受験の頃より勉強してます / 第19回

[公開日]2017/07/05[更新日]2017/08/23

肌を綺麗にする方法

最近、私たちアンチエイジング神様チームの元に"とある資料"が届きました。

それは、日本中の化粧品会社・原料メーカーの各種データがぎゅぎゅっと詰まっており、スキンケアやヘアケアといった各カテゴリー内の売れ筋商品、これからの化粧品のトレンドや最新技術なども書いてあるものです。

実はこの資料、大声では言えないのですが…十数万円する貴重な資料なのです…!

エイジングケア

▲化粧品や健康食品に関するあらゆる情報が凝縮された資料

メーカーが公開している情報ではなく、第三者機関が調査した情報なので信頼性も高く、届いた時には「やっと届いた!!!」とチーム全体のテンションが上がったほど、他では手に入らない情報が満載です。

資料は
・化粧品分野
・エステ分野
・健康食品分野
・ミネラルウォーター分野
を入手しており、それぞれの専門スタッフ(元化粧品メーカー社員、元エステティシャン、サプリメントアドバイザー、水質分析官)が熟読し、情報を活かしながら執筆をしています。

ただ、1,000ページ弱もある分厚い資料がゆえ、読み込むのはなかなか大変なものでした…。

ですが、だからこそ、どこよりも詳しく、通り一遍ではない「読者の方が本当に知りたい情報」に焦点を当てられるようになったと感じているところです。

もちろん、前々からそのスタンスではありましたが、これまで以上にお役立ていただける情報になったのでは、と自負しています。

また、今後は「最新情報」のお届けにも力を入れていきます。

例えば、「シミの原因」で調べると、「紫外線」「メラニン色素」と書いてあることがほとんどですが、近年ではスマートフォンの「ブルーライト」もシミの原因として危険視されています。

このように、今はまだ大々的に取り扱われていない情報も、真偽を確かめた上で発信して参りますので、ぜひ今後の記事もご愛読して頂けますと幸いです。

ちなみに、元化粧品メーカー社員の私、弓削田の愛読書は…

アンチエイジング

・自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典(小澤王春)
・美容皮膚科学事典(朝田康夫)
・化粧品成分用語事典2012(鈴木一成)


もちろん私自身も、これまでの化粧品企画やプロモーションといった経験に基づいた知識はあるのですが、科学的な情報は本に頼りながら、みなさまのお悩み解消のご提案をさせていただいています。

例えば、セラミドは最強の保湿成分ではありますが、化粧水には配合されにくい成分です。

成分にはそれぞれ「適材適所」というものがありますが、それを理解していない情報も多くあるので気をつけてくださいね。

これからも日々勉強!日々情報収集!しながら、美容・健康情報をお届けして参りますので、引き続き「アンチエイジングの神様」をよろしくお願いいたします。


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+