白髪染めシャンプートリートメントを買う前に知るべき4つのポイントと比較ランキング

白髪染めシャンプートリートメントの比較ランキング

シルバー世代という言葉で評されるように、老化の象徴として考えられる白髪。しかし人によっては30代、40代頃から現れ始め、多くの方にとって悩みの種となります。年齢を重ねた方の白髪スタイルは、上品で格好良くもあります。一方、まだそんなスタイルは早い、と感じる方は白髪を上手く自分のスタイルにアレンジしたいものです。

一般的な方法は白髪染め用ヘアカラーです。自宅でもケアすることができ、ヘアカラーに近い感覚で取り組めます。利点も多い一方、やはりマイナスも有ります。年齢と共に、頭皮や髪も老化します。長期にわたるヘアカラーは、髪や頭皮の健康には望ましいとは言えません。白髪と共に髪のボリュームへも気遣いたいところです。

より頭皮と髪質にこだわって白髪染めを選ぶ場合、候補に挙がるのが白髪染めシャンプー・トリートメントなどの徐々に染める優しい染髪法です。こいった方法を選ぶ場合、どういった事に配慮し、どのような選び方をすればいいのでしょうか。白髪染めシャンプー・トリートメントを選ぶ際に知っておきたい知識や、具体的な商品をご紹介します。

白髪の染め方は何がベスト?


白髪染めの方法にも各々一長一短あります。染色力の強い「ヘアカラー」は便利で色落ちもありませんが、髪や頭皮へのダメージは大きくなります。「ヘアマニキュア」は髪の表面のみ染めるので、ダメージは軽減されますが、色落ちが気になります。白髪用の「カラーシャンプー・トリートメント」は染色に時間がかかりますが、優しく染める事ができます。

「白髪染めヘアカラー」と「白髪染めシャンプー・トリートメント」の違いは?


同じ白髪染めなのに、仕上がりやダメージが異なる2つのカラーリング。「ヘアカラー」をした部分は一回で望む色に染まり、とれません。それは髪に化学変化(ブリーチ)を起こし、染料を髪の中で定着(染色)させるからです。この仕組みは黒髪用のヘアカラーと同じもので、白髪染めとはブリーチ力と染色力のバランスに差があります。

一方ブリーチを起こさない「白髪染めシャンプー・トリートメント」の類は、表面しか染める事はできません。ブリーチしないからこそ肌と髪が痛まないのですが、一方劇的に色を変えることもできません。地の髪の色にその染料を上塗りした状態です。さて、この2種の違いについて、どの点を重視されるでしょうか。

仕上がりから考える白髪染め選び


1度で思い通りの髪色になり、利便性や仕上がりに優れるヘアカラーですが、美しく健康で豊かな髪を保つためには、2か月以上の間隔を空け、なるべくプロの手で行う事がお勧めです。長期のヘアカラーは髪のボリュームや頭皮に影響を及ぼす事があります。特に、生え際の目立ちや経済性を考慮して、自宅で頻繁にカラーをしている方は注意してください。

一方頭髪に優しい白髪染めシャンプー等ですが、仕上がりはヘアカラー同様の染まり具合を期待はしない方がいいでしょう。それなりに染まるまでに、ある程度の回数と期間を要します。また、髪の太さに依り、染まり具合に個人差が出ます。納得できる希望通りの色にはならないこともあります。

利便性から考える白髪染め選び


安全性の高い白髪染めシャンプーやトリートメントですが、これらも利便性と染まりやすさに若干差があります。トリートメントは多くの場合シャワーキャップなどをして時間を置く必要があるのに対し、シャンプーは通常のシャンプーと同じことをするだけで染髪を兼ねます。

染色力が強いのはトリートメントタイプですが、それだけ髪以外のものにも染料が色移りしやすくなります。そのため素手で染めると、使用後爪周りなどの色がしばらく落ちない事があります。清潔感のある手元を保つためには、ビニール手袋をしなければいけません。染色力が劣るシャンプーは、色移りもさほど気にならないという利便性があります。

白髪染めシャンプー!どのような人に向いている?


さて、上記のような染め方毎の違いを踏まえた上で、白髪染めシャンプーの立ち位置を明らかにしましょう。白髪染めシャンプーは、仕上がりはヘアカラーのような染まり具合でなくても構わない、時間をかけてじっくり取り組みたい、もしくは他の染髪方法の補助として使用したい、といった希望の方に適しています。

一方で、染髪力以上に髪のボリュームや艶、頭皮などの健康を重視している、という方に向いた商品です。度重なるヘアカラーでダメージが気になる場合、カラー持ちを良くするためにコンディションを整えたい場合などに適しています。

また、頭髪に優しいカラーリング方法の中で、同時に使用時の利便性も重視しているという方にも望まれる商品です。あまりはっきりと染めた感じを出したくない、普段トリートメントなどしない男性の方にも向いています。

白髪染めシャンプー!仕上がりに対する心得


これまでご紹介のように、白髪染めシャンプー・トリートメントには染まり具合に個人差があります。自然の染料や刺激の少ない染料を使用する場合はある程度心得ておかなければいけません。また同じ低刺激の染料でも、染色度合を強めたいならば、シャンプー・トリートメントという形ではなく、染め時間をしっかりとるトリートメントなどのアイテムが効果的です。

髪が細く腰の無いタイプの方は染まりやすく、メーカーの提示するサンプル写真に近い発色度合を望めるかもしれません。しかし、多くの場合、例えば1本使い切ってもニュアンス程度にしか染まらない事や、白髪の光沢などを押さえ目立たなくするといった程度になる事もあります。また、茶、黒といった色味もケミカルなものよりずれが大きい可能性も考慮に入れておくといいでしょう。

では白髪染めシャンプー・トリートメントのランキングを、「染める」という点に重きを置いてご紹介します。実の所シャンプー単体で染めることを奨励している商品はあまり見受ける事がありません。あくまでカラーにおいては補助的な位置づけのものが多く出ています。もう一つのポイント、頭髪ケアとの兼ね合いからランキングをつけさせていただきました。

  • 白髪染め_LpLp / Jコンテンツ
    使うたびに潤う、無添加の白髪染め
    LpLp / Jコンテンツ
    4.25
    白髪染め: 4.25

    icon-check-square髪・頭皮にやさしい白髪染めトリートメント
    icon-check-square美容成分94%、植物由来の染料使用
    icon-check-square全額返金保証付き

    価格種類内容
    1,834円(税抜)本商品
    200g
    トリートメント

  • 白髪染め_リシリッチ 利尻ヘアクリーム / ピュール
    40代からの髪のエイジングケアを考えて開発された洗い流さないトリートメント
    リシリッチ 利尻ヘアクリーム / ピュール
    4.25
    白髪染め: 4.25

    icon-check-squareドライヤーの熱で髪ダメージを補修する新発想
    icon-check-square利尻昆布エキスなど50種類の美容液成分贅沢配合
    icon-check-square植物由来の毛髪保護成分も配合

    価格種類内容
    2,500円(税抜)初回限定お試し(540円お得)
    150ml
    ヘアクリーム

  • 白髪染め_利尻ヘアカラートリートメント / ピュール
    根元から綺麗に染まる、自宅で簡単白髪ケア
    利尻ヘアカラートリートメント / ピュール
    4.20
    白髪染め: 4.20

    icon-check-square臭わない、無添加白髪染めトリートメント
    icon-check-square天然潤い成分で白髪とダメージのダブルケア
    icon-check-square初回限定1,000円OFFの2,000円

    価格種類内容
    2,000円(税抜)本商品
    200g
    トリートメント


そのほかの商品について、いくつかご紹介します。

「利尻ヘアカラーシャンプー/株式会社ピュール」3500円/200ml

シャンプーだけで染める、という観点から切り取ると、その点にもある程度努力している商品と言えると思います。含有成分が非常に多く、洗浄力に関しては低刺激ながらさっぱりした洗浄を目指しています。その他頭皮環境の清潔や育毛、保湿などに有効な成分が含まれている事がわかります。

とにかく成分の種類が多いので、どの成分がどれだけということはわかりませんが、全体として一定量の有効成分が含まれている事は期待できそうです。男性女性ともに使いやすい商品です。全成分が自然由来というわけではないですが、低刺激な洗浄剤でアレルギーテスト済みですので肌が弱い方でも使えます。

頭髪に優しい染髪方法に元来疎い、という方にとってどの商品がどういいのかは分かりにくいかと思います。宣伝過多というだけでかえって嫌煙される方もいるかもしれません。こちらの場合は品質や国内生産、効果といった点である程度評価できるものだと思います。また、生協でも購入可能です。

「マヘンディ ヘナシャンプー/マヘンディヘナ」3800円/500ml

ヘナも天然の染髪成分として、白髪染めによく用いられます。ヘナには染色力以外にトリートメント効果もあり、髪にこしや艶を与えます。ただし使い始めはきしむことがあり、初めは不便かもしれません。またヘナの出す色は赤褐色で、黒や茶ではないので、藍などを混ぜて調整します。そして食材と同じように、万人にアレルギーを起こさないわけではありません。

マイナス点もあるにも関わらず、その美髪効果でヘナの愛用者は多くいます。このヘナを使ったシャンプーは、ヘナ以外の成分も天然成分で統一しています。洗浄成分としてはヤシ油や植物油を中心としています。ヘナカラーをしている方の補色用としても最適かもしれません。また本格的なヘナ染めはハードルが高くなりがちですが、こちらはシャンプーで始められる点が気軽です。

「黒染ヘアシャンプー/黒ばら本舗」2700円/500ml

植物成分のロッグウッドエキスと、イオン性塩基色素で髪へのダメージを抑えながら染める事を考えた商品です。椿油などを販売する会社の商品で、このシャンプーにも椿油の他、白髪防止効果のあるサンショウエキスも配合しています。

匂いが気になる場合があるようなので、特に気になりやすい方は一度試してから使用を考えた方がいいかもしれません。また、頭皮や髪への配慮はしていますが、化学成分を使用していますし、パッチテストが必要です。肌が弱い方はその点を考慮して使用を考えて下さい。

これ以外にも白髪染め効果があるシャンプーはありますが、染める、という点や、頭髪への優しさという点で選んだのが上記です。以下では、シリーズのライン使いについてもご紹介しておきます。

白髪染めヘアケアのライン使い


髪に優しい天然の染料の中には、他のアイテムの成分によって染まりにくくなるものがあります。例えばランキングでご紹介したヘナは、トリートメントやシャンプーなど他のアイテムがシリコン系のものだと効果が出にくくなり、逆に酢などを使って酸性のリンスをすると色持ちが良くなります。

染めるという効果を期待したい方は、できればシャンプー~トリートメントまで同ラインを使用すると、効果的です。これはシャンプー重視の方以外に、トリートメントで染めたいという方も同様です。全てを揃えるとハードルが上がりますが、費用と効果のバランスを考えて選んでみるといいかと思います。

ランキングでご紹介した商品のライン以外にも様々な商品があります。また、ライン使いではないですが、特に髪のこしやボリュームが気になる方は、ヘナをベースにアイテムを考える事もお勧めです。

「薬用シャンプー・ヘアカラートリートメント/LPLP」 1900円/180ml・3000円/200g

シャンプーはノンシリコンで、カラートリートメントの染色力を上げるよう作られています。薬用で、頭皮環境を健やかに保つ効果があるシャンプーです。有効成分はD-パントテニルアルコールとグリチルリチン酸2Kです。その他に、海洋由来の保湿成分「ルプルプWフコイダン」というものが入っています。弱酸性です。

ヘアカラートリートメントは髪や頭皮に優しい天然色素などを使用し、負担無く染めるヘアマニュキュアタイプです。とはいえ、優しく染めるタイプのトリートメントですから、一般的なヘアカラーやヘアマニュキュアよりも染髪力は落ちることを考慮してください。一方素手でも使用することが可能です。

トリートメント効果にも重きを置いた商品で、優しい使い心地ですが、肌が弱い、又は弱っている方は配合成分の中に刺激性のものも少し入っているので、考慮しておくといいかもしれません。同系統の商品では、ランキングで紹介した利尻のトリートメントの方が、若干成分が優しいかもしれません。


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+