エステ員解説!目元黒ずみクマの色素沈着、原因と解消方法

[公開日]2016/11/16[更新日]2017/12/04

目の下クマ
"疲れた印象"や"老けた印象"がある目元の色素沈着

筆者は小学生の頃から目の下の色素沈着(クマ)に悩んでいました。昔は皆になくて、自分にだけあって「寝れてる?」と聞かれることが多かったので"勉強を夜遅くまで頑張っている証拠"と思って愛着すら湧いていました。笑

(ちなみに上記写真が昔の筆者です。ファンデーションをしているのにクマがくっきり。涙)

しかし、現在は大人になるにつれて深く根付いてしまった色素沈着に手を焼いています。正直お手上げで何をやっても無駄。という感じです。

目元の色素沈着に悩む方なら共感してくださるのではないでしょうか。

そこで今回こそは、本気で目元色素沈着のケアに乗り切ることにしました。目元の色素沈着について詳しくなればなるほど、自分が今まで行っていたケアの無駄さに気付かされました・・・。

この記事では、目元の色素沈着にお悩みの方に参考にしていただきたいことをまとめました。お役立ていただければ嬉しいです。



あなたの色素沈着は何タイプ?


目元の色素沈着は大きく分けて3種類に分かれます。

どのタイプの色素沈着もクマとして区分されることが殆どですので、以下色素沈着はクマとしてお話を進めていきます。

疲れた印象や老けた印象を与える目の下のクマ。しかしこのクマには種類があり、色素沈着の理由もそれぞれ。対策を考える前に、まずは自分がどのタイプのクマなのかを知ることから始めましょう。

茶クマタイプの特徴
・色素沈着している
・アトピー性皮膚炎
・化粧品でかぶれやすい
・ウォータープルーフの化粧品を使っている

茶クマタイプの原因と対策をチェックする(ページ下部へ)

黒クマタイプの特徴
・たるみやむくみが気になる
・生まれつき目の下の脂肪が少ない
・加齢

黒クマタイプの原因と対策をチェックする(ページ下部へ)

青クマタイプの特徴
・冷え性
・生活習慣が乱れている
・女性特有の悩みが気になる
・睡眠不足や疲労感がある

青クマタイプの原因と対策をチェックする(ページ下部へ)

自分がどのタイプのクマか分かりましたか?続いてクマのタイプ別に対策を見ていきましょう。

クマちなみに筆者は青クマ×茶クマの頑固タイプです。

化粧品でケアできるのは茶クマタイプだけ!


茶クマタイプの原因は2つ

・乾燥
・摩擦


どうして、乾燥と摩擦が色素沈着(茶クマ)をもたらすのか詳しく見ていきましょう。

乾燥が色素沈着を起こすのは?
乾燥すると、肌の代謝が低下してしまい、肌表面の古い角質のターンオーバーが進まず、肌の表面が枯れ、くすんだ印象を引き起こしてしまいます。
また乾燥するとどうしても小じわが増えやすくなるため、しわによる影が目元に出来、さらに茶クマを目立たせることになります。

摩擦が色素沈着を起こすのは?
目の周りは顔の中でも最も皮膚が薄く、顔の他の部分と比べるとその厚みは1/3程度。さらに目元には皮脂腺もないので、非常に乾燥しやすく、刺激に弱いのです。
そのため少しの摩擦であっても刺激となり、メラニンの生成が進み色素沈着を起こします。

そこで重要なのが保湿と摩擦によるメラニン生成の抑制です。

メラニン生成の抑制に有用なのは?

近年注目されているのが"ハイドロキノン"です。ハイドロキノンは美白成分としてその効果の高さに定評があります。色素沈着だけではなく、シミ・肝斑・そばかす・日光黒子などにも効果が期待できるといわれています。


ハイドロキノンとは

ハイドロキノンには、シミの元となるメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑制し、メラニンに産生を抑える働きがあります。
美白効果が高いことで知られるハイドロキノンですが、その反面副作用が懸念されていました。肌への刺激が強くかぶれること、白斑ができたり、肌色がまだらになったりなど。
しかし最近ではそれらのマイナス面を補うことが出来る「進化型ハイドロキノン」が現れたのです。

「進化型ハイドロキノン」
進化型ハイドロキノンも従来のハイドロキノンと同様、「今あるシミ」「これからできるシミ」をケアする働きがあります。しかしハイドロキノンで1番懸念されていた副作用が大幅に減少。効果はそのままで肌への優しさが実現されたのです。

・効果
従来の美白化粧品の10〜100倍
・副作用
直接肌に触れない処方のため肌にやさしい
・成分の安定性
カプセル化や特別な物質を使用し、美白成分を保護
・浸透性
ナノ化やカプセル化により、肌への浸透度がアップ

茶クマをケアするときに選ぶべき化粧品

保湿力
全ての肌トラブルは乾燥から起こると言っても過言ではありません。肌の潤いが失われるとバリア機能が低下し、肌荒れや老化の原因になります。色素沈着である茶クマの改善には「ターンオーバー」が大切なのですが、角層の水分量が減り、肌の乾燥状態が続くと肌は硬くゴワゴワし、どんどん角層が厚くなってしまいターンオーバーがスムーズに進まなくなるのです。ケア化粧品を選ぶ時には保湿成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

メラニン生成の抑制力
色素沈着はメラニンの過剰な生成や代謝機能の低下が大きな原因です。改善にはメラノサイト(色素細胞)の活性化を防ぎ、表皮内のメラニンを還元し、メラニンの生成を抑制することが大切です。有効な成分としてはプラセンタエキス、ハイドロキノン、アルブチンなど。これらの成分が含まれた美白化粧品を選ぶようにしましょう。

今ある色素沈着の働きかける力
すでに出来てしまった茶クマに大切なのは、沈着してしまったメラニンを還元する作用です。酸化によって黒褐色になったメラニンを無色の状態に戻し、すでに出来ている色素沈着を改善に導きます。有効成分はハイドロキノンとビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は昔から広く知られているメラニン還元成分ですが、ハイドロキノンと比べると効果は低めになります。

茶クマの対策をスキンケアで行う場合は、この3つの成分を兼ね揃えている必要があります。

上記のポイントを押さえている人気商品を比較

化粧品

50種類近くの化粧品を調査した中で、人気なのが「アンプルール」と「ビーグレン」でした。「人気なのは分かったけど・・・何が違うのかイマイチわからない」のが正直なところではないでしょうか。今回は"ハイドロキノンの配合量""保湿力"に重点を置き比較してみました。

 
総合評価
濃度
保湿成分

部分集中ケアも顔全体的のケアもでき、保湿効果も高い

新安定型ハイドロキノン
化粧水:1%未満
美容液:2.5%

セラミド1,3,6Ⅰ、浸透型コラーゲン、プラセンタエキス(化粧水、クリーム)

美白効果は高いがアンプルールと比べると保湿効果がやや低い

QuSome®ハイドロキノン
夜用クリーム:1.9%

レチノール、GF、植物幹細胞エキス、セラミド、DMAE



「アンプルール」「ビーグレン」実際に使用した感想

ビーグレン アンプルール成分配合がいいだけでは良いものとは言えません。実際に2つを使用して使用感や実力を検証してみました。

保湿力を比較
成分的に見ると「アンプルール」の方が保湿にこだわった製法になっています。実力はどうでしょうか。
アンプルール
アンプルール
ビーグレン
ビーグレン
検証結果も「アンプルール」の方がうるおいがアップしました。お肌のうるおい理想数値は40%以上です。ビーグレンの45%でも潤っている肌と言えますが、アンプルールの54%は嬉しい数値ですね。

香りやベタつきは?使用感を検証
使用する上で大切なのは使い心地です。成分表示だけでは分からない部分の検証をしていきます。
アンプルール
アンプルール
化粧品らしい香りで不快感はゼロでした。ベタつきも気になりません。クリームが一瞬硬い!?と、なりましたが体温でジュワーと溶けながら伸びてくれるので心地いいです。

ビーグレン
ビーグレン
化粧水はスーッと浸透してくれ使い心地良かったです。ただ、美容液が鉄のような香り(血っぽい)感じがして筆者は少々苦手でした。ベタつき感は無く、扱いやすい印象だったので香りが勿体無いなぁという印象です。

検証結果!オススメは「アンプルール」
アンプルールの口コミ効果


アンプルールの特徴

・独自の「新安定型ハイドロキノン」配合。
酸化しにくく、熱に強いため、成分劣化の心配が少なく本来の効果が発揮される。

・「新安定型ハイドロキノン」をマイクロカプセル化
直接一気に肌に触れないため肌に優しく、シミの元まで確実に届けて働きかける。

・保湿効果が高くしっとりうるおう
肌のバリア機能を高めながら透明感を引き出す。

使用してみてアンプルールの保湿力の高さや、配合成分の強みを実感しました。シミケアとしての効果は長期間の使用が重要になりますが、保湿力や配合成分を分析してみて、効果がありそうだなぁと好印象です。

アンプルールの公式サイトへ

黒クマタイプはハリケアが重要


たるみやむくみ、いわゆる加齢による色素沈着が目立つ黒クマタイプには、肌のハリや潤いを改善させることが1番の近道になります。

黒クマタイプの原因は

・加齢による表情筋の衰え
・肌弾力を保つ成分の老朽化や減少
・乾燥


これらの原因が黒クマとどう関係しているのか見ていきましょう。

表情筋の衰えと黒クマの関係は?
目の下にできる黒クマの大きな原因は「たるみ」や「むくみ」です。頬がたるむことによって、目の下のむくみとたるみはさらに強調されてしまいクマが目立つのです。
頬がたるむ原因は色々ありますが、目や鼻・口を動かして表情を作っている、「表情筋」の衰えが大きな要因。改善のために表情筋のトレーニングを行うことが黒クマ対策の第一歩となります。

日常生活で出来る表情筋のトレーニング

顔の筋肉を意識的に動かしながら、ゆっくりとオーバーに「あ・い・う・え・お」と繰り返します。
 毎日行うことで、頬のたるみを改善します。

食事をする時には時間をかけ、よく噛むことを意識しましょう。顔のたるみを防止する効果があります。

笑顔は表情筋を使います。意識して口角を少し上げ、笑顔を作ることでリフトアップ効果を期待出来ます。

弾力成分の重要性は?
黒クマにはたるみやむくみを改善するためのトレーニングが大切ですが、目元の保湿対策で肌の弾力を維持することも重要なポイントになります。肌が乾燥すると肌の弾力やハリが失われ、さらにむくみやたるみを引き起こします。そうすると肌が引っ張られ、支えきれずに結果、黒クマが目立つことになるのです。保湿ケアで肌の弾力を保ち、たるみを少しでも減らすことが大切です。

乾燥が黒クマにも関係している?
保湿不足は黒クマをさらに目立たさせる要因になります。肌は表皮・真皮・皮下組織の3層でできており、それにより水分が肌に十分保たれています。しかし加齢や乾燥で肌の水分量が減ってしまうと、肌はくすみ、ハリを失います。そしてこの時最も負担がかかるのが顔の中で1番薄い皮膚である目の下です。目元のたるみとくすみは乾燥によってさらに加速されてしまうのです。

そこで重要になるのが"ハリケア"と"保湿力"です。この2つを兼ね揃えている必要があります。

上記のポイントを押さえたハリケア化粧品を比較

 
商品名
総合評価

浸透力にこだわり成分をナノ化/保湿対策
もできる

年齢肌向けに独自のエイジングケア成分を配合/本商品は値段が高い

科学的根拠に基づいたエイジングケア成分ナールスゲン配合/値段が高め
価格/内容

1,000円(5日分)
化粧水・先行美容液・美容液・クリーム

1,900円(14日分)
リペアジェル・リペアウォーター

7,000円(60日分)
クリーム
ハリケア成分

アスタキサンチン・リコピン

ビタミンC誘導体

ナールスゲン・ビタミンC誘導体・ビタミンA誘導体
保湿成分

ヒト型セラミド(1・3・6Ⅱ)・ヒアルロン酸・コラーゲン・ローヤルゼリー

アミノ酸生命体・ビタミンC誘導体

天然型セラミド・ビタミンC誘導体


オススメなのはアスタリフトベーシックトライアルキット / 富士フィルムです。

・ハリをサポートするレスベラトロールを高濃度のまま安定化
コラーゲンをサポートし、エイジングケア成分としての働きをもつ「レスベラトロール」を富士フィルム独自技術で高濃度のまま配合。

・減少したコラーゲンをサポートする成分を配合
コラーゲンの変性や減少をサポートする成分、アスタキサンチンを配合。アスタリフトでは独自技術によりアスタキサンチンをナノ化し、角層の隅々まで成分を吸収・浸透させます。また、トマト果実エキスであるリコピンを配合し、肌細胞の酸化を防ぎます。

・水分保持力の高い保湿成分を配合
アスタリフトには、水分保持力が最も高いとされるセラミド(セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ)
を配合。水分を挟み込み、肌のバリア機能をサボートします。また表皮の角層を保湿するコラーゲン、皮膚の代謝をサポートするローヤルゼリーを配合し、高い保湿力を期待することが出来ます。

アスタリフトを実際に使用した感想

アスタリフト実際にハリケアに必要不可欠な保湿力や、長く使う上で重要な使用感を検証していきます。

保湿力
アスタリフト
使用後は保湿力が約20%もアップしました。肌の理想うるおい数値は40%以上です。これは驚きました!そして皮脂量の理想数値は20%前後なのですが、過剰分泌されることもなくバランスの整ったうるおい肌へ導いてくれました。

使用感
アスタリフト
想像していた以上に赤いジェルに驚きましたが、香りに不快感はなく、むしろスーッと馴染みながら使用できるので気持ちが良かったです。しっとりしますが、ベタッとはしないです。全部塗布した後にほんのりバラのような香りがふわっと漂って心地よい気分になりました。

アスタリフトの検証結果
実際に使用してみて、数値の計測も行い、成分だけにとどまらず実際の使用感もいいことが判明しましので、オススメできます。

アスタリフトの公式サイトへ

青黒クマタイプは生活習慣の改善を!


青黒クマタイプの原因は2つ

・血行不良
・生活習慣

どうして、乾燥と摩擦が色素沈着(クマ)をもたらすのか詳しく見ていきましょう。

血行不良と色素沈着の関係は?
血流が滞ると、肌の血色が悪くなり、くすみやすくなります。また、血流が不足すれば肌へ十分な栄養が届けられず、スムーズなターンオーバーができなくなり、肌に古い角質がたまり、肌のくすみや色素沈着が目立つようになってしまいます。

生活習慣と色素沈着の関係は?
運動不足やたばこも、血行不良を起こす原因となるため、肌のくすみが目立つようになります。特にたばこを吸うと毛細血管が収縮して、血流は急激に悪化。美肌に不可欠であるビタミンCをも大量に消費してしまいます。またたばこを吸うことによって活性酸素が大量に発生し、肌細胞の老化を招き、シミや色素沈着を引き起こす原因となることがあります。

重要なのは血行促進と生活習慣の改善です。化粧品だけではクマの改善は難しいので日々の生活を見直すことが大切になります。

血行促進の方法

まずは顔全体のくすみをとり、血行を良くするためにフェイスマッサージを日々のケアとして取り入れるようにしましょう。

マッサージ方法
フェイスマッサージ
注意点
マッサージを行うときはたっぷりのマッサージクリームを使用しましょう。肌を摩擦すると肌トラブルの原因になります!

青クマの改善は生活習慣の見直し!

運動
血流の改善には運動することが最も効果的です。体を適度に動かすことで、血流の改善とリフレッシュ、ストレス発散にも繋がります。特に足の筋肉は「第二の心臓」ともいわれ、心臓のような血液を押し出すポンプのような働きをし、血流を高めてくれるため、足の筋肉を使う運動を多く取り入れるといいでしょう。


食事
食事ではビタミンを積極的に摂取しましょう。ビタミンCには毛細血管を広げ、血流を促す働きがあります。また、コラーゲンの合成に深く関与しており、若々しく美しい肌作りをサポートしたり、鉄分の吸収を2〜4倍に高める働きなどがあります。


睡眠
十分は睡眠は血行を劇的に改善します。そのためには深い睡眠を得ることがポイント。日中にたくさん太陽を浴び、活動的に行動し、就寝1時間前くらいから部屋の明かりを落とし、間接照明で過ごします。するとメラトニンというホルモンが分泌され、深い眠りを得ることできます。


即効性ならメイクに頼るのもあり!


それぞれの色素沈着やクマについて対策をご紹介してきましたが、これらは残念ながら即効性はありません。しかし、目の下の色素沈着を一時的に目立たなくすることは可能なんです。ぜひお試しください!

肌がくすんでいる部分に赤リップを塗ることで目元のクマが消えちゃう?!

まずはいつも通り、ベースメイクをする。

目元のクマの部分に赤リップを塗る。指やアイシャドウブラシで目にのせ、指で軽くなじませる。
クマメイク
その上からコンシーラーを塗る。
クマメイク
最後にファンデーションで仕上げれば完成です。

コンシーラーのみを使用する場合
コンシーラーのみでクマを隠したい場合はクマの範囲から1cm程度オーバーにはみ出して塗布、伸ばすのではなくポンポンポンと叩きながら肌になじませるのがポイントです。筆者のオススメはRMKのコンシーラーなのですが、ツヤ感とカバー力が優れていて愛用しています。

コンシーラー塗布箇所にはファンデーションを塗らなくていいほど肌を綺麗に整えてくれます。気になる方は是非使ってみてください。

アイクリームの使用もオススメ◎


茶クマ、黒クマ、青黒クマとクマにも種類があり、それぞれ原因は違うともやはり加齢によってさらに症状が進んだり、目立ちやすくなります。

目元の皮膚はとても薄く、皮脂腺も少ないため乾燥しやすく、神経も敏感な部分です。

更に、まばたきなどで絶えず動く部分ですから、負担も相当かかっています。お肌のお手入れは毎日欠かさず行う人が多いと思いますが、目元は他の部分と同じケアではトラブルが対処出来ない場合も。

目の乾燥が気になりだしたら、目元専用のアイクリームの使用がおすすめです。

目の周りのことを考えて作られているため、保湿効果が高いものやハリを出す成分が多く含まれているものが多いです。目の下のクマについては以下の記事もあわせてご覧ください。

目の下のクマを消す3つの方法 原因と解消法

「参照」皮膚科でのレーザー治療は?


目の下のクマは病気ではないため、通常に皮膚科ではなく美容皮膚科がおすすめです。美容皮膚科ではクマに対応した施術が行われています。特にレーザー治療はメスや注射を使うことなく、治療を進めることが出来る安全性の高い治療法です。

化粧品の効果とは異なりますのでご注意ください。

レーザー治療の相場
・・・10,000円〜20,000円

施術内容
・・・直接気になる部分にレーザーを照射。

効果
・・・メラニン色素を分解。古い角質を除去し、熱作用でコラーゲンを増殖。代謝促進・血流の改善。

メリット
メスや注射を使わないため、痛みや腫れもなく安全性が高い。効果をすぐに実感できる。
デメリット
レーザー照射による火傷を軽減するために施術は1度で終わらず複数回必要である。そのため治療全体で約10万円と高額になる。(保健不適応)

レーザー治療は痛みもなく、効果も出やすいため効果を急ぐ人には魅力的な施術です。しかし保険が適応されないためその治療費は極めて高額となります。

目の下のクマは、そのクマに対応したスキンケアやマッサージを行うことで少しづつ改善を見込める場合も多いです。まずは日々のスキンケアを見直すことから始め、美容皮膚科は最終手段…と考えてもいいかもしれませんね。

まとめ


いかがでしたか。目の下のクマや色素沈着は疲れた印象や老けた印象を与えてしまうため、せっかくのメイクがうまく映えない…といった原因にもなりますよね。

目元の皮膚は非常にデリケートなため、色素沈着やクマに悩んでいる方は非常に多いとは思いますが、なかなか改善が見込めなかった方も多いのでは?

今回、色素沈着やクマは3つのタイプに分けられ、自分がどのタイプのクマなのか知ることが出来たと思います。大切なことは「ケアの方法が違う」ということ。勘違いしたままケアを行っても思うような成果は出ません。ぜひ自分に合ったケア方法に取り組んでくださいね。


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+