なぜ吹き出物ができるのか?原因と対策7選 / 肌荒れを防ぐ化粧水と薬

[公開日]2014/05/17[更新日]2019/01/14

顔のあちこちに出きてしまう「吹き出物」。やみくもに対策すると、肌荒れしたり悪化させてしまう可能性があるので、正しい原因と対策を知りましょう。

吹き出物に薬・化粧水で肌荒れ

ニキビに悩む女子、吹き出物に悩む女性、今も昔も肌トラブルが絶えない・・・という方、若いころは肌トラブルなんて想像もつかなかったのに、年齢を重ねたら急に・・・という方など「吹き出物」の悩みは様々です。鏡で見ないと気がつかないタイプのものから、痛みを伴うものなど、色や出る場所など「吹き出物」にも種類は色々です。

今回は「吹き出物」の原因、治し方、予防対策、ケア商品についてお話します。また「ニキビ」と「吹き出物」は何が違うのかなど、基礎知識から網羅していますので、スキンケアの参考にしてください。最初に吹き出物対策の化粧品をチェックしたい方は、以下からご確認ください。
吹き出物対策の化粧品ランキング(ページ下部へ)

「ニキビ」と「吹き出物」は違うのか


基本的に同じですが、吹き出物はニキビ以外の肌の諸症状を含む場合もあります。

若いころは「ニキビ」大人になると「吹き出物」と言い分けたり、「思春期ニキビ」「大人ニキビ」と呼んだりすることもあります。特に年齢で呼び名を分けているわけではありませんが、どちらも医学的には「ざ瘡(ざそう)」と言います。

年齢によってできる場所に傾向はあると言われていますが、あくまでも傾向であって必ずではありません。

吹き出物(ニキビ)の種類には、症状の進行順に

▼下に進むほど重症化▼
白ニキビ
毛穴の中に皮脂が溜まる
黒ニキビ
溜まった皮脂の先端が酸化する
赤ニキビ
細菌の繁殖で毛穴とその周りに炎症が起こる
黄ニキビ
炎症が強くなり毛穴の中に膿を持つ
紫ニキビ
自力治療が困難でニキビ跡になる


に分類されます。

どれも「毛穴のつまり」が原因で皮脂がスムーズに外に排泄されなくなるのがはじまりです。ということは、正しい洗顔で皮脂をコントロールしながら、保湿による正常なターンオーバーで角質を溜め込まないことが大切、という事ですね。

吹き出物の場所と原因 / 顔・顎・鼻・背中・お尻・頭皮


あごニキビの原因と対策と治し方

吹き出物は体中の至る所に現れますが、場所によって原因は様々です。幾つか原因をピックアップします。

おでこの吹き出物
おでこにできる吹き出物の主な原因は「前髪」です。

おでこにかぶった前髪が肌を刺激していたり、ヘアワックスなどが顔についてのトラブルの可能性もあります。おでこのニキビが繰り返す場合は、思い切って前髪を上げてみましょう。もっともシンプルな吹き出物対策ですね。

頬からアゴにかけての吹き出物
頬にできる吹き出物の大きな原因は「胃腸の疲れ」「生活習慣の乱れ」です。

飲みすぎ・食べすぎ・睡眠不足の心当たりはありませんか。口のまわりやあご、首など、フェイスラインを中心としてできる吹き出物の大きな原因は「ストレス」とも言われています。ストレスをすっきり解消するのはなかなか難しいですが、運動・睡眠などできることから対策してみてください。

鼻や鼻下の吹き出物
鼻は鼻でも、鼻下にできるものと鼻自体にできるものとでは原因が異なります。

鼻自体にできる吹き出物は、皮脂の分泌量と毛穴の深さに由来します。

そもそも吹き出物の原因は、菌や顔ダニ(ニキビダニ)の過剰繁殖です。それらは、顔表面よりも毛穴など空気に触れにくい部分を好み、皮脂をエサとしています。つまり、鼻には菌が繁殖しやすい環境(豊富な皮脂と深い毛穴)が整っているため、吹き出物ができやすいのです。

適度な皮脂量に戻すための洗顔と、毛穴を塞がないための正しいターンオーバーが、鼻の吹き出物対策になるでしょう。

一方で鼻下にできる吹き出物は、口まわりにできるものと同じ原因です。産毛処理で痛めた肌に菌が入り、炎症を起こすことも考えられます。

顔以外の吹き出物 背中・お尻・頭皮など
顔以外で代表的な吹き出物の出る場所は「背中」「お尻」「頭皮」ですね。これは単純に洗いにくい場所である事が原因で、とりわけ背中ニキビはその代表格でしょう。シャンプーやトリートメントが落としきれずに残ったままの状態が、吹き出物の原因になっています。

中でも頭皮は、洗い残しが起こりやすい場所なので、シャンプーの時よりもすすぎに時間を割くと効果的です。

その他、部位別の原因と対策の詳細は、以下の記事を参考にしてください。
治らない大人ニキビ11の原因と対策

吹き出物対策に有効な3つの要素


ビタミンB群
ビタミンB群の不足は吹き出物に大きく関係しています。ビタミンB群には皮脂の過剰分泌を抑える働きがあるからです。

ビタミンB群は食品から摂るのが理想で
レバー
うなぎ
乳製品
納豆
アボカド
青魚
などに多く含まれています。

規則正しく、バランスよく食事をとる事が理想ですがどうしても難しい場合、サプリメントなどで補うという方法もあります。

ビタミンC
吹き出物やニキビの炎症の元となる活性酸素。これは、皮脂と結びつくことで過酸化脂質(酸化された皮脂)を生み出し、炎症を引き起こしたり押し広げたりします。

ビタミンCには抗酸化力があるので、活性酸素の発生を抑える作用が期待できます。つまり、ビタミンC誘導体などが含まれた化粧品を使うことで、吹き出物やニキビの拡大防止をサポートできるのです。

保湿
そもそもニキビなどの原因は、角質が毛穴をふさいでしまうことで皮脂がたまり、細菌の温床になってしまうことです。正常なターンオーバーができていれば、角質は肌から自然に剥がれ落ちるものですが、乾燥しているとうまく剥がれず、溜まった角質が毛穴を塞いでしまうことにつながります。

ニキビで困っている人の中には、ベタつきを気にして化粧水や美容液をつけない人も見受けられますが、保湿をしっかり行うことで角質を厚くしてしまわないことは重要です。

吹き出物を悪化させる4つのこと


吹き出物を悪化させる食品
吹き出物の原因と対策チョコレート

食品の中には吹き出物を悪化させてしまうものがあるので、特にすでに吹き出物が出きてしまっている人は、摂取しないよう留意してください。

加工牛乳
牛乳は吹き出物を悪化させるだけではなく、原因にもなっていると言われています(ハーバード大学公共衛生科より)。牛乳の定期的な摂取と吹き出物の直接的な関連が証明されており、加工が多い牛乳ほど吹き出物の原因となるホルモンが多く含まれています。

精製された砂糖
精製された砂糖は血糖値を急激に上げるため、吹き出物をおこさせるホルモンを刺激することになります。これと同様の働きをしているのが、加工食品で、加工パンなどは血糖値を急上昇させます。

ミルクチョコレート
チョコレートも血糖値を急上昇させるため、吹き出物にはよくありません。同じチョコレートでも、ミルクチョコレートではなく70%ダークチョコレートなど糖分が少ないものを選ぶと、抗酸化物質も豊富であるため炎症や吹き出物を抑えるという働きがあると言われています。

吹き出物ができやすい人の食生活の特徴として「肉食中心」「アルコールや塩分の取りすぎ」などがあげられます。このような食生活が続くと胃腸に負担がかかって、身体の内部から吹き出物を作ってしまいます。また不規則な時間の食事が続くなど、こちらも胃腸に負担がかかってしまう原因です。

ストレスと吹き出物の関係
932c366eb713a858eb236ee789ec484e_s 上記、部位別の吹き出物でも述べましたが、もともと口のまわりやあごは多く汗をかく場所ではないため、普段の洗顔をきちんとしていれば毛穴はつまらない部位のはずです。それにも関らず吹き出物ができてしまうのは「ストレス」が関係していると言われています。

強いストレスを感じると体内のホルモンバランスが崩れ、アンドロゲンというホルモンが分泌されます。これにより皮脂の分泌量が多くなります。普段以上に皮脂が分泌されると、毛穴が小さいあご周辺では毛穴が詰まってしまい吹き出物がでやすくなってしまうというわけです。

そのため、あごの吹き出物で悩むのは20代以降の人と言われていましたが、最近では生活環境の変化から若い世代でもあごの吹き出物に悩む人が増えています。吹き出物対策ですが、若い世代含めて「ストレスをどのように昇華して生きていくか」という大きなテーマを孕んでいます。自身のストレスの原因と向き合ってみてください。

ホルモンバランスの偏り
吹き出物 女性は月経に関係したホルモンバランスの乱れにより、肌荒れを起こしたり、吹き出物ができることもあります。生理の約2週間ほど前は皮脂の分泌を増やすホルモンが多くなり、このホルモンの影響から生理前は皮脂が多めになる事が加わわって、生理痛によるイライラでストレスが普段以上に強くなることがあります。

結果、吹き出物が出来やすい状況になってしまいます。この場合、生理の周期に合わせて対策するのが大切です。スキンケアを重点的に行う、または症状が極端に重い方は医師に相談の上、サプリメントなどで事前に対策するのも良いでしょう。

腸と吹き出物の関係
吹き出物

「腸内美人」という言葉があります。腸内がきれいだと美肌になると言われ、近年では「腸内エステ」というものまで存在しているぐらいです。老廃物として体内に残った食べ物のカスをスムーズに体外に出してあげる事は美肌につながります。腸の動きがにぶいと、いつまでもいらないカスを体内にためておくことになり、吹き出物の原因につながります。

吹き出物が出来やすい方、また治りにくいという方も一度、おなかの中をすっきりさせてみましょう。

腸内のお掃除におすすめは、運動と食物繊維・ビフィズス菌の摂取です。食物繊維が多く含まれているものは、こぼうやきのこ、干し柿や納豆、海藻類が代表的です。ただ、中にはストレスや過労が原因でおこっている便秘の方もいますので、その方は食物繊維の摂取は控えなければなりません。便秘がひどく、改善されない方は医師に相談することをおすすめします。

吹き出物対策に適した化粧品(化粧水)の選び方


吹き出物化粧品の比較

吹き出物対策として、どのような効果を求めるかで化粧品の選び方が異なります。以下、吹き出物のステータスごとの化粧品に求めるべき重点ポイントになります。

吹き出物の予防、初期の吹き出物対策
「いかに毛穴を塞いでしまわないか」に気をつける必要があるので、古い角質・汚れをしっかりと落とす洗顔と、保湿がメインになります。洗顔は肌に負担をかけないように、泡だてが不要でこすらずに汚れを落とす事ができるタイプのものをおすすめします。ルナメアのファイバースクラブなど、肌に負担を掛けない工夫がなされた商品も増えています。

クレイタイプはこすらなくても、毛穴の中に自然に入って汚れを浮かび上がらせてくれるので候補になります。また「ノンコメドジェニック(ニキビができにくい処方)」のスキンケア製品もたくさんあるのでチェックポイントとしてください。これらは油分が多く含まれていないという共通点があります。

早い段階であれば、吹き出物用の化粧品を使わなくても、原因を知って対策をとることにより改善する事も可能です。

悪化してしまった吹き出物対策
悪化してしまった場合、保湿・洗顔だけでは十分ではありません。殺菌効果と肌の新陳代謝を促進させる効果をあわせもったビタミンC、また抗炎症作用のグリチルレチン酸配合の美容液がおすすめです。ビタミンC自体は壊れやすい成分なので、内服するよりも直接幹部に塗る方が高い効果が期待できます。敏感肌の方は刺激を感じることもあるため、使用前にパッチテストをしましょう。

化膿してしまった段階では化粧品で改善する事は難しく、良い薬を処方してもらわなくてはならない場合もあります。できてしまった吹き出物は正しい処置であとを残さず綺麗に治しましょう。

吹き出物対策の化粧品ランキング


上記の吹き出物対策の化粧品を選ぶポイントから、いくつか具体的な化粧品をご紹介します。吹き出物の予防から、出きてしまったものまで対策できるセットを優先的に選出しました。また、化粧品会社のページでは「大人ニキビ」と表記してあることがありますが、「吹き出物」と同じものと考えて大丈夫です。

  • 大人ニキビにルナメア
  • ルナメアで大人ニキビ予防
  • 大人ニキビ対策ルナメア

ルナメアは、富士フィルムが長年の「ナノ(微粒子)」研究を活かし開発した商品で、一番の特徴はクレンジングと保湿のバランスです。ファイバースクラブが肌を傷めずに古い角質を取り除き、潤い成分と有効成分をナノ化した粒子で肌の深層に送り込みます。

ルナメア大人ニキビ

キット中で特に注目したいのがナノ化技術で開発された「アクネシューター」です。これは化粧水とクリームに含まれており、上述の通り「保湿成分」と「有効成分」を微粒子として浸透させます。潤いを与えながらニキビを改善していきます。
ルナメアAC お手入れキットは1,000円で購入でき、セット内容を考えると非常に安価です。

点数 価格 容量 ジャンル 備考
93点 1,000円(税抜) 7日分 洗顔料
化粧水
クリーム
モニターキット

大人ニキビルナメアAC

  • 大人ニキビ化粧品ランキングNOV
  • 大人ニキビ化粧品_比較NOV
  • 大人ニキビ化粧品の効果_NOV
  • 大人ニキビ対策化粧品_NOV

ノブ ACアクティブセットは常盤薬品が皮膚科医とともに開発した低刺激化粧品で、その高い効果と安全性に定評があります。モニターセットも、ピーリング・保湿からニキビ予防までしっかりとケアを完結できるよう設計された商品です。

ノブ ACアクティブセットCセラム

ノブの特徴は何と言っても、クレンジング・洗顔・ローション・美容液がモニターキットにすべて入っており、ピーリング・保湿・ビタミン補給・ニキビ予防までを完結できることです。
ノブ ACアクティブセット は美肌をつくりながら、トータルでニキビ対策することができます。

点数 価格 容量 ジャンル 備考
93点 1,620円(税込) 7日分 クレンジング
洗顔料
化粧水
ミルクほか
モニターキット

大人ニキビにノブ ACアクティブセットの


  • 大人ニキビb.glen
  • b.glen大人ニキビ
  • 大人ニキビ予防

b.glen(ビーグレン)は海外での実績のもと、近年日本で展開している化粧品メーカーですが、その高い効果と即効性に定評があります。このニキビ用ケアセット(吹き出物ケア)も例外ではなく、肌の補修から予防までしっかりと設計された商品です。
その分、高価なイメージが強いですがここでご紹介するキットは、1,890円と試しやすい価格になっています。

ビーグレンCセラム

キット中で特に注目したいのが「Cセラム」に含まれる、高濃度ビタミンCです。ビタミンCの浸透力を大きく高めることで、肌の炎症修復とニキビ予防に効果を発揮します。
ビーグレン ニキビケアセットはニキビの改善から予防まで、トータルでケアすることができます。

点数 価格 容量 ジャンル 備考
92点 1,890円(税込) 7日分 洗顔料
化粧水
美容液
モニターキット

大人ニキビにビーグレンのニキビケアセット

プロアクティブ+ : 商品リニューアル!ニキビ予防洗顔保湿
ニキビ対策として、洗浄力に定評があったプロアクティブが商品リニューアルし「プロアクティブ+」となりました。特筆すべきポイントは、洗顔料・美容液・クリームまでのセットで様々な肌質の方に対応できるようになったことです。

お勧め度 価格 容量 ジャンル 備考
★★★★★ 4,900円/税込
送料別
30日分 洗顔料
美容液
クリーム
本商品

思春期の強い洗顔が特徴だったプロアクティブが、商品リニューアルにより敏感な肌質の方にも利用しやすくなりました。以下の公式ページより詳細をご確認ください。
プロアクティブの口コミ効果


治らない吹き出物に薬治療という選択肢


これまで紹介してきた化粧品(化粧水)は、吹き出物を作りにくくする"予防"のための対処法です。できてしまった吹き出物に効果を期待するものではありません。

そこで検討することになるのが、皮膚科など病院で薬を処方してもらう方法です。ニキビ治療薬は2種類に分類されます。

飲み薬
ビタミン剤
もっとも簡単な処置が、ビタミン剤の処方です。皮脂分泌をコントロールするビタミンB2・B6の錠剤処方をメインとしています。

ビタミンB2・B6が不足することでニキビができやすい状態にはなりますが、そもそも不足していない人には全く効果のない治療法とも言えます。

抗生物質
ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌するために処方されます。中には消炎作用があるためニキビに効果的です。

ただ、抗生物質の働きは一時的なので、服用中断でニキビが再発してしまう恐れがあります。アクネ菌の活動が落ち着いている間に、エサとなる皮脂を適量までコントロールしていくことになります。そのため、ビタミン剤と併せて処方されることが大半です。

塗り薬
抗生物質系
飲み薬として有効な抗生物質を、塗り薬としても転用します。

塗り薬の場合はニキビの予防に活用するのが効果的と言われているので、患部だけではなく、できそうな部分にも塗ることが推奨されています。

ステロイド系
ステロイド系の塗り薬はニキビ跡の治療に使われるものです。中でも肥厚性瘢痕と呼ばれる跡に使用されます。

この薬を使用することになる前に、化粧水や日頃の生活習慣でニキビを予防していくことが大切です。

市販薬について

「皮膚科のビタミン剤の方が効きが良さそう」
なんとなくそう感じる人は多いのではないでしょうか。

確かに、病院で処方するビタミン剤は容量が多い場合もありますが、市販の単剤(マルチで入っているものではなくビタミンCならビタミンCだけ)サプリメントでも容量は多く配合されているので、病院のものとさほど違いはありません。

市販薬使用は肌荒れの危険
若い頃のニキビは、乾燥させて膿をとり治すことができました。しかし、大人になってからの吹き出物に同じように薬を使うと、皮膚の水分を奪ってしまい肌荒れの原因となります。特に塗り薬については、医薬品と比べ、かぶれが強く出たりや乾燥しやすいのが欠点です。

吹き出物は、保湿しながら基礎化粧品で対策するのが安全と言えるでしょう。

《参考》男性の吹き出物


吹き出物の原因・髭剃り

「吹き出物」といえば女性の悩み、と思われがちですが男性にも吹き出物の悩みはあります。多くは、髭剃り時の物理的な刺激によってできる吹き出物です。また、ゴシゴシと強くこすって洗顔をする男性が多いため、これも物理的な刺激となって肌を傷め、結果、吹き出物となってしまう場合があります。

肌の細かな傷は雑菌が繁殖しやすく、毛穴を詰まらせるため吹き出物ができやすいというわけです。男性も美肌のためにやさしくお手入れしてあげましょう。

吹き出物 原因と対策のまとめ


吹き出物対策は、毎日のリズム良い生活とバランスの良い食事、そして正しいスキンケアで保つ事ができます。まちがった対策で悪化させてしまうと跡が残るので、本ページで紹介した特性を理解して対処してください。

スキンケアや生活を見直しても改善が見られない場合は、早めに皮膚科を受診する事をおすすめします。みなさまが、吹き出物の悩みから解放されることを願っています。

《おすすめ関連記事》
お尻ブツブツニキビを治す7つの方法
大人ニキビ11の原因&対策
顎ニキビ対策3つのポイント
化粧品で対策する『大人ニキビ』


◇参考文献・WEBサイト一覧
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
日本化粧品技術者会
日本抗加齢学会
公益社団法人 日本皮膚科学会
※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。


簡単なアンケートに答えてくださった方全員に、無料で "特典" 差し上げます!詳しくは >>特典情報<<





「シワ・たるみを取る秘訣」無料配布中!


「10年前はよかったな」シワ・たるみを取る方法 なんて後ろ向きな生き方には、今日で別れを告げましょう。お金を掛けて特別な治療法を試みるよりも正しい情報からアンチエイジングのコツを手に入れて、日々実践するほうが効果的です。
もちろん、早い時期から取り組むのが良いですが遅すぎることはありません。 いつまでも若々しくいるためにここで紹介しきれない秘訣を差し上げますので、メルマガ登録し無料ダウンロードしてください。


氏名* 
メールアドレス* 
確認メールアドレス* 



購読

アンチエイジングの神様はtwitterでキレイになる秘訣をつぶやいています。twitterだけのお得なプレゼント情報もありますので、お見逃しなく。





Google+