美白保湿で評判のアスタリフトホワイトは使えるの?口コミ・効果検証レポート

[公開日]2015/02/24[更新日]2018/03/28

アスタリフトホワイトは、保湿重視で美白まで一定のカバーができるコスメです。とにかく美白!というより、抗酸化や保湿をメインに、美白効果も期待できる商品と言えます。ラインで揃えると15,000円を超えますが、一般に販売されている化粧品の標準価格範囲内です。

特徴として「アスタキサンチン」を全ラインに配合しており、独特の赤味がかったオレンジ色をしています。ほのかにダマスクローズの香りがするアスタリフトホワイト。CMでもお馴染みのこの商品、一体どんな実力があるのでしょうか?

アスタライン 実際にアスタリフトホワイトの美白トライアルキットを購入し、試してみました。こちらがトライアルキットのセット内容。これで5日分ですが、実際の使用感はどうでしょう?トライアルの詳しい内容は、ページ下部でご紹介しています
アスタリフトホワイト体験レビューへ(ページ下部)

すぐにアスタリフトホワイトの購入を考える方は、以下の公式サイトからご覧ください。東京六本木、銀座には直営店もあります。
アスタリフトホワイトの公式ページ

アスタリフトホワイトの口コミ分析!とろみのあるテクスチャーを、ベタつきと捉えるかどうかが評価の分かれ目


美白と保湿に加えて、若々しさを維持する成分配合として人気のアスタリフトホワイト。実際使った人たちの口コミから、効果や使用感を分析してみました。アスタリフトホワイトの特徴が見えてきます。
良い口コミの傾向
・肌のハリとつやが出た!と実感できた。
・美白なのに保湿もしっかりできる。
・ローズの香りがいい。
・肌のくすみが晴れてきた。
・レフィル(詰替用)があるので続けやすい。

悪い口コミの傾向
・値段が高くてラインで揃えられない。
・ベタベタ感があり、なじませるまでに時間がかかる。
・ファンデーションがよれる。
・美白効果はほとんど感じなかった。
・すべての商品が赤くて肌への色素沈着が気になった。

結論!保湿力はかなり高い!ただしベタベタは気になる

美白効果は感じなかったという人でも、保湿や肌のハリは感じている人がほとんどで、保湿力は優秀です。アスタキサンチンの実力と言えますね!

テクスチャーはトロリとしており、塗るとペタっとします。このベタベタ感を「ベタつく」と見るか「しっとりする」と見るかは評価の分かれるところ。しかしながら、美白効果がないのなら「通常のアスタリフトのラインでいいのでは?」という傾向もあります。

あとはやはり、値段の問題。ラインで揃えると化粧水、美容液、クリームで15,800円(税別)なので、続けられないという口コミも。レフィルがあるので、続けるなら2回目以降は少し安くなります。

アスタリフトホワイトの成分分析と選ぶポイント


美白を求めるならちゃんと「美白成分」の入った化粧品を選びましょう。「なんとなく」や「雰囲気」で化粧品を選んでいると、全く見当違いのスキンケアをしていることになります。

紫外線にあたると、肌の中で「メラニンをつくれ!」という指令が出ます。(中略)このメラニン色素を製造するプロセスを、どこかの段階で抑えるのが美白成分の働きです。(中略)メラニン色素によるものでない色は白くすることができません。

出典:正しいスキンケア事典/吉木伸子・岡部美代治・小田真規子

こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。シミの原因がメラニン色素かどうかというのを見分けることが大きなポイントね!

どうやって見分けたらいいの?

シミには「老人性色素斑」「雀卵斑(そばかす)」「炎症後色素沈着」「肝斑」があって、この中では遺伝的要素の強い「そばかす」には美白成分が効きにくいわね。シミの分類については「6つのシミタイプ別対策」の記事に詳細を解説してるから参考にしてみて。

へぇ!まずは自分のシミタイプを知ることなんだね。紫外線が原因のものは、もちろん有効だね!

メラニン色素製造過程別の有効美白成分
コスメに入っている美白成分を、メラニンを生成する過程別に、どこに効くものかまとめました。

メラニン生成の指令をとめる
カモミラET・m−トラネキサム酸 など
チロシナーゼ(メラニンを生成する酵素)の働きを抑える
アルブチン・コウジ酸・エラグ酸・ルシノール・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・4MSK など
チロシナーゼ成熟阻害、または分解
マグノリグナン、リノール酸S など
メラニンの排出を促す
エナジーシグナルAMP・リノール酸S など
メラニン色素を還元する
ビタミンC誘導体

このうち、アスタリフトホワイトには、
・化粧水→アルブチン
・美容液→ビタミンC誘導体
・クリーム→アルブチン
が配合されており、美白成分は全ラインにちゃんと入っています。
いずれにしても美白化粧品はメラニンを消すのではなく、メラニンを作る酵素チロシナーゼの働きをじゃまするものなので、一年中使うことが基本です。

主な美白化粧品を比較したら見えてくる!アスタリフトホワイトの特徴


 
アスタリフトホワイト
総合評価

美白より保湿重視ならばOK

敏感肌でも美白を試してみたいならおすすめ

1つで済んで安いがお試しを申し込むと自動的に定期コースになってしまう
料金

化粧水150ml4,104円 美容液30ml 7,560円 クリーム30g 5,400円 合計17,064円(税込)

化粧水125ml 5,400円 美容液36ml 8,100円 クリーム30g 5,940円 合計 19,440円(税込)

5,122円(税込)
商品の特徴

アスタキサンチンと3種のコラーゲンを配合。フィルム技術から「ナノAMA」を開発

敏感肌でも使えるように開発された美白化粧品。特許応用技術「ヴァイタサイクルヴェール」を開発

オールインワンで1つ10役。マッサージに使える「ダブルCRYSTAL製法」
美白成分

アルブチン・ビタミンC誘導体

アルブチン・デイリリー花発酵液

プラセンタエキス
その他の成分

アスタキサンチン・ナノAMA・ツボクサエキス・海藻エキス・酵母エキス など

グリチルリチン酸2K
・トラネキサム酸

甘草エキス・サクラ葉抽出液・シコンエキス など
テクスチャー

トロリとしており、肌につけるとベタつきがある

ベタつかず、サラッとしている

固めのジェル、伸びはよくない
お試しセット

4品×5日間のトライアル 1,080円(税込)送料無料

3品+プレゼント10日間のトライアル1,480円(税込)送料無料

本品を20%offの4,098円 30日間返金保証(ただし、自動的に30日ごとの定期便になる)


アスタリフトホワイトは、保湿メイン+美白の人にオススメ


競合の美白化粧品と比較してみると、アスタリフトホワイトは、保湿に長けていることがわかります。
保湿に重点を置きながら、美白の効果もあるといいな!という方には向いているでしょう。
アスタメリット図


口コミ分析〜競合商品を比較してわかる、アスタリフトホワイトを選ぶメリット


アスタキサンチンが全ラインに配合
全ラインに配合されている「アスタキサンチン」とは、赤味がかったオレンジ色をしており、鮭や海老、カニ、ニンジンやトマトなどに含まれるカロチノイドという成分の仲間です。抗酸化力が強いとされる成分で、エイジングケア目的ならかなり有効でしょう。

一年中これだけで使える
美白化粧品は、サッパリしていて乾燥しがちな商品が多い中、アスタリフトホワイトは、ベタベタして苦手という人がいるくらい、しっとりします。夏だけ美白化粧品に変えたり、冬はラインのうち美容液だけを美白にしている人も、アスタリフトホワイトなら、ラインで一年中使えます。

レフィルがあるから使い続けやすい
1度本製品を購入すると、次からはレフィルが買えます。価格も、化粧水なら通常4,104円→3,672円となり、さらに定期購入ならもっと割引になります。

他社比較でわかったアスタリフトホワイトを選ぶといい人
・美白もしたいけどとにかく保湿したい人
・一年中、同じ化粧品を使いたい人
・美白だけでなく、エイジングケアもしたい人
・しっとりペタッとするテクスチャーが好きな人
・ハリも実感したい人
・ローズの香りが好きな人

アスタリフトホワイトはどこで買うのが最安値?


アスタリフトホワイト・トライアルキットは、公式ページからしか買えません。時期によってプレゼントが変わる場合がありますので、確認してみましょう。
販売サイト
最安値相場
条件

1,000円(税抜)
送料無料

《公式》
今ならUVクリア美容液もプレゼント!
楽天
アスタリフトホワイト トライアルキット

該当商品なし

amazon
アスタリフトホワイト トライアルキット

該当商品なし

アスタリフトホワイトの本製品を一品ずつなら「公式ページ」以外にも、「楽天」「Amazon」で通販購入できます。

アスタリフトホワイトの体験レビュー


アスタリフトホワイトのトライアルキット
アスタパッケージ トライアルキット届きました!開けると、わかりやすく商品が入っており、お手入れステップのクイックガイドも付いています。使う順番、使う量、お手入れのポイントが説明してあり、使い方に関してはとても丁寧な印象。


トライアルキットに付いている化粧水前の"先行"美容液
アスタリフトホワイトプレジェル2 手に出してすぐは、ゼラチンのようなかたまりがあります。手の平にのせると、体温で柔らかくなりました。赤い色に驚くけれど、肌に塗っても色は付かず、これだけでかなりペタっとします。ローズのいい香りが印象的。

化粧水も赤い!テクスチャーはサラッとしている
アスタ化粧水 意外にサラッとしているけれど、付けるとしっとりなじみます。先に付けたジェルのせいか、最初は白っぽくなりますが、すぐに無色に。使用量は500円玉大より多めとなっていますが、一度につけるとあふれるので、半量ずつ二度付けしました。

いよいよ美容液。案外こってりしていない
アスタ美容液 すでに肌は触ると手にくっついてくるほどペタペタした状態。「指がすべらなくなるまで」と説明書にある通りにやると、なじませるのに時間がかかりました。

有効成分を閉じ込める役割のクリーム
アスタクリーム こっくりしたツノが立つようなクリーム。よく伸びるので、スルスルとお肌にのります。最初に塗ったジェルから、肌のペタペタ感は変わらず、お手入れが完了しても、ベタつくというよりモチモチになった印象。

4商品を使用してみて、高い保湿力を実感できました。ただ、この後日焼け止めや化粧下地を塗り、ファンデーションを塗ると考えると、ファンデーションがよれるのでは?という心配も理解できました。また、メーカーが推奨する使用方法だと、基礎のスキンケアに10分近く掛けることになります。この手間をかけることで、保湿とベタつきケアのバランスを取るようです。

購入・商品詳細は以下の公式ページよりご確認ください。
アスタリフトホワイトの公式ページへ

アスタリフトホワイトについてのよくあるQ&A


アスタリフトホワイトについて、よくある質問や疑問にをメーカーに問い合わせました。

ラインのすべてが赤い色をしていますが、着色料を使っているのですか?
香料や着色料など、最低限の使用はしておりますが、この赤味は「アスタキサンチン」の色で、天然の色味になります。

赤い化粧品ですが、お肌につけても赤くなったりしないのでしょうか?
天然の色素ですので、色素沈着などの心配はございません。お肌につけると、色はなくなりますのでご安心ください。ただし、お洋服などに付くと、赤い色が付着してしまいますので、お手入れの際にはご注意ください。

敏感肌です。成分に、フェノキシエタールという石油成分が使われていますが、大丈夫でしょうか?
フェノキシエタノールは、酸化防止剤として使っています。同じく酸化防止剤としてはパラベンが有名ですが、化粧品が変質しないために、最低限使用しております。もしも、ピリッとしたなど、刺激を感じましたら、ハリ・うるおいケアラインの「アスタリフト」の方をお試しください。

美容液を朝の洗顔後につけるとテカテカするのですが。
ファンデーションがよれる、ベタつきが気になるということでしたら、美容液は夜だけの使用にしていただいても問題ありません。もちろん、美容液も朝晩ご使用いただくことをおすすめしておりますので、量を調節するなどしてお試しください。

目元や口元の小じわが気になるので使ってみたいのですが、価格的にラインで揃えるのは難しいです。
顔のポイントで小じわが気になるということでしたら、ラインの中では美容液の使用をおすすめいたします。また、スペシャルケアとしてアイクリームをご用意しております。こちらは、ほうれい線や眉間のシワなどにもお使いいただけますので、お試しください。


アスタリフトホワイトの口コミ・効果を試してみたまとめ


美白化粧品は一年中使った方がいいことから、年間を通して使える化粧品であることはとても良いポイントです。冬に必須である保湿力が高い商品だからです。トライアルには化粧水の前に付けるプレジェルが付いていますが、この段階ですでにベタつきを感じる人もいるでしょう。これは好みによって分かれるところですが、しっかりしたしっとり感は味わえます。

保湿重視の美白化粧品を探す方、またエイジングケアも気になるという方にオススメできる商品です。


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+