口コミ人気検証!妊娠線クリーム 比較ランキング

[公開日]2013/12/12[更新日]2016/02/17

妊娠線妊娠中のトラブルのひとつである「妊娠線」。妊婦さんの約50%は妊娠線が現れるともいわれています。妊娠線は一度できてしまうと完全には治らないといわれていますが、最近では妊娠線ケア用品もたくさんの種類があり、しっかりと対策をとることで予防することができます。ここでは妊娠線ができる原因と具体的な妊娠線クリームのランキングをご紹介いたします。

妊娠線ができる原因は大きく2つ


1.体型の変化
妊娠すると赤ちゃんの成長とともに体重が増加し、お腹や胸やお尻などが大きくなっていきます。その際、皮膚の表面である表皮は伸びることができるのでお腹が大きくなっていくのですが、表皮の下にある真皮や皮下組織は伸びにくいため急激な伸びについていけず、断裂が生じ赤紫色の線状斑が現れます。これが妊娠線です。

2.ホルモンバランスによるもの
もうひとつの原因はホルモンバランスです。妊娠すると身体のホルモンバランスに変化が起こります。妊娠するとコルチコステロイドというステロイドホルモンが増加しますが、このホルモンはコラーゲンなどの生成を抑え、肌の弾力を失わさせる働きがあります。そのため妊娠中は肌の弾力が弱くなり普段よりも皮膚に断裂が生じやすい状態なのです。

妊娠線ができやすい人の特徴


妊娠線はすべての妊婦さんにできる可能性がありますが、その中でも特に妊娠線ができやすい、という特徴がいくつかあります。ご自分にあてはまるものがないかチェックしていきましょう。
急激な体重増加
もともとの体重で数字は違ってきますが、標準的な体型の方は理想的な妊娠中の体重増加が7㎏~10㎏とされています。体重のコントロールが出来ている方は妊娠線も出にくい傾向にあるようですが、特に10㎏以上の急激な体重増加がある場合は皮膚が伸びについていけず妊娠線ができてしまうこともあります。
双子などの多胎妊娠
双子ちゃん、三つ子ちゃんなどの多胎妊娠は、当然ながら赤ちゃん1人の妊娠よりも子宮が大きくなります。そのため表皮がひっぱられ皮下組織に断裂が入りやすくなります。同様に赤ちゃんが大きめの場合も子宮が大きくなるため妊娠線はできやすくなります。
乾燥肌の方
普段から乾燥肌の方は、肌の柔軟性が少なく皮膚が伸びにくい状態です。肌表面が乾燥していると断裂が入りやすく妊娠線ができてしまいます。
経産婦の方
一度出産を経験している方は子宮が伸びやすく、急激にお腹が大きくなる可能性があります。また上のお子さんに手がかかって十分にケアができないという場合も多くあるようです。
高齢出産の方
最近ではかなり増えてきている高齢出産(一般的には35歳以上)ですが、30代になると肌の新陳代謝であるターンオーバーの遅れや肌の弾力を保つ真皮のコラーゲンやエラスチンが減少してくるため、妊娠線ができやすい傾向にあります。

一度できてしまった妊娠線は治らない!


妊娠線は最初はピンクや赤紫色をしていますが、徐々に時間をかけて白っぽくなっていきます。個人差もありますがだいたい1年ぐらい経過すると白く目立たなくなっていきます。妊娠線は目立たなくはなってきますが、一度できると完全には消えないといわれています。ですので妊娠線ができてしまってから慌ててケアするのではなく、妊娠線ができないように予防していくことが大事なのです。
妊娠線って一度できたら完全には消えないんだね!知らなかった。
こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。そうなの。だから妊娠線ができないように予防することが重要なのよ。
妊娠線ができないように予防ケアはいつごろから始めればいいのかな?
もちろん早く始めるのは問題ないわよ!一般的にはお腹が大きくなりはじめる妊娠4・5ヶ月目からケアしておくのがいいと思うわ。
身体の中でもとくに妊娠線ができやすい部分ってあるのかな?
お腹まわり、胸、太ももなんかにも出やすいといわれてるわ。あとお腹が大きくなってくると見えない部分は要注意!特にお腹の下部分は見えないからケアがおろそかになってしまうけど、一番妊娠線が出やすい部分だから気を付けてね!


妊娠線クリームを選ぶ前に知っておくべきポイントは次の3つです。
妊娠線対策には保湿成分をたっぷりと
妊娠線予防のためには「保湿ケア」が最重要となります。保湿効果の高い成分が配合されているクリームを選ぶといいでしょう。もっとも保湿力の高い成分はセラミドです。セラミドは水分をはさみこむ性質をもっており、肌の水分力をキープしてくれます。続いて保湿力の高い成分はヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンなどです。

安心・安全の成分でつくられている
妊娠中は肌が敏感になったり、つわりで匂いに敏感になったりとデリケートな時期です。また赤ちゃんへ胎盤を通じて栄養を送っているため、食べ物や飲み物など口に入れるものにも気を使う方も多いのではないかと思います。肌への刺激の強い石油合成成分や香料、添加物などが使われていない、無添加・無香料のものが安心して使えるのでおススメです。

コラーゲンの生成を促進するビタミンC誘導体
妊娠線ができてしまう原因の1つはホルモンバランスの変化で妊娠中はコラーゲンの生成が抑えられているためです。ビタミンCには真皮のコラーゲン生成を促進する働きがありますので、妊娠線予防には効果的な成分です。ただしビタミンCはそのままでは皮膚に吸収されにくいため、皮膚への浸透力の高いビタミンC誘導体が配合されているものを選びましょう。特にリン酸型やAPPS(アプレシエ)と呼ばれる新しいタイプのビタミンC誘導体は浸透力が高くおすすめです。

口コミ人気検証!妊娠線クリーム 比較ランキング


以下、上記を基準にアンチエイジングの神様で評価した「口コミ人気検証!妊娠線クリーム 比較ランキング」です。

できてしまった妊娠線を集中あとケア

妊娠線_ノコア アフタートボディリートメントクリーム / フューチャーゲート
ナチュラル成分で贅沢保湿 

ノコア アフタートボディリートメントクリーム / フューチャーゲート

4.50
カテゴリ別点数
妊娠線: 4.50


icon-check-squareボディの肌トラブルをケアするクリーム

icon-check-square体のたるみや肉割れなどに悩んでいる方へ

icon-check-squareコスメ原料アワードを受賞したナチュラル成分


価格種類内容
6,000円(税抜)本商品

ボディクリーム


妊娠線や太ももの肉割れケアに

3つの保湿成分と7つの美容成分配合 

素顔のママで / DAZZLA

妊娠線_素顔のママで / DAZZLA
4.30
カテゴリ別点数
妊娠線: 4.30


icon-check-squareセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸で保湿ケア

icon-check-square安心の無添加処方

icon-check-squareクレジットカード決済で初回500円(税抜)キャンペーン


価格種類内容
5,800円(税別)

本商品

50g
クリーム


 

サエル / ディセンシア

妊娠線_サエル / ディセンシア
-
カテゴリ別点数
妊娠線: -


icon-check-square敏感肌用に開発された美白化粧品

icon-check-squareアルブチンとナノ化したヒト型セラミド配合

icon-check-squareエイジングケアと保湿を同時に行える


価格種類内容
1,480円(税込)トライアル

10日間
ローション・美容液・クリーム



  • 妊娠線_ノコア アフタートボディリートメントクリーム / フューチャーゲート
    できてしまった妊娠線を集中あとケア
    ノコア アフタートボディリートメントクリーム / フューチャーゲート
    4.50
    妊娠線: 4.50

    icon-check-squareボディの肌トラブルをケアするクリーム
    icon-check-square体のたるみや肉割れなどに悩んでいる方へ
    icon-check-squareコスメ原料アワードを受賞したナチュラル成分

    価格種類内容
    6,000円(税抜)本商品
    ボディクリーム

  • 妊娠線_素顔のママで / DAZZLA
    妊娠線や太ももの肉割れケアに
    素顔のママで / DAZZLA
    4.30
    妊娠線: 4.30

    icon-check-squareセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸で保湿ケア
    icon-check-square安心の無添加処方
    icon-check-squareクレジットカード決済で初回500円(税抜)キャンペーン

    価格種類内容
    5,800円(税別)
    本商品
    50g
    クリーム

  • 妊娠線_サエル / ディセンシア
    サエル / ディセンシア
    -
    妊娠線: -

    icon-check-square敏感肌用に開発された美白化粧品
    icon-check-squareアルブチンとナノ化したヒト型セラミド配合
    icon-check-squareエイジングケアと保湿を同時に行える

    価格種類内容
    1,480円(税込)トライアル
    10日間
    ローション・美容液・クリーム


※本サイトの薬事法に対する考え方、商品ランキング・点数付けの根拠は「アンチエイジングの神様とは」をご確認ください。




Google+