30代なのにニキビができる…必要なケアと生活習慣のコツとは?

30代 ニキビ

ニキビといえば10代、20代のイメージですが、30代になっても繰り返されるニキビ…なぜ治らないのでしょうか?

実はその原因は、意外にも「肌の乾燥」にあります。しかし、ただ保湿をたっぷりするだけでは30代のニキビは解消されません。

ここではニキビに悩む30代女性が今すぐすべき対策や、おすすめのスキンケアについてご紹介します。



なぜ30代なのにニキビ?その原因は乾燥にあった!


乾燥肌ニキ

10代や20代のニキビは「過剰な皮脂」が原因で発生し、30代のニキビは冒頭で説明したように「乾燥が原因」です。

実は30代は、肌の水分量がグンと減少するため、大人ニキビができやすい年代です。

肌の水分量が減ると、肌の生まれ変わり=ターンオーバーが乱れてしまい、肌表面に古い角質が溜まってしまいます。

溜まった古い角質が毛穴をふさいだり、毛穴に詰まったりした結果、その汚れをエサにニキビの原因となる「アクネ菌」が集まってしまうのです。

そのため、30代のニキビケアでは、肌をしっかり保湿してターンオーバーを整えることが大切になります。

ちなみに肌のターンオーバーは約28日周期だと言われていますが、30代になると約40日周期になると言われています。

1度乱れた肌のターンオーバーはそう簡単に整いません。そのため、30代のニキビは何度も同じ場所に繰り返しできやすいのです。
こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。肌をしっかり保湿すると毛穴を塞ぐものや、毛穴の詰まりがなくなるので、アクネ菌が繁殖しなくなるのです。


乾燥以外でもターンオーバーは乱れるので注意
乾燥以外にもターンオーバーが乱れる原因は様々あります。

ターンオーバーが乱れると、古い角質が排出しきれず毛穴に詰まってアクネ菌が繁殖するので、以下の項目に当てはまる人は当てはまった原因を取り除くようにしましょう。

・疲労がたまっている
・睡眠不足
・食事が偏っていたり、コンビニ弁当やパンなどで済ませている
・間違ったスキンケア方法
・紫外線

女性ホルモンが原因でニキビができることもある

女性ホルモンは肌にハリとツヤを与える効果があります。

しかし、女性ホルモンは20代後半をピークに、どんどん減少してバランスが乱れてしまいます。

女性ホルモンが減少したり、バランスが乱れたりすることでニキビができやすくなってしまうのです。

生理前にニキビができやすいのも、このホルモンバランスの乱れが関係しています。
ホルモンバランスが乱れると、肌の水分量・皮脂量のバランスが崩れてしまいます。化粧品でホルモンバランスを整えることはできませんが、肌の水分量と皮脂量を調整することはできるので、生理前などは特に入念な保湿を心がけましょう。


30代のニキビは跡も残りやすいので早期対策が必要

ニキビ跡は、ニキビを潰したり、ニキビの炎症がひどかった場合にできてしまいます。

万が一、ニキビ跡になってしまったとしても、通常であればターンオーバーにより薄くなっていきます。

しかし、30代は肌のターンオーバーが乱れているため、ニキビ跡が残りやすい傾向にあります。

30代のニキビは
・ニキビができないように予防する
・もしニキビができたら専用のスキンケアですぐに対策する

ことが大切になるのです。

30代ニキビに効果的な化粧品の選び方は?


「ニキビができたから、しっかり洗顔しなきゃ!」と思う人も多いかと思いますが、ニキビができた場合は洗顔よりまず「保湿スキンケア」を見直しましょう。

30代のニキビは肌の乾燥によるターンオーバーの乱れが原因ですので、まずはターンオーバーを整えることが大切です。

ターンオーバーは肌がうるおっていなければ機能しません。そのため、まずは化粧水でたっぷり保湿をしてあげることがポイントです。

ただし、化粧水は以下の選ぶポイントを押さえた「ニキビへの効果が高い化粧水」を選びましょう。

高保湿成分が配合されている
肌の乾燥はターンオーバーを乱す原因の1つです。

保湿力の高い化粧水は肌のターンオーバーを整えてくれる働きがあるだけでなく、肌のバリア機能を高めて、外的刺激から肌を守ってくれる効果もあります。
◆おすすめ保湿成分
ヒアルロン酸・リピジュア・コラーゲン・セラミド

抗炎症成分が配合されている
ニキビは、毛穴に詰まった汚れに「アクネ菌」と呼ばれる菌が集まり、肌が炎症している状態です。

できたニキビをケアするためには、肌の炎症を沈める必要があります。
◆おすすめの抗炎症成分
グリチルリチン酸2K(ジカリウム)・ビタミンC誘導体
特にグリチルリチン酸2Kは、抗炎症成分として厚生労働省から認められた有効成分なのでオススメです。


肌を刺激する成分が配合されていない
ニキビケア化粧品の中には、アクネ菌を死滅させるために、強い殺菌効果のある成分が配合されていることがあります。

しかし、30代の肌はターンオーバーが乱れていて刺激に弱くなっています。

そのため、強い殺菌効果のある化粧水を使ってしまうと、かえって肌が炎症してしまいニキビが悪化する恐れがあります。
◆避けるべき刺激成分
硫黄:皮脂の多い10代の思春期ニキビ向き。30代は×。
香料:本来ニキビケアには不要。どのようなものが使われているか不明瞭なことが多いので避けたい成分。

30代のニキビにぴったり!おすすめ化粧水ランキング


ここでは、30代のニキビに効果的な化粧水をご紹介します。

30代のニキビに必要な
・高い保湿効果
・抗炎症効果
・刺激がなく肌に優しい

化粧水を厳選した結果は以下の通りです。

オルビスクリア

プチプラなのに優秀!保湿効果&ニキビケア力のバランスが取れた化粧水
オルビスクリアは、保湿コラーゲンやトリペプチドといった高保湿成分が配合されているため、乾燥によるニキビを予防してくれます。

ニキビの炎症をケアするグリチルリチン酸2Kが配合されているだけでなく、毛穴のつまりを取り除くヨクイニンエキスも配合しているので、できてしまったニキビをしっかりケアする化粧水です。

◆オルビスクリアの口コミ
良い口コミ
  • 繰り返しできていたニキビができなくなった
  • 顎周りやフェイスラインのニキビがキレイになった
  • 乾燥肌でもカサつくことなく使えた

悪い口コミ
  • 潤いが足りない
  • さっぱりしすぎる

口コミの結果:粉吹き肌には潤いが足りないが、脂性肌〜乾燥肌のニキビには効果的
ニキビケア効果に対する口コミは満足度が高く、ほとんどの人が効果を実感していました。

口コミの評価が分かれたのは潤い効果です。

脂性肌・普通肌・混合肌・乾燥肌の人からは「乾燥することなく使えた」との口コミが目立ちましたが、粉がふくほど乾燥している人からは「肌が乾燥する」という口コミが目立ちました。

粉吹き肌の人は、まずは保湿に特化した化粧水でのスキンケアが優先になるでしょう。

それ以外の人であれば、肌の保湿をしながらニキビケアをすることができます。

✔︎最安値情報
楽天やAmazonでは定価より高い価格で売られていましたので、公式ページの1,500円が最安値になります。初めて購入する場合は1,200円でトライアルセットを試すこともできますよ。
オルビスクリアの公式ページへ

ルナメア

独自のニキビケア成分でニキビを根こそぎケアする化粧水
ルナメアACは、アスタリフトで有名な富士フィルムから販売されている化粧品です。

有効成分「アクネシューター」がニキビの原因であるアクネ菌に働きかけてくれます。

また、独自のナノ化技術でニキビケア成分や保湿成分が肌の奥まで浸透するため、繰り返しできる30代のニキビを根元からケアしてくれます。

◆ルナメアACの口コミ
良い口コミ
  • 生理前にニキビができにくくなった
  • 顎にあった大きなニキビがきれいになった
  • 肌がツルツルする

悪い口コミ
  • 肌に合わず使えなかった
  • 少しピリつく感じがする

口コミの結果:敏感肌には向かないが、それ以外の肌質には効果的
口コミを調査すると、ニキビがきれいになったという口コミが多くあり、高い評価がほとんどでした。

一方で、「肌がピリついた」と口コミが見られます。この理由は、ルナメアACノ抗炎症成分の強さにあります。

ルナメアACの抗炎症成分には、「グリチルレチン酸ステアリル」が含まれています。

肌に悪い成分ではありませんが、一般的な抗炎症成分「グリチルリチン酸ジカリウム(2K)」と比べると抗炎症効果がやや強い分、肌を刺激しがちな成分です。

そのため、敏感肌の人はやや刺激に感じることがあるでしょう。

これまで化粧品で肌荒れをしたことがない人にとってはぴったりのニキビケア化粧水です。初めて購入する場合は、1週間のトライアルセットを1,000円で試せます。
ルナメアACの公式ページへ

ノブAC

セラミド配合で保湿力が高いニキビケア化粧水
ノブACは皮膚科学に基づいて作られたニキビケア化粧水です。

ニキビをケアする成分として、

・皮脂をコントロールするビタミンC
・肌荒れをケアするアラントイン


が配合されているため、繰り返される30代のニキビをしっかりケアします。

保湿成分は、あらゆる成分の中で最も保湿効果が高いと言われている「セラミド」が配合されています。

肌の奥からしっとりした潤いを与えてバリア機能を高めるので、ニキビ予防にもぴったりです。

◆ノブACの口コミ
良い口コミ
  • 肌がしっとりする
  • ニキビができにくくなった
  • 敏感肌でもピリつくことなく使えた

悪い口コミ
  • もっと早く効果を実感したい
  • ニキビがキレイにならなかった

口コミの結果:乾燥肌&軽度のニキビにぴったりの化粧水
ノブACの口コミをみると、ニキビへの効果だけでなく、「肌がしっとりする」といった保湿効果の高さにも定評がありました。

セラミドなど高保湿成分による効果を実感している人が多いようです。乾燥肌の人にはぴったりのニキビ対策化粧水でしょう。

一方で、ニキビケア力を実感しづらかった人もいるようです。

ノブACはニキビの炎症にぴったりな「グリチルリチン酸系の成分」が含まれていないため、1位のオルビスや2位のルナメアACと比べるややニキビケア力が劣るのでしょう。

ただし、セラミド配合で保湿効果は高いので、ニキビと同じくらい乾燥が気になる人にぴったりの化粧水です。

ノブACは洗顔〜保湿までのトライアルセットがあり、今なら特典も多数ついてきます。1,500円・送料無料で試しやすいので、初めての方はまずはトライアルセットを試してみてください。
ノブACの公式ページへ

ニキビケア化粧水ランキングまとめ
 
総合評価
価格
保湿&ニキビケア成分

低価格なのにニキビケア力も保湿力も高い。肌にもやさししい

1,500円
(180ml)

▼保湿
コラーゲン・トリペプチドF/ヨクイニンエキス
▼ニキビケア
グリチルリチン酸2K

ニキビケア力が高く、ナノ化成分でニキビの根元まで届く

1,979円
(120ml)

▼保湿
セイヨウナシ果汁発酵液/ヒオウギ抽出液/アーティチョークエキス
▼ニキビケア
グリチルリチン酸ステアリル

肌にやさしい成分で敏感肌にも◎。保湿効果が高いのでニキビと同じくらい乾燥がきになる人に

2,576円
(120ml)

▼保湿
リピジュア/べタイン
▼ニキビケア
アラントイン/ビタミンC

保湿効果が高いが、ニキビケア力に欠ける。価格がやや高め

3,420円
(150ml)

▼保湿
ヒアルロン酸/リピジュア/植物性プラセンタ
▼ニキビケア
グリチルリチン酸2K
※価格は税抜き

洗顔のしすぎなど間違ったお手入れしてない?正しいお手入れ方法


実は間違ったお手入れ方法は、肌を乾燥させ、ニキビを悪化させる原因になります。正しいスキンケア方法でニキビをケアしていきましょう。

クレンジング
  • シートタイプは摩擦による刺激でニキビが悪化するのでNG
  • 肌を乾燥させないリキッドタイプかミルクタイプが理想的
  • 円を描くように優しく洗う。小鼻も丁寧に。

洗顔
  • シンプルな固形石鹸がベスト
  • たっぷり泡立て、泡のクッションで洗う
  • すすぎはぬるま湯を使い、生え際などの洗い残しがないように

化粧水&美容液
  • たくさん使っても肌が吸収できる量は決まっているのでメーカー規定の量を使用する
  • コットンは繊維が刺激になるので手でつける
  • パッティングはせず、下から上、内側から外側へやさしくなじませる

クリーム
  • 塗りすぎると肌の油分が多くなり、過剰な油分を餌にアクネ菌が繁殖するため、メーカー指定の量を使用する
  • 肌をこすらないように下から上、内側から外側へなじませる

ファンデーションも使うものによってはニキビが悪化するので注意


実はファンデーションもニキビの原因です。特にクリームタイプやリキッドタイプはニキビができやすい傾向にあります。

クリームやリキッドタイプのファンデーションでニキビができる理由

クリームやリキッドタイプのファンデーションは油分が多く含まれています。

ところが油分は、ニキビの元「アクネ菌」の好物です。

油分が多いファンデーションは肌の乾燥を防ぐ一方で、ニキビの元である「アクネ菌」が繁殖しやすい状況を作ってしまうのです。
クリームやリキッドタイプは成分を混ぜるために、肌の刺激になりうる「合成界面活性剤」が使用されている場合が多く、肌への刺激も気になります。


おすすめはパウダータイプのファンデーション

ニキビ悪化の原因となる「油分」が少ないパウダーファンデーションは、ニキビに悩む人にぴったりです。

つけ心地も軽くて肌への負担も少ないので安心して使えます。

特にミネラルファンデーションは肌に優しいものが多いので、ニキビができている肌にも使うことができますよ。

ニキビ肌にも使えるミネラルファンデーションが気になる方は「元エステティシャンが比較!本当に使えるミネラルファンデーションランキング」をご参照ください。
パウダータイプはクリームタイプよりも乾燥することがあるので、メイク前の保湿は丁寧に入念に行いましょう。


ニキビはできた部位で原因が異なる!


ニキビ 原因

実はニキビは、できる部位ごとに特有の原因もあります。

ニキビに効果的な化粧水でのスキンケアと一緒に、部位特有の原因を取り除くことでいち早いニキビ対策ができますよ。

おでこのニキビの特徴と対策方法

原因
  • シャンプー・洗顔料のすすぎ残し
  • 前髪が触れることによる刺激
  • 前髪の整髪料の刺激

対処法
  • シャンプー、トリートメントは洗顔の前に行う
  • 前髪を上げてニキビを刺激しないようにする

頬・フェイスラインのニキビの特徴と対策方法

原因
  • 乾燥や古い角質による毛穴のつまり
  • ストレス

対処法
  • セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸配合の化粧品で保湿する
  • オイルフリーの化粧水を使う
  • 洗顔時の洗い残しに注意する
  • 枕カバーを常に清潔にする
  • ストレスを解消する

あごのニキビの特徴と対策方法

原因
  • 消化機能の低下など内面的な不調の影響
  • ストレスや冷え
  • 男性は髭剃りによる刺激

対処法
  • 暴飲暴食を避けてバランスの良い食事をする
  • ストレスを解消する
  • 身体を温め、冷えを改善する
  • シェーバーの刃を清潔に保つ

皮膚科のニキビ治療はどんな方法で行われるの?


ニキビの治療には様々な方法があり、症状に応じて適切な治療が行われます。

効果を感じるまでには個人差がありますが、すぐに効果が出ない場合でも医師の指示通りに治療を受けることで、ニキビ跡を残さずニキビケアをすることができますよ。
2008年にはニキビ治療の基本方針となるガイドラインができました。「たかがニキビで皮膚科に行ってもいいのかな…」と悩まず、保険適用で誰でも皮膚科でニキビ治療を受けることができます。


皮膚科のニキビ治療内容

皮膚科でのニキビ治療は様々な方法があります。どの治療方法で進めていくかは主治医の判断に任せましょう。

薬による治療
塗り薬や内服薬によってニキビを治療する方法です。
費用:保険適用で数百円〜数千円

面皰圧出
専用の器具を使ってニキビを押し出す方法です。軽度なニキビの場合に行われます。
費用:保険適用で数千円

ケミカルピーリング
ピーリング剤で古い角質や毛穴の汚れを取り除くことで、肌のターンオーバーを促し、皮膚再生をしていく治療方法です。
費用:数千円〜数万円(保険適用不可)

ホルモン治療
ホルモンの乱れによるニキビの場合、低容量ピルなどでホルモンの乱れを整え、皮脂の量をコントロールする方法です。
費用:数千円〜数万円(保険適用不可)

皮膚科でニキビ治療をしても、正しいスキンケアは必須

皮膚科では医師の診断の元で治療が行われるので着実なニキビ改善が見込めます。

しかし、30代は加齢によってターンオーバーが乱れている状態であるため、たとえニキビが完治しても、繰り返しできる可能性は高い傾向にあります。

そのため、高い保湿効果と抗炎症効果のある化粧品でしっかりスキンケアをし、そもそもニキビができない肌を作ることが大切です。
おすすめのニキビケア化粧品ランキングを見る(上部へ)





生活習慣を改善するだけでもニキビ対策ができる


ニキビはホルモンバランスが乱れるとできる肌トラブルです。

化粧水でしっかりお手入れしたとしても、生活習慣が悪くホルモンバランスが乱れてしまうと、ニキビはなくなりません。

ここではニキビ改善に繋がる生活習慣についてご紹介します。

睡眠は最低6時間とる
睡眠不足になるとホルモンバランスが乱れ、ターンオーバーも狂ってしまいます。

肌がその日に受けたダメージを回復させるためには、最低でも6時間必要だと言われているため、なるべく6時間は眠るようにしましょう。
休日に「寝だめ」をする人もいますが、寝だめをすると体内時計が狂ってしまいます。すると、自律神経が乱れてターンオーバーも乱れてしまうので注意してください。


ストレス解消
ストレスがたまると、抗ストレスホルモンが分泌されます。

それと共に男性ホルモンが増えてしまうため、女性ホルモンのバランスが乱れ、ニキビができやすくなってしまいます。

好きな音楽を聞いたり、癒される香りを嗅ぐなどしてストレスを軽減させることもニキビ対策に効果的です。

ニキビを作る食べ物&効く食べ物で改善!


肌は食べたもので作られます。食べるものによってニキビが悪化することもあれば、逆にニキビが良くなることもあります。

ここではニキビの原因になる食べ物と、ニキビ改善に繋がる食べ物について解説します。

ニキビに効く食べ物

肉・魚などのたんぱく質
たんぱく質は肌の土台を作ってくれる大切な栄養素です。

肌の基盤を強くすることは、ニキビはもちろん、あらゆる肌トラブルに強い肌を作ることができますよ。
食材:卵・肉類・魚・納豆・チーズ・豆腐など

肌のターンオーバーを促進するビタミンA
ビタミンAは肌を再生したり、強くしたりする栄養素です。

ターンオーバーが乱れている30代の肌を整え、ニキビができにくい肌を作ってくれます。
食材:にんじん・ほうれん草・小松菜・トマト・レバーなど

ニキビを悪化させる食べ物

砂糖の取りすぎ
砂糖は摂りすぎると分解されず体内に残ってしまいます。

すると、残った糖分は「脂肪」となって皮脂を過剰に分泌してしまうため、皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

お菓子を食べたくなった場合は、チョコレートやクッキーなどの糖分が多いものではなく、アーモンドやキウイなどビタミン類が多い食品を食べましょう。

脂質が多いもの
揚げ物やポテトチップスなど油っぽい食べ物、ファーストフードやバターたっぷりのお菓子など、脂質が多いものは皮脂分泌を促す作用があるため、ニキビの原因になってしまいます。

皮脂が必要以上に分泌されると、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができてしまいます。

油物を多く取りすぎないよう、食事のバランスを考えながら摂りましょう。

まとめ 30代のニキビは高保湿&抗炎症効果のある化粧水で早急なケアを!


30代のニキビは肌の乾燥によるターンオーバーの乱れが原因です。

ニキビを繰り返さないためには、毎日のスキンケアを丁寧に行い、潤い効果でターンオーバーをサポートしてあげましょう。

ケアを続けていくことで徐々にニキビが目立たなくなり、ニキビができにくい肌を作ってくれますよ。

30代のニキビにおすすめの化粧品ランキングはこちら(ページ上部へ)

《管理人:安藤美和子》
サプリメントアドバイザー、化粧品検定一級、薬事法管理者の有資格者チームの管理人。化粧品開発・プロモーションの実務経験を活かし、雑誌・WEBメディアの執筆/ディレクションを行う。


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様の更新情報はTwitterとRSSでお届けしています。日頃の心構えから、アンチエイジングの裏ワザまで常に最新の情報をお届けしますので、是非登録して見逃さないようにして頂けると幸いです。





Google+