も設けているメーカーは珍しいので高く評価できますね。

どんな人に向いているか?
お金をかけてでも黒ずみケアをしたい人向け
口コミ評価は高く、黒ずみへの効果を感じている人がほとんどでした。

実感力が高いのは、美容液は他のアイテムと違って有効成分を多く配合できるためでしょう。

やや値段は高いので、お金をかけてもしっかり黒ずみケアをしたい人におすすめできます。

最安値情報:公式ページのみで販売しています。楽天やAmazonは割高&返金保障が使えないので注意してください。

ヴィエルホワイト公式ページへ
※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと。

デリケートゾーンの正しい保湿方法


どんなに効果がある黒ずみクリーム・美容液でも、使い方を間違うと効果が最大限発揮されません。正しい使い方をチェックしましょう!

■1:清潔な状態で使用量を手に取る
デリケートゾーン クリーム 使い方
汚れた手には雑菌がたくさんついているので、入浴後など清潔な状態で使います。使用量はメーカーによって異なりますが、だいたいどのメーカーも1円玉大としています。

■2:クリームを指で温めるように広げる
デリケートゾーン クリーム 使い方
指の腹にまんべんなく広げることで塗りムラを防ぐことができます。また、人肌に温めることで肌なじみが良くなります。

■3:優しくなじませる
デリケートゾーン クリーム 使い方
黒ずみが気になる部分に優しくなじませます。力を入れると摩擦刺激になるので注意しましょう。
特に脱毛後は肌が敏感&乾燥しているので、優しく丁寧に保湿をしましょう!


黒ずみが解消されるまでの期間


肌にはターンオーバーという生まれ変わりのサイクルがあり、正常な肌で28日だと言われています。

ただし、黒ずんだデリケートゾーンはかなりのダメージを受けているので、28日で改善することはできません。

どんなに効果的な成分が配合されていても、化粧品はじっくり働きかけていくものです。最低でも3ヵ月以上はかかるとお考えください。

どんな化粧品も「継続」が最も大事です。だからこそ、効果的なクリームをしっかり見極め、正しく使うことが解消への近道ですよ。


VIOの黒ずみをケアできる脱毛サロン・脱毛マシンがある!


デリケートゾーン 黒ずみ 脱毛
脱毛サロンの選び方次第では、脱毛しながらデリケートゾーンの黒ずみをケアすることができます。

今通っている脱毛サロンから乗り換える予定の方など、ぜひ参考にしてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみケアができるサロンの選び方

一言に「脱毛サロン」と言っても、ムダ毛へのアプローチ方法はマシーンによって違いますし、施術後に使われる保湿ローションにだって違いがあります。

脱毛サロンでデリケートゾーンの黒ずみもケアしたい人は、以下のポイントを押さえましょう。

光脱毛の中でも「IPL脱毛」が良い
IPL脱毛は光脱毛の一種で、「インテンス・パルス・ライト」という特殊な光で脱毛する方法です。

他の脱毛方法と比べるとやや痛みがあり、産毛への効果は弱くなってしまう方法ですが、「美肌効果が高い」というメリットがあります。

その理由は、IPL脱毛のフラッシュはシミ・そばかすケアにも使われている光だからです。肌を活性化させて肌をキレイにしてくれるメリットがありますよ。

根拠のない情報に注意!
IPL脱毛以外の方法に「S.S.C脱毛」という方法があります。IPL脱毛と違って痛みが小さく、産毛にも効果があるのがメリットです。

ネット上では使用するジェルに美肌効果があると言われていますが、その根拠は不明なので安易に信じない方が賢明でしょう。

アフターケアに力を入れているサロン
脱毛サロンでは施術後に、アフターローションでケアしてくれるところもあります。

美白成分が含まれているサロンが1番おすすめですが、脱毛後は乾燥しているので、保湿力の高いヒアルロン酸やセラミド、スクワラン、コラーゲンなどのローションを使っているサロンもおすすめです。

VIOの黒ずみが気になる方におすすめのサロン

IPL脱毛かつ、施術後にローションでしっかり保湿をしてもらえる脱毛サロンを調査しました。

ジェイエステティック:光ヒアルロン酸スーパー脱毛
ジェイエステティック ◆価格
デリケートゾーンプラン:2回で5,000円(税込)

◆ジェイエステティックの特徴
ジェイエステティックは脱毛専門店ではなく、痩身・フェイシャルエステメニューもある総合エステサロンです。

「脱毛後の肌もキレイにする」というこだわりがあるので、施術後は、ヒアルロン酸などの美容成分が配合された化粧品でアフタートリートメントをしてくれます。

これは、美容成分をしっかり肌に浸透させることで脱毛後の肌を鎮静し、透明感を引き出してくれるトリートメントです。もちろん無料です。

美肌効果はもちろん、パーツ単体価格は業界最安値なので、VIOの黒ずみをケアしながら脱毛をしたい人におすすめのサロンといえますね。

ジェイエステティックの公式ページへ



脱毛前の自己処理方法


カミソリの刃はデリケートゾーンのダメージになるので黒ずみを作る原因です。

さらに、間違った方法で自己処理をしてしまうとそのダメージは相当なものになり、ますます黒ずみを悪化させてしまいます。

まだVIO脱毛を継続している人は、必ず正しい方法で刺激を最小限に抑えましょう。

正しい自己処理方法

①鏡とVIOの距離を見やすい位置にセットする
②M字開脚になるように足を大きく広げる
③片方の手で皮膚を伸ばしながら剃る
剃る時はシェービングクリームを塗るか、保湿クリームを塗って処理しましょう。もちろん、処理後の保湿も忘れずに!


ムダ毛処理に使う器具

脱毛 自己処理
VIOの自己処理は、可能であれば電気シェーバーをおすすめでします。

ペン型の電気シェーバーだと余計な力が入らないので肌への刺激が少なく、さらに、VIOラインの細部までキレイに処理できるためです。

カミソリの場合は力加減が難しいので、デリケートゾーンを傷つける恐れがあります。また、下手すれば皮膚を切ってしまう可能性があるので気をつけましょう。
すぐ買えるものではありませんが、黒ずみ対策の候補として視野に入れてみてくださいね。


デリケートゾーンが黒ずむ原因と対策法


ここからはデリケートゾーンの黒ずみの原因「メラニン」についてより深く解説していきますね。
肌構造に詳しい安藤さんから解説させてもらいますね。

こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。黒ずみの原因メラニンに関して解説していくわね。


デリケートゾーンの黒ずみの原因は「メラニン」ですが、このメラニンはなぜ発生し、定着するのでしょうか?その原因は主に以下の3つです。

メラニン発生&沈着する原因
①下着や自己処理の擦れ・圧迫
②ターンオーバーの乱れ

下着や自己処理の擦れ・圧迫

そもそもメラニン色素とは、肌を刺激から守るためのものです。

そのため、デリケートゾーンは下着や洋服の摩擦・圧迫刺激を受けると、肌を守ろうとメラニン色素を生み出します。

対策方法
摩擦刺激を抑えることがポイントです。

①黒ずみを作りにくい下着にする
コットンやシルクの下着は繊維が柔らかいので、摩擦刺激が起きにくくておすすめです。ボクサータイプも◎。また、サイズの合わない下着は履かないようにしましょう。

②トイレットペーパーは柔らかいものを使う
ゴワゴワしたトイレットペーパーは意外と大きな刺激になっています。柔らかいトイレットペーパーを選ぶのも効果的な黒ずみ対策ですよ。

③細身の服ばかりを着ない
スキニージーンズなど、下半身にフィットした服は体を圧迫して刺激を与えます。全く履かないのは女性のオシャレとして難しいと思うので、ゆったりしたパンツやスカートも上手に取り入れましょう。

ターンオーバーの乱れ
デリケートゾーン 黒ずみ 原因
肌は刺激を受けるとメラニンが発生するだけでなく、ターンオーバーが乱れてしまいます。

すると、本来は垢となって剥がれ落ちるはずだったメラニン(黒ずみ)がいつまでたってもはがれ落ちず、定着してしまうのです。

対策方法
摩擦刺激を抑えることだけでなく、保湿ケアで美容成分を届けることでターンオーバーを整えることが大切です。

肌はうるおうと刺激にも強くなるので、保湿は黒ずみ予防にもなります。

特に、脱毛施術後はいつもより肌が乾燥しやすいので、しっかりケアしましょう。

◆V・Iラインは特に黒ずみやすいのでしっかり対策を!

デリケートゾーンの中でも、V・Iは皮膚が薄く、常に下着が擦れているので黒ずみやすい部位です。

念入りに保湿をしてケアしましょう!


VIO脱毛後にデリケートゾーンの黒ずみが気になるのは、私だけ…?


デリケートゾーン 黒ずみ 脱毛 デリケートゾーンの原因を見て分かるように、デリケートゾーンは誰でも黒ずみやすい部分です。

とはいえ、「こんなに黒いのは私だけ?」「みんなはきっとキレイなんだろうな」と落ち込む人も多いと思います。

では実際のところ、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる人はどれくらいいるのでしょうか?調査してみました。

女性150人に聞いた!デリケートゾーン黒ずみ、気になる?

デリケートゾーン 黒ずみ みんな ※調査期間2017年1月31日〜2017年2月5日

女性150人へのアンケート調査では、VIOの黒ずみが気になる人は38%でした。

数字だけ見ると少ないように思えますが、悩んでいる人が1番多い脇の黒ずみの44%と比べると、その差はわずか6%しかありません。

デリケートゾーンの黒ずみは、その他の部位と同じくらい悩んでいる人が多いと言えます。

つまり、デリケートゾーンの黒ずみは誰もが悩むことであり、決して「自分だけが黒い」というわけではないのです。
人に言えずに悩むこともあると思いますが、実はみんな同じなのです。「私だけこんなに黒い…」と深刻に悩まなくて大丈夫ですよ!


デリケートゾーンの黒ずみ失敗談

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は意外と多い結果でしたが、中には、デリケートゾーンのケアを怠ったせいで恥ずかしい経験をした人も多くいたのでご紹介します。

パートナーに指摘された
・旦那に初めて体を見られた時に、「結構黒いんやね」と言われすごくショックをうけて、このままでは私の体に飽きてしまい魅力もない女と思われそうで怖くなりました。(20代前半/近畿)

・主人にVラインが黒ずんでいると言われた…(40代前半/関東)

他の人より黒ずんでいた
・温泉旅行に行った時、Vラインが友達よりも黒ずんでいて女として恥ずかしかった。(20代後半/関東)

・友達と海に行った時、内ももが自分だけ黒買ったし、人からも見られているような気がして恥ずかしかった。(20代後半/九州)
指摘されたり、他人と比べたりと、きっかけはそれぞれですが、みなさん恥ずかしい思いをしたことに変わりはないようです…。

普段見えない部分ではありますが、黒ずみを薄くするには時間がかかるので、いざという時に悲しい思いをしないためにも普段からしっかりケアしておきたいですね。

デリケートゾーンの黒ずみ対策をもう1度見る(ページ上部へ)

参考:デリケートゾーンが黒ずんでいると脱毛ができないのは本当か


VIO脱毛
「デリケートゾーンが黒ずんでいるから脱毛を断られた」という話を聞いたことはありませんか?

元エステティシャンとして真実をお伝えすると、可能性はゼロではありませんが、大抵の人は脱毛できることがほとんどです。

そもそもなぜ黒ずんでいると脱毛できないかというと、脱毛マシーンの光は毛の黒色に反応するため、肌が黒いと「黒くなっている肌」にもダメージを与えて火傷する恐れがあるからです。

ただし、これは「肌が相当黒い場合」と思ってください。基本的には、ホクロや毛と同じくらい黒くなければ施術することができます。

もちろん、サロンによって基準は異なりますが、たとえ黒ずみがひどくても、光の強さのレベルは強弱をつけられるので、肌が黒いところは強さを弱くして施術することができますよ。
ただし、肌が荒れて赤くなっている場合はさらに炎症が悪化するので施術できません。黒ずみがある・ないにかかわらず、ボディケアはしっかりしましょう!


黒ずみに効果のある食べ物


黒ずみ 食事
黒ずみに効果的な栄養を取り入れることで、体の内側から黒ずみを改善していくことができます。

ビタミンC
ビタミンCは、メラニンをなくす「還元作用」があり、高い美白効果があります。

食品:赤パプリカ、黄パプリカ、キウイ、モロヘイヤ、ブロッコリーなど
ビタミンA
ビタミンAは、肌のうるおいを作りだす効果があり保湿には欠かせません。また、肌のターンオーバーを整える効果もあります。

食品:鶏レバー、モロヘイヤ、ナチュラルチーズ、ゆで卵、にんじん、ほうれん草など

バランスの良い食事をしながら、この2つの栄養素を積極的に摂り入れましょう!

デリケートゾーンの正しい洗い方


デリケートゾーンを保湿する前は清潔にすることが大前提です。

また、残った汚れは肌の刺激になります。かといって、ゴシゴシ洗いすぎると必要なうるおいも奪って乾燥を引き起こします。

正しい洗い方で、ダメージを最小限に抑えながら清潔にしていきましょう。

石鹸をしっかり泡立てる
デリケートゾーン 洗い方

摩擦にならないよう、きめ細かい泡で洗いましょう。

ボディタオルでも十分泡立ちますが、洗顔用の泡立てネットだと、よりふわふわな泡を作ることができます。


優しく洗う
デリケートゾーン 洗い方

泡をデリケートゾーンの部分に優しくのせ、優しく洗いましょう。

時間に余裕があればそのまま約2分放置し、泡パックをします。

ただし、長時間泡パックをすると逆に乾燥するので、時間は必ず守ってください。

生理中で汚れが気になる場合は、ゴシゴシこすらず、泡を押したり引いたりして、「泡の吸着力」洗うようにしましょう。


ぬるま湯で洗い流す
デリケートゾーン 黒ずみ 洗い方

お湯が熱すぎると乾燥を引き起こすので、ぬるま湯で洗い流します。

この時ゴシゴシこすりながら流すと摩擦刺激になるので注意しましょう。

デリケートゾーンの毛穴に詰まった汚れも黒ずみになりますが、この洗い方は毛穴の汚れも吸着して、しっかり洗い流すことができます。


デリケートゾーンの黒ずみは脱毛後のケア次第!


VIO脱毛をして気づいた、デリケートゾーンの黒ずみは、放置すればするほど解消が難しくなります。

気づいた今のうちからしっかりケアすることが大切になりますよ。

脱毛後のアフターケアはもちろん、正しく自己処理をするなど、デリートゾーンに刺激を与えないように注意しましょう。

速攻でピンク色にすることはできませんが、肌は生まれ変わっていくものです。

日々の積み重ね次第でゆっくり変わっていくので、本記事を参考にぜひ取り組んでみてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみクリームのランキングを見る(ページ上部へ)

◇参考文献
一般社団法人 日本エステティック協会『新エステティック学 技術編I』
吉木伸子『スキンケア美容医学辞典』
朝田康夫『美容の医学 美容皮膚科学辞典』


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様の更新情報はTwitterとRSSでお届けしています。日頃の心構えから、アンチエイジングの裏ワザまで常に最新の情報をお届けしますので、是非登録して見逃さないようにして頂けると幸いです。





Google+