アラキドン酸サプリは危険?サプリ資格者が成分効果を検証

[公開日]2016/10/14[更新日]2018/11/12

アラキドン酸を含む食品

赤ちゃんの粉ミルクにも配合されるアラキドン酸は、赤ちゃんだけでなく大人やお年寄りにも必要な栄養素です。

最近はオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)ばかり注目されがちですが、DHA・EPAはアラキドン酸がなくてはスムーズに機能しません。

ということで、日本ニュートリション協会公認・サプリメントアドバイザーである筆者がアラキドン酸サプリの選び方とおすすめサプリまで、アラキドン酸について解説します。



《管理人:安藤美和子》
サプリメントアドバイザー、化粧品検定一級、薬事法管理者の有資格者チームの管理人。化粧品開発・プロモーションの実務経験を活かし、雑誌・WEBメディアの執筆/ディレクションを行う。

「サプリメントアドバイザー」とは、サプリメントやその他の健康商品の摂取方法などを的確にアドバイスできる専門家です。2002(平成14)年、厚生労働省は(中略)消費者が自らの食生活や健康状態に応じた食品を、安全かつ適切に選択し、摂取するためには、これらの食品の成分や機能、活用方法などについて理解し、正しい情報を提供できる助言者が必要であるとしています。

出典:日本ニュートリション協会


アラキドン酸が必要とされる2つの理由


自分ではつくりだせない必須脂肪酸だから
体には必要ですが、体内でつくりだすことができない脂質を必須脂肪酸といいます。オメガ3脂肪酸3種類(α-リノール酸、EPA、DHA)、オメガ6脂肪酸3種類(リノレン酸、γ-リノール酸、アラキドン酸)あわせて全部で6種類あり、特に脳に多く存在しています。

必須脂肪酸は脂質ですが、良質なアブラなので太るというよりもエネルギー源や全身の働きをスムーズにする役割を担っています。
必須脂肪酸は、ダイエット中なら積極的に補っていいくらいの栄養価を持つのよ。


年齢とともに吸収力が落ちてしまうから
また、アラキドン酸(=AA)は母乳に含まれており、赤ちゃんの健やかな成長をサポートする重要な成分です。そのため、粉ミルクにもDHA(=ドコサヘキサエン酸)とともに配合されています。
赤ちゃんの粉ミルクにアラキドン酸を含有することは、世界的にも推奨されていて、日本も2009年からDHAと同じくらいのアラキドン酸が配合されているわ。

アラキドン酸は、肉や乳製品、植物油等から摂れるので、10代後半〜30代、40代ころまでは不足しないと考えられています。しかし、年齢とともに、体がアラキドン酸をつくる力が衰え、食べ物からも吸収しにくくなります。
そうなんだ〜具体的には何歳から吸収力や体内での合成力が低下するの?
そうね、◯歳から減少し始めますっていうのはなくて、目安は【食事量が減った、炒め物や肉・魚・乳製品を食べる機会が減った】と感じる時が不足しはじめのサインね。


アラキドン酸サプリの選び方と比較ランキング


アラキドン酸を含むサプリメントはめったにありません。今回は、その中でもアラキドン酸を豊富に含有しているサントリーのオメガエイド(機能性表示食品)、ユーグレナ・ファームの緑汁、ユーグレナプラスの3つを比較しています。

▶各サプリメントの特徴
アラキドン酸 サプリメント比較

サプリメントを選ぶ4つのポイント

ポイントは、以下の4つです。このすべてを満たしたサプリメントでなければ期待する効果は得にくくなります。
アラキドン酸と同じくらいのDHAも一緒に補える
1日あたり200円以下
ビタミンE、アスタキサンチン、βカロテンを含む
添加物は最小限(原材料の一番初めに添加物が書いてあるサプリは選ばない)

 
総合評価
価格
配合量

まんべんなくオメガ脂肪酸が補給できる

通常 6,000円 / 180粒
定期 5,400円 / 180粒

120mg / 1日3粒
(DHA=300mg)

59種類の栄養素が摂れるが、アラキドン酸やDHAは極微量

初回 463円 / 7包
定期 3,780円 / 31包

1.8mg / 1日1包
(DHA=0.3mg)

乳酸菌と酵母がプラスされているが、オメガ脂肪酸が少なく、価格もネック

初回 907円 / 30包(4粒入)
定期 2,969円 / 30包(4粒入)

約1.8mg / 1日1包
(DHA=約0.3mg)
より詳しいデータ比較表は下部へ

成分比較
アラキドン酸を含むサプリメントは非常に少ないため、アラキドン酸を配合しているサントリーのオメガエイド(機能性表示食品)かユーグレナ・ファームの緑汁やユーグレナプラスの3つを比較しています。

しかし、実際にアラキドン酸の配合量についてそれぞれのメーカーに問合せたところ、オメガエイド(機能性表示食品)にはアラキドン酸をはじめとしたオメガ脂肪酸をまんべんなく配合してありました。(1日3粒でアラキドン酸:120mg、DHA:300mg、EPA:100mg

一方、ユーグレナ2種類については、ユーグレナが持つ59の栄養素の割合をすべては教えてくれず、粘ってようやくアラキドン酸とDHA/EPAのみ配合量を聞くことができました。(アラキドン酸:1.8mg、DHA/EPA:0.3mg)

全体的な栄養補給をする場合は、ユーグレナ・ファームの緑汁やユーグレナプラスが良いのですが、おっくう対策やすっきりとした毎日を過ごしたい方には、アラキドン酸をはじめとするオメガ脂肪酸が多いオメガエイド(機能性表示食品)の方が効率的です。

良いサプリメントの見分け方
また、サプリメント選びをするときアラキドン酸だけ配合されているサプリメントはやめましょう。アラキドン酸は劣化しやすく、それを守るための防止剤としてビタミンAやE、アスタキサンチンといった成分が一緒に配合されているものを選ぶようにしてください。
身体に必要な良質なアブラだったとしても、劣化すると身体にマイナスだからね。それと、さっきも言ったけど、アラキドン酸はDHAと一緒のほうがお互いサポートし合える存在なの。だから、【アラキドン酸+DHA+ビタミンEのやアスタキサンチン】が一緒になったものがベストなサプリメントね。


サプリメントの吸収力は?
アラキドン酸サプリメントの吸収力ですが、オメガエイド(機能性表示食品)のアラキドン酸もユーグレナ(=ミドリムシ)もどちらも微生物からつくられています。

ユーグレナ・ファームの緑汁やユーグレナプラスは、吸収力93.1%とわかっていますが、オメガエイド(機能性表示食品)は不明です。

ただし、ユーグレナはアラキドン酸が極微量であり、オメガエイド(機能性表示食品)はユーグレナの66倍ものアラキドン酸が配合されているので、必然的に吸収される量はオメガエイド(機能性表示食品)の方が多くなります。

どれくらい飲み続ける?飲むタイミングや副作用のリスクは?
オメガエイド(機能性表示食品)は、薬ではないので、短期間でものすごく効果を実感することはありません。飲み続けてなんらかの効果を実感し始めるのは3ヶ月以降とされているので、まずは毎日続けましょう。
医薬品ではないから飲むタイミングは、食後でもよる寝る前でもOKよ。

サプリメントは、1日◯粒とメーカーによって決められています。この上限を守る限り、副作用の恐れはありません。アラキドン酸がアレルギーやアトピーの原因と言われるのは、アラキドン酸を摂りすぎたために身体が以上を知らせているサインでもあります。

もともと肌質が敏感な方や医薬品を服用中は、体質にあわなかったり、飲み合わせが悪くなる場合もあるので、事前に病院で相談しすることをおすすめします。

オメガ3も摂れるオメガエイド(機能性表示食品)の口コミ評価をチェック


オメガエイドのクチコミ効果

良い口コミの傾向
・やる気が出てきた
・気力が落ちない
・うっかりが少なくなった
・リフレッシュできるようになってきた
・サントリー製品なので安心感がある

悪い口コミの傾向
・値段が高くて続けにくい
・飲みづらい

※個人の感想であり、商品の効果を保証するものではありません。

飲んだという安心感が持てるかどうかが口コミ評価の境界線

うっかりやおっくうなことが増えると、どうしても毎日の活動範囲が限定⇒ますますうっかりしやすくなったり、おっくうな気持ちが加速するという悪循環が生まれます。

一見すると、そのような気持ちの問題にアラキドン酸は関係ないように思えますが、飲み始めると「これを飲んだから大丈夫」という安心感が持てるので、良い口コミにあるような気力が落ちないといったプラスの反応があります。

オメガエイド(機能性表示食品)は、目に見える変化というよりも、思い返してみたらその良さを実感できていたという方が多いのが特徴的です。ただし、1日分が180円なので、高いと感じる方は続けにくいでしょう。

ただ、サントリーは定期購入しても、解約の縛りがないので、まずは3ヶ月飲もうと期間を決めて試してみると良いでしょう。
信頼して買える会社かどうかも満足度に関係してくるってことかぁ。


オメガエイド(機能性表示食品)を最安値で買う方法は?


サントリーのオメガエイド(機能性表示食品)が購入できるのは通販のみです。Amazonや楽天でも販売されていますが、転売商品で在庫が切れていたり、安く買える定期購入のサービスや説明書(リーフレット)、アフターサービスなどが何もない場合がほとんどです。

販売サイト最安値相場条件

定期 5,400円 / 送料無料
⇒1回で解約可

《公式》
・通常価格の10%OFF
・10%増量
・毎回送料無料
・別商品も10%OFF

楽天市場
オメガエイド
(機能性表示食品)

6,463円 / 送料別

《転売》
特典、割引、定期購入不可、説明書等なし
amazon
オメガエイド
(機能性表示食品)

6,296円 / 送料別

《転売》
特典、割引、定期購入不可、説明書等なし

また、直接口に入れるものなので、信頼できるこちらのサントリーの公式ページから購入することをおすすめします。サントリーウェルネスでは、専門知識や飲み方から食事のアドバイス、その他気になることを無料で相談できます。(インターネットでの問合せ、チャット、フリーダイヤル)

電話取材してみて感じたサントリーの対応
筆者も、電話取材をさせていただきましたが、オメガエイド(機能性表示食品)の情報だけでなく、生活習慣から食事のアドバイス、DHA・EPA&セサミンとの違いまで丁寧に教えていただきました。

このような大手のサプリメントに関する問合せは、普段から多いため、面倒そうにあしらわれることがほとんどですが、その人にあった応対をしていただいたので、困ったときに信頼して相談できるという印象を受けました。

オメガエイド(機能性表示食品)の公式サイトへ


アラキドン酸サプリの副作用は?過剰摂取に注意を


健康のために注目を集めるアラキドン酸ですが、アラキドン酸を意識的に補う必要がないという声もあります。これは、アラキドン酸が普段の食事から補えるものであり、オメガ3脂肪酸と違って過剰摂取は体の働きに悪影響をもたらすからです。

アラキドン酸サプリ否定派:食事で十分?
・オメガ6脂肪酸は日常の食生活から摂れるものであり、サプリメントまで摂ると過剰摂取になる
・アラキドン酸を過剰に摂ると、痛みの物質をつくりだすので必要ない
・肉や卵、植物油、そして、コンビニのパンやお菓子にはアラキドン酸を含むオメガ6脂肪酸が含まれており、むしろ控えるべき
・一定量は必要だが、摂り過ぎの心配のほうが大きい

アラキドン酸サプリ肯定派:DHAのためにも必要
・アラキドン酸とDHAはどちらもお互いを必要としており、一緒に摂ることで吸収や働きをサポートしあう
・日常生活で補えている世代は必要ないが、年齢とともに減少するため、補う必要がある
・確かに痛みの元をつくりだすアラキドン酸だが、その一方でそれを抑える成分もつくりだす
・食事からでは脂肪やカロリーの過剰摂取の原因になる場合がある

過剰摂取は、痛みの物質を多く作り出したり、体の働きに影響をもたらす可能性もあります。しかし、これはアラキドン酸だけに限らずどの栄養素も多く取り過ぎると体にはマイナスになってしまいます。

普段の食事が魚を中心とした和食であれば摂らなくて良いでしょう。しかし、惣菜や菓子パン、コンビニ弁当、外食、肉類やお菓子・ケーキを普段から口にする方は、飲む飲まないよりもサラダ油などの植物油を減らすことが先決です。
くり返すけど、アラキドン酸は劣化しやすい油のひとつだから、「つくって長時間放置されている=身体に良くない油を取り込んでいる」ことになるから気をつけないとね。


1日どれくらいのアラキドン酸が必要?


では、1日にどれくらいアラキドン酸を摂ったらいいのでしょうか。

実は「アラキドン酸を◯◯g摂りましょう」という決まりはなく、目安として、『アラキドン酸を含む「オメガ6脂肪酸」を1日8〜11gに摂りましょう。』という方針になっています。
オメガ6脂肪酸 摂取目安量現在は、アラキドン酸を◯mgではなく、アラキドン酸を含むオメガ6脂肪酸をまとめての目安量しかありません。

▶食品に含まれるアラキドン酸含有量
アラキドン酸 _オメガ6脂肪酸_食品


アラキドン酸を多く含む食べ物、DHAと一緒がおすすめ


アラキドン酸を含む食べ物
アラキドン酸を含む食品
アラキドン酸は、卵や牛・豚・鶏肉、魚類、植物油から補うことができます。オメガ6脂肪酸には、3つ種類があり、植物油(サラダ油)に多く含まれるリノール酸の一部がγ-リノレン酸に変換され、γ-リノレン酸の一部がアラキドン酸に変換されます。
卵や肉・魚を食べていたり、炒め物で使う植物油にもリノール酸が含まれているから普段の食事でもとれるわ。ほかにも菓子パンやケーキ、お菓子に植物油って書いてあるのもリノール酸(オメガ6脂肪酸のひとつ)よ。
だから、日常生活で摂れるんだけど、リノール酸からアラキドン酸に変換される割合はとても少ないし、卵やお肉には脂肪分やコレステロールも多いから、摂り方に注意が必要ね。


アラキドン酸と一緒に摂りたい栄養成分
オメガ6脂肪酸 一緒に摂りたい食べ物
DHA(青魚、アマニ油)
・ビタミンA(カボチャ、豚レバー)
・ビタミンE(モロヘイヤ、うなぎの蒲焼き、アーモンド)
・アスタキサンチン(鮭)
・セサミン(ゴマ、麦ごはん、ごま油)
・βカロテン(緑黄色野菜)
・リコピン(トマト、ケチャップ)

DHAは、アラキドン酸と一緒にとるとお互いの働きをサポートします。それ以外の栄養素には、劣化しやすいアラキドン酸を守る働きがあります。一緒に、青魚やにんじん、かぼちゃ、ホウレンソウ、鮭など色の鮮やかなものを食べるようにしましょう。

【注意】アラキドン酸は高コレステロール&高カロリーな食べ物に多く含まれる
アラキドン酸 コレステロール 食事から栄養補給することが一番ですが、毎度栄養素を意識して食事するのはむずかしいことです。年齢を重ねるにつれ、食べられる量も減り、体内酵素量も減るので、入ってきた栄養素を分解・吸収する力も衰えてきます。
アラキドン酸を多く含む食べ物は、脂質やコレステロールも多いものばかりだから、食べ過ぎないように注意しないと健康のために食べたのに、マイナスの結果をもたらすこともあるからね。


脂質が気になる方は卵や肉よりアラキドン酸サプリメント

アラキドン酸 サプリメント そうなると、食事からすべてを補おうとするよりも、純粋にアラキドン酸だけを補えるサプリメントを飲んだほうが、余計なコレステロールやカロリー摂取を控えることができます。


もっと詳しく!アラキドン酸の特徴とオメガ6脂肪酸の働き


アラキドン酸とは?

アラキドン酸 オメガ脂肪酸
アラキドン酸は、オメガ6脂肪酸のひとつで、脳の働きをサポートする重要な脂質です。アラキドン酸と体内の酵素が合体すると、プロスタグランジンやロイコトリエン、トロンボキサンといったホルモン様物質がつくりだされ、体の働きをサポートしてくれるのです。

脂質といっても、脂肪として蓄積される質の悪いアブラではなく、体のエネルギー源や細胞の材料、血液やホルモンなど体をつくる上で欠かせないものです。

アラキドン酸は、体の中にもありますが、体内合成量だけではでは不足するため、DHA(=ドコサヘキサエン酸)やEPA(=エイコサペンタエン酸)と同じ必須脂肪酸としてなくてはならない成分です。特に、生まれたばかりの赤ちゃんやお年寄りの方は、自分自身でつくりだす力が弱いため、積極的に補給したい栄養素です。

アラキドン酸を含む必須脂肪酸の種類
アラキドン酸 必須脂肪酸 種類
どのオメガ6脂肪酸を摂るのが効果的?
オメガ6脂肪酸は3種類ありますが、母乳で育つ時期の赤ちゃんやしっかり脳の働きをサポートしていきたい場合は、リノール酸よりも最終形であるアラキドン酸の状態をとった方が吸収されやすくなります

オメガ6脂肪酸は少ないほうが良い?
アラキドン酸を含むオメガ6脂肪酸は、それだけ多いと身体が異常反応を示します。そのため、できるだけアラキドン酸はとらないようが良いと言われています。現在、日本ではオメガ6脂肪酸(アラキドン酸)とオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の割合を4:1を目指そうとしていますが、世界では、その割合が2:1となっています。

青魚に多く含まれるDHAやEPAは、『1日あたり1.8~2.4gを目標量として、積極的に摂りましょう。』とされていますが、実際の食生活では魚を毎日食べる割合は少なく、2人に一人はオメガ3脂肪酸が不足しています。
この4:1や2:1という目標は、「アラキドン酸を減らしなさい」&「オメガ3をもっと積極的に摂りましょう」って2つの目的があるの。だから、アラキドン酸を補うときはDHAも一緒に補えるものを口にするといいわ。

魚か肉(特にレバー)が大好きだったらいいけど、でも、脂肪分やコレステロールの量が気になっちゃうね。
それともうひとつ、加熱すると少しアラキドン酸やDHAの量が減っちゃうの。たとえば、ゆで卵は生卵の2/3の量になるわ。



《参考》 アラキドン酸配合のサプメントの詳細比較


記事を執筆するにあたって、アラキドン酸を配合する2つのサプリ・青汁を以下のように比較調査しました。選ぶときの参考にしてみてください。

順位
1位
サントリーウェルネスオメガエイド アラキドン酸
2位
ユーグレナ アラキドン酸 サプリ
3位
ユーグレナプラス アラキドン酸 サプリ
商品名
総合評価

オメガ脂肪酸がバランス良く補給できる

59種類の栄養素が補える

まんべんなく栄養素をとれるが、価格とアラキドン酸配合量が微妙
価格(税別

通常 6,000円 / 180粒
定期 5,400円 / 180粒

初回 463円 / 7包
定期 3,780円 / 31包

通常 6,400円 / 30包
定期 5,760円 / 30包
1日分

180円

122円
[aag_icon_trianble]
192円
アラキドン酸

120mg / 1日3粒
(DHA=300mg)

1.8mg / 1日1包
(DHA=0.3mg)

約1.8mg / 1日1包
(DHA=約0.3mg)
配合成分

アラキドン酸、DHA、EPA、アスタキサンチン

ビタミン14種、ミネラル9種、アミノ酸18、不飽和脂肪酸11種、GABAなどの特殊成分7種

ビタミン14種、ミネラル9種、アミノ酸18、不飽和脂肪酸11種、GABAなどの特殊成分7種、有胞子性乳酸菌、ビール酵母
におい

無臭、小粒で飲みやすい

ほんのり抹茶風味だが、粉っぽさを感じる

特になし
安心度

GMP工場にて製造

ユーグレナの開発から販売までを行う

カプセルの原料にまでこだわる


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+