しっとりタイプ洗顔料では美肌になれない!?

[公開日]2012/12/02[更新日]2015/04/02

しっとり洗顔と美肌

肌がしっとりするので、うるおい成分のある洗顔料をつかっています。

という方を見かけますが洗顔後の「しっとり感」の正体はうるおいではなく油分です。
美肌ケアのためには、余分な成分を含まない固形成分がおすすめ。

洗顔の目的は、汗や皮脂、クレンジングで落としきれなかったメイクアップ料などを洗い流すことです。
そのために一番おすすめなのはシンプルな洗顔せっけんです。
洗顔後に肌がつっぱらないことを売りにした洗顔フォームも人気がありますが
「しっとり感」が残るのは、油分を多く含んでいるから。
洗顔してすすいでも肌の表面に油膜が張ったようになっているため、しっとりしたように感じますが、
洗顔後につける化粧水や美容液が浸透しにくくなることがあります。

また、美白やアンチエイジングなどに役立つ成分を配合した洗顔料もありますが
洗顔料の場合、洗い流した段階で有効成分も流れてしまうため、美肌になろうとスキンケアをしても効果は期待できません。

洗顔料にプラスアルファの効果を求めるより、まずは洗顔で汚れをしっかり落とし、その後のケアでうるおい有効成分を補うのが正解です。

洗顔料選びのポイントは、洗浄力が肌に合っていること。余分な成分を含まず、汚れをしっかり落としてくれるものがベストです。成分表を見て選ぶことはむずかしいですが一般にシンプルな固形せっけんには、余分な油分などを含んでいないものが多いようです。

洗顔料のタイプと特徴


固形石けんタイプ
油分が多すぎず、余分な成分も含まれていないものが多い。
洗顔後、肌がつっぱりすぎないものを選びましょう。

リキッド、クリーム
「肌にやさしい」イメージでつくられているため、油分が多めに配合されているものが多い。

フォーム
ニキビ用をうたっているものなどは洗浄力が強め。はじめから泡になって出てくるものは、発泡剤すなわち界面活性剤を含むため刺激になることが多い。

パウダー
洗浄力や肌への刺激の強さは、製品によってまちまち。酵素洗顔料には、洗浄力が強めのものもあります。

泡立たないミルク
洗浄力が弱い。水もしみるほど肌荒れがひどく、肌が特に敏感になっている人には向いている。


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+