知ってた?日焼け後に美白化粧水が効く人・効かない人がいた!

[公開日]2016/08/30[更新日]2018/03/28

美白化粧水
「今年こそ気をつけていたのに焼けてしまった…」
「黒くなってファンデーションが合わなくなった…」

毎年繰り返される日焼けの悩み。とにかく一刻も早く元の色に戻したいですよね。肌を白くするのに効果的なのは、やはり「美白化粧水」です。ですが、

日焼けした肌に美白化粧水を使った時、実感しやすい人としにくい人がいるんです。

この差、一体なんだと思いますか?今回はその真意に迫りたいと思います!
※美白とはメラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

げっ!1日中外にいたら焼けて真っ黒!日焼け止め塗ったのに〜!とりあえず美白化粧水使えば白くなるかな!?

こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。ちょっと待って、まみちゃん!日焼けに美白化粧水は確かに効果的だけど、焼け方によっては美白化粧水を使わない方が良い人もいるの。自分の日焼けの状態を見極めて、それに合った化粧水を選ぶのが日焼けした肌を元の色に戻すポイントよ!

化粧水で日焼けを美白にする4つのポイント!


"焼け方"で違う!美白化粧水選ぶべき人・そうでない人


美白化粧水
一言に「日焼け」と言っても、肌の焼け方によって使うべき化粧水が変わります。
実は肌の焼け方には2種類あり、簡単に言うと「炎症を起こす日焼け」と「炎症を起こさない日焼け」に分けることができます。そのうち、美白化粧水が効果的なのは「炎症を起こさない日焼け」です。逆に「炎症を起こす日焼け」の方は、敏感肌用の化粧水の方が、効果的に日焼けをケアすることができます。

でも、自分の日焼けが炎症しているかどうかなんて分かんない!
大丈夫!下のチェックリストを使えば、自分の日焼けタイプと効果的な化粧水を確認できるわよ。さっそくチェックしてみてね!


美白化粧水で日焼けケアをすべき人

日焼け後にあまりヒリヒリしない人
日焼後に一時は赤くなるが、すぐに黒くなる人
もともと健康的な肌色・色黒の人(ファンデーションの色がナチュラル・オークルの人)

紫外線に当たるとメラニン色素が生成され定着する「メラニン日焼けタイプ」なので、美白化粧水でメラニンの生成を抑えると効果的です。

詳しくはコチラ(ページ下部へ移動します)


美白化粧水で日焼けケアをしない方が良い人

日焼け後にヒリヒリし、それが続く人
日焼けの赤みが長時間続く人
もともと色白の人(ファンデーションの色がライト・ピンクの人

紫外線に当たると炎症を起こす「炎症日焼けタイプ」なので、炎症を抑える化粧水での日焼けケアがぴったりです。
詳しくはコチラ(ページ下部へ移動します)

また、化粧品に負けやすい「超敏感肌」の方はオーガニック化粧水がおすすめです。
詳しくはコチラ(ページ下部へ移動)

「メラニン日焼け」は美白化粧水でメラニンの生成を抑えよう!


美白化粧水が効果的な日焼け
もともとの肌色が健康的な色の人や色黒の人は、紫外線に当たるとメラニンの生成が活発になるタイプです。ある調査によると、日本人の約69%が日焼け後に「赤くなって黒くなる」あるいは「すぐ黒なる」このタイプだと判明しています。

このタイプの人は紫外線によって作られたメラニン色素が定着するため、日焼け後は肌が黒くなってしまうのです。そのためで、メラニンの生成を抑える美白化粧水でのスキンケアが何よりもオススメです。日焼けした肌に効果的な美白化粧水を選ぶポイントは2つです。


本当に選ぶべき美白化粧水2つのポイント!

美白の有効性分「ビタミンC誘導体」が配合されている
美白に有効な成分はたくさんありますが、美白化粧水で取り入れるならビタミンC誘導体がおすすめです。理由は、ビタミンC誘導体は水に溶けると安定しやすく、肌に届きやすいから。他にも有名な美白成分としてはハイドロキノンもありますが、日焼けした敏感な肌にとってハイドロキノンは刺激が強いので、あまりおすすめはしません。

保湿効果も兼ね備えている
日焼け後の肌はとても乾燥しています。乾燥した肌はバリア機能が低下し、日焼けを定着させてしまいます。美白効果ばかり追い求め、「いざ使ってみたら肌が乾燥した・・・」となれば意味がないですよね。美白効果だけではなく、肌をしっかりうるおせるかどうかも大きなポイントです。


美白・ホワイトの文字に騙されないで!

実は筆者、元々は美白化粧品メーカーで広告を作っていました。そこで上手く利用されていたのは、「美白」「ホワイト」といった言葉。とても効果がありそうで聞こえがいいですよね。でも、この言葉には注意が必要です。特に商品名についている場合は気をつけてください。なぜなら、中には美白の有効成分が配合されていないものもあるからです。

悲しいことに、「容器が白色だから」「中身が白色だから」という"こじつけ"で使っている場合もあります。もちろん全ての商品がそうではないですので、しっかり見極めていくことが大切になります。(ただ、決して消費者を騙そうと思っているのではなく、「自社商品は本当に良いものだから、お悩みの方に是非お役立て頂きたい!」という思いが先行してあるようです)

そんな世界を見てきた筆者が、使う人の立場で美白化粧水を厳選してみました。


日焼けした後こそ使いたい!おすすめ美白化粧水を徹底比較!

今回は、第一に美白効果、次に保湿効果に重きを置いて美白化粧水を比較してみました。

順位
総合評価
美白成分
保湿成分
価格

美白&保湿対策が徹底でき、敏感肌にも使えるので日焼け後の肌にぴったり

アルブチン・デイリリー花発酵液

ヒト型セラミド・アシルセラミドなど

1,370円 / 10日間
(送料無料)3品+プレゼント
2位
アスタリフトホワイト

ナノAMAにより美白成分がしっかり届く。保湿より美白重視

ビタミンC誘導体・アルブチン

3種のコラーゲン・海藻エキスなど

1,000円 / 5日間(送料無料)4品
3位
ラグジュアリーホワイトトライアルセット アンプルール

美白効果は期待できるがハイドロキノンの刺激が強い可能性あり

ハイドロキノン・ビタミンC誘導体

大きさの異なる3種のコラーゲン

1,750円 / 7日間(送料無料)3品+プレゼント
※価格は税抜き
美白力と保湿力を兼ね備えたサエル
サエル

ディセンシアは保湿をしながら美白ケアができる化粧品です。3つの段階で肌を美白していく処方で、①肌をうるおしてバリア機能を高め、②メラニンの生成を抑えながら、③メラニンを減らして白さ実現へと導くもの。特にシミを増やさない・黒くしないアルブチンやムラサキシキブエキス、デイリリー花発酵液が配合されているので、日焼けした肌に透明感を与えてくれます。

また、低刺激な美白有効成分「アルブチン」が配合されているので、肌にやさしく使えるのもうれしいですね。

サエル公式サイトへ

炎症タイプの日焼けには敏感肌用化粧水を!


日焼け
肌の色を決める要素の1つにメラニンがあります。もともとの色白の方はメラニン生成活動が弱いと言われています。そのため、炎症日焼けタイプの人は、紫外線に当たってもさほどメラニンは生成されません。しかし、実はメラニンは紫外線の炎症から肌を守る大切な役割があります。そのメラニンが生成されない肌なので、肌が炎症を起こし、赤くなってしまうのです。

そのため、日焼け後の肌は非常に敏感でとっても乾燥している状態。炎症を抑え、肌をうるおす「敏感肌用化粧水」がおすすめです。
ただ、敏感肌用化粧水で乾燥や炎症をケアした後に、美白化粧水で対策をとるのは有効的です。


本当に選ぶべき敏感肌用美白化粧水2つのポイント!

肌にやさしい処方になっている
炎症が原因の日焼けは、いわば火傷をしている状態。敏感になった肌をどれだけいたわることができるか、肌にとって余計な成分が含まれていないなど、肌へのやさしさを重視することがポイントです。

高い保湿効果がある
日焼けにより肌内部はカラカラな状態なうえ、炎症=軽い火傷を負った状態です。炎症を抑える抗炎症成分が配合されていることも大事ですが、かえって刺激になる可能性もるので、保湿で肌のバリア機能を高めることがポイントです。


赤くなる日焼けに!おすすめ敏感肌用化粧水を徹底比較!

敏感肌用化粧水の中でも、保湿効果を重視して商品を比較してみました。

順位
総合評価
保湿成分
価格

セラミド配合で肌に優しく、高い保湿効果が期待できる

ヒト型セラミド(セラミド1,2,3,5,6Ⅱ)・リピジュア・アミノ酸・POs-Ca

1,900円 / 14日分(石鹸・化粧水・美容液・クリーム)

ヴァイタルサイクルヴェール®が肌をうるおいのラップする

ヒト型ナノセラミド(セラミド2)・ベントナイト・CVアルギネート・コウキエキス

1,370円 / 10日分(化粧水・美容液・クリーム+アイクリーム・BB)

エモリエントプール成分一度与えた潤いを閉じ込める

高浸透セラミド・高濃度アミノ酸・エモリエントプール成分

1,470円 / 14日分(クレンジング、化粧水、クリーム)

低刺激で高保湿なエトヴォス「モイスチャーライン」

  • 保湿/乾燥_モイスチャーライン / エトヴォス
    ヒト型セラミド1,2,3,5,6Ⅱ配合の高保湿化粧品
    モイスチャーライン / エトヴォス
    4.70
    保湿/乾燥: 4.70

    icon-check-squareヒト型セラミド1,2,3,5,6Ⅱ配合の保湿成分バランス
    icon-check-square7つの無添加で脂性肌から敏感肌まで多くの肌質に対応
    icon-check-square高価なセラミドを高配合し自社開発で安価に商品化

    価格種類内容
    1,900円(税抜)トライアル
    14日分
    基礎化粧品セット


エトヴォスのモイスチャーラインには、セラミド1・2・3・5・6Ⅱがたっぷり配合されています。セラミドはもともと人の肌にある成分なので肌なじみもよく、高い浸透力が期待できる化粧品です。

また、配合されている保湿成分POs-Ca®には肌のバリア機能を促進し、うるおいの蒸発を防ぐ役割があるので、炎症してバリア機能が弱った日焼けの肌にぴったりです。さらに、7つの無添加で肌に優しいのもポイントですね。脂性肌から敏感肌まで多くの肌質に使えるので幅広い方にお使い頂けます。

化粧品負する人はオーガニック美白化粧水で日焼け+肌質ケアを


上記でご紹介した美白化粧水は敏感肌用ではありますが、これまで化粧水がピリついたりと化粧水に負けやすい人は、オーガニック化粧水がおすすめです。

オーガニック化粧品は医薬部外品と違って即効性が落ちますすが、その代わり肌質そのものをケアしてくれるので、日焼けのアフターケアをしながら刺激に強い肌へと導いてくれます。

超敏感肌向け!日焼け後に効果的なオーガニック化粧水の選び方

透明肌ケア成分+保湿成分が豊富なもの
オーガニック化粧水は医薬部外品と違い、植物由来の成分で作られています。そのため、科学的な力で保湿効果を高めることができません。

日焼け後の乾燥した肌をしっかりうるおしてケアするためにも、保湿効果の高い植物エキスがギュッと凝縮されたものを選びましょう。

国際オーガニック機関から認定を受けている
実は日本にはオーガニックの基準がありません。そのため、肌の刺激になる防腐剤や石油系成分を含んでいても、着色料が入っていないだけでオーガニックと名乗っている化粧水があるのです。

一方、海外はオーガニックに対して厳しい基準を設けています。以下のような機関から認定を受けているオーガニックコスメなら安全です。

国際的なオーガニック機関
Na True・ECOCERT・COSMEBIO・USDA・ACO・BDIH

ただし、海外製品は現地の人の肌に合わせて作られているので、オーガニックでも肌あれを起こしてしまう危険性があります。

日焼け後の敏感な肌に使うのなら、なおさら日本人の肌向けに作られた国産がおすすめです。

敏感肌の日焼けケアに!おすすめオーガニック化粧水

残念ながら、上述したように日本はオーガニックの基準がないので、本当の意味で「オーガニック」と呼べる化粧品が少なすぎます。

「無添加」「自然派」と言いながらも、石油系成分や防腐剤がたくさん配合されている傾向にあるのです。
今回調査しておすすめできると判断できたのは以下の1商品のみでした。

HANAオーガニック フローラルドロップ
HANAオーガニック 化粧水◇1週間トライアルセット
・1,480円(税込)送料無料
・洗顔、化粧水、美容液、乳液、UV乳液

国際的なオーガニック機関である、有機JAS・エコサート・USDA・BDIHなどから認証を受けた原材料のみ使用されており、日焼け後の肌にも安心して使うことができます。

水の代わりに透肌成分であるローズウォーターが配合しているので、化粧水の中身は「100%美容成分」です。

保湿効果のあるハチミツエキス、キュウリ果実エキス、ラベンダー油などが凝集されているほか、日焼け後の炎症を抑えるハトムギ種子エキスなども配合されているので、日焼け後の肌を鎮静させながら透明感をひい出してくれます。

HANAオーガニック公式ページへ

美白化粧水・敏感肌用化粧水を正しく使って効果アップ!


美白化粧水
手でやさしくなじませる
日焼けした肌はダメージを負った状態。コットンの繊維さえも肌のダメージとなってしまいます。化粧水は手にとって優しく肌になじませましょう。

首やデコルテにもなじませる
日焼けした肌が元の色に戻ったとしても、顔だけ白くなっては不自然ですよね。しっかり首やデコルテにも化粧水をつけて色味の差がでないようにしましょう。

唇も忘れずケアを
見落としがちな唇の日焼け。実は化粧水でケアできます。方法は顔に化粧水をなじませた後、手に残った化粧水を唇にもつけ、指でパックするかのように密着させるだけ。唇のシミや、乾燥によるヒビ割れ・皮のめくれを防ぐ効果があります。ただし、化粧水が口の中に入らないよう注意してください。

化粧水を冷蔵庫で保存するのはNG!
日焼けした肌を冷ますために、化粧水を冷蔵庫に入れて冷やして使うことはやめた方が得策です。メーカーが推奨している場合は別ですが、ほとんどの化粧品は「冷暗所」での保管となっているはずです。メーカーが想定していない温度や、冷やす事で急な温度差が生じると化粧水の品質が落ちてしまいます。日焼けのほてりを冷ますのであれば、水洗いや水に濡らしたタオルで冷ましましょう。


知らないと危険!やってはいけない日焼け後の行動


美白化粧水
NG:皮をむく
日焼け後、皮がめくれている部分がとても敏感です。新しい皮膚が再生されてる段階で無理やり皮膚を剥がすことになり肌のダメージになります。ひどい場合は跡となって残ってしまうので絶対にやめてください。

NG:熱いシャワーを浴びる
日焼けした肌は乾燥による水分がない状態。そこに熱いシャワーを浴びせてしまうと、余計うるおいが奪われてしまいます。お風呂に入る時はぬるま湯にし、入浴後は美白化粧水や敏感肌用化粧水でしっかり保湿をしましょう。

NG:洗顔時に指が触れる
デリケートな日焼け後の肌は、いかにして刺激を与えないかが大切になります。洗顔時は指が触れないほどしっかりと泡立てて、やさしく洗い上げましょう。特に、比較的泡がたちにくく水っぽくなりがちなパウダー洗顔を使っている方は、より意識して弾力泡を作るようにしましょう。


日焼けの原因は2種類の紫外線だった!


美白化粧水
ご存知の通り、日焼けの原因はズバリ紫外線です。ですが、その紫外線は2種類あり、それぞれ引き起こす日焼けが異なります。


日焼けの原因
1つ目はUV-A波。UV-A波は「サンタン」という日焼けを引き起こします。すぐに黒くなるタイプの日焼けはこのサンタンの仕業なんです。UV-A波はの奥にある真皮にまで達する怖い紫外線。浴びてしまうとメラニン色素が生成され、肌を黒くしたり、シミの原因にもなります。肌老化につながるので、しっかりとケアしたい紫外線ですね。そして、サンタンにおすすめなのが美白化粧水なのです。

2つ目はUV-B波です。UV-B波は「サンバーン」という日焼け引き起こす紫外線。肌が赤くなったり、ヒリヒリするタイプの日焼けはこのサンバーンが原因です。肌の奥までは到達しませんが、肌表面で炎症を引き起こしてしまいます。炎症日焼けタイで敏感肌用化粧水がおすすめなのが、このサンバーンによる日焼けなんです。


「焼けた?」なんて言わせない!日焼けを防ぐコツ


日焼けした肌を美白化粧水や敏感肌用化粧水でケアするのももちろん大事ですが、肌のためにはそもそも日焼けをしないことが大切です。

「正しく」日焼け止めを塗る
日焼け止めを塗っても焼ける方は、塗り方を見直してみましょう。適量を肌に均一に塗ることはもちろんですが、鼻や頬は他の場所より高いので紫外線が当たりやすい場所です。鼻や頬には重ね塗りをするとしっかり日焼け対策ができます。また、地面からの照り返しで顎の下も意外と焼けるので気をつけてくださいね。

そして、日焼け止めの効果を持続させるためにも汗や衣服の擦れで落ちた場合には塗り直すことがポイント。1日中外にいる時には、2〜3時間ごとに塗り直すことをおすすめします。

メイクをする
メイクをすると肌が均一に整います。均一な肌は光を跳ね返しやすいので、素肌よりも紫外線ダメージを抑えることができるんです。メイクの順番は①日焼け止め②下地・ファンデーションの順番。また、SPF・PA値のあるファンデーションやパウダーを使うとより効果的に日焼け対策ができますよ。


それでも日焼けをしてしまったら・・・

濡らしたタオルで冷やす
日焼けで火照った肌を冷やすことで、肌を鎮静させる効果があります。その際、ゴシゴシと拭くのではなく、肌をタオルで優しく包み込みながら冷ますようにしましょう。

たっぷり睡眠をとる
十分な睡眠は肌のターンオーバーには欠かせません。肌のゴールデンタイムである22時〜2時の間に寝ると、ターンオーバーが促されると言われています。

食べ物でビタミンをとる
美白効果のあるビタミンCを含む食べ物を積極的に摂ることで、体の内側からも美白ケアができます。また、ビタミンCはビタミンE・Aと一緒にとると相乗効果があるので、ビタミンC・E・Aをバランスよく摂るとより効果的です。

ビタミンCを含む食べ物:キウイ、赤ピーマン、レモン、水菜など
ビタミンEを含む食べ物:かぼちゃ、モロヘイヤ、アーモンドなど
ビタミンAを含む食べ物:鶏レバー、人参、鮎、卵(卵黄)など
ただし、柑橘類やキウイには「ソラレン」という紫外線を吸収する成分も含んでいるので、食べる場合は紫外線のない夜にしましょう。


日焼けが戻れば秋のメイクやファッションも楽しくなる!


日焼けて肌の色が変わると、それまでの服やメイクもなんだかキマらなくなりますよね。でも、それぞれの日焼けに応じて、美白化粧水・敏感肌用の化粧水を正しく選べば、しっかりと対策ができます!さらに、毎日しっかりケアすれば日焼け対策はもちろん、さらなる美肌へと導いてくれますよ。夏の肌悩みは夏のうちに解決して、秋のファッションやメイクが似合う美肌を手に入れましょう!
※美白とはメラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

《おすすめの関連記事》
日焼けダメージは放置厳禁!アフターケアで後悔しない美白・美肌対策
知らないと後悔する紫外線・日焼け止め対策6選
6つのシミのタイプ別対策と美白化粧品ランキング
赤ちゃんや敏感肌でも使える実力派オーガニック日焼け止めの選び方
肌を白くする方法 / 3つの美白習慣で色黒から透明感ある色白肌に


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+