脱毛器ケノンのVIO脱毛効果は?3年使って確かめてみた結果

ケノン VIO脱毛 効果

「ケノンはVIO脱毛もできる?」「脱毛サロンは恥ずかしいから自分でVIO脱毛したい」

筆者は脱毛サロンでVIO脱毛するのが恥ずかしくて、ケノンを購入した1人です。

家庭用脱毛器の中にはVIOへの照射ができない脱毛器もありますが、ケノンはVラインからOライン(お尻の穴)の脱毛までできます。

この記事では、

・ケノンでVIO脱毛した人の口コミ
・VIO脱毛する方法や回数、期間
・ケノンのVIO脱毛効果


にリアルなイラストと一緒にお伝えします。ツルツルにしたい人だけでなく、筆者のようにボーボーに生えている剛毛をふわふわな毛質にしたい人にもおすすめです。

ケノンの購入を考えている方はこちらへ
家庭用脱毛器ケノンの公式ページへ


《ガイド:広沢蝶子》
アンチエイジングの神様にて、脱毛ジャンルの企画編集を担当。家庭用脱毛器を10機種以上購入。ケノン使用歴3年


ケノンは脱毛サロン級のVIO脱毛ができる


家庭用脱毛器 ケノン VIO

ケノンは、脱毛サロンと同じ光脱毛ができる家庭用脱毛器です。

脱毛できる範囲も脱毛サロンとほぼ同じで、VIOラインに生えている太くて濃い毛から顔の産毛まで脱毛できます。

他の家庭用脱毛器と比較して照射面積や照射パワー、照射できる回数が多く、効果を実感しにくいVIOの毛も納得いくまで使えます。

ケノンでVIO脱毛するメリット
・剛毛なアンダーヘアのボリュームダウンもできる
・照射面積が広いので、短時間で脱毛ケアできる
・ひとつのカートリッジで10年分以上使える
・照射レベルが1~10まであり、自分の肌に合わせて使える
・脱毛サロンのように、予約や着替える手間がかからない
・専用ジェル不要、保冷剤で冷やすだけで使える
・VIOラインの黒ずみケアもできる

アンダーヘア(陰毛)は手や足の毛と比べると、1本1本が太く、しっかりと生えています。さらに、もっさり密集しているため、毛根にダメージを当てて生えにくくするには照射パワーが必要です。

筆者はこれまでにトリアや2PS、レイボーテ、センスエピ、パナソニックの光エステなどの家庭用脱毛器を実際に使ってきましたが、「照射パワー」は他社よりも強く、脱毛効果を実感しやすいでしょう。

ケノンでVIO脱毛した人の口コミ


良い口コミの傾向
・きれいな逆三角形になったので、下着からはみ出さなくなった
・あんなに太くてチリチリしていたが、今ではふんわりになった
・しっかり冷やすと強さMAXのレベル10でも痛くない
・カートリッジが無料特典で複数あるので、衛生的にもいい
・自宅でここまでVIO脱毛できるのは嬉しい
・脱毛サロンでVIO脱毛するより安くできる

悪い口コミの傾向
・陰毛は1本1本がしっかり生えているので、1~2ヶ月では脱毛できない
・痛みはないが、保冷剤で冷やすので冬場はヒヤッとする
・お尻の穴(Oライン)周辺は鏡でも見えにくいので脱毛しにくい
・Vラインは段々薄くなってきたがIラインは効果が出にくい

脱毛サロンと迷う方はおすすめ!ただし、半年使い続けられるかが評価の分かれ目

ケノンは、脱毛サロンに行くのは恥ずかしい方や面倒という方やエステ脱毛よりも費用を安く抑えたいという方に人気です。

ただし、毎週使ってもVIOの毛が柔らかくなったり、生えてくるスピードが遅くなるといった効果を実感するには2〜3ヶ月かかっているようです。

実際、筆者もケノンでVIO脱毛しましたが、毛が生えにくくなり満足するまでには半年ほどかかりました。

自宅で脱毛できるという便利さやエステ脱毛よりも安いというメリットはありますが、使い続けられるかどうかが口コミ評価の分かれ目になるでしょう。
筆者の場合は1度、脱毛サロンに無料カウンセリングに行きましたが、価格の高さと人に見られるのはやっぱり恥ずかしかったのでケノンを買いました。予約の手間や勧誘の心配もなく、自分の空いてる時間にササッと処理できるのは家庭用脱毛器のメリットですね。

家庭用脱毛器ケノンの詳細を見る

では、実際に筆者がケノンでVIO脱毛した結果をお伝えしていきますね。

ケノンでVIO脱毛する方法 全剃りが基本


ケノンは脱毛したい部分に光を当てて処理していきます。ここでは、どのようにして使うのか詳しく解説していきます。

VIO脱毛する前は全部剃っておく

ケノン VIO脱毛 効果

ケノンを使う時は、事前にアンダーヘアを全部剃っておきます。毛量が多い方は、ハサミである程度切ってから剃るとスムーズに処理できます。

説明書では「シェーバーで処理しておきましょう。」と書かれていますが、カミソリでもシェーバーでもどちらでもOKです。

個人的には、シェーバーだとキレイに剃れないところがあり、照射しているときに「痛っ」と感じることが続いたので、カミソリで剃ってから使っています。
Vラインはパイパン(ハイジニーナ・無毛)ではなく、形を整えたいという方も、収まりを良くするために始めの10回ほどはVラインも全部剃って照射してみてください。剛毛だった毛が細く柔らかくなって、形もキレイに仕上がりますよ。

ケノンの使い方
①ムダ毛処理(ハサミ⇒カミソリ)
②照射部分を保冷剤で冷やす
③レベルを設定し、照射
④照射部分を保冷剤で再度、冷やす
⑤保湿ケア(乾燥すると痒くなったり、照射時痛くなる)

実際に使っている様子はこちらの動画をご覧ください。

使用部位は腕ですが、VIO脱毛も同じ方法で照射していきます。


照射は15分で完了
ケノン VIO 回数

1度の照射回数は部位によって異なりますが、Vラインであれば全部照射した場合16回、Iラインは12回、Oラインは6回ほどです。(筆者の場合)

慣れないうちは30分位かかるかもしれませんが、慣れてくると15分ほどで済みます。脱毛サロンだと30分以上かかるので、時間の節約にもなります。

照射時は人には見せられない格好に・・・

ケノン VIO 体勢

VIOは皮膚がデリケートな部位であり、照射不可の粘膜部分もあるため、照射する時は慎重に行ないましょう。

VIO脱毛するときはヤンキー座りのような体勢がおすすめです。鏡を手前に置くと照射漏れせずに済みます。
見た目は恥ずかしいポーズですが、照射漏れしてしまうとそこだけ普通に生えてしまうので、鏡を見ながら確実に照射してください。


ケノンでVライン脱毛:Tバックを履くには18回必要


ケノン VIO脱毛 Vライン

照射レベル:7~8
回数:18回ほどでボリューム、形が整う(約半年)
頻度:週に1回(生理期間は除く)
毛の変化:ゴワゴワ・もっさりからちょっと柔らかくなった
Vライン(デリケートゾーンのIOライン以外)の脱毛は、照射しはじめて9回目頃からゴワゴワだった毛が細くなってきたり、生えてくるスピードが遅くなるのを実感しはじめました。

ただし、9回目であってもスルッと抜ける感じではなく、まだまだ照射が必要な部位です。

筆者の場合、10回目までVラインは全部剃って照射をして、それ以降は逆三角形に整えるためにはみ出している部分の照射をしていました。

18回(月3〜4回照射)になると、すっかりボーボー感がなくなり、水着や際どい下着を履いてもはみ出さなくなりましたね。
約半年は常に剃ったりケノンで照射しているので、チクチクしています。彼氏や旦那さんがいる方は、脱毛する時期を考えたほうがいいかもしれません。彼氏がいない方は今のうちにはじめたほうがいいですよ。


ケノンでIライン脱毛:一番時間がかかる


ケノン VIO脱毛 Vライン

照射レベル:6~7
回数:20回以上必要(7ヶ月以上)
頻度:週に1回(生理期間は除く)
毛の変化:チリチリとした毛質は変わらないが、細くなってくる
イラストのようにIラインもVライン同様、太くてしっかりした毛が生えていました。

照射しても7〜8回目ころまでは脱毛効果らしいものは感じられませんでしたが、生えてくるスピードが遅くなり、毛も細くなってきた9回目ころにようやくIラインの脱毛効果を実感しました。

Vラインは18回目には形がキレイに整い、満足する仕上がりになりましたが、Iラインは18回照射してもはVラインよりしぶとく生え続けたので、20回以上(半年以上)は照射する必要があります。

Iライン脱毛はVIOの中でも脱毛完了までに一番時間がかかりました。

しかし、毛が生えてこなくなると下着選びが楽しくなるだけでなく、生理のときのムレやニオイが嘘のように気にならなくなります。
光脱毛はメラニンに反応するので、黒ずみがあると痛みが強くなります。筆者の場合、Iラインが黒ずんでいたので、Vライン脱毛よりも照射レベルを下げて使っていましたが、黒ずんでいない方はレベル8〜10で照射するともう少し早く脱毛できますよ。


ケノンでOライン脱毛:効果は最も実感しやすい


ケノン VIO脱毛 Oライン

照射レベル:7~8
回数:18回でほぼ気にならなくなる程度に(約半年)
頻度:週に1回(生理期間は除く)
毛の変化:だんだん細く、薄くなってく
Oライン(お尻の穴)は自分で脱毛するには難しいところですが、VラインやIラインの毛よりも剛毛ではないのと量が少ないので、V・I・Oの中では最も効果を実感しやすい部分です。

しかし、Iラインより奥にあるので照射しづらく、筆者の場合は照射できているところとそうでないところが出てきました。

さらに、Oライン(お尻の穴周辺)は意外と黒ずんでいるので、黒ずみ部分のメラニン色素が光を吸収し熱さと痛みを伴います。

保冷剤で冷やしにくい部位ではありますが、冷たさで感覚がなくなるくらいしっかり冷やして照射するようにしましょう。
男性はIラインだけでなくお尻の穴までしっかり見ているものなので、Oラインも照射漏れがないように気をつけてください。毛自体はVIOの中では細い方なので、効果は早く実感できますよ。

家庭用脱毛器ケノンの公式ページはこちら

ケノンでVIO脱毛するには週1回×半年を目安に


ケノン VIO脱毛 期間

ケノンは何回くらい使えば、ツルツルになるのか?
筆者の場合、ケノンでVIO脱毛するには、20回以上は必要でした。

期間で考えると、週に1回照射していたので約半年ほどになります。(生理期間を除く)

その後は気になったときに都度照射すると、しばらくまた生えてこなくなるのでお手入れが楽になりました。

"半年"と聞くと長く感じるかもしれませんが、脱毛サロンは2〜3年(もしくはそれ以上)通い続けるため、自宅でケノンを使って脱毛したほうが、早く効果を実感できます。

筆者のVIO脱毛の場合
・照射1~5回目:
ほぼ実感なし(毛が細くなったり、するっと抜けるのはまだまだ先)
・照射6〜10回:
ようやく生えてくるスピードが遅くなり、毛も柔らかくなってきた(でも生えてくる)
・照射11〜17回:
生えてこないところも出てきて、脱毛効果を実感しはじめる
・照射18回目以降:
V・Oラインはほぼ生えてこなったので、1ヶ月に1回程度でOKに
Iラインはまだ生えてくるので約8ヶ月間は週1で使い続けた
肌が弱い・黒ずみがある方は、ケノンの「敏感肌モード(連射機能)」を使うと、照射パワーを一定に保ちつつも肌へのダメージを最小限に抑えられます。肌質によって使えない脱毛器もある中で、ケノンは肌質や肌状態を問わずに使えますよ。

VIOの永久脱毛はできるのか?
永久脱毛とは、毛の根っこ部分(毛根細胞)を破壊することです。

ケノンから照射される光の強さでは毛根を破壊することはできないため、永久脱毛することはできません。

しかし、使い続けるとダメージを受けて生えるスピードが遅くなるので、満足いく仕上がりになったらそれ以降は気になるときに照射するだけでスベスベ状態をキープできます。
見た目のキレイさもありますが、ムダ毛処理をしなくて済むのはやっぱりラクですね。

家庭用脱毛器ケノンの公式ページはこちら

痛みは?どれくらいのレベル設定がいいか?

家庭用脱毛器 ケノン VIO照射レベル

ケノンの場合は自分でレベル1~10まで設定でき、レベル数が上がれば照射パワーも強くなります。

VIOラインのワキ脱毛と同じくらい、もしくはそれ以上太くてツルツルになるには時間がかかる部位なので、レベル7〜8くらいで照射することをおすすめします。

筆者の場合は基本的にはレベル7で照射し、痛い時はレベル5に下げていました。

特に黒ずみやすいIラインは痛みを感じやすいので、Vラインより少し弱めから始めてみてください。
はじめはレベル1から使ってみて、我慢できるところまで照射レベルを調整してみてください。無理しすぎると、火傷する可能性もあります。痛みの感じやすさや肌の強さもあるので、その時々に合わせて照射しましょう。


ケノンでVIO脱毛するメリット・デメリット


ここであらためて家庭用脱毛器ケノンでVIO脱毛するメリットとデメリットをまとめてみました。

ケノンでVIO脱毛するデメリット
・自分で照射するので当て漏れする可能性あり
・自分で定期的に照射しなければならない
・VIO脱毛中は、毛が短い状態なのでチクチクする
・日焼け、黒ずみが激しい場合は照射できない
脱毛サロンはスタッフの方が照射してくれるので、寝ていればいつの間にか終わります。一方、ケノンはすべて自分で行うため、慣れないうちは同じところに照射してしまうなど失敗もあります。ただ、慣れてくるとサロンスタッフ並みに的確に照射できるようになりますよ。

ケノンでVIO脱毛するメリット
・自分で脱毛できるので恥ずかしくない
・脱毛サロンに通うよりも早く脱毛効果を実感できる
・脱毛サロンよりも安く済む
・ジェルを塗らずに使えるので不快感なし
・VIO以外の全身にも使える
・VIO脱毛後の黒ずみケアもケノンでできる
vio脱毛をすると、黒ずんだ部分が目立ってしまいます。特にIラインは黒ずみが際立つのですが、ケノンには美顔機能(黒ずんだ部分をターンオーバーによってキレイにする)があり、全身に使えるので脱毛+黒ずみケアまでできますよ。

カートリッジなどのケノンの無料特典は、キャンペーン内容によって変わることもあります。

詳しくは以下の公式ページよりご確認ください。
家庭用脱毛器ケノンの公式ページへ
※家庭用脱毛器ケノンは人気商品のため類似品が出まわっています。偽物を買ってしまわないために、確実に公式サイトをチェックするようにしましょう。

男性ウケのいいアンダーヘアの形は?VIO脱毛する前に知りたかった形比較


ケノン VIO 脱毛 形

筆者はもともと逆三角形に整えたかったので迷いませんでしたが、アンダーヘアの形をどうするか迷う方もいるのではないでしょうか?

上記のイラストは、アンダーヘアの人気6タイプをまとめたものです。海外での定番はパイパン(ハイジニーナ・無毛)ですが、日本では逆三角形が定番となっており、特に形が小さめの逆三角形は男性ウケがいいようです。

一方、指1~2本分の長方形アンダーヘアは"整えすぎ"ということで、男性ウケはあまり良くないようです。

同じくハート型も形としてはかわいいのですが、男性からすると可愛さよりもびっくりのほうが大きく、引かれる可能性が高い形です。

ケノンVIO脱毛でできること
・アンダーヘアの毛量を減らす
・部分的に脱毛する
・パイパンにする
ハート形は形を整えるのが難しいかもしれませんが、それ以外はケノンのどのカートリッジでも簡単に整えられると思います。


ケノンでVIO脱毛するには、どのカートリッジを使うべき?


以下の図は、ケノンの各カートリッジを照射面積・照射力・照射回数(ショット数)をまとめたものです。

ケノンカートリッジ 効果

VIO脱毛はストロングorプレミアムカートリッジが◎
ケノンには、執筆時点で5種類のカートリッジがあります。

照射力を重視するのであれば、ラージカートリッジやエクストララージカートリッジよりもパワーが強い「ストロングカートリッジ」か最新の「プレミアムカートリッジ」がおすすめです。
筆者がVIO脱毛する時はプレミアムカートリッジが発売されていなかったので、ストロングカートリッジでしましたが、現在であればストロングカートリッジよりも照射範囲が広くて痛みも軽減されているプレミアムカートリッジをおすすめします。

追加カートリッジはなくても十分足りる
ケノンは本体とカートリッジが別になっており、カートリッジ部分を交換すると半永久的に使うことができます。

VIOだけでなく、全身使う場合は追加購入を検討してもいいかもしれませんが、カートリッジひとつで全身脱毛2〜3年分はできるため、カートリッジは追加しなくても十分足りるでしょう。

さらに、無料特典でカートリッジがプレゼントされるので、部位別にカートリッジを変えて使うこともできます。
筆者が購入した時は美顔カートリッジやエクストララージカートリッジがもらえましたが、無料特典でプレゼントされるカートリッジはキャンペーン内容によって随時変わっているので、公式サイトで最新情報を確認してみてください。

ケノン公式ページへ

各カートリッジの照射面積と照射できる回数は以下のとおりです。

照射面積
照射できる回数
単品希望小売価格
エクストラ
2.5×3.7=9.25㎠レベル1  20万発
レベル10 13,043発
9,800円→同時購入で5,800円
ストロング
1.5×3.0=4.5㎠レベル1  85,714発
レベル10  11,111発
9,800円
プレミアム
(NEW)
3.5×2.0=7.0㎠レベル1  100万発
レベル10  30万発
-
ラージ
2.0×3.5=7.0㎠レベル1  20万発
レベル10 1万発
7,700円→同時購入で3,900円
美顔器用
1.5×3.0=4.5㎠レベル1  20万発
レベル10 42,857発
6,800円→同時購入で3,700円
※価格は税込み表記/別購入の場合、ひとり3個まで
本体購入後に別で買うこともできますが、本体購入時に一緒に買うと約40%OFFで購入できます。


価格比較:家庭用脱毛器ケノンはどこで買うべきか


ケノンはヨドバシカメラやビッグカメラなど家電量販店では購入できない通販限定の脱毛器なので、有利に購入するのにはちょっとしたコツがあります。

どこで買うかによってオプションなどの条件が異なるので、購入サイトごとに比較するのがポイントです。

以下、「エムロック公式サイト」「楽天市場」「Amazon」「Yahooショッピング」「メルカリ」の価格・条件を比較しました。

販売サイト価格送料
代引手数料
付属品
サービス
総合評価
69,800円無料
楽天市場
69,800円〜無料
amazon
69,800円〜無料
ヤフー
ショッピング
69,800円〜無料
メルカリ・ヤフオクの
相場
30,000円
〜60,000円
有料
※執筆時点の情報

ケノンは、中古販売サイトのメルカリ等を除けば、販売元(エムロック)が公式に運営しています。

特典でもらえるカートリッジやアフターサービスまで、トータルでメリットを考えると、公式サイトからの購入が良いでしょう。筆者も公式ページから購入しました。

どこで購入すると良いのか詳細が気になる方は脱毛器ケノンはどこで買うべきですか?/全4販売店の価格・条件を徹底比較をあわせてご覧ください。

《注意》
メルカリ・ヤフオクなどケノンを中古品で買うことはオススメしません。衛生・安全性の保証がなく、アフターサービスや追加カートリッジの購入もできないからです。

※脱毛器ケノンは類似品や偽物が出まわっているので、確実に公式ページから購入することをおすすめします。


家庭用脱毛器ケノンの公式ページへ

ケノンVS脱毛サロンの価格・VIO効果比較


ケノン本体は税込み69,800円と決して安い金額ではありません。

そこで最後にケノンと脱毛サロン、それぞれのメリットやデメリットについて比較した結果をお伝えします。

今回は、筆者が最後まで検討していたミュゼのVIO脱毛(ハイジニーナ7)コースと比較しています。

 
費用

69,800円(税込)
/無制限

19,440円(税込)
/1回
脱毛可能範囲

VIO含む全身

へそ下〜VIOのみ
かかる時間

約15分

30分以上+着替えなど
デメリット
・自分で行わなければならない
・照射漏れの可能性あり
・費用が高額
・施術時間が長い
・照射は2〜3ヶ月に1回
・人に見られる(紙ショーツあり)
照射面積

7.25~9.25cm

脱毛サロンごとに異なる
ミュゼは1回で200本分照射できる

ミュゼでVIO脱毛5回でケノンが1つ買える
ミュゼは脱毛サロンの中では価格帯が安いほうです。

しかし、ケノンが本体価格(69,800円)のみでほぼ無制限にVIO脱毛できるのに対して、ミュゼはVIO脱毛1回で19,440円かかります。

お店に行って着替えるだけで良いというラクさはありますが、ミュゼで5回VIO脱毛するとケノンが1つ買える金額になるため、やはり価格面がネックですね。

ケノンもミュゼも光フラッシュ脱毛なので、脱毛効果に大差はありません。となると、ミュゼでのVIO脱毛も18回以上は必要になります。

ケノンは15分、ミュゼは30分以上
価格だけでなく、施術時間にも違いがあります。

ケノンはVIO脱毛に約15分ほどで済みますが、ミュゼの場合はジェルを塗ったり紙パンツをずらしながら照射していくため、約30分以上かかります。

さらに着替えや通う時間も考えると、自宅でVIO脱毛するメリットのほうが大きいのではないでしょうか。

結論 サロン脱毛は時間かかる、費用も高額なのでケノン購入が正解

価格や時間がかかるというデメリットがあるものの、通うだけでVIO脱毛できる脱毛サロンは便利です。

自分ですると続かない人でも、お金を払ったから通おうとなるかもしれません。

脱毛サロンではプロのスタッフが施術してくれるので、照射漏れもほとんどないでしょう。

しかし、ケノンは脱毛サロンで行っていることをほぼすべて自宅で安くできます。

自分でやらなければならないというデメリットはありますが、「人に見られなくて済む」「予約せずに済む」「安く脱毛できる」したい方にとっては、脱毛サロンよりもケノンでVIO脱毛したほうがメリットが大きいでしょう。

ケノン公式サイトへ

まとめ ケノンでVIO脱毛は半年必要だが、ボーボーからスッキリに変わる


筆者の場合は、いわゆる"ボーボー"な状態でしたが、使い続けるごとにボーボーな剛毛からキレイに整ったふんわりアンダーヘアに変わりました。

ただし、1〜2回で生えなくなる、ということはありません。約半年ほどはかかると考えておきましょう。

その間はデリケートゾーンがチクチクして気になりますが、VIOラインのムダ毛がなくなるとニオイやムレが気にならなくなり、毎日が快適に過ごせるようになります。

ケノンの公式サイトへ


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様の更新情報はTwitterとRSSでお届けしています。日頃の心構えから、アンチエイジングの裏ワザまで常に最新の情報をお届けしますので、是非登録して見逃さないようにして頂けると幸いです。





Google+