クレンジングは最も肌を傷める危険な作業

[公開日]2012/12/11[更新日]2015/04/02

クレンジングと肌

以前"ダブル洗顔は肌を老化させる"で、できるだけダブル洗顔を避けるべきと書きました。

ただ、現実にはファンデーションは汗や水に強く崩れにくくなっていて洗顔だけでは落ちないものが多く、クレンジングと洗顔の「ダブル洗顔」は必要な場合は多いでしょう。

そこで、できるだけ肌に負担のかからない正しいダブル洗顔の方法を身につける必要があります。

油性汚れであるメイクアップ料は、水にはなじみません。
そのため、メイクアップ料を浮かせるための油分と、水になじませるための界面活性剤を配合してあるのが「クレンジング料」です。
「界面活性剤」というと、とても肌に悪いイメージがありますが、メイクアップ料を落とすために不可欠のものです。
界面活性剤の量や質で、クレンジング料の良し悪しが決まると言ってもよいのです。

クリームやジェル、オイルなど、クレンジング料にはいろんなタイプがあります。
しかし、いずれにしてもクレンジング料は、日々のスキンケアアイテムの中では最も肌を傷めやすいものです。

クレンジング料は崩れにくく開発された化粧品を、強力に洗い流すものですから方法を誤れば肌へも多大な影響を及ぼします。ちゃんとやってる、という方もクレンジングの方法・クレンジング料選びともに慎重に見なおしてください。

方法を間違ってしまうと、肌に取り返しのつかないダメージを蓄積し続けてしまうもの、それがクレンジングです。

クレンジング料は、肌との摩擦が起こらない適量をとります。
そして、Tゾーン→Uゾーン→目・口まわりの順に、指の腹でファンデーションとなじませます。
ゴシゴシとこすらず、優しくなじませることが大切です。
そして、すぐにぬるま湯で洗います。
この時も、顔をこすらず、お湯に顔をつける感じでやさしく洗うことが大切です。

クレンジングは肌への刺激が強いので、1分程度で素早く終えてください。
クレンジング後に洗顔を行うので、メイクは完全に落ちなくても大丈夫です。

とにかく肌を傷めないことを最優先に行なってください。
アンチエイジングの肌のケアにおいて、非常に重要なポイントです。

次回、クレンジング方法に続いてクレンジング料選びについて記事にしたいと思います。


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+