クレンジング化粧品の界面活性剤が肌を破壊する

[公開日]2012/12/12[更新日]2015/04/02

クレンジングの界面活性剤

前回、"クレンジングは肌を傷める最も危険な作業"でクレンジングの肌への影響の大きさとクレンジングの方法を述べましたので今回は、クレンジング料の選び方について書きます。

クレンジング料の主な成分は、油分と界面活性剤です。界面活性剤とは油と水を混ざりやすくする物質です。油分がメイクアップ料を肌から浮かせ、肌から浮いた汚れを洗い流すために、界面活性剤が油分と水をなじませます。

メイクアップ料を落とすためには界面活性剤が不可欠ですが、肌への刺激が強く使いすぎると肌のうるおいを奪うので、正しく選ぶ必要があります。比較的肌への刺激が弱いものが、洗い流せるクリームタイプのクレンジング料です。油分と水分の量が適度で、バランスが良いです。次に、ジェルタイプ、ミルクタイプと続きます。

肌への刺激が強いものは、オイルタイプ・ふき取るシートタイプのクレンジング料です。オイルタイプは、強い界面活性剤を含むものが多く、メイクアップ料を落とす力が強い分、肌への刺激も強いです。また、液状のため肌を擦って傷めてしまいやすいのも難点です。できるだけ使わないようにし、どうしても濃いメイクを落とす必要がある場合だけ使いましょう。

上でも書いたように、摩擦が肌に良くないと認識されている方は多いと思いますがふき取るシートタイプは、メイクアップ料を肌から擦り取るため、肌を痛めてしまいます。最近は、泡タイプのクレンジング料もあります。泡は水を含み、メイクアップ料とのなじみが悪いのですが、それを補うように界面活性剤が多く含まれています。手軽ですが、肌への刺激も強めです。

トータルで考えると、「クリームタイプ」が油分も水分も多すぎずバランスが良いということになります。なかでも適度な硬さのある上質なクリームタイプのものがオススメです。

何度も言いますが、クレンジングは肌を傷つけるリスクがとても高い作業です。決して安易に選んではいけません。合ってない、もしくは強すぎるクレンジング料を使い続けるとどんなにほかのスキンケアを頑張っても肌はキレイになることはないでしょう。アンチエイジングにおいて、汚れを落とすだけとクレンジングを侮ってはいけません。


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+