知らないと損!iPhone格安simで月額利用料を半額にする方法

[公開日]2016/06/29[更新日]2016/06/30

iphone-2

「iPhoneでも格安SIMを使えるの?」と疑問の方も多いのではないでしょうか。答えは「Yes」です。今よりも断然安く!iPhoneが使えちゃうんです。キャリアでの契約だと、使ってないのに月々の料金が高くなってしまいますが、格安SIMを攻略してしまえば、「こんなに安くていいの!?」と驚くこと間違い無しです。

今回は月額料金を半額以下にする方法から、気をつけておきたい注意点までご紹介します。
格安iPhone 機種選び  料金紹介  メリット・デメリット  設定方法

あなたのiPhoneは大丈夫?非対応iPhoneもあるので要注意!


格安SIM対応iPhone
まず、格安SIMに対応しているiPhoneと非対応のものがあることを知っておきましょう。同じiPhone6でも契約していたキャリアによっては示諭できない場合もあるので要チェックです。

対応iPhoneを見極めろ!
SIMフリー→iPhone 4 / 4s / 5 / 5c / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE
docomo→iPhone 5c / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE
au→iPhone 5 / 5c / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE
softbank→iPhone 6s / 6s Plus / SE契約半年以上かつSIMロック解除後
上記が格安SIM対応の端末になりますが、注意点がいくつかあります。

SIMロックに要注意!
auのiPhoneはau対応の格安SIMを申し込む必要が有り
現在種類が少ない。6s / 6s Plus / SEの端末は半年使用後にSIMロック解除可能。

softbank対応の格安SIMは現在取り扱いなし
6s / 6s Plus / SEの場合契約半年でSIMロック解除が可能なので、SIMロック解除後からは格安SIMが使用可能

au系の格安SIMを使用すると制限が発生する場合あり
5c / 5s以前の端末の場合ios 8以降にアップデートすると通信できなくなる。また、4sはLTEに対応していない。

新規購入なら「docomoのiPhone」「SIMフリーのiPhone」
au系のMVNO(格安SIM)は種類が少ない上に制限も多いので、キャリア購入ならdocomoがオススメです。
SIMロック:キャリアに縛られた端末のこと。docomoのiPhoneはdocomo系のSIMカードにしか対応していない。
SIMフリー:縛りのない端末のこと。どのMVNOのSIMカードでも対応可能。


バージョンが対応しているかの確認は必須
ここでもう一つ大切なのがバージョンです。バージョンのチェックもしておく必要があります。
機種
バージョン
回線
サイズ
iPhone6
8.0
NTT docomo
nano sim
iphone6+
8.0
NTT docomo
iphone5s/5c
8.0
NTT docomo
7.1.2
NTT docomo
KDDI au

最新のios 8に対応しているのはdocomo系のMVNO(格安SIM)のみです。この点からもdocomo系のMVNO(格安SIM)の方が安心して使えますね。

知ってる人だけ得をする!月額半額以下になるMVNO会社比較


格安iPhone iPhoneの月額利用料金はキャリア(docomo・au・softbank)を問わずに統一されています。通話し放題のプランを選択した場合、最安6500/月です。各MVNOで料金は様々ですが、楽天モバイルの格安SIMを選択した場合、高速通信(3.1G)を利用し、月に30分の通話をしたとしても2200/月4300/月もお得に使えちゃうんです!

月4300円お得ということは、10年間で516,000円もお得になる計算(楽天モバイルのサービスが変わらなければ)!携帯は持ち続けるのが当たり前と言える時代なので長い目で見ても、早い段階で乗り換えるのは賢いといえますね。

しかしながら、格安SIMの会社は沢山あり、どこを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで主要と言えるオススメの三社を比較しました。
 
総合評価

通信速度の安定性がオススメ。「総合満足度」で最優秀も獲得

基本データ容量を毎月変更可能。auにも対応

ワンコインから始められる料金設定。楽天会員だとメリット増
料金

データ¥900(3G)〜
+¥700(tel)

auデータ¥700(500MB)〜
+¥610(tel)

docomoデータ¥700(500MB)〜
+700(tel)

データ¥535〜
+¥700(tel)
高速通信on/off

速度

下り最大375Mbps

下り最大225Mbps

下り最大225Mbps
違約金

¥1,000〜¥12,000

¥0

データ:¥0

音声:12か月以内の解約は
¥9,800
独自サービス

・バースト機能
・BIGSIMカウンターと連携
・選べるSIMカードならコンビニで購入可能

・フリータンクサービス
・auとdocomoに対応
・ネットワークサービス不要

・楽天ポイントがたまる
・「楽天でんわ」で通話料半額

安定した通信速度と顧客満足度の高い実績で選ぶなら「IIjmio」au系の回線を使用したい場合は「mineo」セット端末の豊富さと、楽天独自のポイントサービスを利用したい方は「楽天mobile」がオススメです。
iphone-1コンビニで追加クーポン(容量)を購入できる手軽さがあるのは「IIjmio」500MBのプランから選べて、毎月基本データ容量の変更ができるのは「「mineo」¥522〜使用できるのが「楽天mobile」なので、使用用途に合わせて選ぶのがいいと言えます。

iPhoneをMVNO(格安SIM)で使用するメリットと知らなきゃ怖いデメリット


メリット

毎月の使用料金が格段に安くなる
なんといっても最大の魅力は料金の安さです。冒頭でも説明しましたが、平均2000円前後で使用してる場合が多く、大手携帯会社との契約に比べると格段に安く使用できます。

二年縛りからの解放
通常だと2年縛りの契約が当たり前でしたが、MVNOの場合は縛りの期間が無いもの・短いものが多く、違約金に悩ませられることも減ります。

豊富な料金プランで自分に適切なものを選べる
個人の使用したい容量によって料金プランを選ぶことができます。また、月ごとに容量を切り替え可能なMVNOも多いで、無駄なく使用できます。

お気に入りの端末を長く使用できる
お気に入りの端末でも、新しい機種に変えたほうが月々の料金が安くなると言われ、機種変更したことがある方も多いのではないでしょうか。格安SIMはいつでも安いので、お気に入り機種を長く使えます。


デメリット
通信料は安いが通話料が高い
30秒20円が相場なので電話を頻繁に使用する方は通話専用の携帯と二個持ちか、通話に特化した格安SIMを購入し、アプリなどを使用して通話料金を節約するのがオススメ

アフターサービスが手薄
店舗を構えていない場合がほとんどなので分からないことがあった時に困る

キャリアメールアドレスが使えない
キャリアメールの認証が必要なサービスが使用できなくなります。若い女性だと、プリクラの無料画像送信のサービスが使用できなくなったりします。

公衆Wi-Fiが使えない場合がある
SIM会社が提供していない場所ではWi-Fiが使えません。現在提供している区間はほとんどないため原則使えないと思っておきましょう。使いたい場合はあらかじめWi-Fiが利用出来るプランに加入するか、オプションでWi-Fiが使用できるようにする必要があります。

初期設定
初期設定は自分でしないといけません。難しい作業ではないので大丈夫な場合がほとんどですが、機械の操作が苦手な方には難しいかもしれません。プラス、初期設定はWi-Fiの環境が必要になるので注意です。

クレジットカード決済
ほとんどの場合がクレジットカードでの決済です。現在、支払いが口座引き落としでクレジットカード利用したくない方は、注意が必要です。


 
大手携帯会社
MVNO
(格安SIM)
料金

平均¥6500

平均¥2000
速度

いつでも早い

時間帯に左右される
契約期間

2年契約が定番

契約期間が無い〜
1年程度
違約金

契約年数によって莫大な場合も

¥0〜で負担は小さい
サポート

世界レベルのサービス
カスターマーサポートが充実

徐々に増えてきたが、手厚くは無い


格安SIMでもサクサク使用するために知っておきたいこと


iPhone格安で使用

MVNOは大手キャリアのネットワーク回線と同じものを使用しているため、基本的に使用できるエリアに変わりはないと言えます。しかし、スマホ自体が発する周波数の違いなどから「全く同じ」と言い切ることはできません。

下りと上りを理解しよう

下り:ダウンロードなどの自分に対しての受信を示します。
上り:自分が何かを送信することを示します。

最大150Mbpsなどと表記があることが多いですが、これは必ず150Mbps出るということではなく、あくまで「最大」であることを覚えておきましょう。どんなに早い最大値を打ち出している会社でも5Mbpsほどしか出ないと言われています。

必要なスピード

Youtube=3Mbps
Web=1Mbps
程度と言われています。つまり、大手キャリアのSIMを利用するのも、格安スマホを利用するのもあまり変わりがないと言えます。しかし、格安SIMの場合、MVNOによって速度が変わるので購入の前には注意しましょう。参考までに、So-net系のPlay SIMは夜の通信速度がとてつもなく遅いという評判が多いので避けたほうがいいですね。

時間帯を制覇しろ!

速度が低下する時間
平日pm12:00〜1:00
平日の夕方から夜
上記の時間帯は使用者が集中するため速度が低下しやすいといえます。遅いと言っても普通に使える程度の速度ですので、そこまで問題視する必要はないですね。
1Mbps = 1000kbps
1MB = 1024KB
確かに大手携帯会社はスピードが速いですが、そこまで速いスピードが必要ですか?そして、そのスピードのために7000円近く支払うのは高すぎると思いませんか??スマホに必要な、それなりの速度で2000円程度で使用できたほうが良いですよね。

必須準備事項から設定方法まで丸分かり!


格安スマホ
現在使用している電話番号をそのまま使用したい場合
格安SIMの手続きをする前にMNP予約番号を発行しましょう
ショップに行くか、ネットから取得できます。

docomo
・ショップ:契約者本人が身分証を持って来店
・電話:docomo携帯から「515」一般電話「0120-800-000」
・iモード:料金&お申し込み・設定
・pc:My docomo (www.mydocomo.com)へアクセス

au
・ショップ:契約者本人が身分証を持って来店
・電話:0077‐75470
・ネット:auお客さまサポート → 申し込む/変更する → 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)

softbank
・ショップ:契約者本人が身分証を持って来店
・電話:softbank携帯から「*5533」一般電話「0800-100-5533」
・ネット: My SoftBank → 設定・申し込み → 各種変更手続き → MNP予約関連手続き
MNPの有効期限は15日ですが、3日以内に転出するようにしましょう。

格安SIMの申し込み
docomoのiPhone→docomo系のMVNO
auのiPhone→au系のMVNO
SIMフリーiPhone→docomo系のMVNOをオススメ

各端末に合わせて選ぶようにしましょう。au系のMVNOだと機能に制限がかかったり、使えるバージョンの幅が狭まるのでdocomo系をオススメします。

オススメのMVNO
 
総合評価

通信速度の安定性がオススメ。「総合満足度」で最優秀も獲得

基本データ容量を毎月変更可能。auにも対応

ワンコインから始められる料金設定。楽天会員だとメリット増
料金

データ¥900(3G)〜
+¥700(tel)

auデータ¥700(500MB)〜
+¥610(tel)

docomoデータ¥700(500MB)〜
+700(tel)

データ¥535〜
+¥700(tel)
高速通信on/off

速度

下り最大375Mbps

下り最大225Mbps

下り最大225Mbps
違約金

¥1,000〜¥12,000

¥0

データ:¥0

音声:12か月以内の解約は
¥9,800
独自サービス

・バースト機能
・BIGSIMカウンターと連携
・選べるSIMカードならコンビニで購入可能

・フリータンクサービス
・auとdocomoに対応
・ネットワークサービス不要

・楽天ポイントがたまる
・「楽天でんわ」で通話料半額

容量を決める
0G〜使い放題まで様々です。自分がどのくらいの容量が必要か分からない方は、各キャリアで月ごとの使用量が確認できるようになっています。
docomo
→お客様サポート→ご利用データ通信料確認(当月分)→暗証番号入力して確認
au
→お客様サポート→LTE通信量合計を確認
softbank
→mysoftbankにログイン→料金確認→照会したい月の内訳を見る→ページ下部の通信使用量で確認
目安として、3G程度での申し込みだと、大失敗することはないかと思います。

音声SIMとデータSIM
MNPで予約番号を発行した方は必ず音声SIMを選びましょう。電話の機能(電話番号も)いらない人はデータSIMを選びましょう。

また、iPhoneの場合はSMSに対応したプランを選ぶようにしましょう。SMS非対応だと、電波受信に時間がかかったり、バージョンによって使えない場合があるので要注意です。

カードのサイズ
iPhone5以降は全てナノSIM
iPhone4や4sだけマイクロSIM

カードのサイズを間違えた場合は各MVNOで2000〜4000円程度でサイズ変更してもらえます。この際、使用していたカードの返却を求められることがあるので覚えておきましょう。

返却できなかった場合、損害金が支払わされる場合もあります。また、変換アダプタがネットなどで購入できます。120円くらいの価格で販売されているのでオススメです。変換アダプタにカードを乗せて使用します。

SIMカッターで切る方法もありますが、失敗すると使えなくなるのでオススメはしません。SIMカッターも900円前後で販売されています。

iPhoneに格安SIMカードセット
端末にSIMカードを挿入すると圏外の表示が出て、しばらくすると3G表示に切り替わります。

ここではまだネットに繋がっていません。
データ通信機能を起動できませんでした
PDP認証に失敗しました
のエラーメッセージが表示されますが、APNをインストールすることで使用可能になります。

APNをインストールする方法
iPhoneをWi-Fiに接続

Wi-Fiに接続後SIMカードに同封の手順を見ながら設定を進める

インストール終了後Wi-Fiを切ると2分程度でネットが使えるようになります

賢くiPhoneを利用して、月額使用料を半額以下に!


格安SIMiPhone いかがでしたか?iPhoneを賢く使って毎月お得なスマホ生活始めてみてくださいね♪

《オススメに関連記事》
安いスマホは月0円から使用可能!初心者向け格安SIMの比較一覧・選び方まで徹底解説
格安SIM、スマホセットと単体購入、どちらを選ぶべきか?
知らなきゃ損!? 格安スマホ(格安SIM)の選び方 / 料金・条件の比較一覧とおすすめランキング【保存版】


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+