手作り化粧水は危険だらけって知ってた? / 第45回

[公開日]2018/02/09[更新日]2018/02/16

手作り化粧水の危険性

手作り化粧水は安く、肌に優しいはウソ?

手作り化粧水は肌に刺激となる成分を入れずに、自分に必要なものだけを混ぜてつくることができます。

市販の化粧水を買うよりも安くつくれるため、気になっている方も多いのではないでしょうか。

実際、手作り化粧水には以下のようなメリットがあります。

手作り化粧水のメリット
・市販品より安く済む
・自分の肌にあったオリジナル化粧水がつくれる
・余計な添加物を加えずに済む
・自分の好きな香りの化粧水ができる

しかし、手作り化粧水にはメリット以上のデメリットがあります。

手作り化粧水のデメリット
・容器の殺菌消毒をする手間がかかる
・つくっているときにホコリや雑菌がボトルに入る可能性がある
・使う材料の相性が悪いときがある
・材料を正確に計量しないと、肌荒れするリスクがある
・保存期間が短い(都度、つくる必要がある)
・冷蔵庫で保管しなければならない

手作り化粧水は、化粧水代が安くなるというメリットはありますが、実は、正しく衛生面に気をつけて作らなければ肌荒れするリスクも出てきます。

そのようなデメリットを解決し、手作り化粧水よりも安全・安心に使えるのが市販の化粧水なのです。

市販の化粧水のほうが安全・安心

「あの成分が入ってるのは、肌に良くない」「市販の化粧水には肌に刺激になる成分が多い」と感じて手作り化粧水が魅力的に感じる方もいるかもしれません。

しかし、自分でつくる手作り化粧水こそ、安全面や衛生面において不安要素がたくさんあります。

きちんと化粧水をつくる方法や化粧品メーカーのような環境が整っていないのであれば、市販の化粧水を使った方が肌に優しいのです。

市販の化粧水に抵抗があるかもしれませんが、アンチエイジングの神様では自分の肌にあった化粧品選びができるよう「肌に良い成分」だけでなく、「肌荒れのリスクがある成分」も一緒に紹介しています。

手作り化粧水よりも自分の肌にあった化粧水選びができるので、参考にしてみてください。

オーガニック化粧水の正しい選び方
偽オーガニック化粧水に注意!元エステ員が教える正しい選び方

無添加化粧水のウソと本当
その無添加化粧水、危ないかも!「無添加」の落とし穴と選び方のポイント

本当に肌に優しい化粧品を選ぶコツ
オーガニックや無添加だから「肌に優しい化粧品」とは限らない!正しい化粧品の選び方


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+