高濃度水素水サーバー(生成器)主要6種を比較ランキング化 口コミ効果を検証

[公開日]2016/01/29[更新日]2017/06/17

水素水サーバー 人気 家庭用水素水サーバーの最大の良さは、自分自身で「飲みたい時に量を気にせず、高濃度水素水を飲むことができる」点です。しかし、水素水サーバーと聞くと、「高くて買えない」と感じることでしょう。

この記事では、「水素水サーバーをどの基準で選んだら良いのか」を選び方と本当に高いのか比較検証を交えながらお伝えします。
水素水サーバーとは
ここでは、宅配される水でつくるウォーターサーバー型水素水と、浄水を容器に入れ水素水を生成するタイプ(水素水生成器)の2つを水素水サーバー(生成器)としています。
ウォーターサーバー型
・ボトルが宅配され、冷水と温水飲むことができる
・通常のウォーターサーバー+水素水生成器が一緒になったもの
※水道から直接サーバーにつなげるサーバータイプもありますが、ここでは水ボトル宅配タイプをウォーターサーバー型とします。
水素水生成器型
・必要なときに自分で水素水をつくって飲む
・水道工事不要でコンセントがあれば、どこでも置ける独立型
・水をピッチャータンクに入れ、水素水をつくる生成器タイプ

水素水サーバー(生成器) 6種の総合比較ランキング


こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。水素水サーバーは、水素の溶存濃度は当然だけど、それ以外の初期費用・毎月かかるお金、それらを合わせたトータルコストも考慮して選ぶ必要があるのよ。


▼水素水サーバーにかかる総額と水素濃度比較▼
水素水生成器/サーバー比較

安藤さん、水素水って水素濃度って高いほどいいんだっけ?
水素水サーバーでいつでも飲めることを考えると、0.8ppm以上の水素水をこまめに飲めばOKよ。

水素水にどれくらいの水素が含まれていればいいかというと、0.8ppm以上というのがひとつの目安になる。

出典:水素水とサビない身体 / 太田成男著

以下の表は、水素水サーバーにかかるトータルコストや月々の費用から水素水サーバーを購入するにあたって、知っておきべき情報をまとめ、比較したものです。

商品名
総合評価
月額料金
水素濃度

初期費用が△だが、長時間高濃度水素水をキープ

3,150円

1.2ppm

利用可能エリアなら、試す価値ありの高濃度水素水

8,062円

3.4ppm

低価格・コンパクトなウォーターボトル

7,690円

0.56ppm~
0.73ppm

初期費用高めだが、飲みたいものを水素
入にできる


3,690円

1.0ppm

コスパよりまろやか味重視派向け

10,557円

3.4ppm

すぐにつくれるが、初期費用は高額

3,402円

1.0ppm~
1.6ppm
より詳しいデータ比較表は下部へ

※月額費用は初期費用以外にかかる料金全てを合わせたものになります。(税別)
水代(4人家族で1日2L飲む計算)+メンテナンス費用+電気代含む総額


総合評価はルルドが優位だが、ウォーターサーバー利用者or宅配エリア内は水素水サーバーを試す価値あり

今回比較した6つの水素水サーバー機種(生成器)には、それぞれ特徴がありますが、最もチェックすべきは「いくらかかるのか」です。その結果、卓上タイプのルルドが最も安く水素水を飲めることがわかります。

3年使った場合で計算すると、レンタル料が発生するアルピナウォーターと購入するルルドでは、アルピナウォーターのほうが37,260円高くつきます。

アルピナウォーターは、宅配エリアが限定されますが、初期費用(設置料)が10,000円で済み、メンテナンスもほぼ必要ないため、気軽に水素水サーバーを置くことができます。

初期費用を抑えて水素水を飲みたい場合は、アルピナウォーター、総額コストを抑えたい場合はルルドを選ぶと良いでしょう。その他の選び方のポイントは以下で説明していきます。

ルルドの公式サイトはこちら
アルピナウォーターの公式サイトはこちら

購入前に必ずチェックすべき水素水サーバー(生成器)選びのポイント


水素水サーバー(水素水生成器)の検討をするときに、気をつけるべきポイントは3つあります。決して安い買い物ではないので、しっかり理解した上で購入を検討しましょう。

水素濃度が0.8ppmあるサーバー・生成器選びを
1.0ppmまず、重要視するポイントは、水素濃度です。さきほどもお伝えしましたが、0.8ppm/Lを目安にしましょう。

ppmとppbの違い
ちなみに、ppmとppbという単位の違いは、ppb濃度の方が単位数が小さく、0.1ppm=1.0ppbとなります。

水素水サーバーの多くは、水素濃度が記載されていますが、中には「水素水」と謳いながら溶存水素濃度が掲載されていないサーバーもまだまだ存在します。

この場合、水素は入っていても溶存水素濃度が低いことが主な理由と考えられます。そのような製品は選択肢からまず外しましょう。

肝心の水素濃度についてですが、飲むときに0.8ppm/L以上あるものを選んでください。

▼溶存水素濃度1.0ppm以上が飲める水素水サーバー(生成器)▼


水素濃度が保てる水素水をつくれるかどうか
溶存水素濃度 クラスター水素水とは、水の中に通常の水よりも水素が多く含まれている水(豊富水素水)のことです。

水素濃度は高いほうが良さそうですが、大切なのは飲むときに水素が含まれているかです。というのも、水素を高濃度に発生させることはできても、水素は物質の中で最も軽くて小さい気体なのであっという間に水の中から抜けていくからです。

そこで、どうやって水素を発生させているかに注目してみてください。水素水サーバー(生成器)では、電気分解で水素を発生させることが主流ですが、その電解式の中でもさらに2つの発生方法に分けることができます。

2つのうち、水素水サーバーの中でも水素を溶け込ませる気体過飽和式の水素水のほうをおすすめします。溶け込ませた水素水を飲むか、発生させた水素と水を一緒に飲むかという違いです。
気体過飽和式と電極直接接触式の違い
気体過飽和式:飲水とは別の場所で水素を発生させ、水に水素を溶けこませるタイプ(水素発生器と水が入るタンクが別になっている)
・水の性質を変えなくて済む
水素が抜けにくい
・直接電極板に触れないため、金属イオンをとり込むリスクがない
電極直接接触式(ワンパス式):飲水を電極板に直接触れさせ、電気分解した水素と飲水を飲むタイプ
・水の性質をアルカリ性に変える
・電極板に不純物がついたときに、不純物も体内に取り込む場合がある
・水素濃度は気体過飽和式よりも低く、抜けやすい
(※エイチツーガウラが該当)
水素発生方式については、気体過飽和式も電極直接接触式も電気分解なんだけど、電極板に直接触れるか触れないかの違いね。

▼気体過飽和式の水素水サーバー(生成器)▼


水素水サーバー(生成器)はメンテナンスが必須
メンテナンス個包装タイプより価格帯が安くなる水素水サーバーですが、初期費用ととも気になるのが「メンテナンス」に関してです。メンテナンスとは、サーバー内に雑菌や不純物が入り込まないために除菌することです。

商品によって、フィルター交換やカートリッジ交換、液体を入れて洗浄するタイプなどがあります。メンテナンス方法は商品ごとに違いますが、アルピナのウォーターサーバーは、2年に1回業者がやってきてメンテナンスするため、メンテナンス忘れや手間がかかりません。

一方、生成器の場合、フィルターやカートリッジ、洗浄液の購入も自分でする必要が出てきます。


水素水サーバーの問題としては、雑菌の混入があります。実は水素を食べてエネルギーをつくるバクテリアが結構いるのです。電気分解のタイプでは電極が汚染しやすいので注意が必要です。また、酸素の発生領域と水素の発生領域を膜で隔離するタイプでは、その膜が汚染の原因になりがちなので、メンテナンスはキチンと行う必要があることを強調しておきます。

出典:水素水とサビない身体 / 太田成男著


メンテナンスしないとどうなる?
サーバー内に雑菌が繁殖する
サーバーの耐久性が低下する
水素濃度に影響が出る

つまり、選ぶポイントは、1. 水素濃度では0.8ppm以上の水素水サーバーを選ぶ、2. その中でも気体過飽和式の水素が抜けにくいものが良い、3. メンテナンスが自分できちんとできるかで選ぶんだね。


水素水サーバー(生成器)ランキングNo.1のルルドを徹底検証&口コミ傾向調査


  • 水素水サーバー_ルルド / エイジレスファクトリー
    水素水濃度最大1.2ppmのハンディ水素サーバー(生成器)
    ルルド / エイジレスファクトリー
    4.55
    水素水サーバー: 4.55

    icon-check-square水素水濃度最大1.2ppmのハンディ水素メーカー
    icon-check-squareオゾン水生成も対応
    icon-check-square水素水を1日5円ワンタッチでつくれるサーバー

    価格種類内容
    148,000円(税抜)本商品水素水生成器


ルルドを知る6つのポイント

水素水とオゾン水をつくることができる
ルルドの正式名称は、「ポータブル高濃度水素水&オゾン水製造器ルルド」というもので、コンセントがあればどこでも高濃度水素水(1.2ppm程度)をつくることができ、殺菌効果のあるオゾン水も生成できます。

水素水の作り方は、ピッチャーにミネラルウォーターか浄水を入れ、本体にセットしてボタンを押すだけです。ボタンを押す回数で生成時間がかわり、長押しすることでオゾン水を生成できます。

特許取得技術により抜けにくい高濃度水素水をつくれる
気体過飽和式で、水素が抜けづらい国際特許取得技術を採用(PCT/KR2011/001922)しているので、生成後12時間経過しても水素濃度が1.0ppmをキープできるコンパクトなデザインの水素水サーバー(生成器)。

一度に1800ml生成可能 水素水生成には10〜30分必要
生成時間は10〜30分必要で即時生成はできませんが、1度に1800mlの水素水をつくることができます。水素水は生成直後から濃度が低下しますが、ルルドには追い焚き機能というものがあるため、それにより水素濃度を一定に保つことができます。

お手入れは3日に1度と9ヶ月に一度
お手入れは9ヶ月に一度のカートリッジ交換(2,830円)と3日に1度オゾン水をつくる必要があります。3日に1度のオゾン水生成は手間かもしれませんが、メンテナンス費用としては一年に3000円程度と比較的安い価格になります。

また、酸性のオゾン水は殺菌・消毒・消臭に適しているため、うがいや掃除などに使えます。※オゾン水は過度に飲まなければ害はありませんが、基本的に飲み水ではありません。

ルルドに水道水は使用できない
ルルドに使用する水は水道水を使うと、生成器を痛める要因になるため、浄水器を通した水やミネラルウォーターなど水道水以外の水(スーパーなどで汲めるRO水もNG)であれば、水素水を作ることができます。
※水道直結型のウォーターサーバー以外は、基本的に水道水ではなく浄水やミネラルウォーターを使用して水素水を生成します。

1日の電気代は約5円
ルルドを2時間連続使用したときにかかる電気代は5円です。1ヶ月に換算すると150円ほど電気代が必要となります。

ウォーターサーバーは一日中電力を消費するので、安くても350円〜、平均は1,000円かかります。必要なときにその分だけ作れるルルドであれば、ムダな電気代を消費せずに済みます。
ルルドのメリットは、購入するから初期費用の高さと月額のレンタル代もかからないから、ランニングコストは安くなるってことね。


水素水サーバールルドはレンタル可能?
初期費用が高いルルドなので、購入前に実際に使ってみたくなります。時々、「ルルドをレンタルできます」という情報が出てきますが、公式販売ではレンタルサービスは行っていません。
水素水サーバーは直接飲むものだから、衛生管理がしっかりされてるかわからないところからレンタルすることはおすすめしないわ。

ルルドの公式サイトはこちら

高性能水素水生成器の口コミ評価を分析

良い口コミの傾向
・飲水としてだけでなく、化粧水のようにスキンケアとしても使えて便利
・アルミパウチを買うよりも安くついた
・夜寝るときにつくって、朝すぐ飲める

悪い口コミの傾向
・購入場所によって製造国が違ったり、アフターフォローに差がある
・見た目が安っぽい
・特に劇的な変化を感じない

結論!全体的な満足度は高いが、どこで購入するかがカギとなる
ルルドの口コミは、買って満足している割合が圧倒的多数であるという大きな特徴があります。ただし、悪い口コミの傾向にある通り、様々なサイト・業者が販売しており輸入品もあるため、壊れたときの保証などに差があるようです。

また、使い始めてしばらくは機械の性能が安定しないため、水素濃度は一定ではないことが多々見受けられます。

3日に1度のオゾン水生成は、手間がかかるため面倒に感じる人が多いのではないかと想像していましたが、オゾン水による殺菌や消毒効果が思いの外役に立っているようで、慣れれば使い方(ボタンを押すだけ)やメンテナンスも苦にならないと考えられます。

これらの口コミの傾向から、購入場所による商品やアフターケアの差はあるが、ルルドそのものに対する満足度は高いということがわかります。
独立した水素水生成器のほうが、インテリアデザインにもなるおしゃれなデザインが多いよね。


水素水生成器ルルドを安心・最安値で購入する方法

ルルドはネットだけでなく電気量販店でも購入できます。購入価格は、販売会社によって変わることはありません。そのため、最安値だけではなく、安心できるアフターサービスがあるかどうかで選びましょう。

口コミにもあったように、購入場所によって輸入並行品が販売されているところもあります。輸入品の場合、万が一の保証を受けることができない場合があります。

購入するときは、国内製造の純正品なのか、保証(1年間の無料保証)やアフターサービス(電話対応など)はきちんとついているかを確認しましょう。公式サイトでは、国内製造の純正品のルルドを取り扱っています。

ルルド購入はこちらから

レンタルのウォーターサーバー型VS購入の水素水生成器を選ぶ?メリット・デメリット比較


水素水が飲めるウォーターサーバー型と浄水やミネラルウォーターをタンクに入れて自分で水素水をつくる生成器型は、それぞれメリットとデメリットがあります。

どちらも水素水サーバー(生成器)ですが、レンタルか購入かという違いによって、初期費用が大きく異なります。「どれが優れているのか」を値段だけで判断したり、水素濃度だけで判断するのではなく、自分のライフスタイルにあった水素水サーバーを見つけることが大切です。

ボトル宅配型のウォーターサーバーのメリット
飲みたい時につくりたての水素水が飲める
ウォーターサーバーの天然水なので、水のおいしさは保証されている
メンテナンス費用が比較的安い、業者が行ってくれる
アフターフォローがレンタル中ずっと可能

ボトル宅配型のウォーターサーバーのデメリット
宅配エリアが限定されている
固定設置場所が必要(雑誌を広げた程度)
ボトル水を注文・交換する手間がかかる
レンタルなので、新品が使用できるわけではない
数年利用でコスト面を考えた場合、購入したほうが安くなる
契約期間中の解約には違約金が発生する(撤去費用なども)
※アルピナウォーター/ハワイアンウォーターの場合、1年以内の解約は、4,762円必要でサーバーの撤去費用も必要。ただし、1年以降の解約は無償で撤去・回収されます。
こうしてみると、ウォーターサーバー型は、元々ウォーターサーバーを使用している人やすぐ飲みたい人にぴったりだね。
メンテナンスの手間がほぼいらないわ。ただ、水を宅配するウォーターサーバー型って少ないのと、利用できるエリアが限られてるから誰でも飲めるとはいかないの。まずは、配送可能なエリアか確認が必要よ。

独立型水素水生成器のメリット
お金がかかるのは本体代だけで済む
浄水やミネラルウォーターを入れるだけで、好きなだけ水素水を飲める
工事不要なのでコンセントがあれば、どこでも置くことができる

独立型水素水生成器のデメリット
初期費用が高額である
保証期間に制限がある(1〜3年)
日々のメンテナンスを自分で行わなければならない
生成されるまでに時間がかかる(商品にもよるが、5分〜)
水道水を使えない
初期費用とメンテナンスがネックだよね。でも、長い目で見ると自分でつくる生成器の方がコスパは良いってことだよね。
家族や複数人で飲むとなると、初期費用は高くなるけど結局生成器の方がお得になるよ。


使用年数が多くなると購入した水素水サーバーの方が結果的に安くなります。目安としては、3年で総額いくらかかるのか、初期費用はいくら必要で、毎月どれくらい支払う必要があるのかを比較して選ぶと良いでしょう。
ルルドの公式サイトはこちら

アルミパウチタイプと水素水サーバーはどちらが得になるか?


個包装タイプの水素水は手軽さと持運びに優れている
水素水を飲んでみようとするとき、手軽さで人気を集めるのは個包装タイプの水素水です。1パックに300ml〜1000ml入っており、天然水に水素ガスを注入されています。

電気分解ではなく加圧水素溶存方式という圧力をかけて水素を天然水に溶かし込んでいるため、天然水の味を変えることがなくおいしく飲めます。

個包装タイプの水素水は、その多くがパック詰めされたアルミパウチやアルミ缶で梱包することで水素が逃げないようになっていますが、工場で水素を充填してから徐々に水素は減ってしまいます。

そのため、まとめて買うには不向きで賞味期限があることや、一度開封したら飲み切る必要があるなど、デメリットもあります。

個包装タイプ VS 水素水サーバー(生成器)安くてお得なのはどちらか
 
健康家族仙寿の水
健康家族仙寿の水/ 個包装タイプ
ルルド
ルルド / 水素水生成器
水素濃度

1.2~1.6ppm

1.2ppm
金額

定期購入価格250ml☓30本=8,000円

本体価格(初期費用) 148,000円
+メンテナンス

個包装タイプ VS 水素水サーバーで安くてお得なのは水素水生成サーバー

2年目以降も健康家族 仙寿の水は96,000円かかるが、ルルドの場合は水代+メンテナンス代(=21,773円)のみでよい
さらに、気になるのがコストについてです。たとえば、水素水サーバーで1日1L飲もうとすると、ハワイアンウォーターの水素水1L 174円/日です。ハワイウォーターは上記で比較した中で月々のコストが最も高くなる水素水です。

一方、個包装タイプの場合、1L飲むとなると2〜3パック必要となり、1個あたり300円前後なので、少なくとも600円/日〜かかります。初期費用やメンテナンスの手間はかかりませんが、同じ水素水であれば、サーバータイプの方が安く、たくさん飲むことができます。
水素水サーバーの方が安いけど、持運びできないよね?
持運びとなると、アルミパックなど専用の容器に入れないと、みるみるうちに水素は減っていくわ。ただ、持運びできないわけではないし、専用の容器を販売しているところもあるから、持運びに関してはそんなに不便さを感じなくてもいいわ。

ルルドの公式サイトはこちら


  • 水素水サーバー_ルルド / エイジレスファクトリー
    水素水濃度最大1.2ppmのハンディ水素サーバー(生成器)
    ルルド / エイジレスファクトリー
    4.55
    水素水サーバー: 4.55

    icon-check-square水素水濃度最大1.2ppmのハンディ水素メーカー
    icon-check-squareオゾン水生成も対応
    icon-check-square水素水を1日5円ワンタッチでつくれるサーバー

    価格種類内容
    148,000円(税抜)本商品水素水生成器

  • 水素水サーバー_超高濃度ナノ水素水 / アルピナウォーター
    最新「気体過飽和式」採用の水素水ウォーターサーバー
    超高濃度ナノ水素水 / アルピナウォーター
    4.45
    水素水サーバー: 4.45

    icon-check-squareレンタルサーバーと水素水キットが月々1,572円!
    icon-check-square超高濃度最大3.4ppm水素溶存量の水素水
    icon-check-square定期購入不要でランニングコスト最安!

    価格種類内容
    月4,416円(税抜) 12ℓレンタルサーバー・水素水キット
    12ℓボトル×3本


水素水サーバー(生成器)人気比較ランキングのまとめ


水素水サーバーや生成器は、実に様々な種類があります。安い買い物ではないからこそ、値段や実際に使うことを想定して吟味して選びたいものですよね。

サーバー(生成器)でつくる水素水は、飲みたい時に量を気にせずに飲めるので、飲み水をはじめとして、化粧水のように使ったり、料理やペットの飲み水として利用するなど幅広く使えます。

・ルルドの公式サイトはこちら

《関連記事》
知り合いや近所の方にも教えてあげたいおすすめ水素水アルミパウチ比較ランキング
実際に水素風呂に入ってみた感想をレポート人気入浴剤比較ランキング



《参考》 高濃度水素水生成器(サーバー)比較表詳細一覧


記事を執筆するにあたって、高濃度水素水生成器(サーバー)各社を以下のように比較調査しました。選ぶときの参考にしてみてください。

高濃度水素水生成器(サーバー)各社の詳細比較表

▼1~3位
 
1位
ルルド
2位
アルピナウォーター
3位
クリクラ マジックポット
商品名
総合評価

初期費用がかかるが、長時間高濃度水素水をキープできるコスパに優れた生成器

利用可能エリアなら、試す価値ありの高濃度水素水

低価格・コンパクトな水素水生成器
総額(3年使用)

261,440円

298,660円

311,840円
初期費用

【購入】
148,000円

【レンタル】
10,000円

【購入】
35,000円
月々の費用

3,150円
ミネラルウォーター2L☓30日分+電気代※メンテナンス代は、3年分無料特典でついてくる

8,062円
サーバーレンタル代1,572円+水代4,925円(12L☓5本)+電気代+メンテナンス代

7,690円
ミネラルウォーター2L☓30日分+電気代+メンテナンス代
水素濃度

1.2ppm

3.4ppm

0.56ppm~0.73ppm
水素発生方式

気体過飽和式

気体過飽和式

電極直接接触式
サイズ

W300×D160×H310 / 2kg

W300×D310×H1210 / 16.5kg

W183×D113×H299.5 / 0.65kg
特徴
・水道水は使用不可
・10〜30分で完成
・一度に600〜1800mlつくれる
・オゾン水も生成でき、殺菌・消臭・消毒に使用可能
利用エリアが関東+関西の一部のみ
・初月サーバー代無料
・冷水のみ、常時水素水
・水道水は使用不可
・3分〜5分で完成
・一度に500mlつくれる

▼4~6位
 
4位
ラブリエ
5位
ハワイアンウォーター
6位
アキュエラブルー
商品名
総合評価

初期費用高めだが、飲みたいものを水素
入ドリンクにできる生成器


月々の料金が高めだが、口当たりまろやかで味重視派向け水素水サーバー

瞬時に水素水生成が可能だが、初期費用は高額すぎる
総額(3年使用)

312,840円

388,480円

406,472円
初期費用

【購入】
184,000円

【レンタル】
10,000円

【購入】
284,000円
月々の費用

3,690円
ミネラルウォーター2L☓30日分+電気代+メンテナンス代

10,557円
サーバーレンタル代1,572円+水代7,235円(12L☓5本)+電気代+メンテナンス代

3,402円
ミネラルウォーター2L☓30日分+電気代+メンテナンス代
水素濃度

1.0ppm

3.4ppm

1.0ppm~1.6ppm
水素発生方式

気体過飽和式

気体過飽和式

電極直接接触式
サイズ

W186×D190×H408 / 2kg

W300×D310×H1250 / 19kg

W164×D252×H412 / 4kg
特徴
・水道水は使用不可
・5〜15分で完成
・一度に200〜600mlつくれる
・ジュースやスープなど水素を入れたい飲料に対応
・水素吸引も可能
利用エリアが関東のみ
・ハワイのオアフ島の地下から採れる口当たりがまろやかで飲みやすい味わい
・冷水のみ、常時水素水
・水道水は使用不可
・5分で1.6ppm水素水が完成
・一度に1500mlつくれる
・生成後40分で殺菌モードに入るため、溜めておくことはできない
※価格はすべて税抜 / 小数点以下は四捨五入
※月々の費用は初期費用以外にかかる料金全てを合わせたものになります。
水代(4人家族で1日2L飲む計算)+メンテナンス費用+レンタル価格+電気代含む総額

ルルドが販売終了?
販売待ちが多く、人気だったルルドは一部では「韓国製部品のため故障しやすい」と言われてきました。実際、2016年にこれまでのモデル販売終了となっています。新しいルルドは、部品パーツをすべて純日本製にし、リニューアルされます。


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+